FC2ブログ
2020. 07. 09  
阪神2対巨人1

負け投手:メルセデス2敗

良いピッチングだったと思う。
球はいってたし、テンポもよかった。
だけど打たれたあの1球は、というところ。

阪神ボーアはうちゴロの緩めの球を待っていたのは吉良かだった。
今日走っていたストレートは振り遅れだったし、あれだけ膝が使えてない打者にはとにかくベルトから上へ投げてはいけない。
大潮のリードも、外側ギリギリのところへのスライダーだったように思う。
前へ突っ込ませようとするこのリードは間違いじゃない。
強いて言えば、スライダーではなくストレートの方がよかったとは思う。
けど投じられた球はスライダーで、しかも中気味の高め。
そこしかスイングができないボーアにはおあつらえ向きだった。
好投しても時には投げ損ないもあるだろう。
けど、今日のように味方打線が1安打の無得点では、それではいけないし勝てないということ。

亀井の通算1000本安打が、初球を打ったということと今日唯一のタイムリーだったことは状態の良さが出ていたと思うし。もう心配ないだろう。





スポンサーサイト



2020. 07. 05  
巨人4対中日6

負け投手:サンチェス2勝1敗

サンチェスは球は速いけど、球筋がキレい。
それだけにフォーム的にも間が取れなかったり、相手打者との間合いを考えないと対処されてしまう。
立ち上がりはいつも通りだと思ったけど、セットポジションの時の間が自分のものじゃなく、ストレートにしても変化球にしても若干高めの中気味だった。
昨日の田口と言い、今日のサンチェスと言い、先発が3回持たなくては勝てるわけがない。
今日登板した投手で仕事したのは、鍵谷のみ。

球がキレるだけでは打たれる。
勢いもないと。
今時の投手も指導者も見落としていることがあるはずで、そこに気づかないと先発は苦しくなり、イタズラにリリーフをつぎ込むことになりそう。





2020. 07. 04  
巨人7対中日3

勝ち投手:鍬原1勝

お見事だった丸の第1打席。
多分フォークかスプリットの堕ちない球だったと思うけど、タイミングが合わずちょっぴりつんのめって、左手1本でバットのヘッドを返して打った打球はスタンドまで飛んで行った。
撃った時はライトフライかと思ったけど、きちんと打てたんだね、思ったよりも飛んでいったもの。
これに気を良くしたのか、2本目のホームラン、ツーベース共に文句のない当たりで、右中間方面への打球だった。
振り出しのタイミングとコンタクトポイントまでの距離感がよかったんだろうね。
初めて今期。丸が爆発した日だった。
連続試合ヒットを続けていたので、いつか来るかもしれないと思ってた日が今日だったということかもしれないな。
そこに坂本らしい1発も出、パーラも彼らしい打撃でヒットを重ね、重信の1番起用もあたって、試合開始当初から気分良く試合が見られた。

ただ、先発田口の急な降板は何だろうと思ってた。
セットポジションからの投球だけど、どこか手投げになっていて下半身の躍動が見られないと思ってたら、左足の張りという事だったらしい。
今時の投手はいろんなトレーニングをするけど、こういうのを見るにつけ、中6日ももらって投球数100球まで行かない位で降板してしまい所を見るにつけ、身体が弱いと思う。
単に投げなさすぎだし、投げるためのトレーニングをキチンと重ねていないということだろう。





2020. 07. 03  
巨人5対中日0

勝ち投手」菅野2勝

緊張感が十分に感じられる試合だった。
巨人・菅野、中日・大野の投げ合いは、両投手ともにストレートが走っており、しっかり決まっていた。
ズドーンという感じの大野のストレートに対し、ピュッと伸びを感じる菅野ストレート。
分かっていても対処できない打者たちを向こうに回し、両投手ともに失点しないことからの緊張感は、できれば球場で感じたかった。
しかも制球もよく、大野の立ち上がりに難が見られたという事だけだった。

菅野は6回までノーヒットノーラン状態。
飛び出した坂本の先制ホームランも大野の失投ではなく、低めの球をうまく反応してバットのヘッドで拾った感じだった。
大野が立ち上がり球数を要していたことと坂本の好打が、試合終盤に響いていた。
止むなく継投に出た中日の隙を巨人がついた感じだったけど、北村はフルカウントまで持ち込めたことでヒットを生んだということという事だろうけど、それにしてもしっかりしたバッティングで、力はあるなという想いがした。

ビシエドに打たれる前後で変化球に波が出たけど、結局ストレートの伸びと精度は最期まで変わらなかった。
お見事なピッチングだった。
昨日の桜井も完投させるべきだったと思うけど、この櫻井のピッチングに影響されたのは菅野ではなく、ベンチだったように思えた。
昨日は桜井と炭谷、今日は菅野と大城。
この組み合わせとリードの具合は、今後の戦い方に大きなヒントを残したような気がするよ。





2020. 07. 02  
巨人5対DeNA3

勝ち投手:桜井1勝

監督が言うように、昨年の5,6月頃のいい時の桜井が帰ってきた感じ。
このピッチャーは責めのピッチングと言いつつ、気迫が顔に出過ぎて球が行かず、ピッチングが組み立てられない状態が自分で理解できなかったことから、昨年は8勝で止まってしまっていた。
気迫が出過ぎる投手には緩い球を効果的に使うと、力みが消えて球が思ったところに行くようになる。
そこをうまく引き出した炭谷もさすがのリードだったけど、今日の桜井は緩い球の精度が、徐々にストレートにも効いたいた。
8回を100球一ちょっと。
ローテーションで6枚目に起用されながら、先発投手では最長イニングを投げてしまった。
それ位、力みが消えた理想的なピッチングだったということだろうな。

その炭谷の打撃も「実に見事だった。
炭谷につられるように中島もパーラもいいバッティングをしてた。
増田の足がしっかり生きたような8回の攻撃は、今年の一つの特徴なんだろう。
現時点では大城よりも炭谷がマスクをかぶった方が、勝てる確率は上がるはず。





2020. 07. 01  
巨人3体DeNA5

負け投手:澤村1勝1敗

今日のリリーフで機能したのは鍵谷だけ。
なんというのかな、7回は左の梶谷から始まるイニングだったけど、あそこで中川の起用には疑問が残った。
今日でまだ10試合だけど、8回は中川、9回はデラロサとし、逆算してその前のリリーフを見ていくと、7回は中川ではなく高木じゃなかったのか。
確かに欠くリリーフ投手とも球自体は走ってた。
今時の投手はお前はここで、と決めてやらないと落ち着いてピッチングができない。
中川も投げる場面に目を白黒させて、記録はタイムリー内野安打だったけど立派なエラーで足が地についていなかったように見えた。
8回起用の澤村もどこかバランスが悪そうで、与えてしまった四球が命取りとなった。

こういう具合に起用されるリリーフを前に、大城もどうピッチングを組み立てていいのか迷いながらのリードだった。

4回の逆転した後得点できず、7回8回をパットンにきっちり抑えられていたことも逆転されてしまう予知みたいなものがあった。

リリーフは状況に応じてというのは当然だけど、イニングによっては決めてかかっていった方がいいように思えた。





2020. 06. 30  
巨人5対DeNA2

勝ち投手:戸郷2勝、セーブ:デラロサ4S

監督の起用法もあるだろうけど、打線は4番岡本のバットにしっかり支えられてる。
多雨むりーは外角球をうまく打った技の1本。
そして8回のホームランはパワーの一発。
昔、「力と技の風車が回る」というフレーズのある曲が主題歌の特撮HEROがいた。
今の岡本はそんな感じで、追い込まれても初球からでも積極的、かつ落ち着いてバットが振れてる。
8回に見事な守備を見せた丸も1発放ったけど、これはここまで見られなかったキレの一だだった。
打球落下点まで見事な背走でヒットをつかみ取った守備は、さすがに丸というものだったけど、これが打撃にうまく思い切りを生んでいた。

戸郷の状態の良さは相変わらず。
戸郷に限らず、どの投手も立ち上がりは課題だけど、打たれたのはこの初回だけ。
見た目でも恐る恐る投げている感じはあったけど、立ち直りは見事で7回途中で後退したものの前回登板の時のようなこれで背一杯という感じではなかった。
ストレートは球威十分で変化球の切キレもいいけど、「もう少し低めへ投げ込められればもっといいと思うし、後は立ち上がりかな。
リリーフの高木は快投、中川も好投し、今夜のリリーフ陣は言うことなかったと思うよ。





2020. 06. 28  
ヤクルト0対巨人12

勝ち投手:サンチェス2勝

まだ2回目の登板だけどサンチェスの内容がよくなっている。
捕手炭谷のリードの良さもあるけど、右打者の時の懐へのまっすぐ系の球はツーシーム化シュートのように切れて決まっていた。
外側への制球もよくなってきつつあるけど、球のキレと勢いは増している。
後は高さかな。
ボール1個から半個、低く決まってくれたらもっと球数が抑えられるだろう。
昨日乱打された藤岡、宮國共に今日登板し、しっかりピッチング出来ていたことは今後の好材料。

それにしても今日の試合を見てると、岡本や増田、石川といった若手打者の弾の捉え方の良さが目立つ。
連続30本以上のホームランを打ち、押しも押されぬ4番となった岡本もまだ若手の部類。
一昨日の重信も含め、積極性があって狙う球の良さもある。
内角の球は、バットが構えたトップの位置からミートポイントまで最短距離で振り下ろされ、低めの落ちたり横に変化する球は下半身の粘りでうまく拾えてる。
坂本の状態も日々上がってきていることも得点ができている大きな要因。

気になってるのは相手投手が左腕の時、吉川がスタメンから外れていること。
まだ状態が上がってきてないためなのか、身体の具合によるものなのか、それとも数字的なも野なのかは分からないけど、相手投手がどうであれ、トップ・セカンド吉川でいつも行くことが望まれる。

それでも野手陣、特に若手のバットの状態の良さは、開幕前の春ごろから続いてる。
今期は新任の石井コーチがいてくれるし、何よりも広島、ヤクルトの野手陣を見るに評判がいいのはよくわかる。
それが巨人野手陣にも影響してることは喜ばしい。







2020. 06. 27  
ヤクルト9対巨人6

負け投手:高木1敗

丸にも吉川にも、彼ららしいバッティングでヒットが出ていたこともあって、打線とか攻撃陣は充実してるのかもしれない。

コロナ騒動で延長も10回で打ち切りという事もあって、早めの投手系統に出ている傾向がある。
連戦は続くし、継投と初めから決めてかかるのもどうかと思う。
投球数100或いは5,6イニングで先発投手はおりてしまう。
投げっぷり、勢いということもよく見ていないといけないから、中6日での登板ならもっと投げさせていいはず。

今日の田口は初回連打を喰らったものの、その後立ち直り好投していた。
自らヒットを打ったりして、気分的にも勢いがあったのではないだろうか。
イニングとか球数では測れない好投の要素があるし、それ位で交代させてしまっては先発投手は育たない。
勝ち試合での登板が多い高木も、こうして打たれる日もあるだろう。
しかし、その後に出てきた宮國、藤岡ともに変わりっぱな四球を与え、その後の痛打。
これは最早様々な場面を想定しての投手起用に関して、ベンチの思惑とブルペンでの準備がなされていなかったことと起用される投手の気の持ち方に大いに問題があった。
どの投手を起用するかという事ではなく、準備をする投手、準備をさせる指導者、双方に問題があった。





2020. 06. 26  
ヤクルト5対巨人6

勝ち投手:澤村1勝、セーブ:デラロサ3S

帰宅したときはもう菅野はベンチに座ってた。
5失点。
何が起きたんだという想いは、序盤スコアだけ追っていた時には快調そうに見えたことを思うとまさか、だった。
小林の負傷離脱でいたかったのは菅野だったかもしれない。
今日の相手チームの先発は左腕だったから、炭谷が先発捕手と思っていたら大城だった。
3月までの大城には今期は彼が主戦と思っていたけど、コロナの影響はかrに影を落としていたのかもしれない。
菅野が打たれたのは大城だけが原因ではなく、何故か被安打された球は中に入り、高さも打ちごろだったことは、堕ちて履けないポケットに落ちてしまったかもしれない。
いずれにしても菅野以外にエースはいないのだから、捕手如何でピッチングも変えちゃいけないし、自分がリードする位でいないと。

それでも序盤でなく、中盤での大量失点だったから、今日の敗戦は覚悟したよ。
失点後の亀井の一打が火をつけたのかもしれない。
中軸でもトップ起用でも、代打でも結果を出す亀井は貴重な戦力であるkとは言うまでもなく、同じベテランの陽にも中島にも影響してる。
ヤクルトのマクガフがアタフタしたピッチングをしてた時の中島の狙いがよ九、うまく上から叩いた打球はセンターを超えていた。
それでも相手は石山。
重信は変化球をうまく巻き込んだ一撃で、ライトスタンドまで飛んで行ってくれた。
狙った球ではなかっただろうけど、よく粘れた打撃だったかな。

今期の打線を編成するには、誰が戦力になって状態がいいのか見極める必要があるのは、毎年の開幕1か月。
上体が上がってこない丸と吉川、そこに重信が割り込んでくるかもしれない。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
502位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
79位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR