2017. 06. 18  
巨人7対ロッテ5

勝ち投手:高木 勇人1勝

本当に3度目の正直だった。
途中出場の亀井の打席には、尽くチャンスで回ってきたものの、内角ベルトより低めのストレートにあわない打てないことが続いていた。
外角に目線と神経を持って行かれていたのか、それとも身体の状態が良くないのか、見ていてここは内角球を裁く場面と思ってもバットが出ない。
2度あることは3度あるともいうけど、坂本の2塁打で1点差に詰め寄り、マギーもまた尽く敬遠され・・・
今日2本塁打の阿部が、内角高めのボール球をのけ反って交わした時、体重が曲り切らない右ひざへかかり、途中交代となっていたことを思うと5番に起用される打者がキーとなる予想はあった。

先発大竹の見切りは良かった。
2番手西村もよかったと思うけど、その西村が打順的に5番に組み込まれていたことに、もつれる要素はあった。
マシソンのまさかの被弾。
でもこれは責められない。
ここまでは投手が組み込まれており、攻撃的にはそれ以外の流れの中で得点しなければいけなかったけど、そうはなかな⒥かうまくいかないものだ。
だから、亀井には期待していた。
結果論になるけど、前の2打席のふがいなさが肥やしになった亀井の最終打席は積極性がモノを言った打席となった。

不思議な選手起用も随所にあった。
誰もが納得できる選手起用などないけれど、陽は監督がしっかり納得し、試合後も後悔しなければいい。
ただ、最後の投手となって勝ち星はついたけど、高木勇の起用は気になり続けてる。
何でこの時期に登録したのか。
今日が高木でなく、大竹を先発させたことはどういう意味なのか。
ここまで今日を含めて2試合の登板だけど、下にいた時、先発としての治療回復と調整をしていたと思った高木勇が最後にリリーフ。
明日から4日は試合がないとはいえ、危険な賭けのような登板は凶と出そうになっていた。

ここを踏まえて、しっかり投手編成は考えないと。
交流戦は6勝12敗となったけど、終わり方が良く、今日のように楽典しても逆転し返すものも出てきた。
1軍だけではなく、ファーム以下にいる選手も含め、投手をはじめとした選手構成はよくよく見極めてほしい。





スポンサーサイト
2017. 06. 17  
巨人8対ロッテ0

勝ち投手:田口 麗斗5勝2敗

先発田口についての若干の不安は、立ち上がりだけだった。
そこをつけ込めるようなちーみ状態ではないロッテだったから、無難に無し揚がったようには見えたけど、そこは勘違いしないでほしい。
けれど2回以降は快投だった。
キレ良いストレート、スライダー、カーブが面白いように内外角のコーナーに決まっていた。
基本的に低めへ投げ込めていたことが素地としてあったからこそ、余計に生きていたピッチング。
不要な力みも感じず、打線による7得点の展開も理想的だったこともあって、不安感は感じなかった。
こういう状況とテンポの良い小気味いいピッチングでは、最後まで投げ切るだろうし、完封も当然のように予想できた。

昨日得点的には快勝に見えた打線も、昨日は打ってる選手とまるでダメな選手の白黒がはっきりしてたけど、今日はそこもなかったように見えた。
2番に入ってる山本は、まだまだ状況に応じた打撃と、1打席内で繰り広げられる勝負の中での組み立てに考えていかなくちゃいけないことはおおいものの、これも経験と反省の繰り返しで伸びていけるだろうし、目が吹きかけてる若手なのだから指導者はしっかり目配せしておいてほしい。
昨日5番で猛打を振ったマギーは、4番復帰となった今日も勢いは落ちなかった。
そこに5番に入った村田が、悪い手首を捏ねる癖が出ずに来た球を打ち返す打撃でタイムリーを打ってたことが大きかった。
打順的には7番が懐疑的だけど、ヒットは出なかったものの打撃スタイルを変えつつある小林の打撃を見るにつけ、しばらく変えずに行ってほしいものだと思う。

相手のタイムリーエラーが2つも絡んでいたことが快勝となっていたことも忘れてはいけない。
まだまだ状況に応じた打撃がしっかりできているわけでもないことは、自覚しておかないと。
ホッとしたのは 岱鋼にしっかりしたヒットどころか、ホームランまで出たこと。
これで攻めていく駒が一つ出てきたことになるからね。

問題は、明日も勝って交流戦を終えられるかどうかということ。
通常のリーグ戦に戻るには、明日の勝利は必要だろうから。





2017. 06. 14  
巨人3対ソフトバンク0

勝ち投手:山口 俊1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗14S

乾坤一擲、、、まさしくそんな姿勢を感じた先発・山口。
FAで移籍してきてここまで投げられないとは、山口本人も思っていなかったかもしれない。
それでなくても、OBや評論家をはじめとした外野がやたらにうるさい球団だから、風当たりも強かっただろう。
立ち上がりからしばらくは緊張感でガチガチの表情とは裏腹に、腕は振れていた。
だからストレートは伸びてたし、フォークもキレよく落ちていた。
緊張感があって当たり前だけど、そのために制球はままならず、それが適度な散らしになっていたんだろう。
球種を狙っても球の散りに、ソフトバンクの各打者はうまくミートできないでいた。

元の役割どころにに戻ったマシソンは、水を得たようなピッチング。
元々荒れ球だけど、球にキレがあって勢いがあった分、打たれる気はしなかった。
問題はカミネロだと思ってたけど、山口、マシソンと来た好投差が生み出したソフトバンク打線の狂いは強制されることなく、終わってみれば見事なノーヒットノーラン。
ノーヒットノーラン位、略するとバカみたいだから略せず、きちんとよくやったなあと言いたいな。

守備的にも坂本のフットワークの良さや山本の必死さが出ていて、良く守っていた。

やっぱり課題は打線。
仕掛けが遅いのと、自分の役目がわかってない選手が多すぎ。
そんな中で坂本の2本のアーチは、坂本のスイートスポットに貼ってきた球だったとは言え、見事過ぎるスイングでのものだった。

1か月以上もの間、連勝も3連戦の勝ち越しも見ることが出来なかった。
試合が終わって、何時以来だろうと思ったけど、これで餡した内容でもなかった。
山口は緊張感が高ぶる中良く投げたと思うし、これからに期待したいけど、打線に関してはもっと相手投手の決め球を打つことに集中して欲しい。
状況、もよく考え、そこでどんな打球を飛ばしたらいいのか、そこから考えていかないと、どんな打順を編成したって打てやしないのだから。





2017. 06. 13  
巨人5対ソフトバンク1

勝ち投手:菅野 智之7勝2敗

やっとGMが解任された。
勝つことと育成を同時進行させるのは、本当に難しい。
外部の力を積極的に入れて、それでいて3軍創設。
でも、いつしか3軍だけではなく、2軍も野戦病院のようになってしまい、育成は進まないようになっていた。
ファーム以下は勝つことが第一義ではなく、成長させることが大事なのに、勝つことで脚光を浴びていたように見えた。
1軍で戦力にならなければ、ファーム以下で駆っても、意味がない。
悔しい位、ここ数か月で感じたことだった。
それでも、そういう状況で選手も指導者ももがいていたと思いたい。
GMと球団社長の交代劇に、何も感じない者は不要のはずだ。

そういう意味かどうかは分からないけど、菅野のピッチングには気概を感じてた。
それがしっかり伴い切れたかというとそうでもなかったけど、最終回のピッチングは小林ではなく、菅野が率先してリードし、ストレートで2者連続三振の終結は見事だった。
坂本も何か吹っ切れた部分と粘りのあるプレーぶりで、バットでも守備でも久しぶりに球際の強さを見せてくれた。
試合終盤の重信の二盗、三盗も畳みかけるようでいい作戦だった。
2番セカンドでスタメンに名を連ねた山本も、今後に期待ができるかもしれず、希望だけど辻と切磋琢磨して欲しい。

仕掛けが遅いのが問題だけど、今日位はチームがまとまって勝ちに行ってほしいと思っていたので、菅野の完封など問題ではなく、流れに沿って勝ちに行くことが大事だった。

一つの勝ちだけで信用は出来ない。
交流戦も残すところ5試合。
これを全勝する位の勢いある試合を展開して欲しい。





2017. 05. 24  
阪神1対巨人

勝ち投手:森福 允彦1勝2敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗13S

リリーフ投手がしっかり仕事をしてくれた試合だった。
阪神能見の配球バランスと制球力の良さに、手も足も出ない打線は後半勝負という展開は見えていた。
急遽登板した田原は今季初登板ということもあったし、準備はしてただろうけど、急遽登板という心の準備が追いつかない場面は1失点は仕方がないと思ってた。
さすがに昨年の経験は伊達ではなかったというところだろうか。
阪神の代打・伊藤隼が打たなくていい球を打ちに出て止める技術と備えができてなかったところが大きいけど、田原の球が打つ気をくじくような球であったことも確かなこと。
このイニングを乗り切ったと思ったら、次のイニングも見事なピッチングだった。
この田原を継いだ森福も、今投げてる球には納得がいってることだろうと思う。
時に高めに入る球が気がかりだけど、気が入ってる感じでそれはその次のイニングを投げたマシソンも同じ。
リリーフ崩壊状態が続いていたのが不思議なくらい、田原森福マシソンと見事なリリーフぶりだった。

阪神から見ると監督が言ってた5回の福留の3塁打の後の中谷のバッティングがポイントだった。
ここを凌ぐことになった巨人も同じだけど、こういう試合は先に1点取った方が絶対有利。
それだけにここを凌いだ巨人と8回のピンチに桑原続投、、、いや、このイニングの投手の選択に誤りのあった阪神のおベンチワークと起用された選手の仕事ぶりが勝敗を分けていた。
解明のタイムリーと人が変わったような最終回の長野のバッティングに目が行くけれど、2度もの送りバントがハマっていた点も見逃せない。

先発・吉川に関しては、フォーム的に間がないと何度も書いたけど、フォームで間が取れないなら球種で、ということでカーブを上手に使ってはいたけど、ストレート系の球が暴れ気味だった。
それでも危険球を鳥谷に投げてしまったことは故意じゃないにしろ、命を懸けてプレーをしてるスポーツの中では絶対にやってはいけないこと。
よく、球が抜けてしまったというけれど、プロなんだからこういうことは絶対にやってはいけない。
鳥谷は多分、鼻か頬の辺りに球を受けてしまったけど、出血がすごかった。
決して軽症ではないシーンは無事であることを祈るだけだけど、吉川のプレーは後味がとにかく悪いものにしてしまった。





2017. 05. 23  
阪神0対巨人

勝ち投手:菅野 智之6勝1敗、セーブ;アルキメデス・カミネロ1敗12S

7回の攻防。
特に自らのエラーで無死1塁2塁のピンチを迎えた時の菅野ピッチングは圧巻だった。
高山へのピッチングを最初からじっくり見て、最後の内角低めへのストレート。
唸りを上げるストレートとはこういう球を言うんだろうな。
見ていて唸ってしまった。
ここから3者連続三振は、誰の目から見ても菅野が最後のギアを1段も2弾も上げたシーンだった。

このイニングからしか見れなかったけど、今日の菅野は制球力で勝負を挑むというものではなく、ストレートを軸にした配球とここぞの気概によるギアUPで阪神打線を抑え込んだように見えた。
解説者によればフォークをあまり使わなかったということだったけど、リストに負担が来るフォークを使わず勝負を挑むのは、この日のストレートの質が何時にも増してよかったということなんだろうな。
いいものを見させてもらったということで、実にいい気分になれた瞬間でもあった。

攻撃的には阪神秋山の球の質が良かったこともあって、なかなか打てないことは分っていた。
だから球数100前後となった7回の攻撃がつけ込めるポイントになると思ってたけど、石川のバッティングには頷けるものがあった。
小林が決めてくれたけど、自分の形も大事だけどとらわれ過ぎないのも大事。
小林のバッティングはまさしくそんな感じのものだった。

坂本が深刻。
阪神糸井もノーヒット状態が続いてるけど、坂本は打つ瞬間頭部が横になってまるでバットと平行になってる。
これでは打てない。
両軍の3番のどちらが本来の自分に戻れるか、今後のカギを握ってるかもしれない。






2017. 05. 21  
DeNA0対巨人

勝ち投手:田口 麗斗4勝1敗

今年のキャンプで田口の姿を目た時、誰だコレ?と思ったのを覚えてる。
シーズンオフ、どうやって過ごしてきたんだろうと疑問に思った。
だけど、オープン戦からここに至るまで、状態を上げる階段は上がってたと思ってたけど、何が邪魔だったかって微妙に崩れてるバランスから来てた四死球の多さと球数だった。
状態が上がってる感じというのは、失点が少なくなってるというところにその証があったけど、それでも四死球の多さ、球数の多さはロングイニングを投げられず、ベンチやバックの信頼が得られるまでになってないということ。
ローテーションで投げてはいたけど、ほとんど菅野一人の状況というのはそういうこと異常のことが田口以外の投手にも言える。
ただ、今日はようやく田口の一段しっかり階段り上がった姿を見ることができた。

球速は出なくても、球持ちがいいことで打者の手元で伸びてるストレート。
キレを増すスライダーは、打者が想定してる一段上を行く変化をし、ここにカーブとチェンジアップが来るのだから打者からすると相当厄介な球だったと思った。
球種についてもそれほどいい球を投げてる上に、課題であった制球力が内外角に散りばめられて抜群だった。
時に出塁を許しても、今日の田口を見ていたらピンチとも思えず、配球も思った通りだった。
完封、、、今日の出来だったらできるだろうと思ったけど、今後も内容の濃いピッチングを期待したい。
気が付けば、防御率1位。
いい響きだね。

打者は、昨日今日を見てると、長野立岡中井石川をどう見てどう使うのかで打線の状況が変わるとみてる。
昨日今日と1番長野、2番立岡、6番石川は変わらなかった。
石川中井の特性を思うと、この2人がトップを務めてもちっともおかしくない思い切りの良さがある。
積極的なバッティングはベンチの指示もあっただろうけど、結果が出たことで気持ちを今後につなげてほしい。
歳を重ねてもトップだと結果が出る長野は、やっぱり本来6番で5番をにらむ位置での恐怖心を相手に与えてほしい。
V9の時の柴田のように、1番でも5、6番でも結果がさせる打者へ、、、力はあるのだからやっぱえり気構えの問題。
しばらくはトップで行くだろうけど。
気にしてるのは坂本。
結果が出ないことが焦りになる前に、しっかり考えて「練習に取り組んでほしい。





2017. 05. 20  
DeNA6対巨人

負け投手:内海 哲也1勝4敗

2回の攻撃は理想的な展開だった。
得点圏にランナーを置いてタイムリーが出、打った打者が盗塁を決めてはまたタイムリー、その繰り返し。
長打をと欲張るのではなく、次につなげる展開はこれが打線というものだし、勢いをつけるには良い展開だと感じた。
だが、それは杞憂だった。
3回以降、9回に脇谷が打つまでノーヒットのていたらく。
2回の珍しい展開は各打者とベンチに誤解を呼んでいた。
狙いをどこに置くのか、どうスイングするか、中途半端なままで打席に入るとこういうことになる典型。
打順を組み替え、長野を1番に置いた打線は、1,2番こそ当初は機能したが、そこで誤解を生んだかもしれない。
長野に関しては、トップの位置で期待をしてるわけではなく、6番でしっかり機能し、5番を争うようになってほしいところ、1番でないと機能しないのは気構えだけの問題。

先発内海は10日以上も間をおいてもらいながら、当初から腕が振れていなかった。
何故か怖々投げていたのを目にしたとき、今日はやられると思ったけど、こんな時は何を投げてもダメ。
結果は案の定だった。
桜井は先日とは別人で、まるで球威がなかった。
相手を威嚇するように睨みつけたって、身体が伴っていなければ球はキレず勢いも生まない。
先日いってたストレートが今日行ってなければ組み立てを変えるとか工夫がほしいところ、武器になる変化球が目につかず、勝負にならなかった。
ファームから戻ってきた森福が生き返ったみたいな球を投げていたのが救いだった。





2017. 05. 19  
DeNA3対巨人

勝ち投手:スコット・マシソン1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗11S

試合経過を追いつつ、打てないなりに先制できたなと思って帰ってみると、何故か逆転されてた今日の試合。
好投してたマイコラスはどうなっていたかは分からなかったけど、点を取ってもらった次のイニングを抑えていくにはギアイを上げていかないといけないということかもしれない。
ピンチでセンターに打球が飛び、追いついたかに見えた立岡は捕球できずに、打球を大きく跳ねてしまったところでこのイニングの逆転を許すことになった。
記録はヒットでも、これは立岡のエラー。
こういうプレーは失点を招くということだけど、それはDeNAにとっても同じだった。
9回2ベースで出塁した阿部の代走で重信が起用された場面でのワイルドピッチ。
10回に2四球を得、敬遠を含めて3つの四球を得られたのはDeNAのチーム状態がよくなく、エラーでの出塁を許してもらったと言いうこと。
この2イニングで出たヒットはわずか2本。
犠飛を打ったのも、決勝打を打ったのもマギーだったし、状態の良さが裏打ちされた見後なバッティングだった。
狙いが良く、ブレてないし、しっかりした自分のバットの軌道でミートに徹してるから、当然のようにヒットが出る。
マギーはまだまだ良くなると見てる。

思えば7回の先制打を放った長野のあたりも、ライト梶谷の処理ミスであって、結果として2点タイムリーになってた。

阿部マギー以外、野手が仕事をしていない。
1、2番を固定しようとせず、誤った起用を続けてるから、プレッシャーが必要以上にかかっている坂本の状態がおかしくなってる。
先発はともかく、リリーフが割とよかったため失点は防げたけど、今日の得点は相手の自滅によるもの。
勝ちは綱渡り状態だった。

掛け間違った作戦と起用は修正できていない。
スタメンも代打も投手起用も、、、選手の練習自体も根本的に見直さないと今後に光明は見いだせないな。






2017. 05. 16  
巨人5対ヤクルト1

勝ち投手:菅野 智之5勝1敗

追い込まれれば苦しくなると判断したヤクルトが、早いカウントから打ちに出ていたため、菅野の球数が極端に少なくて済んだ。
いつもの制球力というより、ここぞの場面でいい球をほおっていた感じがしたけど、力みにならなくてよかったというのが正直なところ。
8回のピンチでのピッチャーゴロの処理は、芸は身を助けるというわけではないけど、菅野のフィールディングの良さが無失点で切り抜けられたと言うものだった。
菅野がどうのというより、リードしてる小林が気になった。
このイニングの3人の左打者への入りがすべて内角のボールゾーンへ食い込むカットボール。
菅野に投げ損ないがなかったからすくわれたものの、もっと工夫がほしい。
因みにこの左打者への初球以外の投球パターンがほとんど同じだったことを思うと、昨日書いたリード面でのムラが今日も出ていたということになる。

打者は阿部がいい状態を続けていてくれてる。
先制ホームランと言い、タイムリーと言い、今日は阿部だけで得点したようなもの。
だまたもや行った打順変更はまったく機能していない。
やっとの思いで得た四球のところで、なんと菅野がヒット。
5番以降はノーヒットだった今日は、相手が勝手に転んだようなもので、そこにつけ込めたのは阿部だけだったということ。
クリーンアップの3人はいつも打てるわけでもないし、誰か一人が打って役割を果たしてくれればいいし、目立たなかった坂本もマギーも粘りは感じられた。

だけど、このチーム、エースと4番がこれだけ仕事して、何故後に続いていけないのか。
勝ってもちっとも充実してないし、勢いも感じない。

ヒーローインタビューで阿部が言ってた言葉、「固いですね」というのが印象的でもあった。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1467位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
193位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR