2018. 06. 13  
今村はよく投げた方だと思う。
かろうじて踏ん張って、大量点は与えなかった。
確かに逆転2ランを浴びたシーンは1発だけはさけてほしかったけれど。
高目の緩い球があったし、配球的に読まれたシーンもあったから、今村の失点は今村だけの責任ではないだろう。

同点に追いつこうとするチャンスや逆転できるかもしれないチャンスは、試合終盤に作れていた。
鉄壁に見えたソフトバンク外野手に防がれたこととなったけど、ゲレーロの交代で3番に長野が入ってしまったことと「無縁ではない無得点。
ゲレーロの状態は分からないけれど、どうしても外野手不足が目につく。
今日ファームから森福と宇佐見が上がってきたけど、外野手不足はどうにかならないモノだろう。

こういう展開の時に傭兵の妙が決め手に近いものとなる。
そこを端的な起用で言って勝てるようになると、もっと前に行けるのだけれど。


スポンサーサイト
2018. 06. 09  
今日の展開でつけこむ、いやつけまなければいけないシーンは7回裏に訪れていた。
代打・田中が得た四球。
ここは勝負時ということで全身全霊で挑んできた多和田が出してしまった四球。
四球の後のファーストストライクは打って出なければいけないのは定石。
坂本のさすがの打撃は逆転3ランとなった。

本来これで勝ちゲームに持ち込まなければいけないところ、澤村が1発浴びて同点に追いつかれそうなところをやっとの想いで踏み止まった。
だから、そこで出た阿部の3ランの影響は大きかった。
何故か最終回はマシソンの投入。
しかも失点していた。

どんな展開でも勝てそうなときは、最終回に登板する投手は固定すべき。
何故、カミネロでなかったのかはベンチしかわからないけど、澤村にしてもマシソンにしても安定はしていない。
変化球を多投しているのは、まだストレートが本来のものじゃないということかもしれないけど、それでも思い切り腕を振ってストレートを投げ込んでいかないと活路は開けない。
こんなところにも接戦に弱い一端が出ていた。

先発田口は徐々に良くなってきてはいる。
でも、投球テンポ、リズムが長続きしない。
もう一つ乗り越えなければいけない壁があるはずで、先日といい今日といい、今のベンチは我慢して、、、ということはしない。
だから、そこは田口がよくよく考えないといけない。
それでも今日の田口のピッチングは、まさかの勝ちに一役買っていた。






2018. 05. 19  
巨人6対DeNA3

勝ち投手;菅野 智之5勝3敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ6S

菅野の出来が良くなかったということではなく、失点したイニング絵は逆球となってしまった筒香への1球がホームランされてしまったことが影響し、ストライクゾーンで勝負し過ぎた結果だった。
言ってみれば、ボール1個分までいかない幅の制球力がもう一つということになるかもしれないけど、それでもスゴイハイレベルなことだし、DeNAもよく研究し対策を立てていたということだろうな。

先制は許してしまったけど、坂本の逆転3ランは実に難しい内閣気味の低めの球。
これをスタンドまで運んでしまったのは、坂本の坂本なる所以だろう。

思わぬ菅野プロ入り初ホームランは、内角に入ってくる変化の度合いがさほどない球。
もともと力はあるだけに、あながちまぐれとも言い難く、この1発で勝ちこせたことはその後のピッチングにつながっていた。
これも芸は身を助けた表れ。

そして阿部のタイムリーは、カウントを悪くした相手バッテリーがストレートで押し、阿部もファールで粘っていた。
阿部はそのストレートを狙っていたところに、懐に入ろうとしたスライダーが変化の度合いがすくなく、阿部にしみれば肩透かしを食らうところ、身体が粘ってバットのヘッドで拾ってヒットにした。
バットで何とか拾い、振り切ったことでヒットになっていた。
状態がよくなっている阿部の技だろう。

澤村、マシソン、カミネロと見事なリリーフぶりで勝てたことは、いい勝ち方だったと思う。
エースが投げる試合は勝たないと、、、そういう意味では勝ち方には味があった。






2018. 04. 29  
巨人3対ヤクルト0

勝ち投手:菅野智之3勝2敗

やっと帰ってきてくれたという気がする。
菅野という投手は、器用な投手で球種が実に豊富で、ここまでの価値につながった試合でのピッチングは、そうしたことによるやり繰りで勝ってきた気がしていた。
どんな投手も基本はストレート。
制球力なのかキレなのか、球速なのか、球威なのか、はたまた見せ球とするのか。
これまでの菅野に感じていた物足りなさは、そうしたストレートに関するものだったと思う。

このストレートがここにきて、ギアが上がった感じがした。
球速のであるストレートに球威が伴えば、若干シュート気味になるらしい。
でも、それも気にならなかった。
ちょっと中に、あるいは高めに行ってしまっても、球自体に球威がたっぷりあって軌道が落ちなかったため、打たれる気がしなかった。
程よく交える変化球もスライダー系の球が非常に効果的ということもあったし。
相手バッターのバットの芯気味に当たる場面はほとんどなかった。
これで、もっと状態が上がるというのだから、本来の菅野が帰ってきたと見ていい。

この9連戦の初戦だった今日の試合を一人で投げ切り、なんと完封というおまけつきは今後の戦いに意味あることだったと思う。

攻撃的にも両外国人が打ってくれて、吉川の攻撃的な走塁はチームの方向性がそういうことができる状態にあるということで、前のめりのプレーができているということ。
明日以降の試合も楽しみなる要素が満載だった。




2017. 09. 24  
ヤクルト3対巨人5

勝ち投手:田口 麗斗13勝3敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ3勝5敗26S

確かに田口は良くなかった。
田口だけではなく、ヤクルト・ブキャナンも良くなく、四球が両先発で計9つ。
ブキャナンが3連続四球を出し、阿部がタイムリーを打ったことで活路が広がった。
田口の制球が良くないというのは四球だけでなく、何を投げても中に集まってしまっていたことで、見ていて張りつめている者が緩んでしまった感じがあった。
打線も3回と4回の攻撃だけで何もしてないのと同じ。
村田は勝ち越し打は打ったものの、7回にはお得意のこねくり回すか引っかけるよう場打撃でゲッツーがあったし。
坂本の犠飛も最低限の打撃は保てたということで、突っ込める時に突っ込めず、大勝してなければいけない試合が僅差。
坂本は明らかに疲労で、WBCの影響が出てしまい、多少の休みではどうにもならない状態になってる。
だから他の打者が、、、というところ、マギーだけが何とかという状態で、阿部、村田に多くを期待できないのはもう、、、ということだろう。

阿部ありき、坂本ありきというチームではなく、誰かが誰かをカバーしていくチームを作り上げなければいけない。
そこをどう考えて、今後試合をしていくのか。
多分何もしないだろうけど。





2017. 09. 07  
魅力ある若手が出てきた。
投手では畠、捕手では宇佐見。
期待され使われ続けたけど、結果が残せなかった中井や立岡を思うと、教える側にもどうとかという以前に野球に取り組む本人の問題が前に出てくることは当然のことかもしれない。

畠は入団してすぐに手術となったけど、その後のケアと鍛錬、そしてファームでの取り組みが良かったことの表れかもしれない。
宇佐見にしても骨折という負傷を負いながら、ここまでこれたというのも復帰後のファームでの取り組みの成果だと思う。
1軍帯同だけが成長の早道ではなく、やっぱりファームである程度時間をかけて結果を出させることが重要なんだろう。
後は内野手、外野手で誰かが出てくれば、、、今の橋本をみてるとそう思うし、一時の辻ももう一歩の感があった。
けど、ここは来期に期待ということになり、競争が激しくなってほしい。

残り21試合の今期は、まだ勝負が終わっちゃいない。
少なくとも優勝チームが決まるまでは戦闘スタイルを崩すべきではなく、畠は4番目の先発投手として、そして宇佐見は先発よりもここぞの場面での代打として、頑張ってほしい。
特に宇佐見については打力に大きく魅力は感じられるのだから、そこを最大限に発揮できるようにしてほしい。
シーズンがまだ終わってない今、先発捕手として小林が起用されて行くのは当然のことだし、小林のバットの状態もいい状態でもある。

若手切り替えは、優勝チームが決まり、CS進出チームが決まるまでは勝負が終わってないのだから、それ以降であっていい。
まだ、前のめりで勝負を挑んでいる選手に向けて、若手切り替えなんていうのは選手に対して大いに失礼なことだ。
坂本やマギー、阿部、村田、菅野にマシソンなど、まだまだ頑張っていい結果を出してほしいと願う。





2017. 09. 03  
DeNA1対巨人0

負け投手:スコット・マシソン3勝3敗2S

先発投手の突っ張り合いは、見事だった。
中四日で投げてたことを感じさせなかったマイコラスの好投、これ以上はないというピッチングで、先日の好投もそうだけど、打線の援護がなかったことが悲しい。
投手の継ぎ目が勝負を分けるかもしれないと思ってたけど、実際そうなったわけで、やっぱり打線の機能的な問題だった。

送りバントが3度失敗、いずれもゲッツーとなってしまい、相手投手にプレッシャーが欠けられなかった。
そのうち2度は投手マイコラスのところに打順が回ってきたのだから止む無いところもあるけれど、小林が説類した時の展開をどうにかしないといけないということも去ることながら、そこ以外の打者がまるで仕事できてなかった。
目立って坂本の状態の悪さに目が行く。
最終打席でのボックスへの入りの様子を見てると、眼が泳いでしまっている。
自分の不調が打線状況に直結してしまっている自覚がそうさせてしまっているのだろうけど、そういう様子を見てるとベンチが何かしらの手を打たないといけないだろう。
休養なのか、そうではない気分転換策。
心にかかる負担を軽減させてやってほしい。

打線が下降しているのは昨日も書いたけど、頼みのマギーも封じられては打つ手がない。
こういう時、経験豊富な阿部や村田の打撃に期待したいけど、今日は配球的にもつけ込めるところなく、コースに見事に決まる相手投手のストレートにも対処が出来なかった。
江藤よりも二岡打撃担当コーチのサポートと立場がどうなっているのか、そこをベンチがどう見るかで打線は変わるかもしれない。

3つ続けて勝てるほど甘くはなく、2つ取ったことで良しとは思うけど、今日のマイコラスのピッチングを見ていると気の毒だったと思うだけだった。





2017. 08. 25  
巨人6対阪神3

勝ち投手:田口 麗斗11勝2敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ2勝5敗21S

先日サヨナラホームランを打った宇佐見が初先発となった今日の試合。
事前に先発投手であった田口とは、散々話し合っていたのだろうけど、実践となるとまた違った感情が湧いてくるんだろう。
田口の今日の状態、阪神打線の各打者の特徴、今日はどのボールを効果的に使っていくのか等々、試合に入ってみると事前の話し合いでのズレがあるんだろうと思う。
納得し、納得させて出したサインと構えに、投手はおも負いきり投げ込んでいく。
でも、立ち上がりの様子はうまく息が合わず、田口・宇佐見共々疑心暗鬼の状態のようで、球が決め切れずにいた。
配球とかいうものではなく、実践においてはじめてバッテリーを組む2人がお互いを信用しきれなかった立ち上がりが、計3失点してしまったということ。
でも、なんとか3回以降は息が合い始めていた。
田口には先発の柱としての自覚から宇佐見を逆に引っ張って欲しかったし、宇佐見も思い切りの良さを出してほしかったと思うけど、いい経験になってたと思う。

阪神青柳は、サイドハンドながら技巧派ではなく力投派で、巨人打線が攻めることが出来たというシーンの記憶がない。
それが今日は逆だった。
だから面食らう打者が多い中、阿部だけがしっかり対処できていた。
猛打賞の今日、勝ち越し打を放って村田、亀井のタイムリーを引き出していたけど、やっぱり宇佐見の同点弾だな。
決してやさしい球ではなく、手元まで引付けて放ったこの1発は、打者としての非凡さを感じる。
ここに小林が座ってるのと宇佐見がいるのとでは、打力において期待度が違う。
それが見事に証明されたシーンだった。

配球とかリードは経験に裏打ちされるものがほとんどだけど、センスもあるはず。
もっともっと伸びて、小林を追い抜いてほしい。





2017. 06. 14  
巨人3対ソフトバンク0

勝ち投手:山口 俊1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗14S

乾坤一擲、、、まさしくそんな姿勢を感じた先発・山口。
FAで移籍してきてここまで投げられないとは、山口本人も思っていなかったかもしれない。
それでなくても、OBや評論家をはじめとした外野がやたらにうるさい球団だから、風当たりも強かっただろう。
立ち上がりからしばらくは緊張感でガチガチの表情とは裏腹に、腕は振れていた。
だからストレートは伸びてたし、フォークもキレよく落ちていた。
緊張感があって当たり前だけど、そのために制球はままならず、それが適度な散らしになっていたんだろう。
球種を狙っても球の散りに、ソフトバンクの各打者はうまくミートできないでいた。

元の役割どころにに戻ったマシソンは、水を得たようなピッチング。
元々荒れ球だけど、球にキレがあって勢いがあった分、打たれる気はしなかった。
問題はカミネロだと思ってたけど、山口、マシソンと来た好投差が生み出したソフトバンク打線の狂いは強制されることなく、終わってみれば見事なノーヒットノーラン。
ノーヒットノーラン位、略するとバカみたいだから略せず、きちんとよくやったなあと言いたいな。

守備的にも坂本のフットワークの良さや山本の必死さが出ていて、良く守っていた。

やっぱり課題は打線。
仕掛けが遅いのと、自分の役目がわかってない選手が多すぎ。
そんな中で坂本の2本のアーチは、坂本のスイートスポットに貼ってきた球だったとは言え、見事過ぎるスイングでのものだった。

1か月以上もの間、連勝も3連戦の勝ち越しも見ることが出来なかった。
試合が終わって、何時以来だろうと思ったけど、これで餡した内容でもなかった。
山口は緊張感が高ぶる中良く投げたと思うし、これからに期待したいけど、打線に関してはもっと相手投手の決め球を打つことに集中して欲しい。
状況、もよく考え、そこでどんな打球を飛ばしたらいいのか、そこから考えていかないと、どんな打順を編成したって打てやしないのだから。





2017. 05. 15  
野球のポジションは9つ。
捕手から見ると扇の形で野手が散らばってる。
この扇を束ねるには、捕手から見て、投手、セカンド、ショートを挟んでセンターに至るまでのラインをしっかりさせたチームが強力になるのは昔からそうだった。
投手はともかく、それ以外のポジションとなるとショートの坂本だけが攻守にわたっての柱になってる。
しかし、それ以外のポジションがしっかりできてないことがチームのムラを生み、チームの基盤が出来ていない。
センターは立岡が起用されてることが多かったけど、野手はそのまま攻撃でしっかりバットを振れる存在でなければならないところ、まったく機能してないのと同様で、それは走塁にも現れてる。
セカンドでの起用が多いのは中井だけど、守備的にはアマ以下。
そうであれば、もっと攻撃的であり生きの良いところを見せて欲しいけれど、打つべき球をしっかり叩けないでいるから持ち味が出ていない。
捕手は小林。
WBCは出来過ぎ、ツキ過ぎで昨年の塩梅が基本であって、そこに自主トレでの阿部エッセンスがどれだけ浸透するのかと思ってたけど、リードには試合ごとの大きなムラがあり、扇の要としては物足りない。
よくほきゅ動作がどうのと言われるけど、状況に応じて投手にどの球を投げさせるべきかが徹底できておらず、それが無理な捕球体制となって、他の野手に守備位置をどうとらせるのかまで考えさせるに至ってはいない。
もっと問題なのは打撃だけど、扇の要として自らの理論を構築できなければバットは期待できない。
そこに犠打がとにかく下手ということがついて回る。

一つのポジションを一人で、、、というのはある程度のレベルまで選手が来てるなら、もっとしっかりしろということになるけれど、そんな選手はいない。
であるならライバルの存在が不可欠で競い合わせないといけないし、それでも時間はかかる。
巨人は常勝、、、などと昔の夢を見てる者が多すぎるし、常勝でありたいのは何処の球団も同じ。
ただ、注目の度合いは違う。

捕手は小林を脅かしてほしかった宇佐見が負傷したし、他には見見当たらないこともあって、実松をもっと有効に使うしかない。
セカンドは、ファームにクルーズ、藤村、辻、吉川大などがいる。
守備的に感心する選手はいないけど、どの選手の特徴をチームに生かすべきかを考え、更に1軍にいる寺内、吉川も含めてセカンドで起用すべき選手を3人程度に絞って、起用を考えてほしい。
センターを守れる選手が「意外といない。
立岡の他には橋本、長野が候補だろうが、守備的に不安視されていそうな石川をセンターで固定しても面白い。
石川は思い切りバットが振れるところが魅力だし、足もそこそこで思ったよりも守備的に悪くないと思うのだけど。

セカンドにマギーなどと無責任な声は聞こえるが、マギーは打棒好調なのがサード守備にでてるし、間違っても細かなプレーが要求されて大事なセンターライン上のポジションで起用して欲しくない。
ファームではクルーズが好調そうだし、未知数とは言え吉川は積極的に起用していかないと1軍に上げたことが無意味になる。

打順的には相手が右投手であろうが左投手であろうが石川で固定し、続けてほしい。
こうなるとセカンドが誰になるのか予想不可能の状態になるが、打順的には7番で考えてほしい。
積極的2番を勤められる選手などいないのだから、バットコントロールに長けた選手の起用が望まれる。

打順的にはクリーンアップだけは現状でいい。
そうなるとトップと7番をどう考えるかで、打線の肝が見えてくる。

今日、中川と乾が登録抹消となったけど、野手の中にもそうなっておかしくない選手もいた。
デモ抹消されてないところを見ると、今いる選手のやりくりで、、、と考えているんだろうが、もっとシャッフルすべきなんだろうな。
今、柱を構築するようにしていかないと、FA3選手が上がってきても勝負時にはどうにもならなくなる可能性が高い。
来年以降のことは今はいいとして、今年の夏場以降を見据えて積極果敢な起用と采配を望む。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
647位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
112位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR