2017. 04. 11  
巨人6対広島9

負け投手:森福允彦2敗
ホームラン:中井2号2ラン

両軍先発投手からすれば、予想できなかったということととんでもなく荒れた試合になった。
序盤はいざ知らず、4回以降から見始めたけど、今日の主審はやたらにストライクゾーンが狭かった。
野村にせよ菅野にせよ、良し決まったというボールが尽くボールの判定。
広島石原はそういう判定の対処として変化球を多めにした。
一方の小林はくどい位あちこちのコースを確かめ、これでもかという位に同じような球種とコースで攻めようとしていた。
菅野がそれに応えられず、ボールが高く、球数がイタズラに増えてしまったことが野手のバタつきを招いてしまった。
確かに阿部の野戦は、何をどう思ったのか分からないけど、ホームを牽制した後何故か2塁方向へ向いてしまったことが失点につながってしまった。
まず1死を取ることが先決だったから。
それと各プレーにおけるセカンド中井のカバーが遅すぎ。
無失点か1失点で凌げそうなイニングは、ライト長野の足のもつれもあってとんでもないイニングになってしまった。
記録上3塁打だとしても、打球の落下地点を誤った長野のエラー。
その後、一旦追いついたものの、ほとんど6失点のイニングだけで試合は終わっていた。

小林はWBCで得た体験を全く生かせない試合をしてしまった。
森福登板の時、同じような球と同じようなコースばかり続けて、何のバリエーションも使えず、大事な左腕を壊してしまった。
谷岡当番の時も思ったけど、自分の球団の投手の特徴をしっかり把握しているのだろうか。
自分本位のリードになっていたないか。

こういう荒れた試合は、よくよく見てるとミスが引き金だけど、小林阿部中井のミスと主審の偏った判定。
広島は積極果敢に早いカウントから打って出て、主審の判定に対抗していた。
要は、そんなところにこの試合の荒れた原因があった。





スポンサーサイト
2017. 04. 07  
阪神3対巨人

勝ち投手:マイルズ・マイコラス2勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ4S
ホームラン:中井1号ソロ

試合展開的にはヒヤヒヤしたところはあった。
マイコラスの立ち上がりは見てないし、分からないけど、失点したイニングはボールがボール1個分位高かったし、特に制球力がねえ。
中に中に球が集まって、ストレートを投げようと変化球を投げようとどうにもなってない印象が強かった。
一試合の中で様々な場面と打者を迎えるのだから、最初から最後まで同じように投げることなどあり得ない。
ここで追いつかれなかったことと7回まで投げ切れたことが、最大の勝因となった。

ヒーローインタビューは2打点を挙げた岡本が受けてたけど、初回ヒットで出塁し、2回彼らしい思い切りとキレの良いスイングで本塁打を放った中井に軍配を上げたい。
守備でもセカンドで出場しながら途中でレフトに、そしてまたセカンドと目まぐるしく変わりながら切れの良い好守備も見せていた。
中井の持ち味であるキレと思い切りの良さは、スイングに現れる。
あの構えだと中よりやや外目から懐までのベルトから下の当りの球は、実にいいスイングをしてる。
打球はセンターからレフト方面がほとんどだけど、それがキレのいいスイングを生むならそれでいいと思う。

なかなかヒットという結果が出ないものだから、揶揄する向きも多いみたいだけど、今季は思い切りの良さと球を見極めて四球を選んで出塁してる部分が同居し、今のところトップバッターとしていい味を出してくれてる思う。
中井、立岡ともイヤになる位犠打が下手だけど、初回を除き打順が回ってくると何かやらかしてくれるんじゃhないかという位、期待が持ててる。
足が速ければトップとかよく出塁するからトップということだけではない。
相手に切れ込む思い切りの良さも、物凄く必要だし、中井の場合それだけではなく長打も放てる良さがある。

今の状態をキープするのではなく、もっともっと打線を引っ張る切れ味を磨いてほしい。





2017. 04. 05  
DeNA2対巨人4

勝ち投手:内海哲也1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ3S

開幕前の内海の状態を見てて、ここ数年では感じられなかった状態の良さを感じてた。
課題があるとすれば、足の吊。
昨日もDeNAの今永がなっていたように、こうなってしまうのは体質的な面とこの時期の夜はまだ寒さがあるということで、鍛錬不足ということではない。
立ち上がりを無難にこなした内海は、勢いに乗って、、、というより、1球1球の球のキレと勢いがしっかりしてた印象が強かった。
制球もよく、時にブレた時でもほとんどの球が低めにしっかり投げ込めていたため、その状態の良さが伺われた。
先制は許したものの、しっかりしたピッチングにブレを感じなかったので最少失点で済ませられたことが大きかったと思う。
そこに自身の勝ち越しタイムリーは、気分もよくなろうというもの。
自らのバットで叩き出した勝ち越し打は、その後の中井立岡のヒットにつながり、坂本の犠飛までいったことを思うと、功績はかなり大きかった。

今期から投げ始めたカットボールを多めにしたピッチングは、引き出しの多さを招き、それでいてストレートが決まっていたものだから、リードする小林もリードのし甲斐があったはず。

打線的には無安打だったもののzべの存在感は相変わらず。
しっかりしたアタリは1本だけだったものの、マギーに猛打賞という結果が出て、後は6番打者待ちとなった。
今期初スタメンだった重信のヒットは、今後につなげられれば、、、という安打だったことは喜ばしい。





2017. 03. 31  
巨人6対中日2
勝ち投手:マイルズ・マイコラス1勝
ホームラン:阿部1号2ラン、坂本1号2ラン

待ちに待った開幕。
オープン戦では個の力と状態の見極めに徹し、ベンチは野球をしてなかったので、オープン戦の結果など気にはしてなかった。
1軍登録メンバーを見た時、十分予想がついたスタメンは今季の開幕試合ということもあって4番に座る阿部のバットがどうなるかで、この試合だけではなく、今後の影響が出ると思ってた。
3打席目、4打席目の三振はあれ?と感じたものの、1打席目のヘッドを効かせて変化球を拾った打球はスタンドまで行ってくれた。
2打席目はしっかり上から来た球を叩けたタイムリーで、計3打点。
4番がこれだけ序盤で存在感を出すと、マギーがいいバットの軌道でタイムリーを打つなどいい影響が出てくる。

守備的にはバタついた感じが出たけれど、緊張感の伴うマウンドでこれだけ先発マイコラスが好投してくれると、4点目で価値が近くなったはず。
坂本のホームランは、しっかり軸足に重心が残って力感あふれて球を叩けた右方向へのアタリだった。
こういう打撃を見せられると、今季は打率だけでなく長打も数字を残せそうな感じがする。
クリーンアップで全打点。
これで勝てない試合などないね。

マイコラスはいわゆる普通の出来だったと思うし、そこは自分も弁えていたように見えた。
中井の信じられないエラーもあったし、内野手で安心できるのはショート坂本だけという状況で我慢しかないという感じだった。
ちょっと見ていて気の毒だとおもったし、小林のリードも苦心してる感じが強く、それは内野の守備力の問題だった。
そうであれば内野手起用の選手は打って稼がなければということで、クリーンアップを初め、中井にも2本のヒットが出ていたことは攻撃的には良かったと思う。
岡本は守備内容と1本のヒットでプラマイゼロ。
ただ、初の開幕スタメンでヒットが出たことは良しとしないと。

リリーフはカミネロに魅力を感じた。
シュート気味の球は敢えて投げているのかシュート回転してしまうのかが分からないけど、それ以外のフォーシーム的なストレートとスライダーは思ったよりもいい球だった。
暑い時期になれば、もっと状態が上がってくるだろう。

気になったのはマシソン
結果的に抑えたものの、肘の位置が下がって腕が押し出すか、横振りになって球速が出ていなかった。
今日の試合を見る限り、そこが最も不安に感じたところ。
このマシソンの状態を投手担当コーチはどう見るのかは今後に影響が出るかもしれない。





2017. 03. 30  
明日のスタメンはどうなるかな、なんて思うのも今夜までかな。

期待してる選手もいれば、やってくれないと困る選手もいる。
はっきりしてるのは先発投手がマイコラスということだけで、その他は予想の果てにすぎない。
勝手に3番坂本、4番阿部と決めてかかってるけど、でも多分そうなるだろうな。

期待する若手や中堅選手で、ここまでの状態を思うと中井のバットに期待してるんだけどな。
岡本はオープン戦でとにかく振れてないなと思ってたら、代打での起用で見事にバックスリーンへホームランを打ったと思ったら翌日は猛打賞。
いい面と悪い面が出てるけど、ツボにはまれば力が出るようにハマりかけてる感じもするけれど、相手もプロの投手だから早々はうまくいかないだろう。

経験に乏しく、考えてバットを振るタイプではないと思うし、頭を使うことは相手が上なのは分ってるから、積極的に思い切った打撃をしないと結果は出ない。
だから、タイプではないと思いつつ、博打のようだけど岡本は1番で起用したら面白いかもしれないな。
要らぬことは考えず、考えさせないよう初球から打てって出るよう指示を出しておいた方が良いかもしれないな。
トップ岡本が積極に打ちに出て結果が出れば、打てない打線に火が付く可能性が高まるし、今後の岡本への期待も高まる。

今時の若者は下位で起用され、死にもの狂いで結果を出して信頼を勝ち取っていくことができないことの方が多い。
それなら、その素質を買うなら無理やりにでも開花させるように仕向けないといけないかもしれないな。そして振れている中井が6,7番で快打を飛ばして切れ目のない打線を見せつけていく。

小林は8番起用だろうけど、捕手としての成長が本物ならバットでも結果が出るはずで、巷では2割5分位は・・・という声が聞こえるけど、それ以上に結果が出るかもしれない。
小林の打撃もハマりつつあるということ。

これ位妄想を許されるのも今夜までなんだろうな。





2017. 03. 25  
これまでWBCでの侍ジャパンの戦いに気が言ってたので、巨人を始め、オープン戦を通しての各球団の状態はほとんど見ておらず、マスコミ等のニュースで見る位だった。

巨人は現在オープン戦6連敗中で最下位。
チーム打率も防御率も低調で、ニュースを見てる限り見るべきものがなかった。
けど、やっぱりオープン戦と言えど、自分の目で見るものだと思った。

先日代打でバックスクリーンにホームランを放った岡本の状態がグンと上がってた。
3安打中、レフト方面の2本は振出しのタイミングが若干早いものの、フォーム的にポイントが決まってきつつあり、型にはまってきたという感じもの。
この場合、このフォームを追い求めて自惚れがちになることが多いけど、こうした場合でなかなか球が捕えきれない場合にはセンター返しを意識すると結果がいい方向へ出る。
その証拠が3本目のライト方向へ打ったヒットだった。

岡本以外にも中井が躍進してる。
状態はかなりいいと思うのは、ミートポイントがはっきりしてて積極果敢に打ちに出る思い切りのいい打撃は、中井も持ち味であり、ヒットにならなくても打球が鋭くなっていることに見て取れる。

立岡もいい感じでバットコントロールができてるし、石川中井同様、思い切りよく積極果敢に打ちに出ているのは好印象。

投手も内海は、足が吊ることがクセになってはいやしないかだけ、気にしてた。
球の走りも制球もいい状態に来ており、その足吊がなければ信頼度が上がってくる。

カミネロが最終回投げたけど、ランナーを許した時に我を忘れがちになるところだけが気になった。
球はストレートにしてもツーシーム系で右打者の懐へ食い込みがちとなり揺れるボールとフォーシーム系のきれいな球を投げていた。
変化球というと落ちる球が言われがちだけど、スライダーは立派に使える武器だし、カミネロとはキャッチャーが多くを語ってその傾向を掴み気分良く投げさせるリードが大事なんだろう。

侍ジャパンに行ってた選手も帰ってきてベンチに入り、小林などは途中出場してた。
士気も上がってくるかもしれない。
澤村の故障、未だに1軍メンバーにはいない陽と山口俊。
そこに状態が良化してないリリーフ左腕と不安定な吉川。

確かに不安要素が多いように見えるけど、ここにきて状態を上げてきつつある選手も見受けられ、巷で言われるほどチーム状態は悪いものでもなさそう。
まだ、ここまで来て選手の状態を見ることに重きを置いて、野球をしてない首脳陣の思惑がどこあって、開幕をどうとらえているのかはっきりしてないから、マスコミ等にはいろいろ悪いように言われてしまうだけ。

いい状態の選手を一人でも多く引き出していくことが肝要なんだろうな。






プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
198位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR