FC2ブログ
2017. 05. 22  
山口鉄が今日、登録抹消となった。

再登録となった森福が、自らも外から見てても納得の球を投げられるようになり、一試合とは言え結果も出してた。
リリーフ左腕と一イニングのリリーフを任せられそうな投手が出てきたことから、再調整の意を込めた抹消なんだろうと思いたい。
何年も続けて60試合以上の登板を続け、しかも緊迫の度合いが高い場面での登板ばかり。
山口鉄の肉体が悲鳴を上げても、ちっともおかしくない状況は肘に出ていた。

処置はしたと言えど、投手にとっては肘は生命線でもあるから、球速は出ず、球威も失われがちになるのも当然のことだった。
一時、先発としての調整を任せられたときもあったけど、調整の具合に迷いがあって結局リリーフに舞い戻った経緯もあった。
指導者の指導能力の問題も大きかったと思うけど、チームとして山口鉄に頼り過ぎてたところは大いにあった。

肉体のチェック、メカ的なチェックは勿論だけど、精神的に張りつめていただろうから、このr登録抹消がそこに影を落とさなければ、、、、と思う。
最近は登板が少なくなっていたけど、一時の休息は1軍に居続けていては取れないものだから、、、、と思いながらも時の流れの重さもある事だろう。
築いた地位を失うことになるかもしれない。
しかし、これまで培ってきた経験からくる勝負勘は絶対生きてくることがあるから、しっかり肉体的にも精神的にも休息をとって再起を果たしてほしい。
ピッチングスタイルを制球力重視にしてほしいという想いはあるけれど、山口鉄自身が今の自分の身体の具合を見てどう思うかでスタイルは変わってくるだろう。

楽しみだし、期待してる。
まだ、森福や池田だけでは足りないんだ。





スポンサーサイト



2017. 03. 20  
またもや山口鉄がやられていた。
肘の負傷以降、球威も球速も戻ってこない。
ここまで起用してきて、内容も毛化も出ておらず、もう判断してもいいんじゃないかと思う。
森福がどうのとか戸根が間だとか言ってられない。
経験十分の山口鉄を、その経験に裏打ちされたピッチングを繰り広げさせるためにも、しばらくファームで調整させるべきだ。

球速は制球力で十分カバーできるものだし、それに伴ってく球威不足も同じ。
球のキレを出すためにも走り込みと投げる行為以外のトレーニングが必要だろうし、それが出来て初めて投げ込み。
肩は消耗品だから投げ込みなど・・・と揶揄する傾向が強いが、投げ込まないと投げる肩周辺の稼働域の教科柔軟につながるトレーニングにはならないから、絶対必要。
山口鉄の場合、どちらも足りておらず、それが腕の振りの鈍さになっていると思われる。

ここまで落ちてしまっているのだから、制球力重視のピッチングに変えていかないともう使えないかもしれない。
左打者のワンポイントでも、アウトローに投げるストレートとスライダーがストライクゾーンからボールゾーンへ投げる制球力がないと始まらない。
インコース高めの制球力ももちろんそうだけど、まずはアウトロー。
この制球力をつけるために、どう考え、どうトレーニングしていくべきなのかを考えないと、今の山口鉄では右打者など怖くて投げさせられない。

ストレートは球速よりもキレ、変化球ももちろんそうだけど、スライダー、チェンジアップだけではなく、大きい変化をするカーブ、落ちる球であるフォーク、スプリットなど、新たに武器にする球を身に着けていかないと苦しいと思う。
ここまでやってきたことの弊害、勤続疲労的なものが大きいけれど、ここでくじけてほしくない。
外連味のない大胆な山口鉄を見たいものだと思ってる。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
502位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
79位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR