2018. 04. 19  
DeNA5対巨人0

負け投手:吉川光夫2敗

ポテンシャルは高そうな感じがする投手・吉川は、移籍前から自分の今の状態がつかめておらずここまで来てしまったか感が強い。
フォーム的には単調で相手打者には打ちやすいタイミングの投手であるところ、勢いのある球威たっぷりのストレートを、それこそズドーンと投げ込んでくるものだから意外にも打たれない。
フォークとか落ちる球、あるいは緩いカーブで緩急をつけられればそこそこにいいピッチングが出来そうなものだけど、悲しいかなストレートにしても制球力がなく、変化球には緩急をつけるほどのキレがない。
しかも、いつかどこかにいた外国人投手のようにランナーが出てしまうと、落ち着きなく別人となる。
今日の初回は筒香への四球からだったけど、意外とここまで登板した試合では四球は少ないのだけど、それを出してしまってからが問題だった。
わずかな修正が何年も出来てない。
一人のランナー、しかも足がなく2死とくればバッタオンリーで全力で取りにいかなければならない。
けれど、吉川の視線は下を向いていた。
ストレートであれ、変化球であれ、制球力を重視したのではなく、どこへ行くのかわからない、そんな感じだった。
球威自体が失われていたからその後の連打は当たり前。

先日の初回5失点もそうだったけど、ヨーイドンで3失点されれば士気は下がる。
もっときつく言えば、吉川には投球テンポがまるでなってないから、次へのリズムが生まれない。

これをコーチがどう見るのか。
投手コーチとバッテリーコーチは吉川にどういう指示を出し、今日のピッチングを同会医者くするのか。
バッテリーコーチは無能だから最初から期待などしてないけど、投手コーチはファーム状況と合わせて早期に見直すべき時が来てるのかもしれない。



スポンサーサイト
2018. 04. 17  
DeNA2対巨人3

勝ち投手:山口 俊2勝

山口の投球を見始めてから、DeNAは1本のヒットも打てなかった。
打たれる気がしない、球に触れることもできなさそうな山口のピッチングは、球速では現れない球威たっぷりのストレートが基本だった。
フォークの落ち具合も精度も凄かったんだけど、ストレート1本で行ったって打たれるような気配もなかった。
球数が100球超えても、、、というか最後まで落ちるどころか威力を増していた球威は、山口が他にはない強靭なスタミナがあった証拠。
チーム初完投、14奪三振というおまけは、当然のようなピッチングだった。
こういう姿を見たくて、チームが負けていても見続けてきたんだよな。

亀井の2ランは相手投手の執刀を逃さず、よく打ったものだけれど、今日は山口のピッチングに尽きる。
こういうプレーの後に続いて行ってほしいものだ。





2018. 04. 15  
広島5対巨人4

負け投手:上原浩治2敗

DeNA戦での上原の様子を見ていたら、下半身が使えたフォームでないことは明らかだった。
春季キャンプスタイルは、大リーグ方式がいいとは思えず、走り込み、投げ込み、打ち込みはどうしても必要。
走ることで土台をshっかりさせ、その上で投げるフォームを作り始め、投げ込むことで肩の力をつけていく。
1球でも投げると肩は消耗品だから、、、というのは大きな間違いで、投げ込まないと肩の力・スタミナもつかないし、制球力もつかない。
上原はそうしたことすべてが足りてないから、フォームか浮き気味となり、極端な話手先のフォームとなって球に力が伝わってこない。
契約上の問題があって、ほとんどキャンプを送っておらず、急ごしらえでシーズンに入ってしまった。
今日も持ち前のテンポの良さだけで投げていったけれど、こうした小手先の誤魔化しは、球がしっかり投げられず、したがって低めどころか高めにしかいないところに現れていた。
じっくり体を作り直す必要があるのは明白。
走り込み、投げ込みをさせるため、どうするのか考えて、起用はそれから。

先発野上はまずまず。
打線と同様、この野上ももうひと押しが必要な投手で、これといった武器を明確化しないといけない。
今季の巨人打線が今後どうなるのかによって、野上の成績に反映するし、打線の援護なくして野上に勝ち星はない。

その打線も荒れてる大瀬良を全く捉えられなかった。
最終回のチャンスも結局打線が活発化しなかった。
坂本にタイムリーが出て、次の吉川に代打長野はあり得ない。
結果四球だったけど、ここで犠飛でも出ていたら、あれだけゲレーロが力むこともなかったかもしれない。

上原もそうだけど、長野も衰えが著しい。
名前だけではもはや通用しない。
奮輝というテーマは若手だけのものではないけれど、これだけ鍛錬不足のベテランがこの状態ではファームで生きのいい選手を起用してシーズン展開上の工夫を凝らしてほしい。





2018. 04. 14  
巨人2対広島3

負け投手:田口 麗斗1敗

丸への投球、外角に変化球ばかり3球続けて内閣へのストレート。
これを読まれて被弾してしまったことにここまでの田口の状態が透けて見える。
配球的には間違いではなかった。
昨年の出来だったら、あの内角ストレートは打ちに出てもファールになったはずで、それだけ球にキレと勢いがないということ。
しかも若干中には入ってベルト付近の高さだった。
今の状態ならもっと低めに、或いは内角に外れる球を投げないと打たれる可能性は高かった。
これまでの登板より失点は防げたけれど、配球と小林のリードでなんとかということであり、いわゆる好投ではない。
意外と身長の逆さからくるところ以外は、田口とジョンソンの投球スタイルは似ている。
内外角の揺さぶり、外と中の出し入れ、それを使っての打たせて取るピッチングだけど、田口の場合は右打者の懐ぎりぎりに投げ込むストレートとスライダ^が生命線であり、大きな武器であるところ、球にキレと勢いが戻り切れてないから余計に決まらない。
失点は防いだものの見方の好守備に助けられるというピンチの連続だった。
ただ、少しずつだけど状態は戻りつつあると思う。

攻撃についてはジョンソンの揺さぶりの前にひと押しできなかったものの、ようやくゲレーロに1発が出たのはいい材料だろう。
今のスタイルではあのタイミングであのコースでなければ打てないという感じだったけれど、変な力みが抜けたのか、最後の打者となったけど最終打席もいい内容だった。

逆に長野はひどい。
まるでバッティングになっておらず、ファームにいる若手外野手と入れ替えた方がチームのためだし、長野のためでもあるだろう、





2018. 04. 13  
巨人10対広島2

勝ち投手:菅野智之1勝2敗

内容はともかく、とにかく結果が欲しかったのはチームとしてだけではなく、先発した菅野も同じだっただろう思う。

ゲレーロに長打が欲しいと見続ける中、その1本が出て2打点あがられたのは、打点が稼げなかったこれまでの力みを取ってくれるかもしれない。
本人は1発欲しいのだろうけど、今のフォームと姿勢では今日の結果が精一杯だろう。
けど、連敗を抜け出し白星となったことが心情的に影響するかもしれない。

坂本が最たるものだなあ。
とにかく出塁してくれて、何とか次へと展開を作り出してくれてる。
昨日から始まったこの打線は、そこが大きなポイントだった。
すべてはそれに応えようとする打撃が、初回に出たということ。
岡本の1発は、若干差し込まれ気味ながら若い力でそれを押し返したように見えた。
もう1本が出なかったチーム状況でこの1発の効果は大きく、その後に出た中井の見事な打撃による1発はさらに効果を上げた。

心配なのは打ちに出たところに内角シュートが食い込み、岡本の指に当たってしまったこと。
次のイニングから後退したのは当然のことだけど、TVで球が当たるシーンを見ていて指の丈夫なところに当たったように見えたので大丈夫だと思いたいけど、先日の陽のような不運もあるし、明日になってみなければ、、、

それとやっと勝ち星がやっと付いた菅野。
本来の投球ではなく、打線爆発の後ろ盾があってなんとか投げ続けたのは、カーブという緩い球で修正を図りながら変化球で幻惑していたことによるもの。
左肩の開きは投げ出す時に突き出すような左腕の持って行き方にズレがあるためで、それはフォームバランスが崩れている為であり、そうか簡単に修正出来ないだろう。
一つ勝つということはどんなに大変なことかということは他人に言われなくても分かっているだろうけど、再認識せざるを得ない状況であることは確か。
この白星で改めてスタートがキレれば、、、期待してる。

ようやく連敗が止まった。
けど、相手も連敗中とはいえ、爆発力のあるチーム。
投手陣も打撃陣もしっかり足元を見据えて自分らしくプレーして欲しい。





2018. 04. 12  
巨人3対DeNA6

負け投手:大竹寛1勝1敗

いきなりカウンターパンチを5発を喰らってしまっては勝ち目がない。
先日の中日戦も良いとは言えない投球で、今日がこの有様。
昨年ほとんど仕事が出来なかったベテラン、一体何をどう思っていたのか。

打線も打順を変更してきた。
役目を弁えて打撃に取り組んでいた選手と空回りしてる打者に分かれてしまった。
マギーにやっと1発が出たと思ったけど、初回の攻撃にしたって安打はこの1本。
その後、安打を放ってチャンスを作ってももう1本が出ない。
選手の打撃の状態を把握しきれていない感じがする。
要するに、そうしたことが背景にあってかみ合わせが良くないということだけど、全体的に当たってないと言うことでもないことからしばらくはこんな状態なんだろうな。
投手が我慢していかないと。
投げる球投げる球が高めに、しかも中に入ってしまえば今日の初回のようになってしまうわけで、これはもうキャッチャーとしては配球とかリードの仕様もないだろう。
田原も、失点してしまったけど宮國もいい投球だったと思うけど、これがリードしてる場面でできるかどうか。

トップ坂本に異存はない。
陽負傷の後、存在感のある1番バッターは大きな課題だったから。
それ以外は4番マギー以外はもっと別の打順を予想していた。
バットの状態が良いと感じられる中井と亀井の起用の仕方に、もっと気を配らることができないだろうか。
岡本のクリーンアップ起用は、チーム状況を思うと、、、だけど、まだ荷が重い。





2018. 04. 11  
巨人3対DeNA6

負け投手;澤村拓一1勝1敗

昨日と同じような展開と内容で5連敗。

まだ選手たちも首脳陣のタクトも全くしっくりきていない。
でもそれはどのチームでも同じで、そういう状況で如何に連敗を少なくするかということが一つのテーマだったと思う。
まだシーズンは始まったばかりとは言え、これ以上負けてしまえば昨年の大型連敗が響いてしまったように、今季も、、、となりかねない。
明日は内容はどうであれ、勝たないと。

先発投手が連日いいピッチングを見せるようにになったかと思うと、リリーフ陣が、、、
相手打者を警戒するのは当然のことだけど、一人でも出塁を許してしまうと、ピッチングが窮屈になる。
一つの球種に囚われてしまうか、コースに囚われてしまうか。
球種もバリエーションを保って緩急をつけることが肝要なのに、自ら少なくしてしまい、しかもコントロールできなくなってしまう。
何をそんなにこだわるのか。
今日の展開も、2死までとっているのだからランナーは快足の持ち主だからと言って揺さぶられ過ぎで、不要なクイックを駆使していた。
何とかしようという苦心の現れなんだろうけど、もっと客観的に広く局面を見ないといけない。
特に澤村も昨日の上原も、大事な場面でのリリーフなんだし、経験も豊富なんだから。
シーズン開始早々でいきなりこういう局面だから難しいだろうけど。

攻撃的にはもうひと押しが足りない。
最終回も6回の逆転も。
特に6回の攻撃の勝ち越しは、押し出し四球であって打ったわけではないのだから、余計にもうひと押しなければいけなかったし、あの場面、代打が阿部で良かったのかどうか疑問符が付く。

クリーンアップに誰一人ホームランは出ていないことは気にする必要はないけれど、打撃そのものも決め付き過ぎで打てる球が全く打てる雰囲気すらないことの方が気になる。

明日の先発は大竹だけあって、リリーフ投手も打線もより奮起しないと、勝てないだろうな。
意外な展開を待ってるのだけれど。
少なくとも決めつけた采配だけは避けて欲しい。







2018. 04. 10  
巨人1対DeNA4

負け投手:上原浩治1敗

1週間ぐらいだったけど、やっと本拠地に帰ってきた初戦。
注目してた先発山口は、1失点の後のピッチングは熱投を見せてくれた。
球数か嵩もうと、威力が落ちないどころか見た目以上の威力のあるストレートがいっていた。
まだ、山口本来のピッチング、特にストレートの威力を小林が分かっていなかったかもしれない。
勝ち投手にはなれなかったけど、霧の中でもがいているような姿に一筋の光が差し込んだのかもしれない。
次の登板が楽しみになった。
先発が今日のようなピッチングをしてくれると、先々の戦線の展開が開けそう。
リリーフではマシソンの姿にもいいものを感じた。
ビジターでの試合が続くと練習、特に走り込みが足りず、上原のような超ベテラン投手には気概だけでは勝負できない辛さがあるだろうと思う。
明らかに下半身が踏ん張り切れない状態だけのピッチングは、DeNAがしっかり対策を練って絞っていたこともあって失点を積み重ねることとなってしまった。
ベンチ、特にピッチングコーチは上原の使い方を再考する必要はあるだろうと思う。
絶対に必要な戦力だし、それだからこそ決め込んでの起用は考え直さなければいけないということだろう。

長野の1発は、巨人外野陣の布陣編成に一役買うかもしれない。
それ位内容のある打撃だった。
岡本にヒットは出たけれど、外角に外れる変化球を見極められないなど、良くない傾向も確かにある。
しかし、今日に試合はこれまでの敗戦とは違う見応えもあって、今後に繋がれば、、、という試合だった。





2018. 04. 08  
ヤクルト7対巨人4

負け投手:野上 亮磨1勝1敗

先発が野上の時、捕手は大城の起用となっている。
野上-大城の組み合わせ以外の時は小林がマスクを被っているけど、これはおそらく開幕前に決めたことなんだろうと思う。
けど、その根拠は、、、

投手の出来はその登板時の状況で心境も変わるだろうし、チーム状況と気象等環境と自分の状態でも変わってくるだろう。
ブルペンで球を受けてる時に感じるものもあるだろうし、それは捕手も同様。
菅野という相性の問題と山口のように移籍した後紆余曲折を経て間が出来てしまった時、そして単調になりがちな吉川の時に小林がマスクを被るのは分かるような気がする。
でも、野上のように移籍して間もない時に、ルーキー大城というのはどうなんだろう。
今日のように、隙を突かれたように走られ、走るのが分かっていてウェストしても盗塁を許してしまうところは、今日のバッテリーには大きな課題がありそう。
クイックが上手い、制球力がある、或いは経験豊富な投手の時に大城を起用し、環境に慣れていない、自分の姿がまだはっきりしてない時は小林の起用は考えられないだろうか。
小林のバットが振るってるいる上、結果が出ていることは想定外のことでもあり、大城はこれから先を考えると失敗しても起用して経験を積ませないと、、、という処もあるだろう。
あくまで主戦捕手は小林であり、その起用を軸に相性を考えて欲しいところだけど、バッテリーコーチが現役時代も捕手としては二流以下の村田だからなあ。
こんなところにも悪影響が出てる。
ここぞの場面で四球を出し、間隙を縫って走られる、或いはあり得ない投球で痛打を浴びる。
野上だけでなくこれは、リリーフの澤村も同様だった。
担当コーチの問題もあるけれど、投手陣、捕手陣双方がもっと自分の状態を把握して話し込んでいかないといけない。
そして状態を上げるべく鍛錬の仕方も考えなければいけないし、相手の状況も分析しておかないと。
様々な要素が絡み、頭と身体を使わなくちゃいけないし、特にバッテリーはチームの根幹だからよくよく考えないと。
大変そうだけど、それを仕事にしてるのがプロなんだから、やるべきことをやって実戦に打つさないと。

打撃の方は、今のところ可もなく不可もなく。
今の打順でいいのかどうかということは、まだ判断するには早計過ぎる。
ただ、陽の負傷によってセンターをしっかり守れる選手が皆無なのが痛い。
打順的にトップがどうのというのはやり繰りでどうに叶ると思うけど、守備的に捕手と正対するように全方面を見渡せて軸になるセンターの動きができる選手がいないというのは、チームのセンターラインが崩れてるということ。
今期は捕手は小林と大城だけど、ショート坂本とセカンド吉と決まってるので、センター不在は大きく影を落としている。
橋本は負傷の様だし、長野はライトしか守れない融通の利かない外野手。
レフトにゲレーロがいるため、センター・ライトの守備力を落とすわけにもいかない。
陽の負傷は全く予想しなかったけど、開幕前に外野手不足が予想していた。
今更、宇佐見や大城の外野手起用なんて、〇ホが思うようなことは出来ない。
新戦力獲得の時に外野手獲得に目を瞑り、現有戦力で外野手育成がうまくいってなかったことが影響している。
やり繰りを考えるなら打順変更も視野に入れないといけないし、首脳陣に残された課題はここにきて明確なものとなり多くなってしまっている。

明後日から状態が上向き加減なDeNAと本拠地での対決。
そこでどういう判断をしていくのか。
左のリリーバーが不在となってしまったことも考えると、衆目すべき試合となるかもしれない。





2018. 04. 07  
ヤクルト15対巨人8

負け投手:谷岡 竜平1敗

継投でしか勝てない。
6人で一回りしたローテーションの先発は、誰も合格点を与えられている投手がいない。
どの投手もフォームバランスが取れてないのか、腕がきちんと振れていない。
昨日の菅野もそうだったし、先日の山口も肘が下がり気味のフォームは腕をきちんと降る位置にない。
変化球で誤魔化し、制球で有耶無耶にしちゃってたけど、その最たる投手が田口。
元々が太りやすい体質で、去年のキャンプ時もそうだったけど、今期ももっと身体を絞ってキレを生まないと。
小手先の制球はそんなにうまくは行かず、腕が振れてないから球もいかない、キレない状態。
田口位の球速は、相手バッターにとっては打ちごろの球なので、キレとバリエーションで向かっていかないと。
初回いきなり3連続四球では、話にならない。

今期のヤクルトをなめてかかるとこ唸る典型みたいな試合だった。
なめてるわけじゃないんだろうけど、田口を見てるとそうも言いたくなる。
先日登板もKOだったけど、そこなら一体中何日与えてもらって、自分の状態をどう思っているのか。
先発の軸とか言われて、天狗になってないか。
そういわれても当然のような投球でピッチングになってない状態は、ヤクルト打線に当然のように餌食となり、勢いを与えてしまった結果、後続の投手にも影響を与えてしまった。

シーズンが落ち着かないのは、先発投手が誰一人としてピリッとしてないから。
打線は良くなってるけど、打てない時もあるのが打線。
小林がバットの状態が良くなってるのと引き換えのように、投手が小林の言うことを聴かない。
投手に気持ちよく投げさせるのではなく、強引に投げさせないと、活も入らないかもしれない。

キャンプからここまで投手たちは何をやっていたのだろう。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
568位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
92位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR