2017. 04. 18  
巨人3対ヤクルト0

勝ち投手:菅野智之2勝

あの熊本地震から1年がたってたんだな。
あの地震で見るも無残な状態になってしまった藤崎台球場で、2年越しの試合が出来たのは本当に喜ばしい。
1年前、試合が行われていれば菅野が登板してたらしいと思うと今日の試合は力が入ったことだろうと思う。
それを力むことなく、安定したピッチングを繰り広げてくれた。
快投とは言い過ぎかもしれない。
しかし、ピッチング自体が不安定となりこれはピンチだな、と思える場面はなかった。
5回や9回にヒットウを打たれたりしてランナーを2人背負った状態でも危ないと感じることがなかった。
先日の広島戦でのピッチングで期するところが出来たんだろうな。
一つずつ階段を登ろうという気持ちが出ていたピッチングだったと思う。
ストレートがいいとか変化球がキレてたということよりも、気が入ったピッチングで、次の登板への伏線が張られていたのかもしれない。

熊本ということもあってか、立岡が躍動した試合でもあった。
バッティングは、相手投手が右アンダーハンドということもあって有利に働いたんだろうけど、無理がないバッティングで走塁も優れて勘所が良かった。
バッティングに関しては阿部も同様で、シャープで鋭いスイングは状態の良さをキープして頼りになるという感じだった。

長野の状態に関しては、スタメンから落ちて代打起用だけど、最低の状態からは脱してる。
チェックポイントがあるだろうから一つずつ埋めるようにバッティングをしていってほしい。





スポンサーサイト
2017. 04. 05  
DeNA2対巨人4

勝ち投手:内海哲也1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ3S

開幕前の内海の状態を見てて、ここ数年では感じられなかった状態の良さを感じてた。
課題があるとすれば、足の吊。
昨日もDeNAの今永がなっていたように、こうなってしまうのは体質的な面とこの時期の夜はまだ寒さがあるということで、鍛錬不足ということではない。
立ち上がりを無難にこなした内海は、勢いに乗って、、、というより、1球1球の球のキレと勢いがしっかりしてた印象が強かった。
制球もよく、時にブレた時でもほとんどの球が低めにしっかり投げ込めていたため、その状態の良さが伺われた。
先制は許したものの、しっかりしたピッチングにブレを感じなかったので最少失点で済ませられたことが大きかったと思う。
そこに自身の勝ち越しタイムリーは、気分もよくなろうというもの。
自らのバットで叩き出した勝ち越し打は、その後の中井立岡のヒットにつながり、坂本の犠飛までいったことを思うと、功績はかなり大きかった。

今期から投げ始めたカットボールを多めにしたピッチングは、引き出しの多さを招き、それでいてストレートが決まっていたものだから、リードする小林もリードのし甲斐があったはず。

打線的には無安打だったもののzべの存在感は相変わらず。
しっかりしたアタリは1本だけだったものの、マギーに猛打賞という結果が出て、後は6番打者待ちとなった。
今期初スタメンだった重信のヒットは、今後につなげられれば、、、という安打だったことは喜ばしい。





2017. 04. 04  
DeNA2対巨人

勝ち投手:菅野智之1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ2S

侍ジャパンで主に活躍してた投手が、どの球団も登板してた。
時差ボケ等肉体的疲れはともかく、外側からは分らない国を背負う意味での心情的な疲労はいくら切り替えが大事とは言え、なかなかできるものではない。
今日登板した各球団の侍ジャパン参加の投手たちは、いかに早く白星が取れるかで今シーズンのスタートが切れると思う。
そういう意味では結果的に菅野に白星がついてよかったし、ホッとした気分になれた。
見られそうでなかなか見られない投球は、中盤以降やっと見られたけど、菅野の初登板までのいきさつを思う時、いきなり最高潮なんてありえないから出来としてはこんなもんだろうと思った。
被安打と球数が多いなと思いつつ、然程の失点をしないで済んだのは心の粘りと何とか切り替えていう菅野の心情が粘投を生んでいた。

なかなか火がつかない打線は、相手あってのことだから仕方がない。
けれど、バントが計3回も失敗してたのは戴けない。
相手もバントさせないようにしてるのだから、難しいのは分るけど、3回の失敗は中井と立岡という1,2番コンビ。
こういう出塁が難しい展開では、少ない出塁を生かすも殺すも細かいプレーをどんな具合で丁寧にできるかにかかるし、勝敗を左右することが多いから、しっかりして欲しい。
今日は相手先発が足をつったりして降板を余儀なくされ、牽制が暴投になるなど、目だったエラーが相手に出たことで価値が転がり込んできた。
バントを失敗した立岡がしっかり反対方向へ打ったタイムリーは、こういう打撃をしてほしいというものだったし、外角の変化球で態勢を崩されそうになってた坂本がセンターに打ち返したタイムリーは基本的な打撃、相手投手の代わり端を叩いた格好になった阿部の1発は、まだ巨人に追い風が吹いていると思わせた打撃だった。
つけ込むときにつけ込めるとうのは、心情的にいい打撃ができている証拠で、これが出来ているうちは負ける気がしない。

それでも大事に1戦ずつ取っていこうとするなら、細かいプレーを大事にしっかりプレーして欲しい。





2017. 03. 25  
これまでWBCでの侍ジャパンの戦いに気が言ってたので、巨人を始め、オープン戦を通しての各球団の状態はほとんど見ておらず、マスコミ等のニュースで見る位だった。

巨人は現在オープン戦6連敗中で最下位。
チーム打率も防御率も低調で、ニュースを見てる限り見るべきものがなかった。
けど、やっぱりオープン戦と言えど、自分の目で見るものだと思った。

先日代打でバックスクリーンにホームランを放った岡本の状態がグンと上がってた。
3安打中、レフト方面の2本は振出しのタイミングが若干早いものの、フォーム的にポイントが決まってきつつあり、型にはまってきたという感じもの。
この場合、このフォームを追い求めて自惚れがちになることが多いけど、こうした場合でなかなか球が捕えきれない場合にはセンター返しを意識すると結果がいい方向へ出る。
その証拠が3本目のライト方向へ打ったヒットだった。

岡本以外にも中井が躍進してる。
状態はかなりいいと思うのは、ミートポイントがはっきりしてて積極果敢に打ちに出る思い切りのいい打撃は、中井も持ち味であり、ヒットにならなくても打球が鋭くなっていることに見て取れる。

立岡もいい感じでバットコントロールができてるし、石川中井同様、思い切りよく積極果敢に打ちに出ているのは好印象。

投手も内海は、足が吊ることがクセになってはいやしないかだけ、気にしてた。
球の走りも制球もいい状態に来ており、その足吊がなければ信頼度が上がってくる。

カミネロが最終回投げたけど、ランナーを許した時に我を忘れがちになるところだけが気になった。
球はストレートにしてもツーシーム系で右打者の懐へ食い込みがちとなり揺れるボールとフォーシーム系のきれいな球を投げていた。
変化球というと落ちる球が言われがちだけど、スライダーは立派に使える武器だし、カミネロとはキャッチャーが多くを語ってその傾向を掴み気分良く投げさせるリードが大事なんだろう。

侍ジャパンに行ってた選手も帰ってきてベンチに入り、小林などは途中出場してた。
士気も上がってくるかもしれない。
澤村の故障、未だに1軍メンバーにはいない陽と山口俊。
そこに状態が良化してないリリーフ左腕と不安定な吉川。

確かに不安要素が多いように見えるけど、ここにきて状態を上げてきつつある選手も見受けられ、巷で言われるほどチーム状態は悪いものでもなさそう。
まだ、ここまで来て選手の状態を見ることに重きを置いて、野球をしてない首脳陣の思惑がどこあって、開幕をどうとらえているのかはっきりしてないから、マスコミ等にはいろいろ悪いように言われてしまうだけ。

いい状態の選手を一人でも多く引き出していくことが肝要なんだろうな。






2017. 03. 04  
札幌で日ハムとオープン戦が行われた今日。
試合の模様が見られたわけではないけれど、ニュースとして飛び込んできたのが、いきなり初球を相手打者の頭部にぶつけて危険球退場となった澤村のニュース。
初球145キロものストレートがすっぽ抜けたって・・・信じられない。
ストレートって、すっぽ抜ける球種なのか、投球バランスが崩れたんじゃないのかと思うけれど、オープン戦初y登板でこれでは・・・
昨年は足裏の筋肉の断裂があって、それを隠しながら投げてたから踏ん張りがきかず、不安定投球を繰り返したと言うけれど、今年は体調万全なはず。
ここまで順調に来てたと思うし、まだ入れ込むような時期でもない。
それなのに・・・こういうことを起こす投手だから新外国人カミネロ獲得に首脳陣も球団も7動いたということで、その日の投球は投げてみないと分からない投手であることは変わりがない。
多分、開幕時にはマシソンがWBCの影響でいない可能性があるし、山口のロング球宴もどうかなと思うことから、試合中盤以前に先発投手が降板してしまうと、不安が大きい。
そんな中で、何試合も状態を揚げてきつつある福森が頼もしくなってきた。

先発内海は、新球というカットボールを多めに投げたそうで、一定の効果があったらしい。
当然先発の枠に入ってくる投手だし、今日位のピッチングは想定内でちょっぴりホッとしてる。
四球を出したこと、その後安打を打たれてしまい失点してしまったことに反省点はあろうが、セットに入った時の心理的なものと肉体機能的なバランスが課題になるけれど、内海に関してはこの点、引退するまで課題であり続けると思う。
バランスとテンポ。
そこを自覚してトレーニングすれば、先発投手枠の2,3番手に入ってくる。

打線は5回まではよく打てたものと思う。
主軸も打ってたし、下位に起用された若手野手にもあたりが出ていた。
このあたりは相手投手の出来と比例するところもあるので鵜呑みにはできないが、それでも貧打と騒がれてしまう野手陣にとってはいい具合に捉えていいと思うね。
ただ、6回以降はノーヒット。
ここら辺に、このチームの打撃陣の問題が隠されているように思う。

ここまで評判がよさそうな重信が結果を出していたが、立岡もよさそうだし石川と合わせて今日のメンバーではこういう選手たちが打ってくれたことは喜ばしい。
岡本も1本出たけど、この岡本が言ってたように打ち続けていかないと、アピールにはならないし、継続は力なりということもあって、これがどの程度続けられるのかが問題だな。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
198位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR