2017. 06. 18  
巨人7対ロッテ5

勝ち投手:高木 勇人1勝

本当に3度目の正直だった。
途中出場の亀井の打席には、尽くチャンスで回ってきたものの、内角ベルトより低めのストレートにあわない打てないことが続いていた。
外角に目線と神経を持って行かれていたのか、それとも身体の状態が良くないのか、見ていてここは内角球を裁く場面と思ってもバットが出ない。
2度あることは3度あるともいうけど、坂本の2塁打で1点差に詰め寄り、マギーもまた尽く敬遠され・・・
今日2本塁打の阿部が、内角高めのボール球をのけ反って交わした時、体重が曲り切らない右ひざへかかり、途中交代となっていたことを思うと5番に起用される打者がキーとなる予想はあった。

先発大竹の見切りは良かった。
2番手西村もよかったと思うけど、その西村が打順的に5番に組み込まれていたことに、もつれる要素はあった。
マシソンのまさかの被弾。
でもこれは責められない。
ここまでは投手が組み込まれており、攻撃的にはそれ以外の流れの中で得点しなければいけなかったけど、そうはなかな⒥かうまくいかないものだ。
だから、亀井には期待していた。
結果論になるけど、前の2打席のふがいなさが肥やしになった亀井の最終打席は積極性がモノを言った打席となった。

不思議な選手起用も随所にあった。
誰もが納得できる選手起用などないけれど、陽は監督がしっかり納得し、試合後も後悔しなければいい。
ただ、最後の投手となって勝ち星はついたけど、高木勇の起用は気になり続けてる。
何でこの時期に登録したのか。
今日が高木でなく、大竹を先発させたことはどういう意味なのか。
ここまで今日を含めて2試合の登板だけど、下にいた時、先発としての治療回復と調整をしていたと思った高木勇が最後にリリーフ。
明日から4日は試合がないとはいえ、危険な賭けのような登板は凶と出そうになっていた。

ここを踏まえて、しっかり投手編成は考えないと。
交流戦は6勝12敗となったけど、終わり方が良く、今日のように楽典しても逆転し返すものも出てきた。
1軍だけではなく、ファーム以下にいる選手も含め、投手をはじめとした選手構成はよくよく見極めてほしい。





スポンサーサイト
2017. 05. 19  
DeNA3対巨人

勝ち投手:スコット・マシソン1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗11S

試合経過を追いつつ、打てないなりに先制できたなと思って帰ってみると、何故か逆転されてた今日の試合。
好投してたマイコラスはどうなっていたかは分からなかったけど、点を取ってもらった次のイニングを抑えていくにはギアイを上げていかないといけないということかもしれない。
ピンチでセンターに打球が飛び、追いついたかに見えた立岡は捕球できずに、打球を大きく跳ねてしまったところでこのイニングの逆転を許すことになった。
記録はヒットでも、これは立岡のエラー。
こういうプレーは失点を招くということだけど、それはDeNAにとっても同じだった。
9回2ベースで出塁した阿部の代走で重信が起用された場面でのワイルドピッチ。
10回に2四球を得、敬遠を含めて3つの四球を得られたのはDeNAのチーム状態がよくなく、エラーでの出塁を許してもらったと言いうこと。
この2イニングで出たヒットはわずか2本。
犠飛を打ったのも、決勝打を打ったのもマギーだったし、状態の良さが裏打ちされた見後なバッティングだった。
狙いが良く、ブレてないし、しっかりした自分のバットの軌道でミートに徹してるから、当然のようにヒットが出る。
マギーはまだまだ良くなると見てる。

思えば7回の先制打を放った長野のあたりも、ライト梶谷の処理ミスであって、結果として2点タイムリーになってた。

阿部マギー以外、野手が仕事をしていない。
1、2番を固定しようとせず、誤った起用を続けてるから、プレッシャーが必要以上にかかっている坂本の状態がおかしくなってる。
先発はともかく、リリーフが割とよかったため失点は防げたけど、今日の得点は相手の自滅によるもの。
勝ちは綱渡り状態だった。

掛け間違った作戦と起用は修正できていない。
スタメンも代打も投手起用も、、、選手の練習自体も根本的に見直さないと今後に光明は見いだせないな。






2017. 05. 16  
巨人5対ヤクルト1

勝ち投手:菅野 智之5勝1敗

追い込まれれば苦しくなると判断したヤクルトが、早いカウントから打ちに出ていたため、菅野の球数が極端に少なくて済んだ。
いつもの制球力というより、ここぞの場面でいい球をほおっていた感じがしたけど、力みにならなくてよかったというのが正直なところ。
8回のピンチでのピッチャーゴロの処理は、芸は身を助けるというわけではないけど、菅野のフィールディングの良さが無失点で切り抜けられたと言うものだった。
菅野がどうのというより、リードしてる小林が気になった。
このイニングの3人の左打者への入りがすべて内角のボールゾーンへ食い込むカットボール。
菅野に投げ損ないがなかったからすくわれたものの、もっと工夫がほしい。
因みにこの左打者への初球以外の投球パターンがほとんど同じだったことを思うと、昨日書いたリード面でのムラが今日も出ていたということになる。

打者は阿部がいい状態を続けていてくれてる。
先制ホームランと言い、タイムリーと言い、今日は阿部だけで得点したようなもの。
だまたもや行った打順変更はまったく機能していない。
やっとの思いで得た四球のところで、なんと菅野がヒット。
5番以降はノーヒットだった今日は、相手が勝手に転んだようなもので、そこにつけ込めたのは阿部だけだったということ。
クリーンアップの3人はいつも打てるわけでもないし、誰か一人が打って役割を果たしてくれればいいし、目立たなかった坂本もマギーも粘りは感じられた。

だけど、このチーム、エースと4番がこれだけ仕事して、何故後に続いていけないのか。
勝ってもちっとも充実してないし、勢いも感じない。

ヒーローインタビューで阿部が言ってた言葉、「固いですね」というのが印象的でもあった。





2017. 05. 10  
巨人9対阪神7

勝ち投手:大竹 寛4勝1敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗10S
ホームラン:阿部6号2ラン、坂本5号3ラン・6号ソロ、マギー6号ソロ、長野1号ソロ

派手な花火大会のようだった。
阿部のホームランを見てると、バットの軌道が戻りつつあることを確認できたし、坂本のホームランは2本とも実見事な裁き
で右方向へのあたりだった。
マギーの1発もホームランにすることは難しい低めの球で、状態が上がってきてることを感じさせてくれた。
長野はまだまだだけど、今日の1発は彼らしい右方向だったし、凡打した打席でも その傾向が出てきてるということはようやく最低の状態から抜け出そうとしてるのかもしれない。

今日は予想通りトップに石川を起用し、機能したことが収穫だった。
相手が左腕岩貞ということもあり、立岡の状態がいいのか悪いのか分からないこともあったけど、石川の思い切りのいいスイングはその後の打者に影響を及ぼしていたのかもしれず、5本ものホームランを引き出す要素になっていたかもしれない。
ホームランがたくさん出たから欲張ってはいけないけど、今日のタイムリーは小林の1本だけ。
タイムリーを重ねることで打線に勢いを呼び込んでほしいと思っていたけど、それ以上の効果だったかもしれないが、これを勢いに結び付けていってほしい。

先発大竹は、反省点がたくさんあった。
先制した後失点したことや四球で降板するなど、やっぱり球数が80球を超えたあたりになると崩れてくる。
7回のマシソンの登板は、阪神打線を止められるのは彼しかいないのだから当然の起用だった。
だけど、大竹の早すぎる降板がそうした事態とカミネロのイニング跨ぎを招いてしまった。

派手な試合に見えたけど、起用面と戦術面では課題が多い試合でもあった。
でも勝ちは勝ちだから、もっと打線が打線であるために、リリーフ陣の起用状況と場面については更に効果が上がるよう試合を見つめ直してほしい。





2017. 05. 09  
巨人2対阪神4

負け投手:菅野 智之4勝2敗
ホームラン:マギー5号ソロ、石川3号ソロ

4連続完封などと騒がれていたけど、試合開始前からそんな気もなかった。
ただ、予想外ではありながら今の菅野なら立ち上がりがどうなるかと思っていたけど、2失点は予想外だった。
ただ、好調さとは長続きしないもので、4回の登板のうち1度の割で今日みたいなことは起こりうるので、今日の敗戦は菅野、という訳でもないだろう。

気になったのは石川の素晴らしいあたりがホームランとなって、打順が小林、菅野と回った時のこと。
ホームランは出てもまだ劣勢であったこの展開は、果敢に攻めに出ないといけない場面でベンチは動かなかった。
菅野のイキに賭けたのかどうかは分らないし、次を投げる投手がいないという事情があったのかもしれない。
それでも、勢いをつけ劣勢を少しでも挽回して、勝ちに行くのならここは代打だった。

今日のトップ立岡、2番中井、3番坂本が揃って4-0だった。
阿部が猛打賞だし、マギーがホームランを含む2安打だったこと思えば、彼らの前を打つ3選手が一度も出塁出来なかったことがソロホームラン2本の2得点だけになってしまったことは明らか。
坂本はともかく、1番、2番を打つ選手の出塁率が上がらず、打率も低調のまま。
打線を打線として繋がりを持たせるなら、1,2番の出塁率を何とかし、勢いをつけるための打者起用が必要。
もう切り替え時なんだろうな。
それと長野は、一度見切りをつけた方がいい。





2017. 05. 03  
巨人4対DeNA1

勝ち投手:大竹 寛3勝1敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗8S

今期の大竹は、これまでにない状態の良さを感じる。
ロペスに1発食らったけど、それ以外6回までの内容は力感もありメリハリも効いて、いいピッチング内容だった。
この大竹という投手は6回か投球数が100球位までならこういうピッチングができるけど、7回以降か100球を超えた投球数になると頼りなくなる。
やはり今日も出てしまった。
6回のピンチのような場面で、筒香やロペスといった相手の主軸を向こうに回してストレートを投げ込んで打ち取ったところで大竹の仕事は終わってた。
監督の言うもう1イニング投げ切るという課題は、今のウチに克服させるのか、そこで見切ってゲームプランを考えるのかということになるけれど、全く余裕のないチーム状況において克服など考えなくていい。
見てるこっちは7回を誰が投げるんだろうと思っていたし、予想に反して続投させ、結果としてマシソンのイニング跨ぎとなってしまった。
確かに今現在のマシソンは状態の良さを継続させてるし、7回1イニングを任せられるリリーフがいないということがあるけれど、こういう使い方をしてると肝心な時にマシソンが壊れてしまいそう。
考え方次第だろうけど、誰かひとりに7回を任せるのか、複数のピッチャーで凌ぐのかブルペン担当は勿論、ファームの投手担当コーチも含めてどう状況を打開していくのかは、大きな課題でもある。

今日の試合は先制を許した後、直後に逆転したのが勝因と考えると小林のタイムリーとなるだろうけど、その前で亀井が彼らしいバッティングでチャンスを広げていたことがそれを呼び込んだ。
最後の追加点となった阿部のタイムリーは、今日の試合というより阿部にとって状態をしっかり把握するためには必要だった打撃じゃないだろうか。
立岡の存在感が日ごとに大きくなってるけど、言ってみればわき役陣が打って勝利に結びつけた試合。

継投にも納得できるところがあったわけでもないし、なんともつかみどころがないような試合だった。






2017. 04. 22  
巨人4対阪神1

勝ち投手:田口麗斗2勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗7S
ホームラン:マギー2号ソロ

期待度は高いものがあるものの、ここまでなかなか状態が上がってきてない田口が先発だっただけに、結構不安があった。
オープン戦開始の頃、あまりに太い田口の身体からして今年はどうなってしまうんだろうという不安がつきまとっていた。
最初の登板、2度目の登板とも、大崩れこそしなかったものの、とにかく球数が多く、投げようとする意思と投げ込まれる球、そしてフォーム的にもしっくりきてる感じがなく、それでもほんのちょっとずつ良くなってる感じはあった。

今日の試合、立ち上がりこそタイムリーを浴びたものの、その打たれた球だって指にしっくりきてる球で、これはもう打った福留の状態の良さを褒めるしかなかった。
指にかかったストレートがコーナーに決まる。
スライダー、特にカーブのキレに目を見張った。
配球バランスもよく、納得の7イニングだったんではないだろうか。
球数的にも7回まで投げて、勝ち越していれば終盤のリレーに持ち込める。
ただ、守備的にやらかしてしまったけど(能見にもありこれが失点につながっていった)、こういう部分にも成長を見せて欲しいと思う。
相性の良さもあるだろうけど、安定して今日のようなピッチングをしてくれればもっとい期待度も高まってくる。

打線は阪神能見を打てなかった。
ノラリクラリと行かれた部分もあるけれど、惑わされる前に打とうとする姿勢が出来てない。
初ヒットがタイムリーとなったけど、打った坂本は意図してなかったドライバーのようなスイングだった。
能見の7回交代は球数的にそうだと思ったけれど、ここで松田や桑原ではなく藤川が出てきてくれたことで打線的に進展があるかも、、、と思ったところで出た立岡のタイムリー。
でも、これで決まったと思ったのはマギーのホームランだった。
打った球の前の球を狙っていたのに豪快な空振り。
同じコースに同じ球種で同じような球が来たら、それは打つのは当然だったけど、バックスクリーンへ放り込むとは思なかった。

今日は阿部が初めてお休み。
年齢的なこともあるのでこういうことがあっていいと思うけど、打順とポジションを思う時、やっぱり村田の起用だった。
まったく振るわず。。。これは十分予想できたことなんだけど、今日の村田の様子を見れば、ファーストだけではなく外野やセカンドのポジションも含め、マギーの打棒がもっと上がってくればマギー4番で、下位に別の選手が組み込めるということになる。
要はマギーの状態次第なんだけど、村田を起用するにしてももっと下位を打たせるような状況になってくれなければ、阿部も休めないだろうな。





2017. 04. 21  
巨人1対阪神4

負け投手:マイルズ・マイコラス2勝1敗

ヒマじゃないんで、特に平日の試合なんて最初から見られるわけがない。
見始めたのはスコアが4対1からだったけど、経過は負っていた。
立ち上がりは分らないけど、阪神メッセンジャーは去年の姿ではなく、力のある球をとにかく低めに制球して放ってた。
配球的なものはともかく、あれだけいい球をコーナーぎりぎりに決められ、大きなカーブを交えて緩急つけられたら、巨人打線があたってたとしてもそうは打てない。
ただ、このところ得点が出来てなかった打線は、メッセンジャーに飲み込まれていたかもしれない。
阿部一人が打ってるようでは点は取れないし、打っても全力疾走を無意識にでも怠っているようでは余計にダメだな。
今日のメッセンジャーのような投球がされるときは、何らかの工夫がないと打てない。
球種やコースを絞るとか、小技を徹底して使うとか。
確かにメッセンジャーはよかったと思うけど、工夫せず淡泊な打線にも見えた。

投手の方でも、篠原や山口にはいいものが見られたけど、マイコラスは状態がいいと聞いてただけに、何故落ち着いた投球ができず、不安定なピッチングになっていたのか分からない。

今日の試合までに、岡本登録抹消、橋本の昇格、長野は負傷らしいけど登録抹消されず、、、という不可思議なことがあった。
投手でも状態がよくならない森福をどう見てるのかが不思議。
チャンスを与えても打てないのだから岡本の登録抹消は分るけど、何故橋本なのか。
長野はどうなっているのか。

ベンチの中と裏側は分らない。
分からないだけにこういう状況では何か起こってるのかと勘繰りたくなってしまう。

まだ焦る時期ではないけど、不可思議な材料が転がりまわっている。





2017. 04. 18  
巨人3対ヤクルト0

勝ち投手:菅野智之2勝

あの熊本地震から1年がたってたんだな。
あの地震で見るも無残な状態になってしまった藤崎台球場で、2年越しの試合が出来たのは本当に喜ばしい。
1年前、試合が行われていれば菅野が登板してたらしいと思うと今日の試合は力が入ったことだろうと思う。
それを力むことなく、安定したピッチングを繰り広げてくれた。
快投とは言い過ぎかもしれない。
しかし、ピッチング自体が不安定となりこれはピンチだな、と思える場面はなかった。
5回や9回にヒットウを打たれたりしてランナーを2人背負った状態でも危ないと感じることがなかった。
先日の広島戦でのピッチングで期するところが出来たんだろうな。
一つずつ階段を登ろうという気持ちが出ていたピッチングだったと思う。
ストレートがいいとか変化球がキレてたということよりも、気が入ったピッチングで、次の登板への伏線が張られていたのかもしれない。

熊本ということもあってか、立岡が躍動した試合でもあった。
バッティングは、相手投手が右アンダーハンドということもあって有利に働いたんだろうけど、無理がないバッティングで走塁も優れて勘所が良かった。
バッティングに関しては阿部も同様で、シャープで鋭いスイングは状態の良さをキープして頼りになるという感じだった。

長野の状態に関しては、スタメンから落ちて代打起用だけど、最低の状態からは脱してる。
チェックポイントがあるだろうから一つずつ埋めるようにバッティングをしていってほしい。





2017. 04. 16  
中日0対巨人2

勝ち投手:大竹寛2勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗5S

先発大竹は、実にいいピッチング内容だった。
シュートを軸に、スライダーで散らし時折投げるカーブが絶妙で、制球力もよかった。
一方の中日吉見も自慢のコントロールがよく、球もキレていたので、耐久戦いになりそうという予想はあった。
個人的な見解になるかもしれないが、大竹は5、6回までの姿とそれ以降の姿は別物だと思ってる。
球数の問題ではない。
今日は球数的に7回までで80球も行ってなかった。
意識しちゃうんだろうが、今日はそうでもなく7回を投げ切りそうになってた。
ただ、四球を与え、左打者を迎えたということのみで山口に変えてきた。
結果的にどういうわけかアップアップのピッチングになってしまい、あわや押出しの展開。
相手打者がどうの、という問題でもないと思うけど、展開を異常なまでにkにしすぎるということと自分の球をどう見てるかに問題はありそう。
ただ、ここで山口に帰るならイニングの頭から、或いは7回は大竹で最後まで行ってほしかった。
翌、8回は森福→宮國7→カミネロと3人もの系統となってしまった。
7回の展開がブルペンで読み切れず、準備がしっくりいってなかった感じで、ここはきちんと首脳陣に意識確認を徹底させてほしいと思う。
イニング跨ぎにならなくても、イニングの途中からの継投は困難さを極め、通常の継投よりも難しい。
まだリリーフ投手に信頼感がないからこういう具合になってしまうのだろうけど、結果的に今日はよかったということではなく、イタズラに投手を使うことは今後の投手起用に影響が出ることとなる。
カミネロの使い方も同様で、え、またマシソン使うのか?と思えたほどだった。

野手は坂本の好調さ、上り調子であることが目を引く。
今のところ阿部の状態も落ちてないし、今日起用された石川、重信のように6番、7番の起用法が今後のカギを握りそう。






プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1467位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
193位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR