2017. 04. 16  
中日0対巨人2

勝ち投手:大竹寛2勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗5S

先発大竹は、実にいいピッチング内容だった。
シュートを軸に、スライダーで散らし時折投げるカーブが絶妙で、制球力もよかった。
一方の中日吉見も自慢のコントロールがよく、球もキレていたので、耐久戦いになりそうという予想はあった。
個人的な見解になるかもしれないが、大竹は5、6回までの姿とそれ以降の姿は別物だと思ってる。
球数の問題ではない。
今日は球数的に7回までで80球も行ってなかった。
意識しちゃうんだろうが、今日はそうでもなく7回を投げ切りそうになってた。
ただ、四球を与え、左打者を迎えたということのみで山口に変えてきた。
結果的にどういうわけかアップアップのピッチングになってしまい、あわや押出しの展開。
相手打者がどうの、という問題でもないと思うけど、展開を異常なまでにkにしすぎるということと自分の球をどう見てるかに問題はありそう。
ただ、ここで山口に帰るならイニングの頭から、或いは7回は大竹で最後まで行ってほしかった。
翌、8回は森福→宮國7→カミネロと3人もの系統となってしまった。
7回の展開がブルペンで読み切れず、準備がしっくりいってなかった感じで、ここはきちんと首脳陣に意識確認を徹底させてほしいと思う。
イニング跨ぎにならなくても、イニングの途中からの継投は困難さを極め、通常の継投よりも難しい。
まだリリーフ投手に信頼感がないからこういう具合になってしまうのだろうけど、結果的に今日はよかったということではなく、イタズラに投手を使うことは今後の投手起用に影響が出ることとなる。
カミネロの使い方も同様で、え、またマシソン使うのか?と思えたほどだった。

野手は坂本の好調さ、上り調子であることが目を引く。
今のところ阿部の状態も落ちてないし、今日起用された石川、重信のように6番、7番の起用法が今後のカギを握りそう。






スポンサーサイト
2017. 04. 15  
中日2対巨人

勝ち投手:田口麗斗1勝

勝負の勝ち負けなんて所詮いつも紙一重だから、今日のような勝ちもある。
今期1試合からずっとトップで出てる中井は、打率こそ低いけど四球も選ぶし、積極果敢にいってヒットで出塁することもあるし、選曲的に打線を牽引することはある程度できてると思うから、決して失敗ではない。
守備的に不安はつきまとうけれど、それを補うほどの出塁と果敢な走塁姿勢を見せてくれてる。
初回の先制は中井の出塁でもたらされたチャンスにクリ-ンアップが呼応し、マギーが打ってくれたということ。
先発田口は、序盤から球数が多く、5回までしか投げられなかった上に被安打5で6四球の内容は一旦逆転を許したものの、1点の勝ち越しで済んだのはまだ中日の状態が上がってないからだということだろう。

中日先発若松は、以前のイメージから変わってるように見えたけど、緩い球を多めに使っていたことが、効果的でもなかったが巨人打が幻惑されているように見え、これは打ってるのに負けが続いている影響からだったかもしれない。

多分、試合前に何かしらの切り替え作業があって、それが奏効したのが坂本だったのかもしれない。
4安打はお見事で、阿部も続き、マギーも状態を上げてきてくれた。
出来が良くない田口が、小林と必死に我慢し、逆転した後の1イニングを山口が制球バランスよく、更にテンポ良く抑えてくれたことが追加点を生んでいた。
この山口の時もそうだったけど、森福のピッチングを見ていて出来は然程変わらないものの、小林の配球バランスとキャッチングが昨日までとはいい意味で別人のようだった。
WBCでパワー全開の野球をしてきた影響が、ここにきてやっと切り替えられたのかもしれない。

今日はとにかく結果的に勝つことが第一だったけど、昨日十分のクリーンアップの前に出塁ができたこと、問題だった6番7番が一人でも1回でも機能できたことが今後につながるかもしれない感じだった。
石川はしばらく使ってみた方が、思い切りもよく足もある上、元来の外野手だから守備的にもハマるかもしれない。
岡本、重信に期待したいところだけど、今は上位との差を開かせないことと今期のチームがどういう上京だったら機能するのか探らなければいけない時期だから、石川起用を期待したい。
余談になるけど、凡退したけど長野の打席の内容が別人みたいに良くなってる。







2017. 04. 06  
DeNA4対巨人

負け投手:山口鉄也1勝1敗
ホームラン:阿部4号2ラン

移籍初登板の吉川は、球威タップリのストレートを軸にいい球を放ってた。
緊張はなかったと言うけれど、公式戦初登板だし力んでた部分もあっただろう。
でも、このピッチングスタイルにほとんど間違いはないと思われ、今後に注目することができる。
一言あるとすれば、吉川のピッチングフォームには間がなく、球種では緩急の緩がない。
今更フォームは操作できないから、力だけの投球ではなく、緩い球を思い切って使うことを望みたいもの。

今夜の試合は相手投手の出来もよく、それほど打てないだろうということから球数の嵩む中盤以降にチャンスが来るかも、、、と思ってたけど、それにしても阿部のアタリは凄かった。
失投だったとは言え、そこを打ち砕くとはその後のセンター前ヒットと言い、状態の良さは失われてはいない。
しかし、阿部の1本だけでは勝てない。

2番手で出てきた山口は、今期心配してる投手の一人。
ここ数年の台功労者であることは疑う余地はないけれど、肘を故障して以降は元の状態には戻っていない。
いや、もう戻らないと思った方が良い。
以前も書いたけど、制球力をつけ、配球の組み立てで勝負していくしかない。
ここまで勢いだけで成功してたわけでもなく、相手打者やベンチとの勝負に勝ってきた実績というものがある。
今、自分はどういう球を投げて、どういう勝負を挑むのがいいのか。
小林もそこをどう考えていくのか。
よく自分を見極め、バッテリー間で話し合い、今後の方策を探っていかないと、今夜のように徒に四球を出して、、、ということになるだろう。
山口再生にはどうすればいいのか。
そこについてはベンチもよく考えていかないと。
池田という生きの良いサウスポーも出てきてるし、チームとしては今日の敗戦は影響はないけれど、山口の生き生きしたピッチングが見たいものだ。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
725位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
116位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR