2017. 11. 18  
アジアプロ野球チャンピオンシップ2017は、今期最後の野球の試合として見てる。
1軍で活躍してる選手もいるし、潜在能力を買われて招集されている選手もいる。
今日先発で投げていたDeNA今永は、CSから日本シリーズで投げてしっかりした内容と好結果を出したことが、成長という階段を確実に上がっている。
まだ登らなければいけない階段はあるけれど、こうして選手の成長と可能性を感じられるのは球団を問わず、いいものだと思う。
こういうチームに招集されているのが巨人では田口だけで、他にいないことが淋しい。

明日でバットを振込み、ボールを投げ込んだ秋季キャンプが終わる。
中にはそこからウィンターリーグに派遣される選手もいるだろう。
だけど、指導者が携われるのは今月いっぱい。
秋季キャンプでやってきたことと同じレベルで今後春季キャンプまで保っていくのは、相当難しいはず。
一人になる、中には数人と組むものもいるだろうけど、指導者の眼が光っていない状況では自分との勝負になるね。
レギュラーを掴み、スタメンを確固たるものにするまでは休息なんか考えない方が良い。
身体のケアは必要だけど、それだけでも鍛錬にはなるはず。

自主トレ期間中は球団施設の使用もできる。
よく、暖かいとところへ行って、、、などという自主トレが行われてるけど、結局は日本に戻ってきて春季キャンプとなるわけで、そいうことが分かっているのだから国内で自主トレを工夫して行った方が良いに決まってる。
海外で、なんて年寄りかロートルがやればいい。

今永のように成長している姿を貼るには見たい。
若手なんて可能性があっても実績がないのだし、信用しようとしてるものを裏切ってきてる者もいる。
野球選手としてはともかく、オツムのなかは客観的に自分を見つめ直し、どう立て直して行ったらいいのかわかってない選手がほとんどなんだから、秋季キャンプで叩き込んだことをどう向上させていくのかだけを考えていて欲しい。





スポンサーサイト
2017. 11. 17  
ベストナインの選出は、ほぼ予想通りだった。
セントラルもパシフィックもね。
投票でのランキングを見ると、2位以下で票が入ってる選手で明らかにおかしいと思うところもあるから、スポーツ記者の目はあながち正しいというものではないことが分かる。
球場や施設、選手や指導者の傍に長いこと張り付いてて、こんな投票しかできないのかと思うと、報道の現場も思い込みとレベル低下がはっきりしてる。
それでも、ベストナインに選出されている選手は、納得できるものだった。

巨人からは投手で菅野だけ。
何とも淋しい限りだけど、チームが4位で終わってしまったし、若手が軸となった広島やDeNAから多く選出されたのも当然のこと。

秋季キャンプも後わずか。
緊急事態に対処できるようにと中井が捕手練習してるニュースがあったけど、こんなバカことをやってる余裕などどこにもなかったはず。
箍の緩みのようにも感じるこのニュースは、指導者の考えなんだろうけど、今この時期に7やることではないはず。
くすぶり続けてる若手の底上げと個のレベルアップがこの秋季キャンプの狙いだったはずで、こういう中途半端なことは何も生まない。
若手がどれだけ出てくるのかは霧の中のことだし、それでもチームとしては勝っていくことを主眼に置かなければならないのだから、補強も必要だと思う。
ただそれもピンポイントで的を得たものじゃないといけないし、若手がポジションを取るのは与えられてのものではないから、難しい処でもあるね。

投手にしても野手にしても、若手が出てくることを思ってると楽しみになるけれど、選手はもちろんのこと、指導者たちの考えと指導如何のところも大きいから、こういう処置模様を知ってしまうと、来年のベストナインへの期待度は思い切り薄れてしまう。
この秋季キャンプの鍛錬は12月から1月までの期間の問題もあるけれど、来年度の春季キャンプに引き継がれるはずだし、その春季キャンプ後半からオープン戦で成果が表れてくるだろう。
だから考え違いとか思い込みで鍛錬させてほしくないし、してほしくない。





2017. 11. 11  
先日、ゴールデングラブ賞が発表されていた。
巨人からは投手・菅野、捕手・小林、遊撃手・坂本が選出されていた。
守備はいきなりうまくなるものではないし、日々の心構えと準備がモノを言うし、球団を問わず自分より上手い選手から助言を得ることも必要。
ある程度、センスも問われるし、これは努力の賜物だからとにかく喜ばしいことだなと思ってた。

プロである以上、ある程度の守備力は持ってるだろうから、変なコンバートでもない限り、日々上手くなることをどの選手も心掛けて欲しい。

今、秋季キャンプの真っ最中。
韓国のチームとの実戦も取り入れ、効果を確かめながら日程は進んでいくんだろう。
どの選手も必死にならざるを得ない状況だし、指導者たちもなんとかものになってほしいという想いはその必死の現れになるんだろうな。
選ばれた選手は投手も野手ももちろんいるし、何をとっても課題だらけのチームで一人でも多く出てきてほしいと思う。
二兎を追うもの一兎も得ずと言うし、とにかく守備よりも打撃力の向上を目指してほしい。
1日1500スイング以上と聞くとすごい気もするけど、高橋監督は現役時代1日1000スイングを日課としていたそうで、あの天才肌だった高橋も努力は怠らなかったことの現れ。
そこを思うと1500スイングなんてスゴイなんて言う気も起きなかった。
イタズラにバットを振ればいいというものではなく、そこには様々な工夫がされているはずだし、そういう中で自分の特徴をしっかり意識して数多くバットを振らなければいけない。
フルスイングできるだけの体力と体幹を身に着けるトレーニングが肝要となるし、フォーム的にも納得できるものを会得しなければならない。

野手にはとにかくいつもフルスイングすることを期待していきたい。
選手によってタイプは異なるし、バントに活路を見出すような選手も必要だけど、まずはフルスイング。
恐れず慌てずそういうことができる選手が多くなってほしい。





2017. 10. 30  
今日、澤村賞の選考があり、菅野が選ばれた。

確かに西武の菊池の名が出たと言うことだけど、7選考項目のうち、菅野も菊池も5項目クリアの状況だったから、菊池の名が出て最後まで両者受賞に拘った選考委員がいたと言うことも分かろうというもの。
どの数字をとっても、その差は奪三振の数で結構な差とはなったけど、他はわずかに菅野が上回っていた。
澤村賞は澤村栄治という名を思うと、こだわりがあるし、時代を超越したスーパーピッチャーだったことを思うと、両者甲乙つけがたいけど、どちらか一方の受賞となれば菅野ということになると思う。
惨敗したチームの中では、珍しい喜ばしいニュースだし、これも頑張った菊池には悪いけど、喜びたい。
ここ数年を思うと、力強さを求めた時と勝ちをもたらす好投に拘った時が入れ替わるように訪れていることからも、今期の数字が素晴らしいものではあるけれど、この数字に満足してしまう投手ではないと思うし、更なる進化を望みたい。

その反面、今日実松の戦力外通告が発表されていた。
主戦捕手・阿部の控えであることがほとんどではあったけど、時として光るものを見せてくれたこともあった。
ただ、やっぱり控えであることが分かるような捕手だったし、試合に出るための準備に余念がいない捕手でもあったけど、主戦捕手たり得るには足りないものとムラが多くあった捕手でもあった。
昨年、加藤が退団し、今年は相川が引退、若手だったけど鬼屋敷が戦力外となった時点で、実松も厳しいなと思っていた。
ドラフトで育成を除き、捕手2人を指名したのはこういうことと無縁ではなかっただろうけど、昨年加藤がいなくなった時点で補充無しの状態であったところに相川と鬼屋敷が不在ということもあり、決してドラフトで捕手2人を指名したことは悪いことではない。
偏向ドラフトと言われるけど、失敗ドラフトだった一昨年を思うと、昨年は投手補強、今年は野手補強と思えばそれほど偏向とばかりは言えない。
新人選手が即戦力となることはそう期待できないし、戦力となるまで時間がかかることからこういうドラフトの在り方もアリなんだろうと思う。

堂上の2度目の戦力外から引退ということもあった。
野手で入ってきた選手は内野ばかりではなく、外野も視野に収めてとにかく試合に出るんだという気概を持たないといけない。
要するに一つのポジションに拘っている場合じゃないということ。

こうした戦力外や引退は淋しいことだけど、これも時の移り変わりのもたらした現象で、次の舞台がどうなるかを期待したい。





2017. 10. 26  
とりあえず、今年のドラフト指名が終わった。
8名の指名に加え、育成で最多の8名の指名。

ドラ1は結果的に投手の使命となった他は、2名の捕手、4名の内野手、1名の外野手となった。
このドラフトが評さされるのは時間がかかるだろう。

欲を言えば、育成に時間がかかってもスラッガータイプの外野手と即戦力の投手がもう一人欲しかった気がする。
他の球団の指名状況を見ても、ドラフト上位だけではなく、全体的にうまくいった指名状況となった球団は見当たらなかった。
それだけ、ドラフト候補を絞っていくには難しさがあったということだろう。

巨人は全ポジションがウィークポイントになるし、ここを全てドラフトで埋めるわけにはいかない。
現場として、現場の責任者としてそうしたことを踏まえてのドラフト戦略は、傍目で見ていた状況とはまた異なっていたと思う。

確かに清宮君の使命は、次の時代のスラッガーでありポジション的に阿部の次の期待の星と思えるけど、安田君も次世代のサードレギュラー候補には違いはなかった。
個人的には体幹がしっかりして頭脳の良さもある安田君の方が、戦力になりそうというイメージはあった。
クジばかりは仕方のないことだけど、クジ運の良し悪しは球団に吹く風の良し悪しにもつながるわけで、今後の苦戦も予想される。

捕手2人の指名となったけど、今の捕手陣は小林が中心だけど新進気鋭の宇佐見には守りについての 不安要素もあるからそこに競争を持ち込むのは分かる気もする。
だけど、打撃がいいならば、他の捕手事情もあるけど、誰かが他のポジションにコンバートされることもあるだろう。

センターラインを固めるのは、やっぱり外野手指名が足りない。
陽も全試合は無理だろうし、長野もアテには出来ない状況を思うと、その候補としての外野手が足りてないと思ってた。
そして特にリリーフ投手。
現有選手のレベルアップをこれから始まる秋季キャンプで見極めることにはなるが、ここにももう一人候補が欲しかった気がする。

よくよく今後の状況を見ていきたいとは思うけれど、すべて様々なポジション出身の選手は一つでは済まないだろうと思う。





2017. 10. 16  
村田自由契約の報道が、くどい位報道され、その内容はどうでもいいことばかり。
そうなってしまったことは取り返しがつかないことなので、今後のことについてどうなるのかに興味が出てくる。

控えとかファームで眠ってる野手は、元をただせばショート、サードを守っていた選手が結構いたりする。
今期チャンスを与えられ、モノに出来なかった中井もそうだし、辻や山本、吉川大・尚、和田もそうだったりする。
よく岡本と言われるけど、アマ時代はそのほとんどがファーストだった。
高校初期まではサードを守ったことがあるということだけで、サード起用という方面に向かっていた。
どの球団もそうだけど、ホットコーナーと言われるだけに身体能力が高かったり、強靭な肉体を持ってる花がある選手の起用が求められ、当時は村田を脅かす存在がいなかっただけに岡本に目がいってた。
一旦は、村田に敗れた岡本。
そうであるならばとレフト起用が施されたわけだけど、打つこと以前にレフトの守備はアマチュア以下だった。
打つ方でも結果が出ない中、ファームに落とされたことは当然だった。

ドラフト指名の関係もあるだろうけど、ドラフトでうまくサードが守れる選手が獲得できてもあくまで新人ということになるから、期待しない方がよく、現有戦力の中からの起用とレベルアップを施した方が良いのは当然のこと。

岡本はとにかく打撃で殻を破って飛躍していかなければならない。
そこは当然のことだけど、そのために内田2軍監督は、打撃に好影響を及ぼすようなサード起用を公言していた。
強い打撃を生むにはフォロースルーを大きく撮ることが必須な状況に置いて、最終試合での岡本の打撃はその傾向が出始めていた。
内田2軍監督の狙いは正しいはずだし、そこを起点としてもっと打撃自体をスケールの大きいものにしないといけない。
ただ、高橋監督は岡本についてとにかく打撃で、ポジションはそれから考えると言ったことは失態かもしれない。
個人的に岡本はポジション的にはファーストの方が良いような気がしてる。
あくまでもそれは打撃の伸び具合だろうけど、そこは内田2軍監督に任せた方がいいわけで、高橋監督には無言でいて欲しかったしそうすべきだろう。
岡本以外にサードを守ることができる選手については、先に書いたように芽が出てないものの、候補はいくらでもいるわけで、ここに寺内というベテランも含まれてくる。
岡本の打撃開花は、今の秋季練習からキャンプ、その後の自主トレが大きくカギを握り、来春には分かるかもしれない。

大きなチャンスは目の前に転がっているわけで、以下岡本をはじめ、若手選手は血眼になって野球をしてほしいと思う。





2017. 10. 13  
今日のニュースは、村田違いじゃないのかと思ってしまった。
残留が発表されていた村田ヘッド。
13連敗の後の戦いの結果論だけが評価されていたことが、全く持って不思議だった。
不成績に終わった組織は、誰かが責任を取らないと次が始まらない。
まさか、その責任という訳ではないんだろうが、選手村田が自由契約とは夢にも思わなかった。

よく、男・村田と言われることがあるけれど、これって何故なんだろうという気分は大きかった。

6年間見てきて、全試合出場が2年、1試合だけ欠場という年もあったし、状態が上がらない村田を強制送還ということもあった。
当時の原監督がどういう目で村田を見てたのか。
自分の後を継ぐようなホットコーナーを本拠とする強い男とでも見てたのだろか、でも移籍してから今日までこの選手を軸とは見ることが出来なかった。
次のサードを本拠とする選手が出てくるまで、と思ってたけど、今現在まで全く出てきていない。
村田の悪い癖は、上半身だけで手首を捏ねるようなバッティング。
これがゲッツーが多くなってた原因だけど、捏ねずに来た球を強く叩く、しかも右方向へと言う打撃には確かに力強さもあった。
巨人の軸となるには、引っ張って飛んでのない打球を飛ばす選手が昔から基本的にあって、その枠に阿部は入ったものの、村田は入れなかった。
だから、イメージとして原前監督がいってた枢軸という選手の中に村田はいなかった。

往年の長嶋、王のイメージが巨人の軸としてのイメージが強くて、いつも物足りなさがつきまとっていた。
守備力は確かに高い。
長嶋も王も守備は超一流だったし、軸と呼ばれる選手は守備力も伴うもの。
ただ、移籍してきた村田を数年見てても、軸と呼ぶには遠かった。

あと何本で2000本安打とかホームラン記録というものはあるだろう。
功労者には違いないから、どう若い選手と入れ替わっていくのかと思ってた。
競争無くして力なし。
だから、村田がそれでも一線で出てるうちに岡本等には出てきてほしかった。
ポジションは与えられるものではなく、奪うものだから、村田が去ってしまえば競争できる相手、目指す選手が不在となることもあり得る。
マギーがいる、、、そう思ってはいけないと言うこと。

打撃はともかく、その守備力を思うとどこかの球団が触手を伸ばすだろうけど、行き詰まり感のあった村田が蘇生できるよう願ってもいる。





2017. 10. 10  
今日、1軍の指導者の陣容が発表されていた。

監督         高橋 由伸
ヘッド兼バッテリー   村田 真一
打撃総合       吉村 禎章
投手総合       斎藤 雅樹
投手         豊田  清
投手兼トレーニング  木村 龍治
打撃         二岡 智宏
打撃         小関 竜也
内野守備走塁     井端 弘和
外野守備走塁     大西 崇之
トレーニング     伊藤  博

この中で賛成できるのは大西コーチだけ。
監督に関しては、早々に続投が発表されていたし、この監督の野球像は未だ藪の中だけど、その方向性はうっすら見えてきていたから勝負は3年目をどう迎えるのかが問題と思っていた。
細かいところを言えば、投手:尾花、打撃・江藤の名が消えたことは来期に向けて光明が差し込みそうな感じがするけれど、それも今期途中から就任した斎藤、そして久々の再任となった吉村両コーチがどんな手腕を発揮するかによる。
サポートの役目なのか、おそらくブルペン担当となる豊田、ベンチ裏担当みたいな二岡両コーチが臆するところなく現況をしっかり把握して斎藤・吉村両コーチや監督と議論ができるかも大きな支えとなるはず。

現場のベンチが問題であるのは、現況をどういう具合で把握し、どんな野球を目指すのか。

しかも今期Bクラスで終わってしまったことの責任は、現場レベルでも取らなければならない。

目指す野球を決めていくのは監督であり、ヘッドコーチとなる。
しかも、Bクラスで終わってしまったことの責任を取るのは、監督続投となる以上、ヘッドコーチであるのは当然のことと思っていた。
どれだけ監督がヘッドをアテにしてるのかは分からないけど、そういう部分が大きいんろうな、村田ヘッドのまさかの残留は。

もうヘッドは、他のコーチや選手たちと監督のパイプ役ではない。
戦略面で大きな役割を果たすもので、監督自身の野球への姿勢の裏打ちとなる。
しかも、バッテリー兼任とは恐れ入る。
現役時代から捕手としては全く感心しなかった村田がバッテリー兼任とは、せっかくリード面で成長を見せている小林の足枷になる可能性の方が大きい。
ヘッドだけでもやることなすこと全く足を引っ張りまくった村田が、バッテリー兼任とは頭の片隅にもなかった。
バッテリーコーチに関しては、巨人だけの人材がいないわけではなく球界全体の傾向としてあることだけど、生え抜きとか訳の分からないことに拘ってほしくなかった。

巷では小久保だの、仁志だのと名前が出ていた。
でも決め切れなかったのは、球界全体に人脈と信用度がなかったんだろうな。

野球以外の問題が多すぎ、未解決的な状況だったからな。






2017. 10. 09  
先日、Bクラスで終戦したと同時に、もう来期は始まってる。
鹿取GMは今シーズンの推移を見ながら描いていたところがあるのは当然のことで、鹿取GMだけということなくチームとして来季をどうとらえてどういうビジョンを描こうとしてるのか、それにはまず戦力外として育成も含めて選手を切ることから始まる。
1年契約のスポーツ選手ということだから毎年が勝負であり、でもすぐということなく何年か見てきて来季の構想から外れることが戦力外。

江柄子、乾、鬼屋敷、北、藤村、、、悪いけど予想通りだった。
江柄子、、先発でもリリーフでも結果が残せず、2軍で大勝ちしても上ではまったく、、、
自分の特徴はどこで何をアピールしなければいけなかったのか、最後まで分かっていなかったように見えていた。
乾、、、巷で言われるように制球力
鬼屋敷、、、一時はリードは評価されつつあった。
身体能力が高い割に、打力が乏しく向上できてなかった。
北、、、この選手も打力アピールがなかった。
藤村、、、ポカが多いことが全ての特徴を奪い去った印象が残った。ポジションがあちこちにたらいまわしとなった印象は自己主張がなかったということかもしれない。

この選手以外に相川、片岡、松本が引退。
相川は最終戦が引退試合となった幸運があったものの、片岡は身体の問題がどうしよも¥ウもない段階まで来てしまっていた。
松本は、起用されていなかったこと自体が意外な感じがあったけど、身体の小さい選手の懸命なプレーは加齢とともに衰えていくのが速いから、ここは本人の決断に敬意を表したい。

選手のみならず、コーチの配置転換もあった。
尾花投手コーチと村田バッテリーコーチが裏方に。
尾花はてっきりヤクルトに行くと思っていたのでこの配置転換は意外。
でも、現場指導者としては限界だったから、現場で姿が見ることがないと思うとここは一安心。
村田は何故コーチ就任だったか今でも不思議だった。
元居た鞘に納まる配置転換だから、この配置転換はスコアラー陣強化のためにもいいことだと思うけど、問題は後任。

戦力外通告にしてもコーチ陣刷新の動きにしても、まだ物足りない。
今月いっぱいはコーチ陣は現有のままで行くと言うことが発表されていたけど、ここを早期に決めていかないと後に影響が出そう。
もう見るのも限界というものがいるのは確か。
今後にまだ注目と言うことだろうけど、時間はありそうでないもの。
少なくとも指導者の陣容は、気になる者が多いだけに早めに構築して欲しい。





2017. 10. 03  
ヤクルト6対巨人10

勝ち投手:戸根 千明1勝

先日の片岡に続くように今日相川の引退が発表されていた。
若手の起用と相川の花道を飾るような今日の試合。
最後に代打で出て来て、内野安打ながらヒットが出たシーンは、相川のバッドのヘッドの力強さが出ていた打撃だった。
横浜から始まった相川の球史。
捕手のリードとしてはどうかなと思う反面、若い頃は肩が強く、彼のバットに期待するところは多かったように思う。
ヤクルト、巨人の両軍選手に胴上げされて、最高の最後で本当によかった。
引退試合など飾れない選手がほとんどの中、彼のベンチ内での存在感がこういうことになった気がしていた。

今日の試合にはスタメンで吉川、宇佐見、岡本、重信が名を連ね、先発投手は中川。
桜井、高木、戸根、篠原と投手をつなぎ、9回には途中出場の山本が満塁ホームランを打ったりしてた。
チーム状況は4位が決まってしまった後の試合だけに、凌ぎを削ってた時期から見るとその緊張感は別の次元だった。
その緊張感の中、結果が出た吉川や中川、宇佐見のような選手もいたけど、それでも何か違う。

時に見せる「いいスタイルもあったけど、まだ備えから構え、一つのプレーが軽い。
血眼になって研ぎ澄まされようとする気も感じられなかった。
もっと、必死さとそれに見合う気構えが欲しい。
目つきなんだよな、物足りなさを感じるのは。
吉川が以前見た時とは別の眼つきになりかけていたけど、それでもギラつく様なものと持続性はまだまだ。

彼らにもっとやってもらわなければ、このチームの来期はない。
もうどうしようもない選手もいた。
それでも、もっと上のレベルに行けるようにやってもらわないと。

今日起用された選手以外にも見たかった選手はいたし、長野とか陽は今日出なくてもよかった。
それ位、実戦の中での緊張感を体感して欲しい選手はいると言うことだったけどな。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2455位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
328位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR