2017. 05. 03  
巨人4対DeNA1

勝ち投手:大竹 寛3勝1敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗8S

今期の大竹は、これまでにない状態の良さを感じる。
ロペスに1発食らったけど、それ以外6回までの内容は力感もありメリハリも効いて、いいピッチング内容だった。
この大竹という投手は6回か投球数が100球位までならこういうピッチングができるけど、7回以降か100球を超えた投球数になると頼りなくなる。
やはり今日も出てしまった。
6回のピンチのような場面で、筒香やロペスといった相手の主軸を向こうに回してストレートを投げ込んで打ち取ったところで大竹の仕事は終わってた。
監督の言うもう1イニング投げ切るという課題は、今のウチに克服させるのか、そこで見切ってゲームプランを考えるのかということになるけれど、全く余裕のないチーム状況において克服など考えなくていい。
見てるこっちは7回を誰が投げるんだろうと思っていたし、予想に反して続投させ、結果としてマシソンのイニング跨ぎとなってしまった。
確かに今現在のマシソンは状態の良さを継続させてるし、7回1イニングを任せられるリリーフがいないということがあるけれど、こういう使い方をしてると肝心な時にマシソンが壊れてしまいそう。
考え方次第だろうけど、誰かひとりに7回を任せるのか、複数のピッチャーで凌ぐのかブルペン担当は勿論、ファームの投手担当コーチも含めてどう状況を打開していくのかは、大きな課題でもある。

今日の試合は先制を許した後、直後に逆転したのが勝因と考えると小林のタイムリーとなるだろうけど、その前で亀井が彼らしいバッティングでチャンスを広げていたことがそれを呼び込んだ。
最後の追加点となった阿部のタイムリーは、今日の試合というより阿部にとって状態をしっかり把握するためには必要だった打撃じゃないだろうか。
立岡の存在感が日ごとに大きくなってるけど、言ってみればわき役陣が打って勝利に結びつけた試合。

継投にも納得できるところがあったわけでもないし、なんともつかみどころがないような試合だった。






スポンサーサイト
2017. 04. 16  
中日0対巨人2

勝ち投手:大竹寛2勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗5S

先発大竹は、実にいいピッチング内容だった。
シュートを軸に、スライダーで散らし時折投げるカーブが絶妙で、制球力もよかった。
一方の中日吉見も自慢のコントロールがよく、球もキレていたので、耐久戦いになりそうという予想はあった。
個人的な見解になるかもしれないが、大竹は5、6回までの姿とそれ以降の姿は別物だと思ってる。
球数の問題ではない。
今日は球数的に7回までで80球も行ってなかった。
意識しちゃうんだろうが、今日はそうでもなく7回を投げ切りそうになってた。
ただ、四球を与え、左打者を迎えたということのみで山口に変えてきた。
結果的にどういうわけかアップアップのピッチングになってしまい、あわや押出しの展開。
相手打者がどうの、という問題でもないと思うけど、展開を異常なまでにkにしすぎるということと自分の球をどう見てるかに問題はありそう。
ただ、ここで山口に帰るならイニングの頭から、或いは7回は大竹で最後まで行ってほしかった。
翌、8回は森福→宮國7→カミネロと3人もの系統となってしまった。
7回の展開がブルペンで読み切れず、準備がしっくりいってなかった感じで、ここはきちんと首脳陣に意識確認を徹底させてほしいと思う。
イニング跨ぎにならなくても、イニングの途中からの継投は困難さを極め、通常の継投よりも難しい。
まだリリーフ投手に信頼感がないからこういう具合になってしまうのだろうけど、結果的に今日はよかったということではなく、イタズラに投手を使うことは今後の投手起用に影響が出ることとなる。
カミネロの使い方も同様で、え、またマシソン使うのか?と思えたほどだった。

野手は坂本の好調さ、上り調子であることが目を引く。
今のところ阿部の状態も落ちてないし、今日起用された石川、重信のように6番、7番の起用法が今後のカギを握りそう。






2017. 04. 09  
阪神4対巨人

負け投手:森福允彦1敗

先発大竹はいいピッチングだった。
先制弾となってしまった阪神・北條へのあの1球だけだった。
阪神先発・能見もいいピッチングだったけれど、球のキレよりも配球の妙で抑えられていたように見えた。
だから試合終盤に何かあると思ったけど、それは立岡のヒットからだった。
坂本がチャンスを拡大し、迎えた阿部は状態の良さがキープ出来てるバッティングで同点に。
マギー、長野は打てる気がしなかったけど、岡本のところで代打・亀井
狙いがよく、初球を逆転打。
このイニングは結果的に一時逆転となったけど、2つ問題があった。
一つは亀井の代打が何故岡本のところで、ということ。
調子が停滞してる長野のところで起用できなかったかということで、そこで起用してれば岡本のところで脇谷起用という畳み込める起用が出来た。
二つ目は、打順が投手・大竹に回ったところで、代打起用しなかったのは何故ということ。
大竹というピッチャーに拮抗した試合展開で7回以上のイニングを任せるのは、甚だ疑問。
案の定、次の阪神の攻撃で同点弾を打たれていた。
打たれた球は失投ではなく、打った方を褒めるべきだろうけど、変えるべきところで変えなかった結果だと言ってもいいかもしれない。

今期はまだ連敗がない。
これは先発投手の踏ん張りが大きいけれど、勝ち越してる場面での8回マシソン、最終回カミネロの前の投手起用が決まってない。
7回1イニングを勢いに乗って先発投手に任せるのか、次の投手として一人の投手が出てくるのを期待するのか、複数の投手起用で7回1イニングを抑えていこうとするのか。
勝ってる時とタイの時、ビハインドの時のリリーフ投手の起用はどうなっているのか。
先発投手で7回以降まで任せてもいいと思えるのは菅野、かろうじてマイコラスだけという状況をどう考えるのかで早急に対処しておかないと、いずれシーズンが進むにつれ先発投手の披露の問題が出てくるから、考えて実行してかないといけない。

この時期、首位だとかそうでないとかは考えなくていいこと。
ただ、離れ過ぎないようにすることは大事。
そうするためにも打てる手は早く打って、漫然とシーズンを進行させないようにしないと。






2017. 04. 02  
巨人6対中日3

勝ち投手:大竹寛1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1S

同点に追いついた内野ゴロも勝ち越しタイムリーを放ったのもマギーだったけれど、その前を打つ4番阿部の状態の良さが全て引き出していた。
4回に放ったタイムリーは、あの低めのボールをしっかり叩ける身体の柔軟さとバットのヘッドが効いたバッティングで、阿部の状態の良さが伺えるアタリだった。
6回のチャンス拡大のツーベースも、しっかりしたスウィングで見事なヒットだったし、そこで打ってくれたことが前の打者の出塁を生かし、後の打者の重圧を薄めてくれてる。
チャンスメイクでも得点が欲しくても、阿部に回せば何とかなるという循環になっており、4番がしっかりしてくれてるから打線が生き生きしてる。
打線的には負ける気がしない。

期待の岡本は、亀井が代打に出されるなどまだまだだけど、その亀井が「積極的に初球の1球で見事なバッティングだった。
相手野手のミスを突く走塁でダメ押し点を獲得するなど、昨年と違って心身ともに状態の良さが伺える。
この亀井の状態の良さが、岡本のケツに火をつけてくれると更に選手層が厚くなってくる。

マギーは確かにタイムリーが出たけれど、まだ信用するわけにはいかない。
6番に座る長野と並んでもっと状態を上げてくれないと、阿部のマークがキツくなるからここが今後の打線のポイントになる。

先発大竹は可もなく不可もなくという感じだったけど、外国人打者に対してあの配球はないだろう。
これは大竹の問題というより、リードする捕手・小林の問題かもしれない。
投げミスもあったけれど、今日の勝ち星で更にいい投球を期待したい。
マシソンへの不安は今日の投球で杞憂に過ぎなったともったものの、ストッパー・カミネロが落ち着かない。
自分のリズムを生むためにどうしたらいいのか。
試合でのプレーだけではなく、準備段階から見つめ直してほしい。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
715位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
105位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR