2017. 04. 22  
巨人4対阪神1

勝ち投手:田口麗斗2勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗7S
ホームラン:マギー2号ソロ

期待度は高いものがあるものの、ここまでなかなか状態が上がってきてない田口が先発だっただけに、結構不安があった。
オープン戦開始の頃、あまりに太い田口の身体からして今年はどうなってしまうんだろうという不安がつきまとっていた。
最初の登板、2度目の登板とも、大崩れこそしなかったものの、とにかく球数が多く、投げようとする意思と投げ込まれる球、そしてフォーム的にもしっくりきてる感じがなく、それでもほんのちょっとずつ良くなってる感じはあった。

今日の試合、立ち上がりこそタイムリーを浴びたものの、その打たれた球だって指にしっくりきてる球で、これはもう打った福留の状態の良さを褒めるしかなかった。
指にかかったストレートがコーナーに決まる。
スライダー、特にカーブのキレに目を見張った。
配球バランスもよく、納得の7イニングだったんではないだろうか。
球数的にも7回まで投げて、勝ち越していれば終盤のリレーに持ち込める。
ただ、守備的にやらかしてしまったけど(能見にもありこれが失点につながっていった)、こういう部分にも成長を見せて欲しいと思う。
相性の良さもあるだろうけど、安定して今日のようなピッチングをしてくれればもっとい期待度も高まってくる。

打線は阪神能見を打てなかった。
ノラリクラリと行かれた部分もあるけれど、惑わされる前に打とうとする姿勢が出来てない。
初ヒットがタイムリーとなったけど、打った坂本は意図してなかったドライバーのようなスイングだった。
能見の7回交代は球数的にそうだと思ったけれど、ここで松田や桑原ではなく藤川が出てきてくれたことで打線的に進展があるかも、、、と思ったところで出た立岡のタイムリー。
でも、これで決まったと思ったのはマギーのホームランだった。
打った球の前の球を狙っていたのに豪快な空振り。
同じコースに同じ球種で同じような球が来たら、それは打つのは当然だったけど、バックスクリーンへ放り込むとは思なかった。

今日は阿部が初めてお休み。
年齢的なこともあるのでこういうことがあっていいと思うけど、打順とポジションを思う時、やっぱり村田の起用だった。
まったく振るわず。。。これは十分予想できたことなんだけど、今日の村田の様子を見れば、ファーストだけではなく外野やセカンドのポジションも含め、マギーの打棒がもっと上がってくればマギー4番で、下位に別の選手が組み込めるということになる。
要はマギーの状態次第なんだけど、村田を起用するにしてももっと下位を打たせるような状況になってくれなければ、阿部も休めないだろうな。





スポンサーサイト
2017. 04. 15  
中日2対巨人

勝ち投手:田口麗斗1勝

勝負の勝ち負けなんて所詮いつも紙一重だから、今日のような勝ちもある。
今期1試合からずっとトップで出てる中井は、打率こそ低いけど四球も選ぶし、積極果敢にいってヒットで出塁することもあるし、選曲的に打線を牽引することはある程度できてると思うから、決して失敗ではない。
守備的に不安はつきまとうけれど、それを補うほどの出塁と果敢な走塁姿勢を見せてくれてる。
初回の先制は中井の出塁でもたらされたチャンスにクリ-ンアップが呼応し、マギーが打ってくれたということ。
先発田口は、序盤から球数が多く、5回までしか投げられなかった上に被安打5で6四球の内容は一旦逆転を許したものの、1点の勝ち越しで済んだのはまだ中日の状態が上がってないからだということだろう。

中日先発若松は、以前のイメージから変わってるように見えたけど、緩い球を多めに使っていたことが、効果的でもなかったが巨人打が幻惑されているように見え、これは打ってるのに負けが続いている影響からだったかもしれない。

多分、試合前に何かしらの切り替え作業があって、それが奏効したのが坂本だったのかもしれない。
4安打はお見事で、阿部も続き、マギーも状態を上げてきてくれた。
出来が良くない田口が、小林と必死に我慢し、逆転した後の1イニングを山口が制球バランスよく、更にテンポ良く抑えてくれたことが追加点を生んでいた。
この山口の時もそうだったけど、森福のピッチングを見ていて出来は然程変わらないものの、小林の配球バランスとキャッチングが昨日までとはいい意味で別人のようだった。
WBCでパワー全開の野球をしてきた影響が、ここにきてやっと切り替えられたのかもしれない。

今日はとにかく結果的に勝つことが第一だったけど、昨日十分のクリーンアップの前に出塁ができたこと、問題だった6番7番が一人でも1回でも機能できたことが今後につながるかもしれない感じだった。
石川はしばらく使ってみた方が、思い切りもよく足もある上、元来の外野手だから守備的にもハマるかもしれない。
岡本、重信に期待したいところだけど、今は上位との差を開かせないことと今期のチームがどういう上京だったら機能するのか探らなければいけない時期だから、石川起用を期待したい。
余談になるけど、凡退したけど長野の打席の内容が別人みたいに良くなってる。







2017. 04. 05  
DeNA2対巨人4

勝ち投手:内海哲也1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ3S

開幕前の内海の状態を見てて、ここ数年では感じられなかった状態の良さを感じてた。
課題があるとすれば、足の吊。
昨日もDeNAの今永がなっていたように、こうなってしまうのは体質的な面とこの時期の夜はまだ寒さがあるということで、鍛錬不足ということではない。
立ち上がりを無難にこなした内海は、勢いに乗って、、、というより、1球1球の球のキレと勢いがしっかりしてた印象が強かった。
制球もよく、時にブレた時でもほとんどの球が低めにしっかり投げ込めていたため、その状態の良さが伺われた。
先制は許したものの、しっかりしたピッチングにブレを感じなかったので最少失点で済ませられたことが大きかったと思う。
そこに自身の勝ち越しタイムリーは、気分もよくなろうというもの。
自らのバットで叩き出した勝ち越し打は、その後の中井立岡のヒットにつながり、坂本の犠飛までいったことを思うと、功績はかなり大きかった。

今期から投げ始めたカットボールを多めにしたピッチングは、引き出しの多さを招き、それでいてストレートが決まっていたものだから、リードする小林もリードのし甲斐があったはず。

打線的には無安打だったもののzべの存在感は相変わらず。
しっかりしたアタリは1本だけだったものの、マギーに猛打賞という結果が出て、後は6番打者待ちとなった。
今期初スタメンだった重信のヒットは、今後につなげられれば、、、という安打だったことは喜ばしい。





2017. 04. 02  
巨人6対中日3

勝ち投手:大竹寛1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1S

同点に追いついた内野ゴロも勝ち越しタイムリーを放ったのもマギーだったけれど、その前を打つ4番阿部の状態の良さが全て引き出していた。
4回に放ったタイムリーは、あの低めのボールをしっかり叩ける身体の柔軟さとバットのヘッドが効いたバッティングで、阿部の状態の良さが伺えるアタリだった。
6回のチャンス拡大のツーベースも、しっかりしたスウィングで見事なヒットだったし、そこで打ってくれたことが前の打者の出塁を生かし、後の打者の重圧を薄めてくれてる。
チャンスメイクでも得点が欲しくても、阿部に回せば何とかなるという循環になっており、4番がしっかりしてくれてるから打線が生き生きしてる。
打線的には負ける気がしない。

期待の岡本は、亀井が代打に出されるなどまだまだだけど、その亀井が「積極的に初球の1球で見事なバッティングだった。
相手野手のミスを突く走塁でダメ押し点を獲得するなど、昨年と違って心身ともに状態の良さが伺える。
この亀井の状態の良さが、岡本のケツに火をつけてくれると更に選手層が厚くなってくる。

マギーは確かにタイムリーが出たけれど、まだ信用するわけにはいかない。
6番に座る長野と並んでもっと状態を上げてくれないと、阿部のマークがキツくなるからここが今後の打線のポイントになる。

先発大竹は可もなく不可もなくという感じだったけど、外国人打者に対してあの配球はないだろう。
これは大竹の問題というより、リードする捕手・小林の問題かもしれない。
投げミスもあったけれど、今日の勝ち星で更にいい投球を期待したい。
マシソンへの不安は今日の投球で杞憂に過ぎなったともったものの、ストッパー・カミネロが落ち着かない。
自分のリズムを生むためにどうしたらいいのか。
試合でのプレーだけではなく、準備段階から見つめ直してほしい。





2017. 03. 31  
巨人6対中日2
勝ち投手:マイルズ・マイコラス1勝
ホームラン:阿部1号2ラン、坂本1号2ラン

待ちに待った開幕。
オープン戦では個の力と状態の見極めに徹し、ベンチは野球をしてなかったので、オープン戦の結果など気にはしてなかった。
1軍登録メンバーを見た時、十分予想がついたスタメンは今季の開幕試合ということもあって4番に座る阿部のバットがどうなるかで、この試合だけではなく、今後の影響が出ると思ってた。
3打席目、4打席目の三振はあれ?と感じたものの、1打席目のヘッドを効かせて変化球を拾った打球はスタンドまで行ってくれた。
2打席目はしっかり上から来た球を叩けたタイムリーで、計3打点。
4番がこれだけ序盤で存在感を出すと、マギーがいいバットの軌道でタイムリーを打つなどいい影響が出てくる。

守備的にはバタついた感じが出たけれど、緊張感の伴うマウンドでこれだけ先発マイコラスが好投してくれると、4点目で価値が近くなったはず。
坂本のホームランは、しっかり軸足に重心が残って力感あふれて球を叩けた右方向へのアタリだった。
こういう打撃を見せられると、今季は打率だけでなく長打も数字を残せそうな感じがする。
クリーンアップで全打点。
これで勝てない試合などないね。

マイコラスはいわゆる普通の出来だったと思うし、そこは自分も弁えていたように見えた。
中井の信じられないエラーもあったし、内野手で安心できるのはショート坂本だけという状況で我慢しかないという感じだった。
ちょっと見ていて気の毒だとおもったし、小林のリードも苦心してる感じが強く、それは内野の守備力の問題だった。
そうであれば内野手起用の選手は打って稼がなければということで、クリーンアップを初め、中井にも2本のヒットが出ていたことは攻撃的には良かったと思う。
岡本は守備内容と1本のヒットでプラマイゼロ。
ただ、初の開幕スタメンでヒットが出たことは良しとしないと。

リリーフはカミネロに魅力を感じた。
シュート気味の球は敢えて投げているのかシュート回転してしまうのかが分からないけど、それ以外のフォーシーム的なストレートとスライダーは思ったよりもいい球だった。
暑い時期になれば、もっと状態が上がってくるだろう。

気になったのはマシソン
結果的に抑えたものの、肘の位置が下がって腕が押し出すか、横振りになって球速が出ていなかった。
今日の試合を見る限り、そこが最も不安に感じたところ。
このマシソンの状態を投手担当コーチはどう見るのかは今後に影響が出るかもしれない。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
198位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR