2017. 04. 28  
ヤクルト0対巨人

勝ち投手:マイルズ・マイコラス3勝1敗
ホームラン:マギー4号3ラン、石川1号2ラン

ベンチにいて少しは状態が上がったかな、その傾向がるかなと思ってた長野は、完全に蚊帳の外だった。
目付も悪いし、待ちも狙いも良くなく、状態の良し悪しというのではなく、今の長野の状態でどんな打撃をすればいいのかを考えられてないということで、大きな勘違いをしたまま時間を送ってしまっている。
今日の試合は5番以下の打者で目を見張るものを見せてくれた打者が2人もいたから、序盤の大量点になった。
初回はよく見てないから何とも言えないけど、ただマギーは欲しがるというより力一杯のスイングが出来つつあり、決め過ぎが無くなればいいというところまで来てる。
淡泊さなのかもしれないけど、今日はそれがなかった。
3ランに関しては、審判の見る位置が珍しくよかったし、マギーのスイングに鋭さが出てきた。

それよりも今日7番で起用された石川の打撃がうれしかった。
思い切りの良さは彼の特徴だけど、あれだけ思い切りのいいスイングはそうそう出来るものではないし、くすぶってる若手野手陣にはこういうスイングをしてほしいと言うものだった。
1打席目の右方向へのポテンヒットが効いたんだろう。
ホームランにした球は低めの長打にするには難しそうな球で、思い切りのいい鋭いスイングでなければ長打は生まれない。
今日の猛打賞は、今後の彼に寄せる期待が大きくなりそう。
こういう下位を打つ打者が欲しかったし、ここを基点に前後が機能すれば、、、と思わせるものだった。
余談だけど、こういう活きのいい打撃が岡本に求められているんじゃないだろうか。

先発マイコラスはここのところ期待してるほどのピッチングではない。
ただ球は走ってるので、後は自制だろうけど、相手が低調なヤクルトだから無失点に抑えられたということになるだろう。
点差もあったし、100球を超えていたことから7回から継投になったけど、篠原池田ももっと緊迫した場面での経験が必要と言うことは言うまでもない。
無失点に抑え切れたのは、いい意味での経験ととらえていいと思うし、両者ともに腕が思いきり思うとおりに近い状態で振れているので、後はどうやって今の状態を暴れさせないようにするのかということになるだろう。





スポンサーサイト
2017. 04. 26  
広島7対巨人

負け投手:大竹寛2勝1敗
ホームラン:中井3号ソロ

先発投手が失点をつづけた展開でロングイニングを我慢できないと、盲点が露呈する。
帰宅した時点で先発した大竹はもうマウンドにおらず、スコアは6対3で負けていた展開。
反撃もむなしく坂本のタイムリーは出たものの、阿部はこすり気味だったかバットの先だったか、打球が伸びず。
この日当っていたらしかったマギーは見逃し。
ストライクと判定された球を講義していたみたいだけど、カットするなどして粘りを見せないと。
同点まで行けなかったが、結果として篠原の失点が決め手に見えるけど、今日の敗因は先発大竹が我慢できなかったことと右「リリーフ投手が不在であること。

大竹はここまでが出来すぎで、今日みたいなことはあり得ることだけど、いつもいつも先発がロングイニングの仕事が出来るわけではない。
大竹は今日の展開からして5回が限度だった。
球数は100ではなく80位で考えなければならず、そこを変えなかったのもリリーフに左腕しかいない状況がそうさせてしまった。
スコア的な状況しか分からないけど、1軍が勝ってどうかということだからファームで先発調整していたとしても1軍のリリーフ起用を想定して上げることも考えていかないといけないかもしれない。
今の状況では、篠原は貴重な投手であり、経験を積むことも必要だから今日みたいな起用は今後もあるだろう。
篠原への期待は高いままだけど、今日みたいな起用は篠原以外の右の先輩投手がそうさせてしまったということ。

打線的には1,2番の入れ替えがあった。
そうであれば中井は下位において、他の選手の2番起用を考えた方が良いかもしれない。
それと亀井のスタメン起用には疑問が残った。
今の亀井は代打であるべきで、切り札のような存在で起用して欲しいと考える。
それは1発で仕留めようとする集中力が、今の亀井のウリだから。

たまたま上位にいてゲーム差もわずかなことから首位決戦のように言われるけど、試行錯誤は続くだろうな。





2017. 04. 23  
巨人1対阪神2

負け投手:内海哲也1勝2敗

確かに立ち上がりは難しいし、先制されるのは出来るだけ避けたい。
今日も福留にやられたけど、先制よりも3回の阪神の攻撃は1失点で済んだことは内海なりの踏ん張りだったかもしれない。
一旦登録抹消され、2週間ぶりの登板にしては他v日上りを除き、よく投げた方かも、、、かな。
継いだ篠原池田も好は投したし、このまま純粋に自信をつけて戦力になっていければという期待が持てる。

酷いのは打線。
ちょこちょこ打ったヒットは10本、だけど三振は多すぎで何を狙ってどう打つのかが徹底されておらず、読み違えで見切りが早い場面がよく見られた。
チャンスは作れど、もう1本出ずということではなく、今日の試合への取り組み自体が問題。
村田は2本、長野も2本出たけど、内容まるでなし。
タイムリーとなったのは運としか言いようがない。
昨日書いたけど、マギーももっと狙いをしっかりさせて4番を奪うような状態にならないと。
村田の4番は有り得ず、それが今日のバッティングとなって出ていた。
長野は打席での取り組みが問題で、ヒットが出たと言っても左方向だけでは兆しが見えない。

最近の打線の状況を見てると、時にヒットは出ても点が取れてない。
これは打順がハマってるとは言えず、選手が状況とか打順に応じた打撃が出来ていないということでもある。
相手投手の傾向にもよるんだろうけど、2番と6番以下の下位打線は問題視しないと打線としての機能は果たせないかも。
特に6番以下で起用される選手については、起用する方も選手の特性を考えて打順編成を考え、どういう打順なら機能してくれるのかを考えないと。





2017. 04. 19  
巨人1対ヤクルト0

勝ち投手:篠原慎平1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗6S

先日支配下登録されたことを喜びたかった。
即1軍登録だれたものの、こんなに早く出番が来るとは思わなかったけれど、こういう出番は予想もしなかった。
気になったのは高木勇の状態。
初回ヤクルト山田の打球を胸に受けたかと思ったら、今度はバッターボックスでバントの構えをしてるところに向かってきてしまった投球。
今夜は広島の緒方監督が2度の暴言を吐いて退場されたこともあったけど、結果として高木勇の打席は投球がバットに当たったとされ併殺に。
試合は平日だし、中盤からしか見てないけど、どっちを見ても審判の目は何処を向いてるのかが不思議だった。
高木勇は試合終盤、ベンチに戻ったこともあって大事に至らず、、、と言われてるけど、こういうケガって一晩経って見ないと分からない。
先日の広島戦での好投があって、やっと高木勇も正しい方向へ顔が向いてきたなと思ってた矢先だから世の中うまくかないことの方が多いかもしれないと思うよ。

ただ、急遽リリーフで出てきた篠原は緊張する間もなかったと言ってたけど、とにかく投げるしかないシーンでよく投げてくれたと思うよ。
具体的に見ることは叶わなかったし、篠原自身いろいろつらいことはあったと思うけれど、まだ試合の修羅場を知らないでいると思うので小林の構えるミットへ全力で投げ込むことしかなかったことが好投になったんだろう。

高木勇の負傷退場と長野の途中交代。
スミ1という縁起の悪さはそんなところに出ていたのかもしれないけど、篠原という新戦力の出現は素直に喜びたい。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
715位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
105位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR