2017. 05. 24  
阪神1対巨人

勝ち投手:森福 允彦1勝2敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗13S

リリーフ投手がしっかり仕事をしてくれた試合だった。
阪神能見の配球バランスと制球力の良さに、手も足も出ない打線は後半勝負という展開は見えていた。
急遽登板した田原は今季初登板ということもあったし、準備はしてただろうけど、急遽登板という心の準備が追いつかない場面は1失点は仕方がないと思ってた。
さすがに昨年の経験は伊達ではなかったというところだろうか。
阪神の代打・伊藤隼が打たなくていい球を打ちに出て止める技術と備えができてなかったところが大きいけど、田原の球が打つ気をくじくような球であったことも確かなこと。
このイニングを乗り切ったと思ったら、次のイニングも見事なピッチングだった。
この田原を継いだ森福も、今投げてる球には納得がいってることだろうと思う。
時に高めに入る球が気がかりだけど、気が入ってる感じでそれはその次のイニングを投げたマシソンも同じ。
リリーフ崩壊状態が続いていたのが不思議なくらい、田原森福マシソンと見事なリリーフぶりだった。

阪神から見ると監督が言ってた5回の福留の3塁打の後の中谷のバッティングがポイントだった。
ここを凌ぐことになった巨人も同じだけど、こういう試合は先に1点取った方が絶対有利。
それだけにここを凌いだ巨人と8回のピンチに桑原続投、、、いや、このイニングの投手の選択に誤りのあった阪神のおベンチワークと起用された選手の仕事ぶりが勝敗を分けていた。
解明のタイムリーと人が変わったような最終回の長野のバッティングに目が行くけれど、2度もの送りバントがハマっていた点も見逃せない。

先発・吉川に関しては、フォーム的に間がないと何度も書いたけど、フォームで間が取れないなら球種で、ということでカーブを上手に使ってはいたけど、ストレート系の球が暴れ気味だった。
それでも危険球を鳥谷に投げてしまったことは故意じゃないにしろ、命を懸けてプレーをしてるスポーツの中では絶対にやってはいけないこと。
よく、球が抜けてしまったというけれど、プロなんだからこういうことは絶対にやってはいけない。
鳥谷は多分、鼻か頬の辺りに球を受けてしまったけど、出血がすごかった。
決して軽症ではないシーンは無事であることを祈るだけだけど、吉川のプレーは後味がとにかく悪いものにしてしまった。





スポンサーサイト
2017. 05. 21  
DeNA0対巨人

勝ち投手:田口 麗斗4勝1敗

今年のキャンプで田口の姿を目た時、誰だコレ?と思ったのを覚えてる。
シーズンオフ、どうやって過ごしてきたんだろうと疑問に思った。
だけど、オープン戦からここに至るまで、状態を上げる階段は上がってたと思ってたけど、何が邪魔だったかって微妙に崩れてるバランスから来てた四死球の多さと球数だった。
状態が上がってる感じというのは、失点が少なくなってるというところにその証があったけど、それでも四死球の多さ、球数の多さはロングイニングを投げられず、ベンチやバックの信頼が得られるまでになってないということ。
ローテーションで投げてはいたけど、ほとんど菅野一人の状況というのはそういうこと異常のことが田口以外の投手にも言える。
ただ、今日はようやく田口の一段しっかり階段り上がった姿を見ることができた。

球速は出なくても、球持ちがいいことで打者の手元で伸びてるストレート。
キレを増すスライダーは、打者が想定してる一段上を行く変化をし、ここにカーブとチェンジアップが来るのだから打者からすると相当厄介な球だったと思った。
球種についてもそれほどいい球を投げてる上に、課題であった制球力が内外角に散りばめられて抜群だった。
時に出塁を許しても、今日の田口を見ていたらピンチとも思えず、配球も思った通りだった。
完封、、、今日の出来だったらできるだろうと思ったけど、今後も内容の濃いピッチングを期待したい。
気が付けば、防御率1位。
いい響きだね。

打者は、昨日今日を見てると、長野立岡中井石川をどう見てどう使うのかで打線の状況が変わるとみてる。
昨日今日と1番長野、2番立岡、6番石川は変わらなかった。
石川中井の特性を思うと、この2人がトップを務めてもちっともおかしくない思い切りの良さがある。
積極的なバッティングはベンチの指示もあっただろうけど、結果が出たことで気持ちを今後につなげてほしい。
歳を重ねてもトップだと結果が出る長野は、やっぱり本来6番で5番をにらむ位置での恐怖心を相手に与えてほしい。
V9の時の柴田のように、1番でも5、6番でも結果がさせる打者へ、、、力はあるのだからやっぱえり気構えの問題。
しばらくはトップで行くだろうけど。
気にしてるのは坂本。
結果が出ないことが焦りになる前に、しっかり考えて「練習に取り組んでほしい。





2017. 05. 10  
巨人9対阪神7

勝ち投手:大竹 寛4勝1敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗10S
ホームラン:阿部6号2ラン、坂本5号3ラン・6号ソロ、マギー6号ソロ、長野1号ソロ

派手な花火大会のようだった。
阿部のホームランを見てると、バットの軌道が戻りつつあることを確認できたし、坂本のホームランは2本とも実見事な裁き
で右方向へのあたりだった。
マギーの1発もホームランにすることは難しい低めの球で、状態が上がってきてることを感じさせてくれた。
長野はまだまだだけど、今日の1発は彼らしい右方向だったし、凡打した打席でも その傾向が出てきてるということはようやく最低の状態から抜け出そうとしてるのかもしれない。

今日は予想通りトップに石川を起用し、機能したことが収穫だった。
相手が左腕岩貞ということもあり、立岡の状態がいいのか悪いのか分からないこともあったけど、石川の思い切りのいいスイングはその後の打者に影響を及ぼしていたのかもしれず、5本ものホームランを引き出す要素になっていたかもしれない。
ホームランがたくさん出たから欲張ってはいけないけど、今日のタイムリーは小林の1本だけ。
タイムリーを重ねることで打線に勢いを呼び込んでほしいと思っていたけど、それ以上の効果だったかもしれないが、これを勢いに結び付けていってほしい。

先発大竹は、反省点がたくさんあった。
先制した後失点したことや四球で降板するなど、やっぱり球数が80球を超えたあたりになると崩れてくる。
7回のマシソンの登板は、阪神打線を止められるのは彼しかいないのだから当然の起用だった。
だけど、大竹の早すぎる降板がそうした事態とカミネロのイニング跨ぎを招いてしまった。

派手な試合に見えたけど、起用面と戦術面では課題が多い試合でもあった。
でも勝ちは勝ちだから、もっと打線が打線であるために、リリーフ陣の起用状況と場面については更に効果が上がるよう試合を見つめ直してほしい。





2017. 04. 18  
巨人3対ヤクルト0

勝ち投手:菅野智之2勝

あの熊本地震から1年がたってたんだな。
あの地震で見るも無残な状態になってしまった藤崎台球場で、2年越しの試合が出来たのは本当に喜ばしい。
1年前、試合が行われていれば菅野が登板してたらしいと思うと今日の試合は力が入ったことだろうと思う。
それを力むことなく、安定したピッチングを繰り広げてくれた。
快投とは言い過ぎかもしれない。
しかし、ピッチング自体が不安定となりこれはピンチだな、と思える場面はなかった。
5回や9回にヒットウを打たれたりしてランナーを2人背負った状態でも危ないと感じることがなかった。
先日の広島戦でのピッチングで期するところが出来たんだろうな。
一つずつ階段を登ろうという気持ちが出ていたピッチングだったと思う。
ストレートがいいとか変化球がキレてたということよりも、気が入ったピッチングで、次の登板への伏線が張られていたのかもしれない。

熊本ということもあってか、立岡が躍動した試合でもあった。
バッティングは、相手投手が右アンダーハンドということもあって有利に働いたんだろうけど、無理がないバッティングで走塁も優れて勘所が良かった。
バッティングに関しては阿部も同様で、シャープで鋭いスイングは状態の良さをキープして頼りになるという感じだった。

長野の状態に関しては、スタメンから落ちて代打起用だけど、最低の状態からは脱してる。
チェックポイントがあるだろうから一つずつ埋めるようにバッティングをしていってほしい。





2017. 04. 09  
昨日の試合は、雨でノーゲームになっていた。
自然には勝てないし、巨人にとっても阪神にとってもいいとか悪いとか何も言えず、今後のやりようでそれは見えてくるかもしれない。
昨日のスタメンで、長野が外れていた。
亀井の調子がよく、長野が一向に上がってこないのだから当然の起用だと思う。

軸となる選手は、投手では菅野、リリーフでマシソン、野手で坂本。
彼らに変わる選手はおらず、彼らのだれが欠けてもチーム状態はかなり落ちるだろう。
今期のこれまでの状態がいい阿部ですら、今のところ軸であっても控えに回ってしまった村田と同様、マギーの参入で今の位置が約束されてるわけではない。
マギーの打棒が上がってきたから救いはあるけれど、もともと村田を最初からスタメンを外すのは懐疑的であった。

調子や状態がいいとか悪いとかが問題ではなく、どんな状態でもやってもらわないと、と思える選手の中に長野がいるというのは選手のポジションはすべて競争から生まれるという観点からすると、思い込みに過ぎない。
選手会長だから堂のという考えは捨てなければ。
状態が上がらなければ代わりの選手はいくらでもいる。

負傷してからの長野は、まるで体力や視力が下降線に入った超ベテランのよう。
一昨年から然程長野自体の状態は変わらずといった具合に見え、何処がどうなのか本人もコーチも分かっているのかと疑いたくなる。
それは打撃だけでなく、守備においても状態が良くないのは見て取れる。

今日の試合は相手投手が左腕らしいから起用されるかもしれない。
それでも結果が出なければ、起用を考え直した方がいい。
こういうときに右の石川を起用したり、相手投手が右左関係なく亀井の起用とか、特に若手野手で外野を守れる選手の積極的起用を考えた方がチームの為でもあるし、今後の為にもなる。

ポジションはすべて競争。
そこから本来のチーム力が生まれてくる。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
576位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
96位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR