2017. 06. 18  
巨人7対ロッテ5

勝ち投手:高木 勇人1勝

本当に3度目の正直だった。
途中出場の亀井の打席には、尽くチャンスで回ってきたものの、内角ベルトより低めのストレートにあわない打てないことが続いていた。
外角に目線と神経を持って行かれていたのか、それとも身体の状態が良くないのか、見ていてここは内角球を裁く場面と思ってもバットが出ない。
2度あることは3度あるともいうけど、坂本の2塁打で1点差に詰め寄り、マギーもまた尽く敬遠され・・・
今日2本塁打の阿部が、内角高めのボール球をのけ反って交わした時、体重が曲り切らない右ひざへかかり、途中交代となっていたことを思うと5番に起用される打者がキーとなる予想はあった。

先発大竹の見切りは良かった。
2番手西村もよかったと思うけど、その西村が打順的に5番に組み込まれていたことに、もつれる要素はあった。
マシソンのまさかの被弾。
でもこれは責められない。
ここまでは投手が組み込まれており、攻撃的にはそれ以外の流れの中で得点しなければいけなかったけど、そうはなかな⒥かうまくいかないものだ。
だから、亀井には期待していた。
結果論になるけど、前の2打席のふがいなさが肥やしになった亀井の最終打席は積極性がモノを言った打席となった。

不思議な選手起用も随所にあった。
誰もが納得できる選手起用などないけれど、陽は監督がしっかり納得し、試合後も後悔しなければいい。
ただ、最後の投手となって勝ち星はついたけど、高木勇の起用は気になり続けてる。
何でこの時期に登録したのか。
今日が高木でなく、大竹を先発させたことはどういう意味なのか。
ここまで今日を含めて2試合の登板だけど、下にいた時、先発としての治療回復と調整をしていたと思った高木勇が最後にリリーフ。
明日から4日は試合がないとはいえ、危険な賭けのような登板は凶と出そうになっていた。

ここを踏まえて、しっかり投手編成は考えないと。
交流戦は6勝12敗となったけど、終わり方が良く、今日のように楽典しても逆転し返すものも出てきた。
1軍だけではなく、ファーム以下にいる選手も含め、投手をはじめとした選手構成はよくよく見極めてほしい。





スポンサーサイト
2017. 06. 14  
巨人3対ソフトバンク0

勝ち投手:山口 俊1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗14S

乾坤一擲、、、まさしくそんな姿勢を感じた先発・山口。
FAで移籍してきてここまで投げられないとは、山口本人も思っていなかったかもしれない。
それでなくても、OBや評論家をはじめとした外野がやたらにうるさい球団だから、風当たりも強かっただろう。
立ち上がりからしばらくは緊張感でガチガチの表情とは裏腹に、腕は振れていた。
だからストレートは伸びてたし、フォークもキレよく落ちていた。
緊張感があって当たり前だけど、そのために制球はままならず、それが適度な散らしになっていたんだろう。
球種を狙っても球の散りに、ソフトバンクの各打者はうまくミートできないでいた。

元の役割どころにに戻ったマシソンは、水を得たようなピッチング。
元々荒れ球だけど、球にキレがあって勢いがあった分、打たれる気はしなかった。
問題はカミネロだと思ってたけど、山口、マシソンと来た好投差が生み出したソフトバンク打線の狂いは強制されることなく、終わってみれば見事なノーヒットノーラン。
ノーヒットノーラン位、略するとバカみたいだから略せず、きちんとよくやったなあと言いたいな。

守備的にも坂本のフットワークの良さや山本の必死さが出ていて、良く守っていた。

やっぱり課題は打線。
仕掛けが遅いのと、自分の役目がわかってない選手が多すぎ。
そんな中で坂本の2本のアーチは、坂本のスイートスポットに貼ってきた球だったとは言え、見事過ぎるスイングでのものだった。

1か月以上もの間、連勝も3連戦の勝ち越しも見ることが出来なかった。
試合が終わって、何時以来だろうと思ったけど、これで餡した内容でもなかった。
山口は緊張感が高ぶる中良く投げたと思うし、これからに期待したいけど、打線に関してはもっと相手投手の決め球を打つことに集中して欲しい。
状況、もよく考え、そこでどんな打球を飛ばしたらいいのか、そこから考えていかないと、どんな打順を編成したって打てやしないのだから。





2017. 06. 13  
巨人5対ソフトバンク1

勝ち投手:菅野 智之7勝2敗

やっとGMが解任された。
勝つことと育成を同時進行させるのは、本当に難しい。
外部の力を積極的に入れて、それでいて3軍創設。
でも、いつしか3軍だけではなく、2軍も野戦病院のようになってしまい、育成は進まないようになっていた。
ファーム以下は勝つことが第一義ではなく、成長させることが大事なのに、勝つことで脚光を浴びていたように見えた。
1軍で戦力にならなければ、ファーム以下で駆っても、意味がない。
悔しい位、ここ数か月で感じたことだった。
それでも、そういう状況で選手も指導者ももがいていたと思いたい。
GMと球団社長の交代劇に、何も感じない者は不要のはずだ。

そういう意味かどうかは分からないけど、菅野のピッチングには気概を感じてた。
それがしっかり伴い切れたかというとそうでもなかったけど、最終回のピッチングは小林ではなく、菅野が率先してリードし、ストレートで2者連続三振の終結は見事だった。
坂本も何か吹っ切れた部分と粘りのあるプレーぶりで、バットでも守備でも久しぶりに球際の強さを見せてくれた。
試合終盤の重信の二盗、三盗も畳みかけるようでいい作戦だった。
2番セカンドでスタメンに名を連ねた山本も、今後に期待ができるかもしれず、希望だけど辻と切磋琢磨して欲しい。

仕掛けが遅いのが問題だけど、今日位はチームがまとまって勝ちに行ってほしいと思っていたので、菅野の完封など問題ではなく、流れに沿って勝ちに行くことが大事だった。

一つの勝ちだけで信用は出来ない。
交流戦も残すところ5試合。
これを全勝する位の勢いある試合を展開して欲しい。





2017. 05. 10  
巨人9対阪神7

勝ち投手:大竹 寛4勝1敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗10S
ホームラン:阿部6号2ラン、坂本5号3ラン・6号ソロ、マギー6号ソロ、長野1号ソロ

派手な花火大会のようだった。
阿部のホームランを見てると、バットの軌道が戻りつつあることを確認できたし、坂本のホームランは2本とも実見事な裁き
で右方向へのあたりだった。
マギーの1発もホームランにすることは難しい低めの球で、状態が上がってきてることを感じさせてくれた。
長野はまだまだだけど、今日の1発は彼らしい右方向だったし、凡打した打席でも その傾向が出てきてるということはようやく最低の状態から抜け出そうとしてるのかもしれない。

今日は予想通りトップに石川を起用し、機能したことが収穫だった。
相手が左腕岩貞ということもあり、立岡の状態がいいのか悪いのか分からないこともあったけど、石川の思い切りのいいスイングはその後の打者に影響を及ぼしていたのかもしれず、5本ものホームランを引き出す要素になっていたかもしれない。
ホームランがたくさん出たから欲張ってはいけないけど、今日のタイムリーは小林の1本だけ。
タイムリーを重ねることで打線に勢いを呼び込んでほしいと思っていたけど、それ以上の効果だったかもしれないが、これを勢いに結び付けていってほしい。

先発大竹は、反省点がたくさんあった。
先制した後失点したことや四球で降板するなど、やっぱり球数が80球を超えたあたりになると崩れてくる。
7回のマシソンの登板は、阪神打線を止められるのは彼しかいないのだから当然の起用だった。
だけど、大竹の早すぎる降板がそうした事態とカミネロのイニング跨ぎを招いてしまった。

派手な試合に見えたけど、起用面と戦術面では課題が多い試合でもあった。
でも勝ちは勝ちだから、もっと打線が打線であるために、リリーフ陣の起用状況と場面については更に効果が上がるよう試合を見つめ直してほしい。





2017. 05. 06  
中日1対巨人

勝ち投手:田口 麗斗3勝
ホームラン:坂本4号ソロ

先制弾となった坂本のホームランは、いろんな意味ですごいホームランだった。
どんな先発投手でも立ち上がりは無難に行きたいともって投げ始めるけど、失投という球でもなく、いい球をいいコースに投げ込めたと思った球をセンターバックスクリーンに放り込まれたら、そりゃあショックだと思うよ。
あの低めの内角よりの球をあそこまで飛ばしたのを見たのは2回目。
先制できたという意味でも、あの球を抛り込む凄味みたいなものでショックを与えていたという意味でも、すごいあたりだった。

それでも中日大野を打ち崩したという印象は薄い。
マギーもよく打ったし、長野も意外な猛打賞だったし。
今日のスタメンで打てなかったのは立岡と村田。
立岡に関してはそういう時もあって毎日打てるわけじゃないと思うけれど、村田に関しては試合に出ていない感覚のズレを感じる。
阿部の披露から来てる身体のハリが気になるところで、そうであればもっとファースト村田という形で使うケースが多くてもいいとは思うけれど、実戦での勘が鈍いのなら4番起用には疑問符が付く。
マギーの状態が上がってきつつあり、淡泊さも減少傾向にある事から4番マギーという起用を軸に打順を考えてもいいと思う。
猛打賞とは言え、長野の打撃はまだ顔がレフトスタンドに向いてる状態では、坂本の一発でショックを受けた投手だから打てたような感じでアテには出来ない。
どうしても打線的な流れで考えれば、4番と7番以降でキレてしまう。
石川が出てくてくれてるので起用法によっては7番はカバーできるけど、4番はなあ、、、
3番坂本が打線の中核になってるので、4番に誰を起用するかは大事。
村田は下に下げてマギーなら、、、と最近のマギーの状態を見てるとそう思う。

今日は巨人戦の後、阪神の大逆転を見てたけど、8番起用の梅野がいい打撃をしてた。
巨人も8番起用の小林が問題だし、2安打はしてたけど、4回の「スクイズ失敗は柳の下のドジョウの2匹目を狙ってたのか、いただけないシーンを見てしまった。
昨日も感心などしなかったけど、自分の形でどのコースの球も打ち返すことが大事なのであって、トリッキーな試みなど不要。
内角は左に、外目の球は右に自分の形で叩いていくことで打撃力を向上して欲しいし、そうでないと巨人打線は7人になってしまう。
リードと打撃は比例するもので、どっちつかずが最も良くない。
先発田口の不安定さを強気の攻めで好リードを見せていたので、それを考え違いしないで打撃に生かしてほしい。





2017. 05. 02  
巨人5対DeNA0

勝ち投手:菅野 智之4勝
ホームラン:坂本勇2号ソロ

28年前の斎藤の投球も見てた。
また完封してくれたか、、、という頼れて気持ちのいい感じがそこにはあった。
完封ありきの投手だった斎藤は、完投が当然の勝ち方とも取れるピッチャーだった。
かの江川でも3連続完封なんてあっただろうか。
プロ野球記録は、巨人・藤本の6連続ということで上には上があるということなんだけど、時代的には比べようもない。
この28年もの間、巨人だけではなくプロ野球の世界に誰もこういう快挙が出来なかったという喜びみたいなものを感じてる。

菅野のこの快挙は、昨年までの辛苦が当然ベースとなってあるもので、こういう瞬間に見ていられたことの喜びは斎藤の記録の時と同様だね。
確かに序盤は安定してなかった。
今日の具合の把握ができるまで時間がかかったけど、それでも失点しなかったのはこれまでの辛苦が生きてるし、それ以降はっ菅野onステージで独壇場のようなものだった。
解説者はガチャガチャ言ってたけど、そんなの余計なお世話で、そこまで言う程の記録は残せなかったくせ注文だけは多いという感じで、今日だけは解説者は不要だった。

坂本の打席も見事だったし、バックスクリーンに放り込んだ球はあそこまで打てるのは大したものだと感嘆しきり。

だけど、今日の主役は菅野というエースピッチャーだった。





2017. 04. 26  
広島7対巨人

負け投手:大竹寛2勝1敗
ホームラン:中井3号ソロ

先発投手が失点をつづけた展開でロングイニングを我慢できないと、盲点が露呈する。
帰宅した時点で先発した大竹はもうマウンドにおらず、スコアは6対3で負けていた展開。
反撃もむなしく坂本のタイムリーは出たものの、阿部はこすり気味だったかバットの先だったか、打球が伸びず。
この日当っていたらしかったマギーは見逃し。
ストライクと判定された球を講義していたみたいだけど、カットするなどして粘りを見せないと。
同点まで行けなかったが、結果として篠原の失点が決め手に見えるけど、今日の敗因は先発大竹が我慢できなかったことと右「リリーフ投手が不在であること。

大竹はここまでが出来すぎで、今日みたいなことはあり得ることだけど、いつもいつも先発がロングイニングの仕事が出来るわけではない。
大竹は今日の展開からして5回が限度だった。
球数は100ではなく80位で考えなければならず、そこを変えなかったのもリリーフに左腕しかいない状況がそうさせてしまった。
スコア的な状況しか分からないけど、1軍が勝ってどうかということだからファームで先発調整していたとしても1軍のリリーフ起用を想定して上げることも考えていかないといけないかもしれない。
今の状況では、篠原は貴重な投手であり、経験を積むことも必要だから今日みたいな起用は今後もあるだろう。
篠原への期待は高いままだけど、今日みたいな起用は篠原以外の右の先輩投手がそうさせてしまったということ。

打線的には1,2番の入れ替えがあった。
そうであれば中井は下位において、他の選手の2番起用を考えた方が良いかもしれない。
それと亀井のスタメン起用には疑問が残った。
今の亀井は代打であるべきで、切り札のような存在で起用して欲しいと考える。
それは1発で仕留めようとする集中力が、今の亀井のウリだから。

たまたま上位にいてゲーム差もわずかなことから首位決戦のように言われるけど、試行錯誤は続くだろうな。





2017. 04. 16  
中日0対巨人2

勝ち投手:大竹寛2勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗5S

先発大竹は、実にいいピッチング内容だった。
シュートを軸に、スライダーで散らし時折投げるカーブが絶妙で、制球力もよかった。
一方の中日吉見も自慢のコントロールがよく、球もキレていたので、耐久戦いになりそうという予想はあった。
個人的な見解になるかもしれないが、大竹は5、6回までの姿とそれ以降の姿は別物だと思ってる。
球数の問題ではない。
今日は球数的に7回までで80球も行ってなかった。
意識しちゃうんだろうが、今日はそうでもなく7回を投げ切りそうになってた。
ただ、四球を与え、左打者を迎えたということのみで山口に変えてきた。
結果的にどういうわけかアップアップのピッチングになってしまい、あわや押出しの展開。
相手打者がどうの、という問題でもないと思うけど、展開を異常なまでにkにしすぎるということと自分の球をどう見てるかに問題はありそう。
ただ、ここで山口に帰るならイニングの頭から、或いは7回は大竹で最後まで行ってほしかった。
翌、8回は森福→宮國7→カミネロと3人もの系統となってしまった。
7回の展開がブルペンで読み切れず、準備がしっくりいってなかった感じで、ここはきちんと首脳陣に意識確認を徹底させてほしいと思う。
イニング跨ぎにならなくても、イニングの途中からの継投は困難さを極め、通常の継投よりも難しい。
まだリリーフ投手に信頼感がないからこういう具合になってしまうのだろうけど、結果的に今日はよかったということではなく、イタズラに投手を使うことは今後の投手起用に影響が出ることとなる。
カミネロの使い方も同様で、え、またマシソン使うのか?と思えたほどだった。

野手は坂本の好調さ、上り調子であることが目を引く。
今のところ阿部の状態も落ちてないし、今日起用された石川、重信のように6番、7番の起用法が今後のカギを握りそう。






2017. 04. 15  
中日2対巨人

勝ち投手:田口麗斗1勝

勝負の勝ち負けなんて所詮いつも紙一重だから、今日のような勝ちもある。
今期1試合からずっとトップで出てる中井は、打率こそ低いけど四球も選ぶし、積極果敢にいってヒットで出塁することもあるし、選曲的に打線を牽引することはある程度できてると思うから、決して失敗ではない。
守備的に不安はつきまとうけれど、それを補うほどの出塁と果敢な走塁姿勢を見せてくれてる。
初回の先制は中井の出塁でもたらされたチャンスにクリ-ンアップが呼応し、マギーが打ってくれたということ。
先発田口は、序盤から球数が多く、5回までしか投げられなかった上に被安打5で6四球の内容は一旦逆転を許したものの、1点の勝ち越しで済んだのはまだ中日の状態が上がってないからだということだろう。

中日先発若松は、以前のイメージから変わってるように見えたけど、緩い球を多めに使っていたことが、効果的でもなかったが巨人打が幻惑されているように見え、これは打ってるのに負けが続いている影響からだったかもしれない。

多分、試合前に何かしらの切り替え作業があって、それが奏効したのが坂本だったのかもしれない。
4安打はお見事で、阿部も続き、マギーも状態を上げてきてくれた。
出来が良くない田口が、小林と必死に我慢し、逆転した後の1イニングを山口が制球バランスよく、更にテンポ良く抑えてくれたことが追加点を生んでいた。
この山口の時もそうだったけど、森福のピッチングを見ていて出来は然程変わらないものの、小林の配球バランスとキャッチングが昨日までとはいい意味で別人のようだった。
WBCでパワー全開の野球をしてきた影響が、ここにきてやっと切り替えられたのかもしれない。

今日はとにかく結果的に勝つことが第一だったけど、昨日十分のクリーンアップの前に出塁ができたこと、問題だった6番7番が一人でも1回でも機能できたことが今後につながるかもしれない感じだった。
石川はしばらく使ってみた方が、思い切りもよく足もある上、元来の外野手だから守備的にもハマるかもしれない。
岡本、重信に期待したいところだけど、今は上位との差を開かせないことと今期のチームがどういう上京だったら機能するのか探らなければいけない時期だから、石川起用を期待したい。
余談になるけど、凡退したけど長野の打席の内容が別人みたいに良くなってる。







2017. 04. 04  
DeNA2対巨人

勝ち投手:菅野智之1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ2S

侍ジャパンで主に活躍してた投手が、どの球団も登板してた。
時差ボケ等肉体的疲れはともかく、外側からは分らない国を背負う意味での心情的な疲労はいくら切り替えが大事とは言え、なかなかできるものではない。
今日登板した各球団の侍ジャパン参加の投手たちは、いかに早く白星が取れるかで今シーズンのスタートが切れると思う。
そういう意味では結果的に菅野に白星がついてよかったし、ホッとした気分になれた。
見られそうでなかなか見られない投球は、中盤以降やっと見られたけど、菅野の初登板までのいきさつを思う時、いきなり最高潮なんてありえないから出来としてはこんなもんだろうと思った。
被安打と球数が多いなと思いつつ、然程の失点をしないで済んだのは心の粘りと何とか切り替えていう菅野の心情が粘投を生んでいた。

なかなか火がつかない打線は、相手あってのことだから仕方がない。
けれど、バントが計3回も失敗してたのは戴けない。
相手もバントさせないようにしてるのだから、難しいのは分るけど、3回の失敗は中井と立岡という1,2番コンビ。
こういう出塁が難しい展開では、少ない出塁を生かすも殺すも細かいプレーをどんな具合で丁寧にできるかにかかるし、勝敗を左右することが多いから、しっかりして欲しい。
今日は相手先発が足をつったりして降板を余儀なくされ、牽制が暴投になるなど、目だったエラーが相手に出たことで価値が転がり込んできた。
バントを失敗した立岡がしっかり反対方向へ打ったタイムリーは、こういう打撃をしてほしいというものだったし、外角の変化球で態勢を崩されそうになってた坂本がセンターに打ち返したタイムリーは基本的な打撃、相手投手の代わり端を叩いた格好になった阿部の1発は、まだ巨人に追い風が吹いていると思わせた打撃だった。
つけ込むときにつけ込めるとうのは、心情的にいい打撃ができている証拠で、これが出来ているうちは負ける気がしない。

それでも大事に1戦ずつ取っていこうとするなら、細かいプレーを大事にしっかりプレーして欲しい。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
725位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
116位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR