FC2ブログ
2019. 01. 28  
マシソンがどこまで回復しているのかと思ってたけど、まさかの罹患で3軍スタートとは思わなかった。

昨年までの終盤を閉めようとする場合のリリーフ投手は、現在皆無。
新外国人クックは、見たこともないので何とも言えないけど、早くて重そうなストレートがどれだけ制球できるのか、このストレートを生かすための変化球がどれだけのものか、そしてどれだけリリーフ投手としての適性があるのか、試合終盤の3ピースに入ってきてくれればいいと思うけれど。

今期からリリーフに回る左腕吉川。
昨年終盤のリリーフ振りを見ると、期待度は高い。
球威あるストレートを生かすために、とにかく低めへの投げ込みと左打者を迎えた時の外角球のゾーンとの外と内の出し入れができるだけの制球力がどれだけ保てるのか。
昨年のリリーフ振りは短期向けの投球であり、シーズン最初からどれだけのリリーフ振りを見せられるかどうかは力だけに頼ったピッチングではいけないだろう。
問題は内閣にせよ、外角にせよ、制球力で吉川には左打者であろうとなかろうとしっかり奮闘できる投手であってほしい。

それと鍬原。
短いイニング向きの党首であることは、少なかった昨年の登板機会を見てて感じたこと。
ある意味、右の吉川版で武器となるシンカーの使いどころがキーになるだろう。
けれど、プロ入り初めてリリーフとして迎えるシーズンに当たって、オープン戦でどれだけのピッチングを見せてくれるだろうか。

この他に先発を断っても選んだリリーフの道で澤村がどんなピッチングスタイルを見せてくれるのか。
経験者は澤村のみといっていいのだから、期待するところは大きい。

この投手たち以外にも左腕中川が昨年の経験を踏まえて、どれだけ前進してくるのか、宮国が意地を見せるのかと期待できそうなところ、ポイントは多い。

全部がいいというわけでもないだろうけど、全員がダメということもないだろう。
誰かが出てきて、それで数だけでも構築できれば後はベンチの使い勝手で、面白い展開になるかもしれない。


スポンサーサイト



プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1091位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
164位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR