FC2ブログ
2018. 04. 30  
巨人11対ヤクルト1

勝ち投手:野上 亮磨3勝1敗

誰が牽引車ということでもなく、あいつが打つなら俺も、、、という感じで良く打つ状態が続いている。
坂本は何が来てもヒットしちゃうし、小林も得点圏にランナーがいても状況的にプレッシャーがかかりそうなところでもバットのヘッドが立って前のポイントで打てる状態が続いている。
以前は機能しないことの多かったクリーンアップも頼りがいが出てきて、ゲレーロの状態が上がってきている。
岡本も今のところ波がほとんどない。
問題の6番7番も亀井が振れていることで、7番起用の選手が引きずられるように打っている。
見ていて、今日のヤクルト先発館山は、出来がおかしかった。
先頭の坂本が打てたことで、それ以降の展開が開けたように見えた。

先発野上も投げようと思えば、もう1,2イニング行けただろう。
上原が登板する機会を作ったことは、意外と効いてくるかもしれない。
野上の全体的なバランスは、投げる度によくなっており、これという球はないものの、野上の球を受ける小林はリードのし甲斐があっただろう。
上原はまだこれで、という状態には見えなかったけど、とりあえず結果が出たことでさらに次へのステップが踏める。




スポンサーサイト



2018. 04. 29  
巨人11対ヤクルト8

勝ち投手:田原誠次1勝

確かに阿部のヒットは2度目の同点に追いつくタイムリーとなって、チームのこれまでの主力のバットに明かりが灯されたという意味では喜びにはなったけど、貴重だったのは2度同点に追いつく展開は追いつくことで精一杯であるところ、相手に隙が出てたところに代打亀井が狙いよろしく勝ち越しタイムリーを放ったところだった。
それだけで終わらず、後続も続いてくれたけど、やっぱりこの阿部、亀井のベテランが逆転まで運んでくれたことは今日の勝ちに確信が持てた意味でも今後の影響が出るだろう。

3点を先制され、見事に追いつくも4点勝ち越され、、、しかも相手は主役の2人に3ランが2本も飛び出ていたという展開では、連勝が止まってしまうような気がしていた。
すぐさま、ゲレーロ、マギーの連続ホームランが出、吉川の好プレーで更なる失点を防いでいたということはとにかく目の前の試合を勝つことにチーム全体が前のめりとなっていたことの表れだった。
今季は岡本、吉川という若手がスタメンに名を連ね、岡本は現時点で打点王であり打率も3割を超えている状態。
吉川は打率が思ったほど伸びちゃいないけど、打線を活気づけるヒットと、仕事ぶりがしっかりしてる凡打、守備の上達が早く日々工夫がみられている上に走塁面での躍動がすごい。
この若手の活躍に、外国人選手もそれ以外の選手も鼓舞されて結果を出してくれている。
きっと、打撃のことでいろいろ言われていた小林は、忸怩たる思いを秘めて打撃を磨いたんだろうな。
その小林も大城の出現と岡本、吉川の活躍ぶりに刺激されている。
状況的には両外国人選手が売ってくれたことも大きい。
けれど、ここまでの戦況と状態を思うと、若手野手の躍動がチームに大いに火をつけていると思う。

リリーフに出た宮國、田原、沢村はよく投げていた。
宮國にはかわいそうな面もあったけど、これは先発田口がちっとも状態があってこないことの影響があった。
いくら力いっぱい投げても、打ちごろの球でしかない田口の球が上ずって、当初はストレートだけはよかったものの、変化球がまるでダメな状態はストレートまでダメにして、当然の被弾を浴びていた。
いくらなんでも、ここまで登板の機会を与えられているのだから、状態をしっかり上げてこいよ、そのためには走り込んでもっと身体にキレを生んでこないとこのままでは、、、という感じに見えた。
カミネロいついては登板間隔の開けすぎといううれしい悲鳴。
野手陣に関しては文句なし。
言うとなれば田口に関してだけだった。




2018. 04. 29  
巨人3対ヤクルト0

勝ち投手:菅野智之3勝2敗

やっと帰ってきてくれたという気がする。
菅野という投手は、器用な投手で球種が実に豊富で、ここまでの価値につながった試合でのピッチングは、そうしたことによるやり繰りで勝ってきた気がしていた。
どんな投手も基本はストレート。
制球力なのかキレなのか、球速なのか、球威なのか、はたまた見せ球とするのか。
これまでの菅野に感じていた物足りなさは、そうしたストレートに関するものだったと思う。

このストレートがここにきて、ギアが上がった感じがした。
球速のであるストレートに球威が伴えば、若干シュート気味になるらしい。
でも、それも気にならなかった。
ちょっと中に、あるいは高めに行ってしまっても、球自体に球威がたっぷりあって軌道が落ちなかったため、打たれる気がしなかった。
程よく交える変化球もスライダー系の球が非常に効果的ということもあったし。
相手バッターのバットの芯気味に当たる場面はほとんどなかった。
これで、もっと状態が上がるというのだから、本来の菅野が帰ってきたと見ていい。

この9連戦の初戦だった今日の試合を一人で投げ切り、なんと完封というおまけつきは今後の戦いに意味あることだったと思う。

攻撃的にも両外国人が打ってくれて、吉川の攻撃的な走塁はチームの方向性がそういうことができる状態にあるということで、前のめりのプレーができているということ。
明日以降の試合も楽しみなる要素が満載だった。




2018. 04. 25  
巨人20対中日4

勝ち投手:吉川 光夫1勝2敗、セーブ:中川 皓太1S

11四死球ももらった試合は20得点という63年ぶりの記録を刻む試合だった。

両軍先発は左腕、ただ、両投手とも出来が良かったわけではなかった。
ストライクを取る球に意味が薄く、気がしっかり入ってないようだった。
吉川はローテーションに入りながらいまだ勝ち星なく、大野は先日までファーム。
腕を振って投げていたのが吉川で、投げる腕が遠回りしたり押し出すようだったのが大野。
従って、より大野の球には球威がなく、これはより得点できるかもしれない、けど、昨年までのイメージがというところだった。

猛打賞が4人、4打点が2人というのはゲレーロが着火点になったように見えた。
ゲレーロには昨年までの大野のイメージはなく、今日のようなピッチングならコンパクトに打ち返せればヒットになるように思えたけど、それがしっかり実践できるとは思わなかった。
フルスイングも大事なことで、あそこまで振れること自体もスゴイものだなと思っていた。
どこでそれを抑えつつコンパクトに行けるのか、そうなったら打線的に大量点を引き出す要因になると思ってたけど、格好の相手が大野ということになった。

今の状態なら5番以降で得点のきっかけを作り出したり、得点することはできてもゲレーロのところで切れてしまっていた。
小林の存在が大きいのだけれど、9番は投手であり打つとは思ってないことと3番位は打線の中核を担う期待度が高いことが打順的な意味の差。
ホームランは打ちごろの球をしっかりたたけばいいのであって、ゲレーロが今後も今日のようなバッティングをしてくれれば、打線的には期待が持てると思う。
坂本にはようやく今季第1号が出て、期待の岡本も大味にならずしっかり自分のバッティングをしてくれた。
ヒットこそなかったものの、吉川も仕事をしてくれた。
役目をしっかり果たせれば自ずと点は入る。

この勝ち星をきっかけに吉川は、もう少し状態を上げてしっかりローテーション投手ということを見せつけて欲しい。
今日の試合、難点を言えば中川。
もっと腕を振って低めへ投げ込む気概を見せないと、先発は苦しい。



2018. 04. 24  
巨人3対中日1

勝ち投手:山口 俊3勝

今日、鉄人衣笠氏の訃報が流れた。
まさかの一報だったけど、言われてみれば先日のBS放送での解説ぶりはどこか悪そうだなとは思っていた。
とにかくタフでケガに強く、ケガしても欠場しないレギュラーで、昔の各球団のレギュラー中のレギュラーにはこういう人物は何人かいたもので、近年では金本や鳥谷がそれに近いとは思うけれど、故・衣笠氏のイメージと印象はそんなものじゃなかった気がしてる。
西本に四球をぶつけられ骨折してるというのに翌日は代打で出てきた。
迎えうった江川もわかっていて、真ん中にストレートを3球投げて、3球とも空振りしていた印象はこれ以上強いものはなかった。
惜しい人を亡くしてしまった。
ご冥福をお祈りしたい。

そこまでいかなくても今日投げた山口も凄かった。
球速以上の球威は、見ていて多少甘くても打たれる気はしなかった。
制球という面では先日のピッチングの方がよかったとは思うけれど、その時のしり上がりによくなっていったピッチングは今日になっても生きていた。
振り出していた雨は雨粒が大きくなり、量も増えてコンディションは悪くなる一方だったけど、そんなことも意に返さず、まだまだ投げられそうでもあった。

野手陣の攻撃模様は5番以降でなんとか得点を、、、ということだったし、両外国人の状態が上がってくるまで待つか、打順をどうにかするしかないのだろうけど、戦術的にどうしかけていくのかも大きな問題。
あの小林が首位打者の位置にいるくらいバットが振れてあたっている、
岡本はもちろん、今日起用されている亀井も触れているこの状態で、この3人を軸として1点でも多くの得点を挙げるしか方法はない状況で、今日の作戦はもっと戦術的に考え直してほしい。

少ない得点は山口のタイムリーも含まれている。
それでも山口のピッチングには危ないという気配すらなかった。
2試合連続完投というタフネスぶりを生かすも殺すも明日の吉川次第。



2018. 04. 22  
阪神1対巨人10

勝ち投手:野上 亮磨2勝1敗

万遍なく、、、投打ともにそんな感じがあった。

打線は猛打賞を打った選手が何人かいて、そのうち2人が1発を含んでいた。
見ていてこれだという打撃をしていたのは岡本。
タイムリーに3ランとくればそう見える。
いい打撃で、いいミートポイントだったし、力が分散せず集約した打撃を展開してた。
それと亀井の状態の良さは、そのままバットの振りに出ていたと思う。

変身先発の高橋は、オープン戦の時に対決し抑え込まれている。
その時のイメージが強かったかもしれない。
けれど、球が来てなかった。
現場としては実際にバッターボックスに入ってみないと分からなかったのだろう。
一回りした時点から打ち始めたのがその証であり、ゲレーロのタイムリーは大きな起点となった。
打ち方としてもよかったし、狙いもよかった。
岡本のホームランは真ん中高めの半速球のような球、ゲレーロのホームランは同じコースのカーブ。
それ以外の安打はほとんど真ん中からやや外目の半速球(ツーシームやカットを含む)のような球で、ベンチとしての目付がそこに行っていたんだろう。

先発野上は特に良いという印象はなかった。
ただ、1度も同じ球種や同じコースという球はなく、内外、そして持ち球をバランスよく投げ込み、援護を得てから更に磨きがかかった。
迫力はないけれど、こういう万遍なく球を散らすピッチングが本来の姿かもしれないな。
徐々に野上の姿が見えてきたような気がする。





2018. 04. 21  
阪神0対巨人3

勝ち投手:田口 麗斗1勝1敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ3S

久しぶりの連勝となった。
先発田口の生命線は、球速でも球威でもない。
右打者の時の内角低めへのストレート、あるいはスライダーの精度とキレ。
今季ここまで結果が出てないのはそうした球がしかり投げられておらず、キレもなかったことから配球バランスを失って打ちごろの球を真ん中付近に投げてしまったことにある。
ここにきてようやく球自体には勢いとキレが出てきた。
でも、右打者の内角低めへ投じ垂れる球は、中に入ってしまい、思ったところへは決まってない。
ボール一つ分くらい、ボールゾーンへ行ってくれればまだしもストライクゾーンの中へ入ってしまうので四球こそ少なかったけれど、被安打が多かった。
本人が言ってたように今日は野手の好プレーが多く、それは巨人だけではなかったけれど、そうしたことが無失点で5回まで行けた要因だと思う。
もう少し見れば、ストライクゾーンの中だけでなく、高目へもいってたので、もうこれは野手の好プレーだけではなく、キャッチャー小林の苦心の成果でもあった。
チーム2本柱とか呼ばれて、気負いがバランスを失い、ここまで勝ち星が上げられなかったことの焦りもあったかもしれない。
先発の柱としては合格ではないものの、それでも状態は上がりつつあるようだし、ここで一つ白星が付いたことは次へのステップっを踏むのに、いいきっかけになるかもしれない。

HEROインタビューは田口が受けていたけど、今日のHEROはリリーフで無死満塁を無失点でで抑えた澤村。
四球こそ出してしまい、3ボール2ストライクのパターンが続いてしまったけど、焦らず自分の球を投げてしっかりしたリリーフぶりは、澤村もこういう場面を抑えられて自分の力感はどこに置いたらいいのかというポイントが感じられたと思う。
今後に期待ができるという意味では、いいリリーフだった。

打線は可もなく不可もなく。
岡本の力感と亀井の鋭さが、この打線で得点できるカギで、小林のバッティング面での好調さはバッターでありながらキャッチャーとしてのバッティングが出来ているということで、そこが昨季とは違うところ。
3、4番のバッティングが得点を生まない要因みたいだけど、マギーは意外と心配してない。
けれど出塁率が高いわりに得点圏打率が低いゲレーロを、どう見ていくか。
打順的なポイントはここなんだろう。

今日は阪神先発が秋山で、もっとロースコアになると思われたけど、昨日安打を重ねた原口が初マスクで、今季初バッテリーが相手ということにも助けられた面もある。
ただ、久しぶりの連勝に浸ることなく、今の状態をしっかり把握して明日に取り組んでほしい。



2018. 04. 20  
阪神2対巨人8

勝ち投手:菅野 智之2勝2敗

今は投打に少しでもいい結果が欲しい。

平日のナイターをはじめからみられるほど暇ではないので、当初は数字だけを追っていた。
先発菅野は無難な立ち上がりだし、ほとんど打たれていなかったところを見てるとやっと状態が上がってきてるのかなと思ってた。
ようやく見始めてみたら、結構違ってたな。
先発で長いイニング投げる投手は、常に全力投球ではないのは当然のことでうまくペース配分を考えながら投げるもの。
だけど、菅野のストレートは明らかにシュート回転して精度が良くなく、そのストレートを多めに使っていた序盤はなぜ打たれていなかったが疑問ではあった。
横の変化球でカットやスライダーを多めに使いだしたけど、制球力は菅野にしてはいいものではなく、失点もストライクを欲しがり過ぎというかストライクゾーンでの勝負を挑みすぎ。
もっとボールを有効に使ってもいいと思うし、状態を上げてくればそれが十分できる投手のはずだけど、そこまではいってないということなんだろう。
でも、2失点で抑えたのは菅野の気持ちの強さなんだろうし、打線が早めに多くの得点を挙げていたせいでもあるんだろうな。
シンカーを投げず、ワンシーム系も投げずにフォークを使っていたところに今の状態が見て取れる気がする。

打線は運よく大量点となってたけど、感心したのは小林のタイムリーだけといっていい。
ここまでのバットの状態ならば、小林のバットにもっと信頼感を与えてもいいではないか。
藤浪はいい球とよくない球がはっきりしてたけど、クリーンアップで8三振は全く駄目だ。
ゲレーロが記録上はタイムリーとなったけど、あっち向いてホイの打撃で打球が変則回転して阪神ファーストがえらーしただけ。
一体打線はどうなってるのだろう。
打順編成だけの問題ではない。
極端に言えば打ち出す時、若干顎が上がってしまっている。
それでは球はとらえきれないし、今日は運が良かっただけで何の根拠もない。

結果が少しでもほしいのは投打ともに同じことで、明日以降の状態が劇的によくなることはないだろうな。



2018. 04. 19  
DeNA5対巨人0

負け投手:吉川光夫2敗

ポテンシャルは高そうな感じがする投手・吉川は、移籍前から自分の今の状態がつかめておらずここまで来てしまったか感が強い。
フォーム的には単調で相手打者には打ちやすいタイミングの投手であるところ、勢いのある球威たっぷりのストレートを、それこそズドーンと投げ込んでくるものだから意外にも打たれない。
フォークとか落ちる球、あるいは緩いカーブで緩急をつけられればそこそこにいいピッチングが出来そうなものだけど、悲しいかなストレートにしても制球力がなく、変化球には緩急をつけるほどのキレがない。
しかも、いつかどこかにいた外国人投手のようにランナーが出てしまうと、落ち着きなく別人となる。
今日の初回は筒香への四球からだったけど、意外とここまで登板した試合では四球は少ないのだけど、それを出してしまってからが問題だった。
わずかな修正が何年も出来てない。
一人のランナー、しかも足がなく2死とくればバッタオンリーで全力で取りにいかなければならない。
けれど、吉川の視線は下を向いていた。
ストレートであれ、変化球であれ、制球力を重視したのではなく、どこへ行くのかわからない、そんな感じだった。
球威自体が失われていたからその後の連打は当たり前。

先日の初回5失点もそうだったけど、ヨーイドンで3失点されれば士気は下がる。
もっときつく言えば、吉川には投球テンポがまるでなってないから、次へのリズムが生まれない。

これをコーチがどう見るのか。
投手コーチとバッテリーコーチは吉川にどういう指示を出し、今日のピッチングを同会医者くするのか。
バッテリーコーチは無能だから最初から期待などしてないけど、投手コーチはファーム状況と合わせて早期に見直すべき時が来てるのかもしれない。



2018. 04. 17  
DeNA2対巨人3

勝ち投手:山口 俊2勝

山口の投球を見始めてから、DeNAは1本のヒットも打てなかった。
打たれる気がしない、球に触れることもできなさそうな山口のピッチングは、球速では現れない球威たっぷりのストレートが基本だった。
フォークの落ち具合も精度も凄かったんだけど、ストレート1本で行ったって打たれるような気配もなかった。
球数が100球超えても、、、というか最後まで落ちるどころか威力を増していた球威は、山口が他にはない強靭なスタミナがあった証拠。
チーム初完投、14奪三振というおまけは、当然のようなピッチングだった。
こういう姿を見たくて、チームが負けていても見続けてきたんだよな。

亀井の2ランは相手投手の執刀を逃さず、よく打ったものだけれど、今日は山口のピッチングに尽きる。
こういうプレーの後に続いて行ってほしいものだ。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR