FC2ブログ
2019. 03. 31  
広島3対巨人6

勝ち投手:中川 皓太1勝、セーブ:ライアン・クック2S

今期様々な補強をし、いろいろ書かれたり言われたりしてたけど、必要と思えば補強はすべきだし、何年も勝っていないのだから当然のことと思う。
昨年までの負の連鎖を断ち切るために、選手の意識を変えるためにも監督の交代は当然のことと思っていたところ、原監督の3度目の登板。
球団OBに固執する球団が、他に候補が見当たらず、育成もしていなかったことによるものだけど、濃いも酸いもわきまえて勝負どころを見逃さず勝てる監督という意味では最大の補強だった。
攻撃的打編成は、当初2番に丸をと持っていたところ、坂本になった。
確かに3番打者が2人いるような感じになってるけど、まだ坂本も丸もどうすればいいのかまだまだの状況である。
岡本が力んで下半身が使えないことから、結果が出ていない状況で6番にゲレーロを起用したのは、監督の眼力によるもので、これでなんと敵地で勝ち越す大きな原因となった。

監督の存在は大きく、今日の最終回、あの広島に連続失策が出ていた。
ここでの犠打指示は至極当然なことで、一つの失敗はあったものの、結果として吉川のツーベースを招いていた。
スモールベースボールを揶揄するものも少なからずいるけれど、勝負所でのこの指示は勝つことのポイントとして思えばだれが監督であっても同じことを指示するだろう。
ただ、原監督の存在の大きさは、1死1,2塁で吉川を迎えた時、広島守備陣が極端な前進j守備をひいたことに現れていた。
連続犠打の試みと、吉川は左打者だから特に左翼の前に打球が来ることはあっても超えることはないという読み。
ここを超える結果が出て勝てたのだから、監督のタクトには唸るしかない。

投手については昨日のヤングマンに続いて畠も、可もなく不可もなく、今期初登板と想えばこれが精一杯だったのだろうと思う。
5回2死で相手バッターが左とはいえ、戸根へのスイッチには恐れ入った。

確かにリリーフ陣には実績がないけれど、実績があるから機能するわけではなく、今期の仕事・役目をしっかりわきまえるようにしておけば機能してくるはず。
左腕カルテットも形を成したけど、登板という経験でもっとよくなるものと思えたし、クックもオープン戦とは別人のように見えた。

右のリリーフが心もとないけど、今日は桜井が、、、であった。
ただ、状況を思えば当然に起用で、起用法については間違いではない。
次の機会に期待したいところだ。

打者についてはようやく丸に1本出た。
これで同本来の姿に近づいていくのかというところだけど、もっと積極的な内容を見せてほしい。

岡本は先に述べた通りだけど、丸より心配で、ここをどう捉えるのか、明後日からの本拠地開幕が見もののような気がする。


スポンサーサイト



2019. 03. 30  
広島2対巨人5

勝ち投手:テイラー・ヤングマン1勝、セーブ:ライアン・クック1S

何とも不安げなヤングマンの立ち上がりだった。
ストライクが全く入らず、どこでリズムをつかむかと思ってたけど、広島:菊池がいきなりフライを上げたことで、その後エラーでピンチ拡大となったけど、4番鈴木を三振に打ち取るリズムが生まれた。
若干クロスステップするヤングマンの踏み出しは、その特徴であるカーブに切れを生み、非常に効果的になる上に、ストレートが自然にツーシームにある副産物を生む。
予想通りの好投だった。
開幕戦の汲々とした雰囲気も若干やわらぎ、今日敵地で勝てたことは今後に役立ちそう。

目を引いたのはゲレーロ。
開幕前から力み返ることに亡くなったフォームは、入れ込み過ぎ、気負い過ぎがなく、来た球をしっかり叩こうとする姿に見えていた。
だから、ランナーがいた時に力み返る昨年までの姿が消え、今期はまるで別人だと感じてた。
最初のタイムリーはインハイの意外と難しい球で、力むと空振りかポップフライになるところ、ヒットになってるのだから期待通りだった。
その力みが消えてるのは、打撃フォームだけではなく、守備においても同様だったのだから、今期の望む前に監督といい話ができていたものだと思う。

リリーフ2番手の中川の球質・勢いがまるで変ってた。
キレもよく、精度も昨年以上のものを見せ、これなら勝ちパターンに、、、と思う得るほどいい内容だった。

逆に心配なのは丸。
ヒットが出ない結果ではなく、打席内容において球待ちの姿、考えがこれまでにない姿になってる。
支給をきちんと選ぶことも大事だけど、積極性をもっと見せないといけない。

まだ開幕2試合目。
今日は寒かったし、風の影響も結構あった。
どこでリズムをつかむかは、投手だけではなく、野手においても同じ。
多分、タイトな試合が続くだろうけど、投手のピッチングのリズムには関係なく、自分の置かれた状況と充てチームへの洞察力の確認作業の中、一歩先んじた読みを展開した攻撃を期待したい。





2019. 03. 29  
広島5対巨人0

負け投手:菅野智之1敗

やっと始まったという感じで、途中から見始めた。
見始めた途端、菅野の失投が先生ホームランを招いていた。
高いと思った球がはじき返されていた。

開幕は緊張するものだけど、しかも今年はビジター、昨年まで大敗してる相手では菅野と言えど緊張しない方がおかしい。
悪くはなかったけど、力みというより力が自然に入っていた。

ホームでの大瀬良の緊張はほど良かった感じで、制球力、バリエーションがうまくはまっていた。
ヒットは出るものの、それ以上のケガをしないピッチングはホーム開幕の有利さだったんだろう。

丸が丸裸にされて、徹底マークを受け4三振。
これはまさかの結果で、悪夢だったと思う。
ここからどう立て直すかな。

丸も予想外だったけど、菅野次に大江を起用するとは思わなかった。
まだ1軍未経験のピッチャーに、接戦とはいえわずか1点のビハインドで起用するのはあり得なかった。
こういう時の経験者じゃないのかな。

まあ、まだ始まったばかり。
明日以降の試合内容が問題視される。



2019. 03. 23  
昨日かな、激励会が行われたのは。
どういうわけか、監督が1番から4番までの打順を発表してしまった。
吉川のトップ・セカンドはきちんと結果が出てるからまだいいとして、坂本と丸はこれでいいのかな。監督が決め打ちすぎの感があるなと思ってた。
いつかはどこかにはまって結果を出してくるだろうと思うけれど、現時点では納得させる結果が出ていない。
開幕まで残り1週間で、フィットしてくるものだろうか。

今日の試合、陽が気の持って行き方が良くなったのか、球待ちの具合がよくなって内容のある結果をだしていた。
大城のバットの具合もよく、今の状況では主戦捕手は決められないだろう。
最終回に信じられないボーンヘッドがあったけど、奏者だった石川も3塁コーチの元木にも原因があった。

それより投手陣が気になった。
菅野の被ホームランになったスライダーは球1個高く、その後登板した上原も浮くということではなくどうしてもうちごろの高さに球が行ってしまってた。
ヤングマンも若干その傾向があったけど、機体の吉川がこの期間にして初めて乱れていた。
吉川は感覚をどんな具合で開けるとか連投についての程度をもっとベンチが把握しておかなければならず、リリーバーとしての吉川をキャッチャーがもっと知らなければならない。
酷かったのはクック。
何がどういいのか分からず、あの投げ方はストレートを投げようとしても右打者の懐方面の弾は身体に向かってしまう腕の動きをしてるため、右打者の外に流れる変化球も変化が乏しい上に中に入ってしまう。
リードするキャッチャーの気配りも必要だろうけど、もっとフォーム的に正さなければならない。

昨年まで1軍リリーフ陣にはいなかった吉川、戸根、桜井、大江がここまでいい具合になってきてることからも各投手の具合と起用法をベンチがもっとしっかり把握しておかなければならないが、ストッパーについては全くの闇の中ということなっている。





2019. 03. 23  
大リーガーイチローが引退してしまった。
いくらどんなに優れていても、誰しもが迎えてしまうその日。
仕方がない、イチロー本人が決断したのだから、それは尊重しなければならない。

2000本安打とか200勝とか、超一流かそうでないのかはそこに一つの目安がるのだろうけど、イチローは遥かにそれを超えた存在でもあった。
記録した記録も去ることながら、取り組み方、心構えとその準備が誰もが思いもつかなったことを実践し、それは当初まるで修行僧のようでもあった。
だけど、走攻守すべてにおいて印象的だったし、結果としての記録もとんでもないものだった。
イチローの前にイチロー無く、イチローの後にイチローはないだろう。

大リーグの試合は滅多に見れないこともあってか、オリックス時代、そしてWBCでのプレーぶりが印象に残ってる。
特にWBCの決勝かなあ。
最後の最後で、いいものを見せてくれた。
引退に差し当たって、アメリカではなく日本でのプレーを、、、という記者質問があったが、もはや日本では賄いきれないほどの存在だったし、その質問は愚の骨頂だったと思う。
引退後、どうなっていくのかは誰にもわからないところだけど、日本の一球団の監督なには収まって欲しくはない。
世界に夢見せるものをアピールするような存在であり続けてほしいと思う。

余談だけど、くだらない芸人でバカなんだかダン〇ンだか知らないけど、言ってること自体が非常にくだらないことを言って、叩かれ、更に弁明してることを知った。
弁明にもなっていないことは、イチローを単なる一選手だったと思ってたことが証明してる。
あれだけ記録と努力で存在感を大きくし、追随を許さない選手が公式戦で引退試合を行ったとしても、ちっとも可笑しくない。
これを企画した球団と受け入れた相手球団ともに、イチローに敬意を称した証拠でもある。
大体、バカなんだかダン〇ンを熱狂的阪神ファンとかいう奴がいるけど、こいつはファンではない。
阪神どころか野球を見る者としては大失格者である
こういう輩がいるから誤解を招くわけだね。

2019. 03. 10  
5回無失点と結果からすれば好投したと思われる今村。
相手が現状打線が振るわない阪神ということを考えると、この結果はまだ1回きりだし、鵜呑みにはできない。

立ち上がりは腕が振れてなかった。
不意に棒球が真ん中に入ったり、腕を振ると微妙に外れてみたりと暗中模索のような立ち上がりだった。
徐々に腕が振れ始めていたけど、今日の登板でどこにテーマを置いていたのかがわからないピッチング。
不意に棒球が真ん中に入る傾向は降板するまで変わらず、球も決まっていたとは言い難い。
もっと必死に腕を振る、或いは必死なピッチングを期待して、その中で先発としてロングイニングがいけそうな雰囲気を感じたかったけれど、程遠かった。

昨季、蟻程度の手ごたえを感じたはずの今村は、それを成長させないと先発しても6回戦ボーイになってしまう。
今村に期待してるのはそれ以上のことで、ローテーションの枠を争うのではなく、枠をとって当たり前。
その上でどれだけ伸びてくれるのか。
そこなんだけどな。

今日のピッチングでは、例え先発枠が取れても打線がある程度の力を持ってるところなら崩される。

野手では石川の狙いすましたタイムリーがよかった。
ゲレーロの力みを感じないフォームが好印象だった。


2019. 03. 10  
侍ジャパンとメキシコの試合を見るとはなしに見てたけど、、、

勝ち負けはともかく、国際試合でどんなプレーをするかだけが焦点で若手ジャパンだった。

気になったのが途中からマスクをかぶった小林。
ソフトバンク高橋、ロッテ松永、ヤクルト梅野をリードしなければいけなくなった。

高橋に関してはmアンダースローでありながら結構球が速いということもあって、高めの釣り球を配するリードがほとんど。
低めを意識させる配球への気配りが全くなかった。

松永に関しては、スライダーシュートという横の揺さぶりの党首ではあるけれど、低めへの意識付けがなく、ちょっとだけボールゾーンへ外れた球の要求は的外れだった。

梅野については国内では速球もいいだろうけど、交際試合で酷。
制球力に乏しい梅野にここぞの場面でストレートの要求は投げ損ないを招く。

状況といってもその試合だけではなく、相手チームがどういうチームなのか、自分がリードする投手の持ち球と状況、それに応じた配球は同無くてはならないのか等々、思慮不足もいいところ。

若手ジャパンという中、小林はかなりの年上で若手ではないことを思うと、やりきれない。
どの投手のリードも小林の場合、同じに見えるといったのは元中日の谷繁だけど、全く同感。
言いたくないけど、異次元にいて根幹を逃してしまう今の若者のような感じで、意欲が感じられない。
小林の物足りなさがまたもや具現化してしまった試合だった。


2019. 03. 08  
今日のオリックスとのオープン戦はさみしい内容だった。

菅野が打たれてしまったけれど、球自体に問題があったわけではなく、まだ捕手炭谷とのバリエーションが取れてないということがはっきりした。
話し合いもそうだけど、実戦形式でマウンドとキャーチャーズボックスーズボックスとの空間での間合いの取り方とお互いの状態の読合いが大事ということで、もっと時間をかける必要があるということがはっきりした。
侍ジャパンのため小林は不在の中、コンディションが保ててない阿部は起用できなかったことから、丸々一試合炭谷がマスクを被ったけど、菅野だけではなく宮國との間でもまだまだバリエーションが取れていなかった。

3番手の中川の好投があったことが救いで、これは投手中川の状態の良さから球がキレていた証拠。

打線はトップ坂本、3番丸としたけど、まだまだ分からない。
それでも生きのいいオリックス投手陣の前でも内容のある打撃が欲しかったところ。

オープン戦だけに勝敗は渡返ししていたけど、それでも内容としては収穫に乏しかった。





2019. 03. 07  
今期の先発ローテーションはどうなるのく分からないけど、決まってるのは菅野一人。
聞く話だと山口もそうらしい。
で、3番手4番手がメルセデス、ヤングマンとなるみたいな話はよく聞く。
この2人には外国人枠の問題があり、やっと実戦登板したクック、今期のバッティングがよさそうなゲレーロ、、まだよくわからない新外国人ビヤヌエバと計5人いる。
このうち4人が1軍枠となるわけだから、1人はかけることとなるため、メルセデス、ヤングマンが先発ローテーションに決まるということでもなく、状況によっては登録、と登録抹消を操作してローテーションの3つ目の椅子を担うということになるかもしれない。
ローテーションは6つの椅子と考えると、6人の先発投手となるところ、外国人枠が絡めばそれ以上の辞任が必要となる。

だから田口、今村の両左腕にきたいしたいところ。
ところが両投手ともここまでの出来が良くない。
田口は球のキレがもう一つ、今村は何を投げても真ん中付近に球が集まってしまう傾向にあるように見える。
まだ若いのだから、しっかりアピールしてもらわないと、2人とも開幕ファームとなることもある。
オープン戦のみならず、練習試合、ファームでの試合など、実戦での登板で自分の現状をしっかり把握してテーマを持ってマウンドに上がってほしい。
田口は、1昨年までの実績をどうとらえるのか、今村は昨季の登板内容をどうとらえるのか。
これを無いものとして考えるのもいいだろうけど、日々状況は変わっているのだから自分たちも成長という変化を見せてくれないと。

この2人が出てくれば、効果はより大きくなる。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
374位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
71位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR