2018. 02. 12  
負傷とケアがうまくいかなかった澤村は、そのため昨季は何にもできなかった。
力投派だけに、登板過多が何年か続くと身体の何処かがおかしくなってしまうのは、本人のせいだけではなく、チーム状況や起用法なども影響してるはず。
今季はどうなのか、、、今のところ然したるネタは伝わってきてないけど、どこかで復帰してくるだろう。
復帰の状態によりケリだけど、それはセットアッパーなのかストッパーになれるのかに効いてくる。
メジャー復帰かもしれなかったマシソンが複数年契約を結んで残留してくれたのは、チームにとって非常にその影響が大きい。
マシソンの快速球は、何年も登板し対決してるからと慣れるものでもない。
ただ加齢に伴う若干の衰えも考えられるところから、年々良くなっているスライダーの制球力が決め手となりそうで、そこにスプリットも投げることから音程感が増すかもしれない。
セットにおける取り組みもよく、ひたすら投げ急ぎにだけ気を付ければ代わりの効かない戦力となるはず。
昨年から思っていたけれど、このマシソンをストッパーに起用していた方が良いと思うのだけど、今季はそうした考えもあるみたい。
じゃあ、カミネロがセットアッパーということで考えるとモーションが大きく、ランナーがいる状態でのリリーフには疑問符が付く。
このマシソンとカミネロの見極めはピッチングコーチ次第ということになるけれど、ここに澤村が入ってこれるかどうかは期待を大きく持っている。

今季はヤングマンという戦力が新しい戦力となった。
どうも先発タイプらしいけれど、先発投手という争いの他に外国人枠の争いもあるからヤングマンの状態興良し悪しは他の外国人選手の状態とリンクしてくる。
リリーフは何人いてもいいはずだから、澤村、マシソン、カミネロと構えておいた方が良いと思うけれど、マシソンがストッパー起用となった場合、カミネロの状態次第ではセットアッパーということは考えにくい。
澤村の状態が上がっていれば、澤村・マシソンというリリーバーが形成され、ヤングマンの状態次第ではカミネロが外れ、ヤングマンの先発起用ということになる可能性もある。
澤村だけがリリーフ陣のカギを握っているわけではないけれど、澤村のインパクトは大きい。

焦らず体調と気候にも気を使って、少しずつ状態を上げ、今から1か月後くらいの状態を見てみたい。
経験と力はあるので、後は負傷した部分の状態の癒え方が問題だろうと思う。





スポンサーサイト
2018. 02. 10  
昨季、FAで移籍してきた陽のコンディション不良は、痛いなんてもんじゃなかった。
そこで中井や立岡ということになっていったけど、キレも勢いも裏付けるものがなく、クリーンアップが丸裸状態となってしまった。
マギーの奮闘は非常に喜ばしく、どの打順でも奮闘ぶりは記憶に新しく、2番起用となってからもそれは変わらなかった。
夏場以降、WBCに向けての調整の影響が出てスタミナ切れを起こしてしまい、マギー一人となって、これでは不安定な投手陣をカバーできずにシーズンを終えた。

今季は陽が今のところ、ソツなくキャンプを過ごしており、クリーンアップが坂本、ゲレーロ、マギーと考えた場合、陽は6,7番か1番ということになるのかもしれない。
4番で起用されると思われるゲレーロが、昨年得点圏打率が良くなかったことがあるけれど、それは昨年の中日打線のテイタラク状態を思う時、鵜呑みには出来ない。
結構な気分やで我儘な部分があるらしいけれど、チームも代わり3番坂本の状態と現場の緊張感を保つリードをしてくれるマギーがゲレーロの後を打つとなると、そういう部分も払拭に近いことになるのかもしれない。
得点圏にランナーを置き、様々な仕掛けをしようとするとき、ゲレーロが凡退してもマギーがおり、マギーがいるからゲレーロに係るプレッシャーは軽減できるという効果が期待できるようになればいい。
それには1番2番に起用される選手がどれだけ出塁率を上げ、足を使った仕掛けができるのかということが大きなポイントとなる。
先ほど述べた陽は、シーズン開始から起用が叶うのなら1番で、、、ということになるだろうけど、意外に足を使った怖さは相手に与えられないかもしれない。
昨年は足を使うのには、コンディションが悪すぎたのだけれど、足を使った攻撃とは盗塁だけではなく、積極果敢に一つでも先の塁を奪おうと仕掛けることであり、エンドランに耐えられる脚力と相手野手の動向を見極めていく眼力も必要となる。
それにはもちろん、出塁率を高めなればいけないけれど、それは打つことだけではなく、ボールを選ぶ選球眼も持って四球をもぎ取るところも大いに見せることも肝要となる。
1番起用に選手だけが出塁率を高めるのではなく、二の手である2番に起用される選手にも同様のことが求められる。
個人的な勝手な憶測だけれど、期待されている若手選手の中では吉川尚が出てきそうだと感じてる。
しかも、勢いもつけて、、、
報道では2番セカンドとしての予想がほとんどだけれど、時に犠打も求められる2番という打順に吉川がハマるのかという問題がある。
アマ時代1番や3番での起用が多かった吉川尚。
当然そういう面での鍛錬もしてるのだろうけど、吉川尚の最大の長所は脚力であり、ここ生かさない手はない。
昨年、2番で起用したマギーの効果が目に見える程だっただけに、1番吉川尚、2番陽でもいいのではないだろうか。
この1,2番がしっかりハマって、足を見せつけるプレーしてくれると、3番坂本以降の選手に効果が出る可能性が高くなる。
今、アピールし出した吉川尚が、このままアピールし続けられるのか、それとも壁に当たってそこをどう乗り越えてくるのかは分からない。
しかし、決めつけての起用だけではなく、選手の状態と今季の野球方針を踏まえての起用であって欲しい。





2018. 02. 06  
先発投手を思うに、菅野が中心であることは誰しもが認めるところ。
菅野が右腕と言うこともあって、左腕である田口が次に来るし、年々状態が良くなってることとを思うと、今年も、、、と思いたい。

この2人に続く者が誰になるのかは、巨人ファンとして注目するところではあるけれど、名前だけは数人出てくる。
ヤングマンに関しては先発投手としての争いの他に、外国人枠の争いも絡むので相当難しい。

昨年は無用な騒動もあって、こういう中毒患者みたいな者には期待したくはないけれど、持ってる能力を思うとこういう投手が先発ローテーションに入ってくると、一試合何イニングと言うことだけでなく、シーズン通してのローテーション編成に大いに影響してくるだろうと思う。
それは山口俊。

入らぬ騒動だった。
鳴り物入りでFA加入してきたけれど、肩の故障で昨年は大きく出遅れ、無安打で何とか投げて一つの勝ち星を挙げただけになったけれど、この試合も山口俊の本来の出来とは程遠かった。
この投手は何といっても身体が強いイメージがあり、ストレートも球速よりも球質の重さからくる球威のずば抜けているところに目が行く。
近年、珍しい投手である。
多少甘い球でも、球威で凡打に抑えきる姿は、ストレートと分っていても打ち砕くのに打者が苦心惨憺になっていることが見て取れる。
そこに微妙に変化するスライダー、落ち度の良いフォーク、意外なかカーブを持っているから、相手を幻惑していくには十分な球を持っている。
この投手はもともとがストッパーだったけれど、先発に転向してもこれだけのピッチングスタイルが保てるのは非常に珍しい。
身体全体のタフさは、その時に築かれたものかもしれないけれど、それだけではないだろう。
ストレートで勝負しきれるものを持ってるのに、悪戯にフォークを前面に出したりかわそうとすることが痛打を浴びてしまう要因。
右打者の外角低めへのストレートビシッと決めることさえすれば、10勝以上が期待できる。

FA移籍初年は思った以上のプレシャーhがあったところに肩の故障があったのだから、本人の焦れる気持ちも相当なものがあったのだろう。
起こした騒動は酒乱一言では片づけられないほど、意味の違ったプレッシャーが近喜はかかることになる。
そこをどう考えるのかで、今季の様子が図れる気がする。
それと癒えたと思われる肩の具合がどんなものなのか。
それでも、山口俊が先発投手として投げてくれれば、先発投手の枠組みに大きな影響を及ぼすことは間違いない。





2018. 02. 04  
センターラインで捕手から見て真逆の位置が、センターということになる。
昨年以上にレフトの守備のカバーをしなければいけないことになりそうだから、脚力を求めたいと思う。
監督が坂本、マギー、ゲレーロ以外は白紙というのだから、この3人は何処を守るのかということになると、決まっていそうなのはショート坂本だけ。
マギーは内野、ゲレーロは昨年までの守備力を思うと外野ということになり、レフトに入るのは当然のこと。
ゲレーロの場合、その打力に期待が集まるが、守備力には目を瞑ることになるし、元来が気分屋であることもあってバット次第では更なる守備力の低下を招くことになるかもしれない。
平凡なレフト飛球さえさばいてくれればいいと言うことになるかもしれないけれど、近年の野球はスピード野球であり、走塁面での躍進が凄いから、センターを思う時、左中間の範囲を広くカバーできる脚力と打球センスを持った選手がいて欲しいと思う。

以前、守備力の高かった松本が近喜から指導者として3軍のコーチになっている。
松本は脚力に優れ、打球勘に敏感であり球際が強く、思い切りがとにかくよかった。
肩が弱かったものの、それ以外の要素でそれをカバーしていた。
今求められるセンターは、こうした松本のような守備力を持つ選手なのかもしれない。
昨年は陽が後半センターに入っていたけれど、肩はともかく、下半身のコンディション不良でシーズン前半を棒に振った経緯を思うと脚力に関しては不安が残る。
脚力はあった方だと思うけれど、長いシーズンセンターを守り切るには不安な要素も多い。
しかし、陽には打撃力があって、それを思うと起用から外しにくいにも確かなこと。
重信という脚力に優れた選手もいるけれど、脚力以外が問題で打球勘を含めた守備力や特に打撃力には不安が残ってしまう。
柿沢や松原など、候補生はいるけれど、まだまだかもしれない。

捕手とは向きが逆だけど、センターは球場全体が見渡せ、外野における中心である。
左中間だけではなく、右中間もライトを守る選手とコンビネーションを保たねばならないし、ホームへ送球時カットマンの位置も確認しなければならない。
ベンチの指示も外野bの中では真っ先に受けなければいけなし、それをレフト、ライトに伝えるという仕事も持っている。

基本的にはセンターは若手にチャンスを与えるという方向にあるみたいだけど、チャンスを与えられる若手選手、中堅の域に入った選手のいわゆるタマ(候補)が少ないから、生かせるかどうかはチームの方向性を変えてしまうかもしれない。
理想は1番センターだけれど、さてどうなるかな。






2018. 02. 03  
センターラインは固めないと、チームは安定せず、従って上昇しない。
がっちり固めるというのが理想だろうけど、そうは言っても昨年まで固まっていなかったのだから今年になっていきなり固まるわけでもない。
しかし、そうしようとしなければ、、、

だから昨日は捕手のことを書き、小林にはもう一つ階段を上がって欲しいと願った。

捕手から見ると、内野ではセカンドとショートと言うことになるけれど、強い打球の処理に急がし気味となるショートより内野のキーはセカンドに置いた方が、チーム状況がしっくりくるような気がする。
しかも、打撃でもチームを支えなければいけない坂本が、数少ないレギュラーとしてショートにいるのだから、セカンドがしっかりできればチームとしての坂本にかかる負担も軽減できるし、内野の攻防においてしっくりくるはず。
昨年は中井起用で始まったセカンドは、後半になってマギーが入ることである程度戦える内容にはなった。
マギーは野球人として地に足の着いたしっかりしたプレーヤー。
セカンドでの彼の守備ぶりにやいのやいのという向きがあるけれど、昨年の状況に置いて文句を言うのはお門違い。
昨季、中井で始まったセカンドというポジションについては懐疑的ではあった。
守備よりも思い切りのいい攻撃を重視したようなこの起用は、近年くすぶっていた中井が開眼するとは思えなかったし、なにより中井を超えて目を見張るプレーをしそうな選手がいなかっただけのことだった。

しかし、今年は2年目の吉川尚がいる。
コンディション不良で序盤は全くうだつが上がらなかった芳川は、ドラフト指名時の評判は上々だったはず。
何も可能性のない選手に評判など上がるはずもなく、けれど、持っていた才能がすぐ咲く選手もいれば、そうでない選手がいたっておかしくもなんともない。
チーム編成と起用上の問題もあるけれど、セカンド器用の選手は決まっていなかったはずで、それは今年も同じ。
今季また、マギー起用ということにでもなったら、その時点でこのチームはお終い。
吉川の状態は、徐々に上がっていたらしく、ファームでは結果が出ていた。
でも昨年5月時点での1軍起用は、現場首脳陣の意向ではあるまい。
野球のやの字も知らず、ドラ1であったことに拘ったフロントの意向であったと思う。
この時点での吉川の眼は死んでいた。
これはまだ1軍での野球どころではないというのが率直な感想だった。
それがシーズン最終戦での姿は、まるで別人で生き生きしていた。

数少ないプレーぶりを見てると、快足の持ち主であることは評判通りだけれど、リストが強いというよりは柔らかそうで、身体的にも柔軟性を感じる。
かと言って体幹はというと、その柔軟性にも見劣りがしないので、身体は大きくないれどパンチ力もある。
しかもリストが起用なのでグラブ裁きもよく、細かい足の運びを早くするので守備範囲も広い。
昨シーズン最終戦でのプレーぶり、秋季キャンプでの模様などを知るだけでも、これだけ魅力を秘めていそうな選手は他にはいないだろう。

吉川には、素人目から見てもセンスの良さも感じるから、走塁かもいいだろうと思う。
登り始めた階段はしっかり踏みしめながら確かに上がることが肝要。
理想は1番バッターとして始まって欲しいとは思うけれど、そこにはチーム事情もあったりするから、起用されるのなら攻撃性も伴った2番セカンドでいってほしいと願う。

広島の菊池だって、ショートから始まった選手。
吉川もセカンドはプロに入ってからということになるけれど、仁志以来のレギュラーセカンドとなれるよう、期待してるし、できるだろう。





2018. 02. 02  
春季キャンプが始まった。
世間でいうお正月みたいなものがプロ野球界でも始まったと言うことだけど、首脳陣はもちろん選手たちも個々に期するところがあるだろう。

野球のポジションは9つあるけれど、1つ対8つという構図が当てはまる
1つのポジションが8つのポジションと対峙する格好となっている為、その1つのポジションは全体を見渡せる。
それはキャッチャーという扇の要であり、現場レベルでの監督のようなもの。
ベンチの意向を最も受けて、指示が出せるのだけれど、現場での感覚と観察眼はより重要となる。
相手打者の観察眼ももちろんだけど、どういう意図を持って相手打者がバッターボックスに入ろうとしてるのか、相手ベンチの観察も欠かせない。
プロという高いレベルにおいて、とくかく広くて細かい視野を持たないと仕事にならないこのキャッチャーというポジションは、これ以外に自らが所属している投手たちの特徴とその日の状態、そしてチームの状況とその時の意図を感じ取ってプレーに生かさなけばいけない。
と、簡単に書いてても頭が痛くなってくる。
1球1球、球の起動は同じものがない上にこぼしたり後ろにそらしてしまうと、自らの身上だけでなく、投手に与える影響も少なくない。
キレとセンス、そして分析力が求められる上に様々なバリエーションを駆使する巧妙さも必要となることからも、経験値がモノを言う。
新人が乞われてポロっとポジションに入って勤められるようなポジションではない。
守るだけで精一杯だと思うし、牽制の意も込めて考えると、やっぱり小林が正捕手ということになる。
あの肩とスローイングは他の追随を許すものではないし、リード面でも小林独特の特徴があって状況に応じ納得できそうなリードを見せるのは、小林が第一人者だと思う。
菅野といいコンビになってきたのはかなり考えが高まり、応用が効いてきていることの証拠のようなもの。
宇佐見が打撃で見せる場面が出ていたけれど、守備的には及ばない。

投手陣を安定させてブレを少なくさせるためにも、より小林の精進が求められるところだろう。
守備的、配球的にいいリードするためにも昨年までの経験に上乗せさせるように、このキャンプでd様々な投手の球を受け、様々な内容の球を数多く受けるべきだろうと思う。
打撃に物足りなさは残るけれど、V9の主戦捕手だった森の打撃は小林以下だった。
その中で正捕手を守り抜いた森の秘密に迫る様に、小林もまた自分の色を濃くさせないといけない。

チームのセンターラインを思うと、この捕手というポジションは重要だけれど、他のポジションの様子と他の捕手を思うと小林が座らないとチーム自体が始まっていかない。
しかし、ただ座らせるわけにもいかず、これだけ多数の捕手がいるの単に刺激を与える作戦かもしれない。
銛の時と状況はよく似ており、どれだけ小林が色を出せるのか、そこにチームの浮沈はかかっているのかもしれない。





2018. 01. 20  
現時点で外野はレフト・ゲレーロでのシーズンスタートが決まってる。
打線的に4番ゲレーロが決まってくれないと、昨年以上の苦戦は予想されるし、そうなるとそのポジションはレフト以外には見当たらない。

レフト・ゲレーロだと、守備的にある程度はセンターに入る選手がそのフォローに回らなければならず、そうなると守備範囲が広くなくてはならなくなる。
要するに足のある選手がセンターに入って欲しいわけで、そいういう状況を組む選手は重信以外に見当たらない。
昨シーズン終了以降、重信は課題であった打撃に重点を置いて鍛錬してきたはず。
このポジションを奪取するためにも春季キャンプからバットで目立って欲しい。
多分、昨シーズンの半分ちかく棒に振ってしまった陽がセンターに貼るのだろうけど、そうなるとレフトカバーをどうするかので、カットに入るショートやサードが厳しくなる。
打線的にも打順的にも、来季はバットでインパクトを残さなければいけない陽は起用されるだろうけど、ポジションはセンターで安泰なはずがない。
重信のアピール次第なんだろうけど。

センターに重信が入れば、自ずとライトに陽が回りそうなものだけど、長野や石川もいる。
ファームで鍛錬中の選手もいるし、外野はレフト以外は戦争状態だと思った方がいいのかも。

今季はとにかく特に外野を守る選手は、走塁も含めた攻撃面で目立って行かないと、度しようもないだろう。
ある程度守備的な面に目を瞑るようになるかもしれないけど、でも疎かにしていいわけではない。
誰が出てくるのか誰が起用され、どう攻撃面に影響が出てくるのか不安でもあり、楽しみなのが外野ということになるかもしれない。





2018. 01. 14  
ショートだけはポジション的に坂本で決まりということになる。
怪我さえなければ、、、ということだけど、身体を使い相手の対処の仕方によっては、或いはプレー中の意外な展開によっては負傷することも想定しておかなければいけないから、坂本の次の選手ももちろん考えておかなければいけないことは当然のこと。

昨年はWBCもあって全てにおいてのピークを早めに持って行かなければいけなかったから、シーズンに入ると最後の方まで持たなかった選手も多かった。
坂本もそうで、7月までの坂本と8月以降は別人のようだった。
しかし、そういうこともあったし、今年は通年通してやってくれるものと思ってるし、現場においても同じだろう。

打撃にせよ守備にせよ走塁にせよ、何処まで高められるのか。
キャプテンになってまだいい想いをしてないという意地もあるだろうし、年齢的にも坂本を追いかけようとする選手も多くなってる中、どういうリーダーシップが取れるのかが見どころになりそう。
感じとしては一昨年のような内容に上澄みが出来れば文句なしといったところだけど、こうした坂本の状況を周囲がどう盛り立てられるのかがチームとしての問題だし、坂本個人の問題となる。

寺内、辻、吉川、山本等々ショートを守るという意味での選手はいるから、できればこうした候補の中から2,3人は1軍ベンチにいて欲しい。
坂本の代わりということではなく、別タイプの内野手として。

打撃面では文句なく坂本は3番。
最も打てるから4番ということではなく、積極性があるから1番ということでもなく、坂本の特性を踏まえた3番起用で、そこを軸に他薦を編成して欲しい。





2018. 01. 12  
無責任に、岡本をサードで起用しないといけないような風潮がある。
けれど、その前に立ちはだかるマギーとの勝負に勝たないと、お話にならない。

村田の意外な戦力外はあったけれど、岡本の前に立ちはだかるマギーという壁は異常に高い。
しかも、マギーは人格者だしリーダーになってる人材。
監督が言うには、このマギーとゲレーロ、坂本はレギュラーということだけど、サードはマギーとは言い切ってない。
だから岡本に彼らしいウリが出てくれば、チャンスはあると思う。

最初から競争無しにポジションを与えてもいいことはない。
その時に成果を上げても長続きしないし、その場だけのことになってしまう。

でも岡本の前には、チャンスが転がっているし、期待度も高い。
守備でも打撃でも、そのプレイスタイルのどれをとってもマギーに勝つには相当無理がある。
でも、岡本が出てこれなければ、巨人は数年沈んだままになってしまう。
今のチームには若い力が必要だけれど、岡本がウリにしなければいけないのはこの若さからくる怖い者知らずというところ。
そこきっかけと勢いをつけなければ。
その生きのいい若さからくる気概で、チャンスをもぎ取り、マギーをファーストへ追いやらないと。

セカンドに吉川は出てくると思うけれど、岡本はそれより可能性は低いとみてる。
もっとはじけるものが欲しい。





2018. 01. 02  
正2塁手が決まらなかった昨季。
中井では芽が出ず、開幕前こそ様々な候補が出、外野手の立岡や重信ですら練習をしていたけど、心配してた通り誰もでき来なかった。
ポッカリ穴が開いていることが数年来、続いているというのに。

本来サードであり、時にファーストであったはずのマギーがセカンドに入って2番を打つことで、チームは最終的に4位となったけれど、これは打線にカツを入れていた効果がAクラス争いまで行けたというところにマギーセカンド起用の効果が出たということ。
セカンドがどうのという前に内野の一つのポジションで、そこを必死に取り組めばこうなるということのいい意味での象徴であり、マギーはその模範となっていた。

けれど、それは昨季のことで、今季はきちんとセカンドを確立しないといけない。
巷で言われてるように、一昨年ドラ1で入ってきた吉川に注目が集まる。
1軍初登場の模様は、チームの首脳陣が決めたというより、吉川の状態をまるで知らない読売のホワイトカラーが決めたようなものだったから、吉川にとっても気の毒だった。
まだ、時期尚早もいいところだったのだ。
負傷は癒えていたのだろうけど、まだプロ野球の内野手というレベルまで上がっておらず、生気が感じられなかった。

でも、そこからまたファームへ戻り、その後の取り組みがよかったのだろう、元から持っていた器用さと俊敏さが出始め、パンチ力も伴って、走塁面だけでなく、攻守にわたって飛躍的に状態が上がってきたのはシーズン最終戦のプレーぶりを見れば一目瞭然だった。
元来はショートでありながら、プロになってポジションが変わることなどいくらでもある。
広島・菊池だったそうだった。

吉川以外にも中井や吉川大、辻、増田だっている。
しかし、身体能力の高さと俊敏さ、器用さを考えるとこの吉川が一歩リード出し、また出てこなければならない。
可能性の低そうなシーズン油症に向けてのポイントもいくつかあるけれど、二番セカンドで好からは出てこなければならない。
実績がない分、期待する数字はないようなものだけど、躍動感が感じられるプレーで大いに狂喜させてほしいと願っている。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2657位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
328位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR