FC2ブログ
2018. 11. 30  
来季は多分、坂本と岡本を軸に打線が編成される。
坂本も岡本も右打ちで、軸となる左打者が欠けている感じがした。

吉川や田中など、ポジションを争いそうな左打の選手はいるけれど、往年の阿部や高橋由は超ベテランや引退してしまっている。
亀井にしてもベテランだし、岡本のサード起用を監督がほのめかしているのだから、ファースト起用となる選手はスラッガータイプの新外国人と思いきや、右打ちのビヤヌエバであり、契約がもう1年残ったゲレーロも右打ち。
喉から手が出るほど、左打ちのスラッガーは欲しかった。
そこでFA宣言をしていた元広島・丸。
なんとなく広島残留かと思っていた。

FAという制度が生まれてからは、自分が生まれた場所等を考えた移籍や残留が多くなった気がする。
丸は千葉から出てきたのだからロッテと思えるところ、居を構える場所を首都圏と考えると、ロッテ移籍はないような気がしていたし、いくら千葉から出てきたとは言っても広島に入団して頭角を現し、しかも家庭もそこにあったとすれば残留の想いが強かったというところ。
だからいい意味で意外だった。

丸の魅力は、基本的に選球眼が良い上に出塁率が今季リーグNo.1だったこと。
その上で打率は3割を超え、ホームラン数も飛躍的に伸びて長打力に長けていた。
巨人はまずセンターラインをというところ、捕手で炭谷を獲得したことでレベルの高い捕手陣の争いが生まれそうになった。
次に内野ではなく、目についた盲点が外野陣だった。
ベテランだらけで、選手の故障が多い。
特にセンターを固定しないとチームの中心軸がしっかりせず、野球そのものが変われない。
守備についても走力についても優れた丸は、正にうってつけであるところか巨人の野球を変えてくれる大きな要素になってくれると思う。

巷でいわれるように3番センターで起用される可能性が高い。
4番は岡本、仮に5番にビヤヌエバとすれば3番に左打ちで出塁率のいい丸がハマれば、相乗効果を生む。
坂本は1番での起用が多くなると思われ、2番に誰がハマるか、後に起用される丸と岡本次第で、大きく戦術が変わる。

マスコミが想像言い条にうるさく、要らないOBの声も聞こえてくるだろう。
あらぬ言われ方もするだろうし、誌面とニュースにおける丸と本当の丸の姿に大きく乖離したものが出てくる。
そこをどう凌いで、丸らしい鍛錬とプレーができるのか。
1歩ずつ丸らしさを発揮できるよう望む。


スポンサーサイト



2018. 11. 24  
若手主役の秋季キャンプも終わった。
問題はこれから春季キャンプまでの間に、選手もチームもどういう方向性をもっていくのかということに尽きる。
今のチームについては、監督をはじめ首脳陣が大幅に刷新され、GM制度もなくなり、昨年とはまるで違う状況に置かれているということを前提に、何処を強化し、育成と補強をしていくのかが問題。
決まってるのはエース菅野がローテーション投手の柱ということと坂本がショートでスタメン、4番に岡本が座るということだけでそれ以外はまるでわからない。
投手に関して言えば、先発とリリーフ組をどう振り分けていくのか、リリーフ組においてもストッパーをどういう具合に考えているのかは興味度が高い。
内野手については、阿部が捕手復帰を決めた以上ファースト固定ではなく、多分岡本がサード、坂本がショートだけがそうだろうなと思う位で、セカンドは吉川尚、田中との争いになるだろうけど、若手が割り込んでくるようだと面白い。
捕手は、小林、大城、宇佐見、岸田と数はいるし、日本シリーズでのソフトバンク・甲斐を見るに小林の躍動を求めたいと思っていた。
そこに阿部の捕手復帰は、まだ打つ打たない意外に捕手として小林のリードぶりには問題があると見られていたという感じがする。
そこに今日、西武でFA宣言をしていた炭谷に移籍が決定した。
単純に捕手だけでも炭谷、小林、大城、宇佐見、岸田、そして阿部がいるということになる。
監督はエース捕手を求めているとみているが、それが炭谷と思うのは早計。
炭谷と阿部もタイプが違う。
この2人からエース捕手として、小林、大城、宇佐見、岸田から誰が出てくるのか。
小林も気が付けば三十路。

小林以外の大城、宇佐見、岸田は捕手以外のポジションでも打撃能力が発揮できそうだけど、まず捕手としての競争に参加させないと。
誰も出てこれなければ炭谷、小林、阿部となるだろうけど、来季1年見てみないとこれは分からない。
最近は複数の捕手併用のチームが多くなっているけど、捕手は1人に固定できるに越したことはない。

捕手は現場の監督であり、ベンチの指示を基に扇の要で全体を見、そしてリードしなければいけないけど、自分だけが考えるのではなく、投手を含めた他の野手陣にも同じ方向性で考えさせなければならない。
だから余計に経験がものをいうということになる。
捕手が打者として打ってくれるに越したことはないけど、バッターボックスでも捕手として考えればいいところ、何故か忘れてるケースが多い。
バッターボックスで相手捕手として考え、自分だったら何を投げさせどういうピッチングをさせるのかで、待ちが見えてくる。
最近の捕手は、打撃だけがいい、肩だけがいい、配球だけが長けているという捕手が多く、2つ以上の要素を併せ持つ捕手はどのチームにもいなくなった。
巨人は、捕手というポジションのコーチにいい人材がおらず、外から見ている者としては中日ヘッドコーチになってしまった伊東氏の招聘に期待していた。
しかし、こうなればコーチも含めて切磋琢磨していく以外になく、炭谷の獲得や阿部の捕手復帰を認めたのはそういうことだったのかもしれない。



2018. 11. 04  
今年もソフトバンクが優勝し、2連覇となった。
巨人がセリーグ3連覇を果たした時ですら、日本シリーズでの連覇はなかったのだし、今年のソフトバンクはえっこうな負傷者が出ていたのだから、これはもう偉業と言えるだろう。
特にどちらのチームのファンもなかったけど、考えてみればもう何年もセリーグから日本一は出ていない。
交流戦でもいいように足られているのだから、セリーグ各球団は根本的にチームの編成状況と志向等を考え直さないとしばらくは対抗できないだろうな。

そんな中、ソフトバンクの甲斐の肩が注目を浴びた。
広島の盗塁をすべて差し、もう一人の高谷まですべて差していたのだから、これは捕手の肩だけの問題ではないだろう。
ピッチャーからの投球を受け、盗塁を図ろうとしたランナーに向けての送球が恐ろしく早く、無駄がない。
投手がストレートを投げようと変化球を投げようと同じだったけれど、広島の特性が良く研究されていたのは投手がほとんど落ちる球を投げていなかったことに表れている。
配球もリードも、広島対策がしっかり練られて実行されていたということだ。
しかも、どの投手も出塁を許してしまった後の、マウンドさばき、牽制とかクイックとかが良く鍛錬されていた。
されていたからこその甲斐キャノンの効果が如実に出て、広島は目をつまれてしまった。

捕手の肩と言えば、巨人・小林も相当なものがある。
スローイングの正確さと速さは勝るとも劣らないモノだろうとも思う。
打てないことばかりが注目されてしまう小林は、その特性を生かすための準備をしてるのだろうか。

ベテラン捕手が去り、中堅だった河野が消え、小林・大城・岸田等の捕手が今後リードしていかなけばならない状況において、新人も入ってくるだろうし、それだけではなく外部から入ってくる投手、それに来季も頑張ってもらわなければいけないチーム全投手が来季はどんな取り組みを見せようとしてるのかを把握して、捕手として求めるものを浸透させないといけない。
新たに相川バッテリーコーチが来たけれど、これも新たな水野・宮本投手コーチと相まって、今の状態どういう具合にしなければいけないのか、その考えを一本化してくどい位話して浸透させておかないといけない。
日本シリーズはある意味、捕手の差が出ていた。
これを指導者がどういう具合に自分のチームに置き換え、そして考えを引き出しているのか、捕手自身だけの問題ではなく、指導者も新たな目と洞察力が図られている。


プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
55位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR