2017. 04. 22  
巨人4対阪神1

勝ち投手:田口麗斗2勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗7S
ホームラン:マギー2号ソロ

期待度は高いものがあるものの、ここまでなかなか状態が上がってきてない田口が先発だっただけに、結構不安があった。
オープン戦開始の頃、あまりに太い田口の身体からして今年はどうなってしまうんだろうという不安がつきまとっていた。
最初の登板、2度目の登板とも、大崩れこそしなかったものの、とにかく球数が多く、投げようとする意思と投げ込まれる球、そしてフォーム的にもしっくりきてる感じがなく、それでもほんのちょっとずつ良くなってる感じはあった。

今日の試合、立ち上がりこそタイムリーを浴びたものの、その打たれた球だって指にしっくりきてる球で、これはもう打った福留の状態の良さを褒めるしかなかった。
指にかかったストレートがコーナーに決まる。
スライダー、特にカーブのキレに目を見張った。
配球バランスもよく、納得の7イニングだったんではないだろうか。
球数的にも7回まで投げて、勝ち越していれば終盤のリレーに持ち込める。
ただ、守備的にやらかしてしまったけど(能見にもありこれが失点につながっていった)、こういう部分にも成長を見せて欲しいと思う。
相性の良さもあるだろうけど、安定して今日のようなピッチングをしてくれればもっとい期待度も高まってくる。

打線は阪神能見を打てなかった。
ノラリクラリと行かれた部分もあるけれど、惑わされる前に打とうとする姿勢が出来てない。
初ヒットがタイムリーとなったけど、打った坂本は意図してなかったドライバーのようなスイングだった。
能見の7回交代は球数的にそうだと思ったけれど、ここで松田や桑原ではなく藤川が出てきてくれたことで打線的に進展があるかも、、、と思ったところで出た立岡のタイムリー。
でも、これで決まったと思ったのはマギーのホームランだった。
打った球の前の球を狙っていたのに豪快な空振り。
同じコースに同じ球種で同じような球が来たら、それは打つのは当然だったけど、バックスクリーンへ放り込むとは思なかった。

今日は阿部が初めてお休み。
年齢的なこともあるのでこういうことがあっていいと思うけど、打順とポジションを思う時、やっぱり村田の起用だった。
まったく振るわず。。。これは十分予想できたことなんだけど、今日の村田の様子を見れば、ファーストだけではなく外野やセカンドのポジションも含め、マギーの打棒がもっと上がってくればマギー4番で、下位に別の選手が組み込めるということになる。
要はマギーの状態次第なんだけど、村田を起用するにしてももっと下位を打たせるような状況になってくれなければ、阿部も休めないだろうな。





スポンサーサイト
2017. 04. 21  
巨人1対阪神4

負け投手:マイルズ・マイコラス2勝1敗

ヒマじゃないんで、特に平日の試合なんて最初から見られるわけがない。
見始めたのはスコアが4対1からだったけど、経過は負っていた。
立ち上がりは分らないけど、阪神メッセンジャーは去年の姿ではなく、力のある球をとにかく低めに制球して放ってた。
配球的なものはともかく、あれだけいい球をコーナーぎりぎりに決められ、大きなカーブを交えて緩急つけられたら、巨人打線があたってたとしてもそうは打てない。
ただ、このところ得点が出来てなかった打線は、メッセンジャーに飲み込まれていたかもしれない。
阿部一人が打ってるようでは点は取れないし、打っても全力疾走を無意識にでも怠っているようでは余計にダメだな。
今日のメッセンジャーのような投球がされるときは、何らかの工夫がないと打てない。
球種やコースを絞るとか、小技を徹底して使うとか。
確かにメッセンジャーはよかったと思うけど、工夫せず淡泊な打線にも見えた。

投手の方でも、篠原や山口にはいいものが見られたけど、マイコラスは状態がいいと聞いてただけに、何故落ち着いた投球ができず、不安定なピッチングになっていたのか分からない。

今日の試合までに、岡本登録抹消、橋本の昇格、長野は負傷らしいけど登録抹消されず、、、という不可思議なことがあった。
投手でも状態がよくならない森福をどう見てるのかが不思議。
チャンスを与えても打てないのだから岡本の登録抹消は分るけど、何故橋本なのか。
長野はどうなっているのか。

ベンチの中と裏側は分らない。
分からないだけにこういう状況では何か起こってるのかと勘繰りたくなってしまう。

まだ焦る時期ではないけど、不可思議な材料が転がりまわっている。





2017. 04. 18  
巨人3対ヤクルト0

勝ち投手:菅野智之2勝

あの熊本地震から1年がたってたんだな。
あの地震で見るも無残な状態になってしまった藤崎台球場で、2年越しの試合が出来たのは本当に喜ばしい。
1年前、試合が行われていれば菅野が登板してたらしいと思うと今日の試合は力が入ったことだろうと思う。
それを力むことなく、安定したピッチングを繰り広げてくれた。
快投とは言い過ぎかもしれない。
しかし、ピッチング自体が不安定となりこれはピンチだな、と思える場面はなかった。
5回や9回にヒットウを打たれたりしてランナーを2人背負った状態でも危ないと感じることがなかった。
先日の広島戦でのピッチングで期するところが出来たんだろうな。
一つずつ階段を登ろうという気持ちが出ていたピッチングだったと思う。
ストレートがいいとか変化球がキレてたということよりも、気が入ったピッチングで、次の登板への伏線が張られていたのかもしれない。

熊本ということもあってか、立岡が躍動した試合でもあった。
バッティングは、相手投手が右アンダーハンドということもあって有利に働いたんだろうけど、無理がないバッティングで走塁も優れて勘所が良かった。
バッティングに関しては阿部も同様で、シャープで鋭いスイングは状態の良さをキープして頼りになるという感じだった。

長野の状態に関しては、スタメンから落ちて代打起用だけど、最低の状態からは脱してる。
チェックポイントがあるだろうから一つずつ埋めるようにバッティングをしていってほしい。





2017. 04. 16  
中日0対巨人2

勝ち投手:大竹寛2勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗5S

先発大竹は、実にいいピッチング内容だった。
シュートを軸に、スライダーで散らし時折投げるカーブが絶妙で、制球力もよかった。
一方の中日吉見も自慢のコントロールがよく、球もキレていたので、耐久戦いになりそうという予想はあった。
個人的な見解になるかもしれないが、大竹は5、6回までの姿とそれ以降の姿は別物だと思ってる。
球数の問題ではない。
今日は球数的に7回までで80球も行ってなかった。
意識しちゃうんだろうが、今日はそうでもなく7回を投げ切りそうになってた。
ただ、四球を与え、左打者を迎えたということのみで山口に変えてきた。
結果的にどういうわけかアップアップのピッチングになってしまい、あわや押出しの展開。
相手打者がどうの、という問題でもないと思うけど、展開を異常なまでにkにしすぎるということと自分の球をどう見てるかに問題はありそう。
ただ、ここで山口に帰るならイニングの頭から、或いは7回は大竹で最後まで行ってほしかった。
翌、8回は森福→宮國7→カミネロと3人もの系統となってしまった。
7回の展開がブルペンで読み切れず、準備がしっくりいってなかった感じで、ここはきちんと首脳陣に意識確認を徹底させてほしいと思う。
イニング跨ぎにならなくても、イニングの途中からの継投は困難さを極め、通常の継投よりも難しい。
まだリリーフ投手に信頼感がないからこういう具合になってしまうのだろうけど、結果的に今日はよかったということではなく、イタズラに投手を使うことは今後の投手起用に影響が出ることとなる。
カミネロの使い方も同様で、え、またマシソン使うのか?と思えたほどだった。

野手は坂本の好調さ、上り調子であることが目を引く。
今のところ阿部の状態も落ちてないし、今日起用された石川、重信のように6番、7番の起用法が今後のカギを握りそう。






2017. 04. 15  
中日2対巨人

勝ち投手:田口麗斗1勝

勝負の勝ち負けなんて所詮いつも紙一重だから、今日のような勝ちもある。
今期1試合からずっとトップで出てる中井は、打率こそ低いけど四球も選ぶし、積極果敢にいってヒットで出塁することもあるし、選曲的に打線を牽引することはある程度できてると思うから、決して失敗ではない。
守備的に不安はつきまとうけれど、それを補うほどの出塁と果敢な走塁姿勢を見せてくれてる。
初回の先制は中井の出塁でもたらされたチャンスにクリ-ンアップが呼応し、マギーが打ってくれたということ。
先発田口は、序盤から球数が多く、5回までしか投げられなかった上に被安打5で6四球の内容は一旦逆転を許したものの、1点の勝ち越しで済んだのはまだ中日の状態が上がってないからだということだろう。

中日先発若松は、以前のイメージから変わってるように見えたけど、緩い球を多めに使っていたことが、効果的でもなかったが巨人打が幻惑されているように見え、これは打ってるのに負けが続いている影響からだったかもしれない。

多分、試合前に何かしらの切り替え作業があって、それが奏効したのが坂本だったのかもしれない。
4安打はお見事で、阿部も続き、マギーも状態を上げてきてくれた。
出来が良くない田口が、小林と必死に我慢し、逆転した後の1イニングを山口が制球バランスよく、更にテンポ良く抑えてくれたことが追加点を生んでいた。
この山口の時もそうだったけど、森福のピッチングを見ていて出来は然程変わらないものの、小林の配球バランスとキャッチングが昨日までとはいい意味で別人のようだった。
WBCでパワー全開の野球をしてきた影響が、ここにきてやっと切り替えられたのかもしれない。

今日はとにかく結果的に勝つことが第一だったけど、昨日十分のクリーンアップの前に出塁ができたこと、問題だった6番7番が一人でも1回でも機能できたことが今後につながるかもしれない感じだった。
石川はしばらく使ってみた方が、思い切りもよく足もある上、元来の外野手だから守備的にもハマるかもしれない。
岡本、重信に期待したいところだけど、今は上位との差を開かせないことと今期のチームがどういう上京だったら機能するのか探らなければいけない時期だから、石川起用を期待したい。
余談になるけど、凡退したけど長野の打席の内容が別人みたいに良くなってる。







2017. 04. 12  
巨人5対広島9

負け投手内海哲也1勝1敗
ホームラン:阿部5号2ラン、村田1号3ラン

試合展開上、リリーフに出てた宮國が失った1点とか、代わり端叩かれた山口の失った2点が痛かったという向きも多かろうと思うけど。それは違う。
確かに宮國は先発調整をし結果を出していたにもかかわらず、今日の登板はリリーフだったし、山口は球威もキレもないストレートを真ん中高めに投げてしまったところに打たれた要因はある。にでも、もっと注目しなければいけないことは別にあった。

今期の内海は、投球の幅を広げるためにも新たにもう一つ球種を増やそうとして身に着けたのがカットボールだった。
阿部の先制2ランでが出た試合。
次のイニングで広島新井に打たれた球がこのカットボールだった。
甘いと言えば甘かったかもしれない。
内にボール半個、高さ的にボール半個甘かったかもしれないが、そんなにギリギリのところに投げ切れるはずもなく、ここでのホームランは打った新井を褒めるしかない。
しかし、このカットボールを打たれたことで内海だけでなく、小林もおかしくなった。
カットボールの使用頻度が異常なまでに少なくなってしまい、汲々としたピッチングになって制球力もなくなってしまった。
外で見てるより、本人に取っては生命線になってるボールだったんだろう。
ここ数年の沈滞さもあって、今期こそと取り組んだボール。
それでも、自分が決めたボールがいかにうまく打たれようと、このボールを使って投球を組み立てないとピッチングにはならない。

今日の試合はそこだな。
守備的にも打順的にも見直さなければいけないところは、あると言えばある。
2番立岡とか、何度バントをしようとしても出来ないヘタクソさを見せつけらえると、何かしらの手は打たなければいけないだろうし、掲げればキリがないほどあるかもしれない。
好調広島が相手ということがあっても投手陣の構成は問題。
右のリリーバーが少なく、左の森福、山口にしても左打者のワンポイントがやっとでは心許ない。
まだ様子を見るのか、てうぃ売ってくるのか。
この時期の連敗には深刻にならなくてもいいと思うけど、やることをしっかりやっておかないと取り返しがつかなくなることもあるから、ベンチが今のチーム状態をどう見てるのかがポイントになるかもしれない。





2017. 04. 11  
巨人6対広島9

負け投手:森福允彦2敗
ホームラン:中井2号2ラン

両軍先発投手からすれば、予想できなかったということととんでもなく荒れた試合になった。
序盤はいざ知らず、4回以降から見始めたけど、今日の主審はやたらにストライクゾーンが狭かった。
野村にせよ菅野にせよ、良し決まったというボールが尽くボールの判定。
広島石原はそういう判定の対処として変化球を多めにした。
一方の小林はくどい位あちこちのコースを確かめ、これでもかという位に同じような球種とコースで攻めようとしていた。
菅野がそれに応えられず、ボールが高く、球数がイタズラに増えてしまったことが野手のバタつきを招いてしまった。
確かに阿部の野戦は、何をどう思ったのか分からないけど、ホームを牽制した後何故か2塁方向へ向いてしまったことが失点につながってしまった。
まず1死を取ることが先決だったから。
それと各プレーにおけるセカンド中井のカバーが遅すぎ。
無失点か1失点で凌げそうなイニングは、ライト長野の足のもつれもあってとんでもないイニングになってしまった。
記録上3塁打だとしても、打球の落下地点を誤った長野のエラー。
その後、一旦追いついたものの、ほとんど6失点のイニングだけで試合は終わっていた。

小林はWBCで得た体験を全く生かせない試合をしてしまった。
森福登板の時、同じような球と同じようなコースばかり続けて、何のバリエーションも使えず、大事な左腕を壊してしまった。
谷岡当番の時も思ったけど、自分の球団の投手の特徴をしっかり把握しているのだろうか。
自分本位のリードになっていたないか。

こういう荒れた試合は、よくよく見てるとミスが引き金だけど、小林阿部中井のミスと主審の偏った判定。
広島は積極果敢に早いカウントから打って出て、主審の判定に対抗していた。
要は、そんなところにこの試合の荒れた原因があった。





2017. 04. 09  
阪神4対巨人

負け投手:森福允彦1敗

先発大竹はいいピッチングだった。
先制弾となってしまった阪神・北條へのあの1球だけだった。
阪神先発・能見もいいピッチングだったけれど、球のキレよりも配球の妙で抑えられていたように見えた。
だから試合終盤に何かあると思ったけど、それは立岡のヒットからだった。
坂本がチャンスを拡大し、迎えた阿部は状態の良さがキープ出来てるバッティングで同点に。
マギー、長野は打てる気がしなかったけど、岡本のところで代打・亀井
狙いがよく、初球を逆転打。
このイニングは結果的に一時逆転となったけど、2つ問題があった。
一つは亀井の代打が何故岡本のところで、ということ。
調子が停滞してる長野のところで起用できなかったかということで、そこで起用してれば岡本のところで脇谷起用という畳み込める起用が出来た。
二つ目は、打順が投手・大竹に回ったところで、代打起用しなかったのは何故ということ。
大竹というピッチャーに拮抗した試合展開で7回以上のイニングを任せるのは、甚だ疑問。
案の定、次の阪神の攻撃で同点弾を打たれていた。
打たれた球は失投ではなく、打った方を褒めるべきだろうけど、変えるべきところで変えなかった結果だと言ってもいいかもしれない。

今期はまだ連敗がない。
これは先発投手の踏ん張りが大きいけれど、勝ち越してる場面での8回マシソン、最終回カミネロの前の投手起用が決まってない。
7回1イニングを勢いに乗って先発投手に任せるのか、次の投手として一人の投手が出てくるのを期待するのか、複数の投手起用で7回1イニングを抑えていこうとするのか。
勝ってる時とタイの時、ビハインドの時のリリーフ投手の起用はどうなっているのか。
先発投手で7回以降まで任せてもいいと思えるのは菅野、かろうじてマイコラスだけという状況をどう考えるのかで早急に対処しておかないと、いずれシーズンが進むにつれ先発投手の披露の問題が出てくるから、考えて実行してかないといけない。

この時期、首位だとかそうでないとかは考えなくていいこと。
ただ、離れ過ぎないようにすることは大事。
そうするためにも打てる手は早く打って、漫然とシーズンを進行させないようにしないと。






2017. 04. 06  
DeNA4対巨人

負け投手:山口鉄也1勝1敗
ホームラン:阿部4号2ラン

移籍初登板の吉川は、球威タップリのストレートを軸にいい球を放ってた。
緊張はなかったと言うけれど、公式戦初登板だし力んでた部分もあっただろう。
でも、このピッチングスタイルにほとんど間違いはないと思われ、今後に注目することができる。
一言あるとすれば、吉川のピッチングフォームには間がなく、球種では緩急の緩がない。
今更フォームは操作できないから、力だけの投球ではなく、緩い球を思い切って使うことを望みたいもの。

今夜の試合は相手投手の出来もよく、それほど打てないだろうということから球数の嵩む中盤以降にチャンスが来るかも、、、と思ってたけど、それにしても阿部のアタリは凄かった。
失投だったとは言え、そこを打ち砕くとはその後のセンター前ヒットと言い、状態の良さは失われてはいない。
しかし、阿部の1本だけでは勝てない。

2番手で出てきた山口は、今期心配してる投手の一人。
ここ数年の台功労者であることは疑う余地はないけれど、肘を故障して以降は元の状態には戻っていない。
いや、もう戻らないと思った方が良い。
以前も書いたけど、制球力をつけ、配球の組み立てで勝負していくしかない。
ここまで勢いだけで成功してたわけでもなく、相手打者やベンチとの勝負に勝ってきた実績というものがある。
今、自分はどういう球を投げて、どういう勝負を挑むのがいいのか。
小林もそこをどう考えていくのか。
よく自分を見極め、バッテリー間で話し合い、今後の方策を探っていかないと、今夜のように徒に四球を出して、、、ということになるだろう。
山口再生にはどうすればいいのか。
そこについてはベンチもよく考えていかないと。
池田という生きの良いサウスポーも出てきてるし、チームとしては今日の敗戦は影響はないけれど、山口の生き生きしたピッチングが見たいものだ。





2017. 04. 04  
DeNA2対巨人

勝ち投手:菅野智之1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ2S

侍ジャパンで主に活躍してた投手が、どの球団も登板してた。
時差ボケ等肉体的疲れはともかく、外側からは分らない国を背負う意味での心情的な疲労はいくら切り替えが大事とは言え、なかなかできるものではない。
今日登板した各球団の侍ジャパン参加の投手たちは、いかに早く白星が取れるかで今シーズンのスタートが切れると思う。
そういう意味では結果的に菅野に白星がついてよかったし、ホッとした気分になれた。
見られそうでなかなか見られない投球は、中盤以降やっと見られたけど、菅野の初登板までのいきさつを思う時、いきなり最高潮なんてありえないから出来としてはこんなもんだろうと思った。
被安打と球数が多いなと思いつつ、然程の失点をしないで済んだのは心の粘りと何とか切り替えていう菅野の心情が粘投を生んでいた。

なかなか火がつかない打線は、相手あってのことだから仕方がない。
けれど、バントが計3回も失敗してたのは戴けない。
相手もバントさせないようにしてるのだから、難しいのは分るけど、3回の失敗は中井と立岡という1,2番コンビ。
こういう出塁が難しい展開では、少ない出塁を生かすも殺すも細かいプレーをどんな具合で丁寧にできるかにかかるし、勝敗を左右することが多いから、しっかりして欲しい。
今日は相手先発が足をつったりして降板を余儀なくされ、牽制が暴投になるなど、目だったエラーが相手に出たことで価値が転がり込んできた。
バントを失敗した立岡がしっかり反対方向へ打ったタイムリーは、こういう打撃をしてほしいというものだったし、外角の変化球で態勢を崩されそうになってた坂本がセンターに打ち返したタイムリーは基本的な打撃、相手投手の代わり端を叩いた格好になった阿部の1発は、まだ巨人に追い風が吹いていると思わせた打撃だった。
つけ込むときにつけ込めるとうのは、心情的にいい打撃ができている証拠で、これが出来ているうちは負ける気がしない。

それでも大事に1戦ずつ取っていこうとするなら、細かいプレーを大事にしっかりプレーして欲しい。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
198位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR