2017. 05. 24  
阪神1対巨人

勝ち投手:森福 允彦1勝2敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗13S

リリーフ投手がしっかり仕事をしてくれた試合だった。
阪神能見の配球バランスと制球力の良さに、手も足も出ない打線は後半勝負という展開は見えていた。
急遽登板した田原は今季初登板ということもあったし、準備はしてただろうけど、急遽登板という心の準備が追いつかない場面は1失点は仕方がないと思ってた。
さすがに昨年の経験は伊達ではなかったというところだろうか。
阪神の代打・伊藤隼が打たなくていい球を打ちに出て止める技術と備えができてなかったところが大きいけど、田原の球が打つ気をくじくような球であったことも確かなこと。
このイニングを乗り切ったと思ったら、次のイニングも見事なピッチングだった。
この田原を継いだ森福も、今投げてる球には納得がいってることだろうと思う。
時に高めに入る球が気がかりだけど、気が入ってる感じでそれはその次のイニングを投げたマシソンも同じ。
リリーフ崩壊状態が続いていたのが不思議なくらい、田原森福マシソンと見事なリリーフぶりだった。

阪神から見ると監督が言ってた5回の福留の3塁打の後の中谷のバッティングがポイントだった。
ここを凌ぐことになった巨人も同じだけど、こういう試合は先に1点取った方が絶対有利。
それだけにここを凌いだ巨人と8回のピンチに桑原続投、、、いや、このイニングの投手の選択に誤りのあった阪神のおベンチワークと起用された選手の仕事ぶりが勝敗を分けていた。
解明のタイムリーと人が変わったような最終回の長野のバッティングに目が行くけれど、2度もの送りバントがハマっていた点も見逃せない。

先発・吉川に関しては、フォーム的に間がないと何度も書いたけど、フォームで間が取れないなら球種で、ということでカーブを上手に使ってはいたけど、ストレート系の球が暴れ気味だった。
それでも危険球を鳥谷に投げてしまったことは故意じゃないにしろ、命を懸けてプレーをしてるスポーツの中では絶対にやってはいけないこと。
よく、球が抜けてしまったというけれど、プロなんだからこういうことは絶対にやってはいけない。
鳥谷は多分、鼻か頬の辺りに球を受けてしまったけど、出血がすごかった。
決して軽症ではないシーンは無事であることを祈るだけだけど、吉川のプレーは後味がとにかく悪いものにしてしまった。





スポンサーサイト
2017. 05. 23  
阪神0対巨人

勝ち投手:菅野 智之6勝1敗、セーブ;アルキメデス・カミネロ1敗12S

7回の攻防。
特に自らのエラーで無死1塁2塁のピンチを迎えた時の菅野ピッチングは圧巻だった。
高山へのピッチングを最初からじっくり見て、最後の内角低めへのストレート。
唸りを上げるストレートとはこういう球を言うんだろうな。
見ていて唸ってしまった。
ここから3者連続三振は、誰の目から見ても菅野が最後のギアを1段も2弾も上げたシーンだった。

このイニングからしか見れなかったけど、今日の菅野は制球力で勝負を挑むというものではなく、ストレートを軸にした配球とここぞの気概によるギアUPで阪神打線を抑え込んだように見えた。
解説者によればフォークをあまり使わなかったということだったけど、リストに負担が来るフォークを使わず勝負を挑むのは、この日のストレートの質が何時にも増してよかったということなんだろうな。
いいものを見させてもらったということで、実にいい気分になれた瞬間でもあった。

攻撃的には阪神秋山の球の質が良かったこともあって、なかなか打てないことは分っていた。
だから球数100前後となった7回の攻撃がつけ込めるポイントになると思ってたけど、石川のバッティングには頷けるものがあった。
小林が決めてくれたけど、自分の形も大事だけどとらわれ過ぎないのも大事。
小林のバッティングはまさしくそんな感じのものだった。

坂本が深刻。
阪神糸井もノーヒット状態が続いてるけど、坂本は打つ瞬間頭部が横になってまるでバットと平行になってる。
これでは打てない。
両軍の3番のどちらが本来の自分に戻れるか、今後のカギを握ってるかもしれない。






2017. 05. 22  
山口鉄が今日、登録抹消となった。

再登録となった森福が、自らも外から見てても納得の球を投げられるようになり、一試合とは言え結果も出してた。
リリーフ左腕と一イニングのリリーフを任せられそうな投手が出てきたことから、再調整の意を込めた抹消なんだろうと思いたい。
何年も続けて60試合以上の登板を続け、しかも緊迫の度合いが高い場面での登板ばかり。
山口鉄の肉体が悲鳴を上げても、ちっともおかしくない状況は肘に出ていた。

処置はしたと言えど、投手にとっては肘は生命線でもあるから、球速は出ず、球威も失われがちになるのも当然のことだった。
一時、先発としての調整を任せられたときもあったけど、調整の具合に迷いがあって結局リリーフに舞い戻った経緯もあった。
指導者の指導能力の問題も大きかったと思うけど、チームとして山口鉄に頼り過ぎてたところは大いにあった。

肉体のチェック、メカ的なチェックは勿論だけど、精神的に張りつめていただろうから、このr登録抹消がそこに影を落とさなければ、、、、と思う。
最近は登板が少なくなっていたけど、一時の休息は1軍に居続けていては取れないものだから、、、、と思いながらも時の流れの重さもある事だろう。
築いた地位を失うことになるかもしれない。
しかし、これまで培ってきた経験からくる勝負勘は絶対生きてくることがあるから、しっかり肉体的にも精神的にも休息をとって再起を果たしてほしい。
ピッチングスタイルを制球力重視にしてほしいという想いはあるけれど、山口鉄自身が今の自分の身体の具合を見てどう思うかでスタイルは変わってくるだろう。

楽しみだし、期待してる。
まだ、森福や池田だけでは足りないんだ。





2017. 05. 21  
DeNA0対巨人

勝ち投手:田口 麗斗4勝1敗

今年のキャンプで田口の姿を目た時、誰だコレ?と思ったのを覚えてる。
シーズンオフ、どうやって過ごしてきたんだろうと疑問に思った。
だけど、オープン戦からここに至るまで、状態を上げる階段は上がってたと思ってたけど、何が邪魔だったかって微妙に崩れてるバランスから来てた四死球の多さと球数だった。
状態が上がってる感じというのは、失点が少なくなってるというところにその証があったけど、それでも四死球の多さ、球数の多さはロングイニングを投げられず、ベンチやバックの信頼が得られるまでになってないということ。
ローテーションで投げてはいたけど、ほとんど菅野一人の状況というのはそういうこと異常のことが田口以外の投手にも言える。
ただ、今日はようやく田口の一段しっかり階段り上がった姿を見ることができた。

球速は出なくても、球持ちがいいことで打者の手元で伸びてるストレート。
キレを増すスライダーは、打者が想定してる一段上を行く変化をし、ここにカーブとチェンジアップが来るのだから打者からすると相当厄介な球だったと思った。
球種についてもそれほどいい球を投げてる上に、課題であった制球力が内外角に散りばめられて抜群だった。
時に出塁を許しても、今日の田口を見ていたらピンチとも思えず、配球も思った通りだった。
完封、、、今日の出来だったらできるだろうと思ったけど、今後も内容の濃いピッチングを期待したい。
気が付けば、防御率1位。
いい響きだね。

打者は、昨日今日を見てると、長野立岡中井石川をどう見てどう使うのかで打線の状況が変わるとみてる。
昨日今日と1番長野、2番立岡、6番石川は変わらなかった。
石川中井の特性を思うと、この2人がトップを務めてもちっともおかしくない思い切りの良さがある。
積極的なバッティングはベンチの指示もあっただろうけど、結果が出たことで気持ちを今後につなげてほしい。
歳を重ねてもトップだと結果が出る長野は、やっぱり本来6番で5番をにらむ位置での恐怖心を相手に与えてほしい。
V9の時の柴田のように、1番でも5、6番でも結果がさせる打者へ、、、力はあるのだからやっぱえり気構えの問題。
しばらくはトップで行くだろうけど。
気にしてるのは坂本。
結果が出ないことが焦りになる前に、しっかり考えて「練習に取り組んでほしい。





2017. 05. 20  
DeNA6対巨人

負け投手:内海 哲也1勝4敗

2回の攻撃は理想的な展開だった。
得点圏にランナーを置いてタイムリーが出、打った打者が盗塁を決めてはまたタイムリー、その繰り返し。
長打をと欲張るのではなく、次につなげる展開はこれが打線というものだし、勢いをつけるには良い展開だと感じた。
だが、それは杞憂だった。
3回以降、9回に脇谷が打つまでノーヒットのていたらく。
2回の珍しい展開は各打者とベンチに誤解を呼んでいた。
狙いをどこに置くのか、どうスイングするか、中途半端なままで打席に入るとこういうことになる典型。
打順を組み替え、長野を1番に置いた打線は、1,2番こそ当初は機能したが、そこで誤解を生んだかもしれない。
長野に関しては、トップの位置で期待をしてるわけではなく、6番でしっかり機能し、5番を争うようになってほしいところ、1番でないと機能しないのは気構えだけの問題。

先発内海は10日以上も間をおいてもらいながら、当初から腕が振れていなかった。
何故か怖々投げていたのを目にしたとき、今日はやられると思ったけど、こんな時は何を投げてもダメ。
結果は案の定だった。
桜井は先日とは別人で、まるで球威がなかった。
相手を威嚇するように睨みつけたって、身体が伴っていなければ球はキレず勢いも生まない。
先日いってたストレートが今日行ってなければ組み立てを変えるとか工夫がほしいところ、武器になる変化球が目につかず、勝負にならなかった。
ファームから戻ってきた森福が生き返ったみたいな球を投げていたのが救いだった。





2017. 05. 19  
DeNA3対巨人

勝ち投手:スコット・マシソン1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1敗11S

試合経過を追いつつ、打てないなりに先制できたなと思って帰ってみると、何故か逆転されてた今日の試合。
好投してたマイコラスはどうなっていたかは分からなかったけど、点を取ってもらった次のイニングを抑えていくにはギアイを上げていかないといけないということかもしれない。
ピンチでセンターに打球が飛び、追いついたかに見えた立岡は捕球できずに、打球を大きく跳ねてしまったところでこのイニングの逆転を許すことになった。
記録はヒットでも、これは立岡のエラー。
こういうプレーは失点を招くということだけど、それはDeNAにとっても同じだった。
9回2ベースで出塁した阿部の代走で重信が起用された場面でのワイルドピッチ。
10回に2四球を得、敬遠を含めて3つの四球を得られたのはDeNAのチーム状態がよくなく、エラーでの出塁を許してもらったと言いうこと。
この2イニングで出たヒットはわずか2本。
犠飛を打ったのも、決勝打を打ったのもマギーだったし、状態の良さが裏打ちされた見後なバッティングだった。
狙いが良く、ブレてないし、しっかりした自分のバットの軌道でミートに徹してるから、当然のようにヒットが出る。
マギーはまだまだ良くなると見てる。

思えば7回の先制打を放った長野のあたりも、ライト梶谷の処理ミスであって、結果として2点タイムリーになってた。

阿部マギー以外、野手が仕事をしていない。
1、2番を固定しようとせず、誤った起用を続けてるから、プレッシャーが必要以上にかかっている坂本の状態がおかしくなってる。
先発はともかく、リリーフが割とよかったため失点は防げたけど、今日の得点は相手の自滅によるもの。
勝ちは綱渡り状態だった。

掛け間違った作戦と起用は修正できていない。
スタメンも代打も投手起用も、、、選手の練習自体も根本的に見直さないと今後に光明は見いだせないな。






2017. 05. 18  
巨人0対ヤクルト1

負け投手:宮國 椋丞4敗

打順をまたも変えていた。
相手が左腕石川ということに対抗するということなんだろうけど、ここまで頻繁だと落ち着いて野球は出来ない。

打線的には2番立岡、5番マギー、かろうじて7番長野だけがバットを振っただけの試合。
これでは勝てないし、勝とうとする機運も上がらない。
食らいつくとか粘って出塁するとか、そんな感じもなく、敗戦まっしぐらだった。

スタメンを見た時、順番が逆だと思われたところが最低3つはあったし、阿部のお休みは分るとして小林の代わりに実松を使う意味もタイミングの悪さと同様、不明確だった。
以前、阿部不在時の4番はマギーであるべきと書いたけど、その時はまだマギーの状態は上がっていなかった。
でも今は違う。
今日の4安打は、すべて自分のバットの軌道ではじき出したものだし、期待度は上がってる。
マギーの4番起用無くして打線機能なしと見た今日の打線、案の定だった。

宮國はよく投げた。
アバウトアバウトでよし、タイミングよくストレートを投げ込めれば、今日のようなピンチングをする力量はあるということ。
腐らず、続けてほしい。





2017. 05. 17  
巨人0対ヤクルト7
 
負け投手:大竹 寛4勝2敗

ヤクルトの状態が然程のものじゃなかったから、サンドバックにならなくて済んだ。
まあ、大竹はよく打たれてたし、当然のように球数が嵩んだ。
良くても悪くてもロングイニングを投げると、80球を超えた時点で踏ん張りがきかなくなる。
これでは先発としてはどうかと思うけどな。

やっと吉川がスタメンで出てきたけど、見るべきところなし。
ファームで2割にも満たない選手がどうして上に上がったのか分からなかったけれど、こうして見てみてもやっぱり分からない。
1軍の首脳陣が自分の目で見てみたいと思ったにしても、そう思う様な状況でもない。
非力さが歴然で、まだプロの野球選手ではなく、明日からファームだな。

吉川はともかく、また打線を変えてきた。
でもやっぱり活気づかない打線は、選手ばかりのせいでもなく、起用する方が相手投手を実はスライダーの良い投手だと言ってたところに間違いがあった。
由規は確かにいい球を投げてたけど、首脳陣の思い込みの間違いがなければもっと打ててたはずだ。
それが散発5安打では、しかも5回まで全く打てなかったのは見立てが間違っていたということ。
相手が右投手だからと左打者を上位に並べるほど、左打者の状態がいいわけではない。
この状況で吉川を使った意味も分からない。
要するに首脳陣の意図が見えなかったということ。

この球団は監督が描く野球を許さないのだろうか。
監督がいい子過ぎて、ビジョンが見えてこない。
フロントが無能なのに、力が強過ぎるのだろうか。
野球は勝ってナンボの世界であり、ネームバリューで儲けに走っていては勝負には勝てない。





2017. 05. 16  
巨人5対ヤクルト1

勝ち投手:菅野 智之5勝1敗

追い込まれれば苦しくなると判断したヤクルトが、早いカウントから打ちに出ていたため、菅野の球数が極端に少なくて済んだ。
いつもの制球力というより、ここぞの場面でいい球をほおっていた感じがしたけど、力みにならなくてよかったというのが正直なところ。
8回のピンチでのピッチャーゴロの処理は、芸は身を助けるというわけではないけど、菅野のフィールディングの良さが無失点で切り抜けられたと言うものだった。
菅野がどうのというより、リードしてる小林が気になった。
このイニングの3人の左打者への入りがすべて内角のボールゾーンへ食い込むカットボール。
菅野に投げ損ないがなかったからすくわれたものの、もっと工夫がほしい。
因みにこの左打者への初球以外の投球パターンがほとんど同じだったことを思うと、昨日書いたリード面でのムラが今日も出ていたということになる。

打者は阿部がいい状態を続けていてくれてる。
先制ホームランと言い、タイムリーと言い、今日は阿部だけで得点したようなもの。
だまたもや行った打順変更はまったく機能していない。
やっとの思いで得た四球のところで、なんと菅野がヒット。
5番以降はノーヒットだった今日は、相手が勝手に転んだようなもので、そこにつけ込めたのは阿部だけだったということ。
クリーンアップの3人はいつも打てるわけでもないし、誰か一人が打って役割を果たしてくれればいいし、目立たなかった坂本もマギーも粘りは感じられた。

だけど、このチーム、エースと4番がこれだけ仕事して、何故後に続いていけないのか。
勝ってもちっとも充実してないし、勢いも感じない。

ヒーローインタビューで阿部が言ってた言葉、「固いですね」というのが印象的でもあった。





2017. 05. 15  
野球のポジションは9つ。
捕手から見ると扇の形で野手が散らばってる。
この扇を束ねるには、捕手から見て、投手、セカンド、ショートを挟んでセンターに至るまでのラインをしっかりさせたチームが強力になるのは昔からそうだった。
投手はともかく、それ以外のポジションとなるとショートの坂本だけが攻守にわたっての柱になってる。
しかし、それ以外のポジションがしっかりできてないことがチームのムラを生み、チームの基盤が出来ていない。
センターは立岡が起用されてることが多かったけど、野手はそのまま攻撃でしっかりバットを振れる存在でなければならないところ、まったく機能してないのと同様で、それは走塁にも現れてる。
セカンドでの起用が多いのは中井だけど、守備的にはアマ以下。
そうであれば、もっと攻撃的であり生きの良いところを見せて欲しいけれど、打つべき球をしっかり叩けないでいるから持ち味が出ていない。
捕手は小林。
WBCは出来過ぎ、ツキ過ぎで昨年の塩梅が基本であって、そこに自主トレでの阿部エッセンスがどれだけ浸透するのかと思ってたけど、リードには試合ごとの大きなムラがあり、扇の要としては物足りない。
よくほきゅ動作がどうのと言われるけど、状況に応じて投手にどの球を投げさせるべきかが徹底できておらず、それが無理な捕球体制となって、他の野手に守備位置をどうとらせるのかまで考えさせるに至ってはいない。
もっと問題なのは打撃だけど、扇の要として自らの理論を構築できなければバットは期待できない。
そこに犠打がとにかく下手ということがついて回る。

一つのポジションを一人で、、、というのはある程度のレベルまで選手が来てるなら、もっとしっかりしろということになるけれど、そんな選手はいない。
であるならライバルの存在が不可欠で競い合わせないといけないし、それでも時間はかかる。
巨人は常勝、、、などと昔の夢を見てる者が多すぎるし、常勝でありたいのは何処の球団も同じ。
ただ、注目の度合いは違う。

捕手は小林を脅かしてほしかった宇佐見が負傷したし、他には見見当たらないこともあって、実松をもっと有効に使うしかない。
セカンドは、ファームにクルーズ、藤村、辻、吉川大などがいる。
守備的に感心する選手はいないけど、どの選手の特徴をチームに生かすべきかを考え、更に1軍にいる寺内、吉川も含めてセカンドで起用すべき選手を3人程度に絞って、起用を考えてほしい。
センターを守れる選手が「意外といない。
立岡の他には橋本、長野が候補だろうが、守備的に不安視されていそうな石川をセンターで固定しても面白い。
石川は思い切りバットが振れるところが魅力だし、足もそこそこで思ったよりも守備的に悪くないと思うのだけど。

セカンドにマギーなどと無責任な声は聞こえるが、マギーは打棒好調なのがサード守備にでてるし、間違っても細かなプレーが要求されて大事なセンターライン上のポジションで起用して欲しくない。
ファームではクルーズが好調そうだし、未知数とは言え吉川は積極的に起用していかないと1軍に上げたことが無意味になる。

打順的には相手が右投手であろうが左投手であろうが石川で固定し、続けてほしい。
こうなるとセカンドが誰になるのか予想不可能の状態になるが、打順的には7番で考えてほしい。
積極的2番を勤められる選手などいないのだから、バットコントロールに長けた選手の起用が望まれる。

打順的にはクリーンアップだけは現状でいい。
そうなるとトップと7番をどう考えるかで、打線の肝が見えてくる。

今日、中川と乾が登録抹消となったけど、野手の中にもそうなっておかしくない選手もいた。
デモ抹消されてないところを見ると、今いる選手のやりくりで、、、と考えているんだろうが、もっとシャッフルすべきなんだろうな。
今、柱を構築するようにしていかないと、FA3選手が上がってきても勝負時にはどうにもならなくなる可能性が高い。
来年以降のことは今はいいとして、今年の夏場以降を見据えて積極果敢な起用と采配を望む。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
576位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
96位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR