2017. 03. 31  
巨人6対中日2
勝ち投手:マイルズ・マイコラス1勝
ホームラン:阿部1号2ラン、坂本1号2ラン

待ちに待った開幕。
オープン戦では個の力と状態の見極めに徹し、ベンチは野球をしてなかったので、オープン戦の結果など気にはしてなかった。
1軍登録メンバーを見た時、十分予想がついたスタメンは今季の開幕試合ということもあって4番に座る阿部のバットがどうなるかで、この試合だけではなく、今後の影響が出ると思ってた。
3打席目、4打席目の三振はあれ?と感じたものの、1打席目のヘッドを効かせて変化球を拾った打球はスタンドまで行ってくれた。
2打席目はしっかり上から来た球を叩けたタイムリーで、計3打点。
4番がこれだけ序盤で存在感を出すと、マギーがいいバットの軌道でタイムリーを打つなどいい影響が出てくる。

守備的にはバタついた感じが出たけれど、緊張感の伴うマウンドでこれだけ先発マイコラスが好投してくれると、4点目で価値が近くなったはず。
坂本のホームランは、しっかり軸足に重心が残って力感あふれて球を叩けた右方向へのアタリだった。
こういう打撃を見せられると、今季は打率だけでなく長打も数字を残せそうな感じがする。
クリーンアップで全打点。
これで勝てない試合などないね。

マイコラスはいわゆる普通の出来だったと思うし、そこは自分も弁えていたように見えた。
中井の信じられないエラーもあったし、内野手で安心できるのはショート坂本だけという状況で我慢しかないという感じだった。
ちょっと見ていて気の毒だとおもったし、小林のリードも苦心してる感じが強く、それは内野の守備力の問題だった。
そうであれば内野手起用の選手は打って稼がなければということで、クリーンアップを初め、中井にも2本のヒットが出ていたことは攻撃的には良かったと思う。
岡本は守備内容と1本のヒットでプラマイゼロ。
ただ、初の開幕スタメンでヒットが出たことは良しとしないと。

リリーフはカミネロに魅力を感じた。
シュート気味の球は敢えて投げているのかシュート回転してしまうのかが分からないけど、それ以外のフォーシーム的なストレートとスライダーは思ったよりもいい球だった。
暑い時期になれば、もっと状態が上がってくるだろう。

気になったのはマシソン
結果的に抑えたものの、肘の位置が下がって腕が押し出すか、横振りになって球速が出ていなかった。
今日の試合を見る限り、そこが最も不安に感じたところ。
このマシソンの状態を投手担当コーチはどう見るのかは今後に影響が出るかもしれない。





スポンサーサイト
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
607位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
95位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR