2017. 03. 31  
巨人6対中日2
勝ち投手:マイルズ・マイコラス1勝
ホームラン:阿部1号2ラン、坂本1号2ラン

待ちに待った開幕。
オープン戦では個の力と状態の見極めに徹し、ベンチは野球をしてなかったので、オープン戦の結果など気にはしてなかった。
1軍登録メンバーを見た時、十分予想がついたスタメンは今季の開幕試合ということもあって4番に座る阿部のバットがどうなるかで、この試合だけではなく、今後の影響が出ると思ってた。
3打席目、4打席目の三振はあれ?と感じたものの、1打席目のヘッドを効かせて変化球を拾った打球はスタンドまで行ってくれた。
2打席目はしっかり上から来た球を叩けたタイムリーで、計3打点。
4番がこれだけ序盤で存在感を出すと、マギーがいいバットの軌道でタイムリーを打つなどいい影響が出てくる。

守備的にはバタついた感じが出たけれど、緊張感の伴うマウンドでこれだけ先発マイコラスが好投してくれると、4点目で価値が近くなったはず。
坂本のホームランは、しっかり軸足に重心が残って力感あふれて球を叩けた右方向へのアタリだった。
こういう打撃を見せられると、今季は打率だけでなく長打も数字を残せそうな感じがする。
クリーンアップで全打点。
これで勝てない試合などないね。

マイコラスはいわゆる普通の出来だったと思うし、そこは自分も弁えていたように見えた。
中井の信じられないエラーもあったし、内野手で安心できるのはショート坂本だけという状況で我慢しかないという感じだった。
ちょっと見ていて気の毒だとおもったし、小林のリードも苦心してる感じが強く、それは内野の守備力の問題だった。
そうであれば内野手起用の選手は打って稼がなければということで、クリーンアップを初め、中井にも2本のヒットが出ていたことは攻撃的には良かったと思う。
岡本は守備内容と1本のヒットでプラマイゼロ。
ただ、初の開幕スタメンでヒットが出たことは良しとしないと。

リリーフはカミネロに魅力を感じた。
シュート気味の球は敢えて投げているのかシュート回転してしまうのかが分からないけど、それ以外のフォーシーム的なストレートとスライダーは思ったよりもいい球だった。
暑い時期になれば、もっと状態が上がってくるだろう。

気になったのはマシソン
結果的に抑えたものの、肘の位置が下がって腕が押し出すか、横振りになって球速が出ていなかった。
今日の試合を見る限り、そこが最も不安に感じたところ。
このマシソンの状態を投手担当コーチはどう見るのかは今後に影響が出るかもしれない。





スポンサーサイト
2017. 03. 30  
明日のスタメンはどうなるかな、なんて思うのも今夜までかな。

期待してる選手もいれば、やってくれないと困る選手もいる。
はっきりしてるのは先発投手がマイコラスということだけで、その他は予想の果てにすぎない。
勝手に3番坂本、4番阿部と決めてかかってるけど、でも多分そうなるだろうな。

期待する若手や中堅選手で、ここまでの状態を思うと中井のバットに期待してるんだけどな。
岡本はオープン戦でとにかく振れてないなと思ってたら、代打での起用で見事にバックスリーンへホームランを打ったと思ったら翌日は猛打賞。
いい面と悪い面が出てるけど、ツボにはまれば力が出るようにハマりかけてる感じもするけれど、相手もプロの投手だから早々はうまくいかないだろう。

経験に乏しく、考えてバットを振るタイプではないと思うし、頭を使うことは相手が上なのは分ってるから、積極的に思い切った打撃をしないと結果は出ない。
だから、タイプではないと思いつつ、博打のようだけど岡本は1番で起用したら面白いかもしれないな。
要らぬことは考えず、考えさせないよう初球から打てって出るよう指示を出しておいた方が良いかもしれないな。
トップ岡本が積極に打ちに出て結果が出れば、打てない打線に火が付く可能性が高まるし、今後の岡本への期待も高まる。

今時の若者は下位で起用され、死にもの狂いで結果を出して信頼を勝ち取っていくことができないことの方が多い。
それなら、その素質を買うなら無理やりにでも開花させるように仕向けないといけないかもしれないな。そして振れている中井が6,7番で快打を飛ばして切れ目のない打線を見せつけていく。

小林は8番起用だろうけど、捕手としての成長が本物ならバットでも結果が出るはずで、巷では2割5分位は・・・という声が聞こえるけど、それ以上に結果が出るかもしれない。
小林の打撃もハマりつつあるということ。

これ位妄想を許されるのも今夜までなんだろうな。





2017. 03. 29  
今日1軍登録メンバーが発表されてた。
こっちの予想を超えない登録内容だったし、スタートダッシュをもくろむならガードを固めて投手が失点しないようにしなければいけない野球の展開が望まれる。

開幕独特の雰囲気はプロ野球選手の正式なお正月のようなものだし、意気込んでもその雰囲気にのまれてしまうかもしれない。
まずは先発マイコラスがどんなピッチングを繰り広げてくれるのか。
我慢の投球を強いられるだろうし、捕手・小林は伸びたと思われる配球と気配りでうまくマイコラスをリードして欲しい。
マイコラスの投球ももちろんだけど、守備的にガードを固めないとと思うと、マギーがどう使われるのか。
フロントの強い思い入れで獲得したマギーを使わなければいけないようなジレンマも感じてるのだけど、オープン戦終了から開幕までの短期間で打棒が急激によくなるとも思えない。
守備の衰えは見てるだけでも分かるのだから、サードには村田を起用して欲しいと思ってる。

多分、思った通りの登録内容だったから、去年のような1番長野はないだろうと思う。
これを続けていては一新も何もあったものじゃないし、昨年のような意に詰まった感じの野球は展開して欲しくない。

予想外だったのは新人谷岡池田の起用ではなく、2年目の中川の起用だった。
そして捕手・河野の登録。

少なくてもきちんとチャンスを与えて、起爆剤とまではいかなくても刺激を与えてほしい。





2017. 03. 27  
昨日でオープン戦も終わり、今週末の開幕を待つだけとなった。
ここまで若手やうだつの上がらない中堅を起用してきたようだけど、そもそも野球ができないようなプレーぶりと調整ぶりであったので、首脳陣はほとんど野球をしてない。
オープン戦最下位もわかろうというものだから、それについては何を言っても仕方がない。
個々の選手的にどうだという選手も確かにいたので、後は開幕までのこの時期にどんな調整をさせ、どういう野球をしていこうと目論むのか、そこが問題だけどこれも開幕してみないと分からない。

今年はWBCがあって準決勝まで行き、その中に常にスタメンであった坂本と小林、準決勝で先発した菅野がいたので、この3人をどう思うかで開幕最初のカードは決まるだろうと思ってた。
WBCという戦場に立った身でないと分からない緊張感は時差ボケもあって、なかなか戻らないだろう。
だから、開幕は菅野で・・・ということはないだろうと思ってた。
エースが開幕のマウンドに立つのは当然のことで、そこからそのシーズンの展開を考えていくのが常識だけど、今年はWBC開催といういつもの年とは異なる状況にあって、無理強いすると一シーズン棒に振ってしまう可能性が高いから余計にそう思ってた。
ただ、菅野程信頼感がある先発がいるかどうかもカギとなるわけで、そういう意味では一時帰国してたマイコラスの様子が分からなかったので素直にマイコラスとは考えられなかった。
でも、他にはいそうもなく、数年前のWBC時の時の宮國のような存在も見られなかった。

だから今日になってマイコラスで開幕を・・・という発表にはホッとした。
菅野は2カード目の初戦ということで、こういう起用は当たり前のことだし、そうなると先発ローテーションの姿も透けて見えてくる。

問題はリリーフ陣。
特に右投手のような気がしてる。
抑えはカミネロでいくにしても、そこまでつなぐ投手起用も問題だろうな。
本当に山口鉄を起用するのか、新人の谷岡、池田は1軍登録されるのか、WBCに参加してたマシソンの状態は上がってきてるのか、田原はやはりファームなのか、澤村の回復度合いは・・・と不安ばっかり出てきてしまう。
1軍登録メンバーを見られるまで、つきまとってしまうかもしれない。





2017. 03. 25  
これまでWBCでの侍ジャパンの戦いに気が言ってたので、巨人を始め、オープン戦を通しての各球団の状態はほとんど見ておらず、マスコミ等のニュースで見る位だった。

巨人は現在オープン戦6連敗中で最下位。
チーム打率も防御率も低調で、ニュースを見てる限り見るべきものがなかった。
けど、やっぱりオープン戦と言えど、自分の目で見るものだと思った。

先日代打でバックスクリーンにホームランを放った岡本の状態がグンと上がってた。
3安打中、レフト方面の2本は振出しのタイミングが若干早いものの、フォーム的にポイントが決まってきつつあり、型にはまってきたという感じもの。
この場合、このフォームを追い求めて自惚れがちになることが多いけど、こうした場合でなかなか球が捕えきれない場合にはセンター返しを意識すると結果がいい方向へ出る。
その証拠が3本目のライト方向へ打ったヒットだった。

岡本以外にも中井が躍進してる。
状態はかなりいいと思うのは、ミートポイントがはっきりしてて積極果敢に打ちに出る思い切りのいい打撃は、中井も持ち味であり、ヒットにならなくても打球が鋭くなっていることに見て取れる。

立岡もいい感じでバットコントロールができてるし、石川中井同様、思い切りよく積極果敢に打ちに出ているのは好印象。

投手も内海は、足が吊ることがクセになってはいやしないかだけ、気にしてた。
球の走りも制球もいい状態に来ており、その足吊がなければ信頼度が上がってくる。

カミネロが最終回投げたけど、ランナーを許した時に我を忘れがちになるところだけが気になった。
球はストレートにしてもツーシーム系で右打者の懐へ食い込みがちとなり揺れるボールとフォーシーム系のきれいな球を投げていた。
変化球というと落ちる球が言われがちだけど、スライダーは立派に使える武器だし、カミネロとはキャッチャーが多くを語ってその傾向を掴み気分良く投げさせるリードが大事なんだろう。

侍ジャパンに行ってた選手も帰ってきてベンチに入り、小林などは途中出場してた。
士気も上がってくるかもしれない。
澤村の故障、未だに1軍メンバーにはいない陽と山口俊。
そこに状態が良化してないリリーフ左腕と不安定な吉川。

確かに不安要素が多いように見えるけど、ここにきて状態を上げてきつつある選手も見受けられ、巷で言われるほどチーム状態は悪いものでもなさそう。
まだ、ここまで来て選手の状態を見ることに重きを置いて、野球をしてない首脳陣の思惑がどこあって、開幕をどうとらえているのかはっきりしてないから、マスコミ等にはいろいろ悪いように言われてしまうだけ。

いい状態の選手を一人でも多く引き出していくことが肝要なんだろうな。






2017. 03. 23  
WBC決勝は、アメリカがプエルトリコを8対0もの大差で快勝し、初優勝となった。
遅い位のアメリカの優勝は、こおこにきてようやくベースボール発祥の国が本気になったということになるだろうけど、予選でアメリカに勝った国もあったし、昨日の侍ジャパンの試合はもう日本の野球ベースボールに肩を並べるほどになったんだと感嘆させられた。

揺れずにキレがよく、キレイな球を制球よく投げ込む日本。
多少制球がぶれても、小さいながらも揺れて変化があるアメリカ。
これはもう、野球なりベースボールなりを職業として取り組んでる段階ではなく、子供の野球に興味を持ちバットやボールに触れ始めた頃からの環境の差だろうと思う。
基本に忠実に、そして実践していこうとプレーする日本と、多少そこから逸脱しても自分の形で力が出て結果が出ればそれでよしとするアメリカ。
まさに野球ベースボールの差がそこにはあったという具合に感じてる。

運も環境も、そして状況さえもプレーヤーには影響するので、どっちがいいとか上とかは言えないだろう。
自分の身の丈に比例したプレーぶりは基本に忠実なのか、結果を求めていくのか、極端に言えば鶏と卵はどっちが先というようなものだろう。

ただ、日本が目指したベースボールはこういうことじゃないだろう。
しかし、アメリカ本土で繰り返される大リーグのベースボールはそこに機軸を置いてしまったようなので、日本人プレーヤーはそこを目指していくんだろうな。
中南米もそうだし、世界各国のベースボールに集うものたちはそこを目指していくんだろうし、そうなると動体視力をはじめとした身体能力を高めて環境状況を作っていかないといけない。

それでもそれが正しいとは思えない。
基本に忠実に物事を覚え、向上していくというようなことは野球に限らず、どんなことにも言えることだから。





2017. 03. 22  
もう、ここまでやれたんだから侍ジャパンの選手たちにも首脳陣たちにも、もちろん裏方に徹してくれた方たちも「お疲れ様」という言葉しかないよ。

菅野の快投は菅野が登らなければいけない階段をしっかり登ったということだし、バッテリーを組んだ小林にも同じことが言える。
千賀は近い将来球界を代表するピッチャーになるだろうと思えた。
今でも存在感がスゴイ筒香は、世界に冠たるバッターになるだろうと思わせられた。

大味な試合にはならず、ロースコアの接戦になるだろうという想いは。そのまま試合となったけど、ボールにしても球場にしても地の利があるアメリカに有利に働くだろうと思ってはいたものの、侍ジャパンの奮闘は凄かったと思う。
環境的に菊池のエラーとなったプレーも松田のプレーも恥じることなど全くなく、あのプレーが敗因だとは思えない。
筒香の8回の飛球も、あれが行かなかったのはあれが現在の筒香の力ということではなく、使用球の劣悪さと環境によるものだろうと思う。

ここにきてやっと本格的にWBCにアメリカが取り組んできたけど、それでも今の日本のプレーヤーたちはここまでスゴイ試合をしてくれる。
人は常に向上心を持って勉強し続けないと行けないけど、純粋に野球をプレーする意味ではアメリカに学ぶことはないに等しい。
日本がやってる野球という球技に自信を持っていいはずで、あっちが上だったということでもない。

今日で終わってしまったけど、胸を張って帰ってくればいいし、これから繰り広げられるシーズンにおいてこうした経験を存分に発揮できればいいと思う。

本当にお疲れさまでした。





2017. 03. 20  
またもや山口鉄がやられていた。
肘の負傷以降、球威も球速も戻ってこない。
ここまで起用してきて、内容も毛化も出ておらず、もう判断してもいいんじゃないかと思う。
森福がどうのとか戸根が間だとか言ってられない。
経験十分の山口鉄を、その経験に裏打ちされたピッチングを繰り広げさせるためにも、しばらくファームで調整させるべきだ。

球速は制球力で十分カバーできるものだし、それに伴ってく球威不足も同じ。
球のキレを出すためにも走り込みと投げる行為以外のトレーニングが必要だろうし、それが出来て初めて投げ込み。
肩は消耗品だから投げ込みなど・・・と揶揄する傾向が強いが、投げ込まないと投げる肩周辺の稼働域の教科柔軟につながるトレーニングにはならないから、絶対必要。
山口鉄の場合、どちらも足りておらず、それが腕の振りの鈍さになっていると思われる。

ここまで落ちてしまっているのだから、制球力重視のピッチングに変えていかないともう使えないかもしれない。
左打者のワンポイントでも、アウトローに投げるストレートとスライダーがストライクゾーンからボールゾーンへ投げる制球力がないと始まらない。
インコース高めの制球力ももちろんそうだけど、まずはアウトロー。
この制球力をつけるために、どう考え、どうトレーニングしていくべきなのかを考えないと、今の山口鉄では右打者など怖くて投げさせられない。

ストレートは球速よりもキレ、変化球ももちろんそうだけど、スライダー、チェンジアップだけではなく、大きい変化をするカーブ、落ちる球であるフォーク、スプリットなど、新たに武器にする球を身に着けていかないと苦しいと思う。
ここまでやってきたことの弊害、勤続疲労的なものが大きいけれど、ここでくじけてほしくない。
外連味のない大胆な山口鉄を見たいものだと思ってる。





2017. 03. 19  
今現在は侍ジャパンの野球に目が行ってるので、巨人の調整具合などはニュースで知る位だけど、それでも調整具合とチームバランスが良くないなと感じてた。
開幕まで2週間を切った状況で、主戦力の整備もうまくいってないなど、不安要素の方が多いように感じる。
期待したくてもガクッと来そうな今日の先発・吉川を見てると、自分の課題がどこにあるのかわかってない様にも見えてしまう。
テンポの良さが持ち味で、第一にストレートをどうのこうのいう割にはすぐテンポを崩すし、制球力がまだまだでタイミングの合わせやすいフォームを思うと、今後の不安ばかりが募ってしまう。

不安と言えば若手野手となるけど、岡本を見てるととにかく結果を出し続けないという気からか、どの球を叩きに行くのかわかってない気もする。
だから結果が出ず、余計に迷って手を出しに行く球が間違って見える。
まだスイングに力強さがあって迫力自体はあるのだから、対戦する投手によるのではなく、どんな球待ちの姿勢が正しいのか、よく考えなくちゃいけないんだろうな。
気にしてるのがショートで起用されている
坂本の守備も時間を要してあの状態まで引き上げていったのだから、の守備に坂本の域を求めているわけじゃない。
打席のことに関しても、力強そうなスイングでヘッドが効いたスイングの持ち主だけど、とにかく思い切りが良くなく、昨年と大した変化はないね。
今日は中井が思い切りの良さを出したバッティングをして結果を出していたけど、と結構対照的だった。
のプレーぶりをみてると、いくら空いてるからと言ってもセカンドタイプではない。
大型内野手のショート・サード向きだし、WBCがどんな形で終わるか分からないしそこに影響されるだろうけど、無理に坂本を起用するのではなく、かと言ってベテラン内野手を使うのでもなく、いい塩梅にが機能できれば面白い。
期待度が高いんだよ、は。
何故かマスコミ的に注目度が低いけど、形になった辻のスイングを見ると末恐ろしい物を感じるし。

でも、起用されてるうちが期待されてる花なのであって、今後どうなるのかは本人の気構え次第なんだろうな。









2017. 03. 15  
スゴイ1発だった筒香のホームラン。
真ん中気味の球だったとは言え、若干外目にも感じるあの球をセンターバックスリーン右に叩き込むとは。
これぞ4番の一撃。

先発千賀の投球は、まさしく快投だった。
球威ありスピードあふれるストレートを見事に決め込んだと思ったら効果的にスライダーでカウントを稼ぎ、フォークで仕留める。
狙っていてもなかなか打てないフォーク、それが千賀のフォーク。
これまでの先発投手の中では最たる快投で、それが大きな勝因の一つ。
もう一つは筒香の1発で、これに触発されたように松田の快打も含め、一挙5点。

リリーフに出た投手たちも回答を続け、後は牧田だった。
小林のリードも8回まではまた良くなった。
最終回の失点は、今日の牧田は身体のキレがなかったこと、小林の配球が牧田の状態を掴んだものではなかったこと。
そこなんだろうと思った。
こういう緊張の中で試合を続けると、特にリリーフ投手には特に知らず知らずの間に身体に疲労がたまる。
本格派より体のキレが求められる技巧派投手は、正に生命線だった。

でも、そこを除けば、最高の試合だった。
勝てたことが再考であって、失点の問題など関係ない。
これで米国行きが決まった。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
292位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR