FC2ブログ
2017. 04. 18  
巨人3対ヤクルト0

勝ち投手:菅野智之2勝

あの熊本地震から1年がたってたんだな。
あの地震で見るも無残な状態になってしまった藤崎台球場で、2年越しの試合が出来たのは本当に喜ばしい。
1年前、試合が行われていれば菅野が登板してたらしいと思うと今日の試合は力が入ったことだろうと思う。
それを力むことなく、安定したピッチングを繰り広げてくれた。
快投とは言い過ぎかもしれない。
しかし、ピッチング自体が不安定となりこれはピンチだな、と思える場面はなかった。
5回や9回にヒットウを打たれたりしてランナーを2人背負った状態でも危ないと感じることがなかった。
先日の広島戦でのピッチングで期するところが出来たんだろうな。
一つずつ階段を登ろうという気持ちが出ていたピッチングだったと思う。
ストレートがいいとか変化球がキレてたということよりも、気が入ったピッチングで、次の登板への伏線が張られていたのかもしれない。

熊本ということもあってか、立岡が躍動した試合でもあった。
バッティングは、相手投手が右アンダーハンドということもあって有利に働いたんだろうけど、無理がないバッティングで走塁も優れて勘所が良かった。
バッティングに関しては阿部も同様で、シャープで鋭いスイングは状態の良さをキープして頼りになるという感じだった。

長野の状態に関しては、スタメンから落ちて代打起用だけど、最低の状態からは脱してる。
チェックポイントがあるだろうから一つずつ埋めるようにバッティングをしていってほしい。





2017. 04. 16  
中日0対巨人2

勝ち投手:大竹寛2勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗5S

先発大竹は、実にいいピッチング内容だった。
シュートを軸に、スライダーで散らし時折投げるカーブが絶妙で、制球力もよかった。
一方の中日吉見も自慢のコントロールがよく、球もキレていたので、耐久戦いになりそうという予想はあった。
個人的な見解になるかもしれないが、大竹は5、6回までの姿とそれ以降の姿は別物だと思ってる。
球数の問題ではない。
今日は球数的に7回までで80球も行ってなかった。
意識しちゃうんだろうが、今日はそうでもなく7回を投げ切りそうになってた。
ただ、四球を与え、左打者を迎えたということのみで山口に変えてきた。
結果的にどういうわけかアップアップのピッチングになってしまい、あわや押出しの展開。
相手打者がどうの、という問題でもないと思うけど、展開を異常なまでにkにしすぎるということと自分の球をどう見てるかに問題はありそう。
ただ、ここで山口に帰るならイニングの頭から、或いは7回は大竹で最後まで行ってほしかった。
翌、8回は森福→宮國7→カミネロと3人もの系統となってしまった。
7回の展開がブルペンで読み切れず、準備がしっくりいってなかった感じで、ここはきちんと首脳陣に意識確認を徹底させてほしいと思う。
イニング跨ぎにならなくても、イニングの途中からの継投は困難さを極め、通常の継投よりも難しい。
まだリリーフ投手に信頼感がないからこういう具合になってしまうのだろうけど、結果的に今日はよかったということではなく、イタズラに投手を使うことは今後の投手起用に影響が出ることとなる。
カミネロの使い方も同様で、え、またマシソン使うのか?と思えたほどだった。

野手は坂本の好調さ、上り調子であることが目を引く。
今のところ阿部の状態も落ちてないし、今日起用された石川、重信のように6番、7番の起用法が今後のカギを握りそう。






2017. 04. 15  
中日2対巨人

勝ち投手:田口麗斗1勝

勝負の勝ち負けなんて所詮いつも紙一重だから、今日のような勝ちもある。
今期1試合からずっとトップで出てる中井は、打率こそ低いけど四球も選ぶし、積極果敢にいってヒットで出塁することもあるし、選曲的に打線を牽引することはある程度できてると思うから、決して失敗ではない。
守備的に不安はつきまとうけれど、それを補うほどの出塁と果敢な走塁姿勢を見せてくれてる。
初回の先制は中井の出塁でもたらされたチャンスにクリ-ンアップが呼応し、マギーが打ってくれたということ。
先発田口は、序盤から球数が多く、5回までしか投げられなかった上に被安打5で6四球の内容は一旦逆転を許したものの、1点の勝ち越しで済んだのはまだ中日の状態が上がってないからだということだろう。

中日先発若松は、以前のイメージから変わってるように見えたけど、緩い球を多めに使っていたことが、効果的でもなかったが巨人打が幻惑されているように見え、これは打ってるのに負けが続いている影響からだったかもしれない。

多分、試合前に何かしらの切り替え作業があって、それが奏効したのが坂本だったのかもしれない。
4安打はお見事で、阿部も続き、マギーも状態を上げてきてくれた。
出来が良くない田口が、小林と必死に我慢し、逆転した後の1イニングを山口が制球バランスよく、更にテンポ良く抑えてくれたことが追加点を生んでいた。
この山口の時もそうだったけど、森福のピッチングを見ていて出来は然程変わらないものの、小林の配球バランスとキャッチングが昨日までとはいい意味で別人のようだった。
WBCでパワー全開の野球をしてきた影響が、ここにきてやっと切り替えられたのかもしれない。

今日はとにかく結果的に勝つことが第一だったけど、昨日十分のクリーンアップの前に出塁ができたこと、問題だった6番7番が一人でも1回でも機能できたことが今後につながるかもしれない感じだった。
石川はしばらく使ってみた方が、思い切りもよく足もある上、元来の外野手だから守備的にもハマるかもしれない。
岡本、重信に期待したいところだけど、今は上位との差を開かせないことと今期のチームがどういう上京だったら機能するのか探らなければいけない時期だから、石川起用を期待したい。
余談になるけど、凡退したけど長野の打席の内容が別人みたいに良くなってる。







2017. 04. 14  
中日3対巨人2

負け投手:宮國椋丞1敗

見始めたのは中日先制の頃だけど、必死にピッチングしていたマイコラスの足をバックが引っ張って先制されていては、攻守においてテンポ、リズムが崩れてしまい、後に悪影響が出るとは思っていた。
先制後、思い切りの良さが持ち味の代打石川のヒットを手掛かりに、同点には追い付いたけど、この中でも送りバントが決められない場面があった。
エラーはするは、バントが出来ないは、では接戦は勝てない。
ベンチがタクトを振ろうにも振りようがないことになる。
打つ手が後手に回り、チャンスを作っても手詰まり状態となってしまうから、点が取れない。

必死にプレーできてたのって、マイコラス、マシソンだけという手詰まり状態。
開幕時の白星に浮かれている中、リリーフ投手が決まらないことが隠され、犠打が決まってない状態は、いつかこんな状況になることは予想がついていた。
カミネロは、もう攻略法を各球団が練り上げただろうな。
内に来るストレート系だけをまっていればよく、ピッチャー前に転がせば状況が好転しそうだと分かればそこを攻めてこない球団はない。
まさかと思うけど、カミネロは満足にキャッチボールができるのだろうかという疑念が湧いてきた。

長野は何時まで我慢してるんだろう。
クソボールを引っ張りにかかり、明らかに真ん中付近の球を平気で見逃してしまうその姿勢には打ち急ぎで焦りまくる状態が出ている。
右方向へ叩く意識を強く、、、と思っていたけれど、もうそんな状態ではない。

なんだかね、、、打撃コーチに不満はないけれど、バント専任コーチでもいないかな。
試合でのバントに関しては高校生以下の状態になってる。
明らかにピッチングコーチはもう一人必要で、リリーフの心得がある人がなってくれないと。

ベンチの意思もはっきりせず、ブルペンが落ち着いていない状況はホームでもビジターでも変わってない。





2017. 04. 13  
巨人5対広島11

負け投手:アルキメデス・カミネロ1敗4S
ホームラン:マギー1号2ラン

今の広島の勢いは異常かもしれない。
シーズン序盤だけど、同じチームに3つ負けて今後に影響しないわけがない。
しかも、この3連戦の1戦目はエース菅野だったわけだし。

吉川は球威タップリのストレートを投げ込み、それを軸にということはいいのだけど、あれだけ真ん中でしかも低めへ来ないと、フォーム的に間が取れてないのだから打たれて当然。
余計に今期初登板の高木勇のピッチングには、これまでにない気迫があってナイスピッチングだった。
久しぶりの登板となったマシソンも、ストレートは見せ球にしてカウント稼ぐのも勝負を挑むのも変化球というのがこれまでと違うところで、ここまでは良いつながりだった。
抑えに出てきたカミネロが面白いように打たれたわけだけど、この3連戦を見てて、今の巨人打線に、、、という科野手に注文することはない。
今は野手がよくやっていて、起用面での問題はあるものの、選手としてはよくやってたと思う。
一部を除いて。

問題は投手の方にあった。

投手の投げる球とか配球の問題もあったけど、広島の先乗りスコアラーが上手に情報を得て、旨い具合に伝えている。
そうしてもたらされた情報を旨く解釈して対策を立て、実行してくる姿勢が徹底されている。
昨日の内海の打たれ方、今夜のカミネロの打たれ方を見てると、そう思わざるを得ない。
広島の球団としての対処法が素晴らしいということで、こういう時は内容はともかく、結果として勝たないと今後対戦しにくくなってしまう。
次にあたるのがマツダスタジアムということを思うと、そこまでどうやってこの負けを払拭し、勢いをつけてくるのかということになるけど、この3連敗は大きく影響してしまうことが考えられる。

対戦相手で得手不得手はシーズンを終えてみると分かるけど、その序章にならないためにも、次のカードは全部勝つつもりでそこまでいかないと。
やられたらやり返すということを期待したい。





2017. 04. 12  
巨人5対広島9

負け投手内海哲也1勝1敗
ホームラン:阿部5号2ラン、村田1号3ラン

試合展開上、リリーフに出てた宮國が失った1点とか、代わり端叩かれた山口の失った2点が痛かったという向きも多かろうと思うけど。それは違う。
確かに宮國は先発調整をし結果を出していたにもかかわらず、今日の登板はリリーフだったし、山口は球威もキレもないストレートを真ん中高めに投げてしまったところに打たれた要因はある。にでも、もっと注目しなければいけないことは別にあった。

今期の内海は、投球の幅を広げるためにも新たにもう一つ球種を増やそうとして身に着けたのがカットボールだった。
阿部の先制2ランでが出た試合。
次のイニングで広島新井に打たれた球がこのカットボールだった。
甘いと言えば甘かったかもしれない。
内にボール半個、高さ的にボール半個甘かったかもしれないが、そんなにギリギリのところに投げ切れるはずもなく、ここでのホームランは打った新井を褒めるしかない。
しかし、このカットボールを打たれたことで内海だけでなく、小林もおかしくなった。
カットボールの使用頻度が異常なまでに少なくなってしまい、汲々としたピッチングになって制球力もなくなってしまった。
外で見てるより、本人に取っては生命線になってるボールだったんだろう。
ここ数年の沈滞さもあって、今期こそと取り組んだボール。
それでも、自分が決めたボールがいかにうまく打たれようと、このボールを使って投球を組み立てないとピッチングにはならない。

今日の試合はそこだな。
守備的にも打順的にも見直さなければいけないところは、あると言えばある。
2番立岡とか、何度バントをしようとしても出来ないヘタクソさを見せつけらえると、何かしらの手は打たなければいけないだろうし、掲げればキリがないほどあるかもしれない。
好調広島が相手ということがあっても投手陣の構成は問題。
右のリリーバーが少なく、左の森福、山口にしても左打者のワンポイントがやっとでは心許ない。
まだ様子を見るのか、てうぃ売ってくるのか。
この時期の連敗には深刻にならなくてもいいと思うけど、やることをしっかりやっておかないと取り返しがつかなくなることもあるから、ベンチが今のチーム状態をどう見てるのかがポイントになるかもしれない。





2017. 04. 11  
巨人6対広島9

負け投手:森福允彦2敗
ホームラン:中井2号2ラン

両軍先発投手からすれば、予想できなかったということととんでもなく荒れた試合になった。
序盤はいざ知らず、4回以降から見始めたけど、今日の主審はやたらにストライクゾーンが狭かった。
野村にせよ菅野にせよ、良し決まったというボールが尽くボールの判定。
広島石原はそういう判定の対処として変化球を多めにした。
一方の小林はくどい位あちこちのコースを確かめ、これでもかという位に同じような球種とコースで攻めようとしていた。
菅野がそれに応えられず、ボールが高く、球数がイタズラに増えてしまったことが野手のバタつきを招いてしまった。
確かに阿部の野戦は、何をどう思ったのか分からないけど、ホームを牽制した後何故か2塁方向へ向いてしまったことが失点につながってしまった。
まず1死を取ることが先決だったから。
それと各プレーにおけるセカンド中井のカバーが遅すぎ。
無失点か1失点で凌げそうなイニングは、ライト長野の足のもつれもあってとんでもないイニングになってしまった。
記録上3塁打だとしても、打球の落下地点を誤った長野のエラー。
その後、一旦追いついたものの、ほとんど6失点のイニングだけで試合は終わっていた。

小林はWBCで得た体験を全く生かせない試合をしてしまった。
森福登板の時、同じような球と同じようなコースばかり続けて、何のバリエーションも使えず、大事な左腕を壊してしまった。
谷岡当番の時も思ったけど、自分の球団の投手の特徴をしっかり把握しているのだろうか。
自分本位のリードになっていたないか。

こういう荒れた試合は、よくよく見てるとミスが引き金だけど、小林阿部中井のミスと主審の偏った判定。
広島は積極果敢に早いカウントから打って出て、主審の判定に対抗していた。
要は、そんなところにこの試合の荒れた原因があった。





2017. 04. 09  
阪神4対巨人

負け投手:森福允彦1敗

先発大竹はいいピッチングだった。
先制弾となってしまった阪神・北條へのあの1球だけだった。
阪神先発・能見もいいピッチングだったけれど、球のキレよりも配球の妙で抑えられていたように見えた。
だから試合終盤に何かあると思ったけど、それは立岡のヒットからだった。
坂本がチャンスを拡大し、迎えた阿部は状態の良さがキープ出来てるバッティングで同点に。
マギー、長野は打てる気がしなかったけど、岡本のところで代打・亀井
狙いがよく、初球を逆転打。
このイニングは結果的に一時逆転となったけど、2つ問題があった。
一つは亀井の代打が何故岡本のところで、ということ。
調子が停滞してる長野のところで起用できなかったかということで、そこで起用してれば岡本のところで脇谷起用という畳み込める起用が出来た。
二つ目は、打順が投手・大竹に回ったところで、代打起用しなかったのは何故ということ。
大竹というピッチャーに拮抗した試合展開で7回以上のイニングを任せるのは、甚だ疑問。
案の定、次の阪神の攻撃で同点弾を打たれていた。
打たれた球は失投ではなく、打った方を褒めるべきだろうけど、変えるべきところで変えなかった結果だと言ってもいいかもしれない。

今期はまだ連敗がない。
これは先発投手の踏ん張りが大きいけれど、勝ち越してる場面での8回マシソン、最終回カミネロの前の投手起用が決まってない。
7回1イニングを勢いに乗って先発投手に任せるのか、次の投手として一人の投手が出てくるのを期待するのか、複数の投手起用で7回1イニングを抑えていこうとするのか。
勝ってる時とタイの時、ビハインドの時のリリーフ投手の起用はどうなっているのか。
先発投手で7回以降まで任せてもいいと思えるのは菅野、かろうじてマイコラスだけという状況をどう考えるのかで早急に対処しておかないと、いずれシーズンが進むにつれ先発投手の披露の問題が出てくるから、考えて実行してかないといけない。

この時期、首位だとかそうでないとかは考えなくていいこと。
ただ、離れ過ぎないようにすることは大事。
そうするためにも打てる手は早く打って、漫然とシーズンを進行させないようにしないと。






2017. 04. 09  
昨日の試合は、雨でノーゲームになっていた。
自然には勝てないし、巨人にとっても阪神にとってもいいとか悪いとか何も言えず、今後のやりようでそれは見えてくるかもしれない。
昨日のスタメンで、長野が外れていた。
亀井の調子がよく、長野が一向に上がってこないのだから当然の起用だと思う。

軸となる選手は、投手では菅野、リリーフでマシソン、野手で坂本。
彼らに変わる選手はおらず、彼らのだれが欠けてもチーム状態はかなり落ちるだろう。
今期のこれまでの状態がいい阿部ですら、今のところ軸であっても控えに回ってしまった村田と同様、マギーの参入で今の位置が約束されてるわけではない。
マギーの打棒が上がってきたから救いはあるけれど、もともと村田を最初からスタメンを外すのは懐疑的であった。

調子や状態がいいとか悪いとかが問題ではなく、どんな状態でもやってもらわないと、と思える選手の中に長野がいるというのは選手のポジションはすべて競争から生まれるという観点からすると、思い込みに過ぎない。
選手会長だから堂のという考えは捨てなければ。
状態が上がらなければ代わりの選手はいくらでもいる。

負傷してからの長野は、まるで体力や視力が下降線に入った超ベテランのよう。
一昨年から然程長野自体の状態は変わらずといった具合に見え、何処がどうなのか本人もコーチも分かっているのかと疑いたくなる。
それは打撃だけでなく、守備においても状態が良くないのは見て取れる。

今日の試合は相手投手が左腕らしいから起用されるかもしれない。
それでも結果が出なければ、起用を考え直した方がいい。
こういうときに右の石川を起用したり、相手投手が右左関係なく亀井の起用とか、特に若手野手で外野を守れる選手の積極的起用を考えた方がチームの為でもあるし、今後の為にもなる。

ポジションはすべて競争。
そこから本来のチーム力が生まれてくる。





2017. 04. 07  
阪神3対巨人

勝ち投手:マイルズ・マイコラス2勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ4S
ホームラン:中井1号ソロ

試合展開的にはヒヤヒヤしたところはあった。
マイコラスの立ち上がりは見てないし、分からないけど、失点したイニングはボールがボール1個分位高かったし、特に制球力がねえ。
中に中に球が集まって、ストレートを投げようと変化球を投げようとどうにもなってない印象が強かった。
一試合の中で様々な場面と打者を迎えるのだから、最初から最後まで同じように投げることなどあり得ない。
ここで追いつかれなかったことと7回まで投げ切れたことが、最大の勝因となった。

ヒーローインタビューは2打点を挙げた岡本が受けてたけど、初回ヒットで出塁し、2回彼らしい思い切りとキレの良いスイングで本塁打を放った中井に軍配を上げたい。
守備でもセカンドで出場しながら途中でレフトに、そしてまたセカンドと目まぐるしく変わりながら切れの良い好守備も見せていた。
中井の持ち味であるキレと思い切りの良さは、スイングに現れる。
あの構えだと中よりやや外目から懐までのベルトから下の当りの球は、実にいいスイングをしてる。
打球はセンターからレフト方面がほとんどだけど、それがキレのいいスイングを生むならそれでいいと思う。

なかなかヒットという結果が出ないものだから、揶揄する向きも多いみたいだけど、今季は思い切りの良さと球を見極めて四球を選んで出塁してる部分が同居し、今のところトップバッターとしていい味を出してくれてる思う。
中井、立岡ともイヤになる位犠打が下手だけど、初回を除き打順が回ってくると何かやらかしてくれるんじゃhないかという位、期待が持ててる。
足が速ければトップとかよく出塁するからトップということだけではない。
相手に切れ込む思い切りの良さも、物凄く必要だし、中井の場合それだけではなく長打も放てる良さがある。

今の状態をキープするのではなく、もっともっと打線を引っ張る切れ味を磨いてほしい。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
502位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
79位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR