FC2ブログ
2019. 04. 30  
巨人1対中日3

負け投手:髙橋 優貴2勝1敗

4.30東京ドーム
久しぶりの野球観戦。

こう言っては厳しいだろうけど、先制した後の今日5番に入った石川のあたりはレフトを超えそうだった。
フェンスに当たったかにみえたけど、左翼手は落としてない。
1死1.2塁のこの状況でこういう微妙なあたりが出たときは、塁審と3塁コーチのゼスチャーや反応で確かめないといけないが、1塁ランナーだった岡本は眼だけ塁審のほうを見ていて、何も考えられなかった。
この時塁審はセーフのゼスチャーで、捕球してないとしていたのだから進塁は当然のこと。
まして2塁ランナーのビヤヌエバは進塁してたのだから、岡本は何を見ていたのかということになる。
スタンドで見てたけど、岡本のボーンヘッド。
これで試合がしぼんでしまった。

先発髙橋はいつも通りのピッチングに持ち込めたと思うけど、四球が多めだな。
自分でその芽を摘み取れればいいけど、いい球を投げても結果逆転3ランを浴びてしまってるし、攻守にリズム感が出ない。
岡本のボーンヘッドの影響がここにもあった。

さしてよさそうにも見えなかった中日大野が立ち直ってしまい、出塁できなくなってしまった。

こういうこともあるのかもしれないけど、自分で状況を決め込まずに、きちんと審判のゼスチャーを確認すること、そしてそれはランナーに指針を与えるコーチも同様である。





スポンサーサイト



2019. 04. 29  
巨人3対DeNA5

負け投手:宮國 椋丞2敗

立ち上がりからして先発山口の調子は怪しかった。
無駄な四球が多く、カウントを悪い状態にしてしまうことで球数がかさみ、試合を不利な状況においてしまった。
この負の連鎖みたいなものは、山口の後を継いだ投手につながってしまい、四球がなかったのは最後に出てきた中川だけ。

打線が奮起し、いったんは勝ち越しておきながらの逆転負けは、山口が招いてしまった無駄な四球ということに表れた負の連鎖によるものに見えた。
リリーフ投手、特に右腕がいない状況は接戦を勝ちきれないことを招く。
いわゆるパワーピッチャーがリリーフ陣におらず、去りとて制球力がある投手も見当たらない中、以前も書いたけどとにかく球が高くて打ちごろのコースへ投げてしまってる。
きちんと腕を振って、アウトローにビシッとストレートを投げ込めないと何も始まらない。
小手先の投球では勝負を挑むどころか、カウントも稼げないから投手有利な状況を作れない。

いつもいつも先発が好調fではないから、リリーフ投手に望まれるものは決して低くない。





2019. 04. 28  
巨人7対DeNA2

勝ち投手:今村 信貴1勝

初回、立ち上がりの今村を見てて今日はいいピッチングをしそうだなと感じた。
きちんと緩急をつけた球が内外角に散らばって、キレを感じたからね。

開幕前はローテーションの一角を田口と争うような構図で事実投手コーチもそういう発言をしていた。
つまり今村には先発として調整させていたということ。
リリーフ陣に心許ない首脳陣が今村を先発ローテーションから外してロングリリーフ要因にしたのは開幕後。
そんなに急に先発からロングリリーフに回して対応できるほど、器用ではなかった。
器用ではないけど、まじめで懸命な今村のピッチングスタイルは、やはりスターターとして起用しなければと思う。

巨人が足りてないのは右投げのパワータイプのリリーバーであり、左腕リリーバーではない。

この起用は首脳陣の失態であり、やはり今村は先発で機能した。

連戦が続く中で先発タイプはいくらいてもいい。
菅野と山口で2枠、ヤングマンとメルセデスは外国人枠の絡みがあるので2人で1枠、つまり先発は4人いても3枠なのであり、今のところもう1枠はルーキー髙橋おなっているけど、どこまで持つかは大いに不安。
来月中旬にはマシソンが復帰しそうなので、ヤングマンとメルセデスは2人で1枠は変えないほうがいい。
そうなると、もう2枠をどうするかとなるけど、今日は今村が出てきた。
ファームには田口、澤村、畠、そして岩隈。
野上だってどうなるかわからない、どういう調整をしてきたのかわからないけど。

今の連戦だけでなく、今後を思うと今日の今村起用とその結果が出たのは先発投手に関しては明るい材料となった。





2019. 04. 27  
巨人5対DeNA4

勝ち投手;C.C.メルセデス3勝1敗 、セーブ:野上 亮磨1S

監督が言うように山本のヒットゾーンが広がっている。
外目はセンターからライトへ、内側はレフト方面へ。
山本はもともと追っつけるバッティングに特徴があって、右方向へなら見事なヒットを放てたものの、懐側の球をづしても引っ掛ける傾向があった。
最近というか今期の好調さは、それが見事に解消されている。
守備的に投手と捕手以外なら、内野のどこでも高レベルでこなせる選手であり、走塁を含めここレリズムが出るとバットにも好影響がでるが、今期はバットからリズム感を生んでいる。
田中はファームに落ちたし、負傷中の吉川もうかうかできないだろうな。
躍動感があるなと思っていたら、今日の先発投手がメルセデスということもあってマスクをかぶったのは大城で、大城にも躍動感を生み出す前のめりさがあった。

育成から正式な契約となり、注目できそうな守備と走塁を見せる増田も出てきた。
先日スタメンでホームランを放った石川といい、野手的にはいろんなタイプの若手が出てきて、いい感じだな。

メルセデスには少ない失点で任せられたイニングを投げ切る安定感がある。

抑え不在の今、やりくりで凌ぎ、若手投手が経験を踏んで野手のように躍動感あるフォームで投げるようになるといい。
先日の好投を買われてか、今日最後を投げたのは野上だったけれど、これもめぐりあわせで決まったわけではないだろう。
8回に投げた中川がランナーは許したものの、無失点に切り抜けていた。
球はキレて勢いは失われていない。
こうした経験を糧として、さらなる安定したマウンドさばきを見せてくれればいい。





2019. 04. 25  
ヤクルト11対巨人2

負け投手:菅野智之3勝2敗

先日の阪神戦からあまりいい気分はしてなかった。
大量援護点をもらったといっても、5回まではいつもの菅野でありながら6,7回は別人のように球のキレと勢いを失ってた。
どこかに意図があるのなら別だけど、この阪神戦の投げっぷりはいただけなかった。
故障でもしてなければいいと思うけど、今日ピッチングは何を投げても打ちごろのコースと高さに行っていた。
打たれて当然の球だったけど、この時、ベンチは菅野を見て何を思ったのか。
いくら何でも3者連続被弾の上に7タイムリーを浴びるのは、異常といっていい。

1チームに2被弾が2人は投手陣としてやられすぎ。
バッテリーコーチを含めた2人の投手担当コーチはこの惨状を人ごとにしてはいけない。
菅野に故障がなければ、桜井の降格以外に手を下すことはないけれど、どうなんだろう。





2019. 04. 24  
ヤクルト2対巨人7

勝ち投手:髙橋 優貴2勝

2回表のゲレーロの四球、始まり山本のヒットで無死1,2塁で8番炭谷を迎えた場面は、炭谷の次が投手髙橋と考えると、炭谷には進塁しやすいように進塁打が求められる場面だった。
いくらヤクルト先発ブキャナンの球が安定してないとしてもヒットを打つことは容易ではなく、ヤクルトバッテリーも内角攻めをしてきた。
その内角球をなんとか右方向へうとうとした炭谷の打球は、ぼてぼてのセカンドゴロ。
これで1死1,3塁となった。
打者髙橋 には外野へ飛ばしてほしいところ、そこまでの打力がないとなると、先生に結び付けるにはボールをたたきつけるところでのゴロゴー。
これがうまくはまった。
ヤクルトバッテリーは緩急をつけようとしてたけど、緩急ではバウンドの高い打球になりやすいところ、何故か内閣にボールを配してきたというミスを犯していた。
ここであわてたヤクルトブキャナンの投球は、とにかく高めに浮くばかりのところで出た坂本の3ラン。
わずかなミスという穴をこじ開けたシーンだった。
ビヤヌエバの1発は低めの球だったけど、球威キレ共になかったものの、よくホームランになったなという印象。

先発髙橋は出来が良かったとは言い難い。
味方の大量先制が効いていたけど、決め球のチェンジアップがキレがアンバランスで変化しない球が多かった。
炭谷のリードでようやく5回まで何とかもったという感じ。
仕事をしたのは2番手の野上だった。
野上は球筋がきれいなところ、フォームもおとなしく打者に合わせられやすいけど、今日はホーム的に一瞬為ができて間が取れていた。
球のキレも制球も言うことなかった。

このままいけば干渉となるところでミスを刺したのは吉川。
状態が上がらないどころかその逆。
この投手は急速より強く球威あるストレートで、分かっていても打てないところだけど、腕が振れていない。
変化球は置きにいくから余計に腕が振れておらず、ピンチを招いたのはそのほとんどが四球によるものだった。
こういう時は変化球は不要。
腕の振りを取り戻すためには、投げる球はストレートのみでそれを内外角に泣け分ければいい。
これだけ状態がよくなければ、ファームに行って投げ込む必要がると思う。





2019. 04. 23  
ヤクルト0対巨人9

勝ち投手:山口俊4勝

先日とは別人となった先発山口。
今、好調でチームのポンとを握る選手として山田をマークし、結果3四球を与えていたけど、判定の問題や差があったから今日ばかりはこの3四球はやむなしだった。
初回から加速度がつくストレート、フォークをはじめとした変化球がキレていてほとんどが低めで左右にうまい具合に散っていた。
これだけ制球力がいいというのも珍しいことかもしれないけど、こうなると配給的に的を絞らせないとか狙っていても打たれるような球は投げていなかった。
まさしく快投による快勝だろうな。
言うことはありませんよ。

相棒の小林にまたもや4安打が出るは、中島に今期初ヒットが出るは、増田にプロ入り初ヒットが出るは、攻撃的にも言うことがない快勝だった。





2019. 04. 21  
阪神0体巨人3

勝ち投手:C.C.メルセデス2勝1敗、セーブ:ライアン・クック1敗6S

西、メルセデスともにいいピッチングだった。
出来としては、やや西のほうがよかったと思う。
立ち上がりを見る限り、今日は0対1とか1対2のロースコアになるだろう、そんな思いだった。

内外角に散らされ、そのほとんどがベルトより下に投げ込まれる変化球はシュート、スライダーと微妙に変化し、これは巨人じゃなくても手を焼くだろうと思われた西のピッチング。
2回の攻撃におけるビヤヌエバの走塁は守備妨害と思われたプレーだったけど、セカンドの糸原が目先が塞がれているのに無理に送球してしまったことから先制点となった。
今日の得点らしい得点は、ゲレーロ出塁の後の山本だけ。
このタイムリーは失投ではなく、山本が狙いよくうまくバットのヘッドで拾ったあたりが左中間を抜けるタイムリー3ベースとなったもの。
山本の心構えとコンディションがよく、現状相手が左投手であろうが右投手であろうが、セカンドは山本を起用し続けたほ方が好結果が出る。
ランナーを許しても、きちんとゲッツーで処理できていた試合。
ショートとセカンド、特にセカンドに安定感があったチームが勝ったということだった。
ゲッツーを取ろうとする場合、最初に送球する方ではなく、送球を受ける法と考えると、その大事さをよくわかっていたショート・セカンドの差が出ていた。
ここが今日のようにしっかりしてないとチームは安定した戦いはできない。

敵地での3連勝も当然の結果だった。





2019. 04. 20  
阪神0対巨人2

勝ち投手:テイラー・ヤングマン2勝

立ち上がりの阪神の拙攻ですっかり立ち直ったヤングマン。
球数120が目途だったけど、5回以降ノーヒットに抑えたことが8回まで投げ切ることにつながった。
昨日、エースがふらついたので、次の日に先発がこういうピッチングをしてくれるとチームの盲点が出ないという意味では効果満点だった。
まだどうしてもリリーフに不安が残る投手陣は、最低7回まで先発が頑張らないといけない。
ヤングマンの好投はそれ以上だった。

阪神先発岩貞はのせてしまうと、手が付けられない。
早いイニングで得点できたのは、石川の前の打者をよく見て流れを判断し、思い切りの良さが出た結果みたいなものだった。
中といっても低めのスライダーを思い切り叩けたのは、石川の思い切りの良さの真骨頂だった。
試合前吉村打撃コーチの進言でスタメンとなったみたいだけど、こうしてまだ若手といわれるスタメン予備軍の選手が好結果を出してくれると気分がいいものだ。
今年はトップセカンドで吉川が結果を出してたけど、野手陣で魅力ある若手が1軍で結果を出すこと、いいプレーを見せることが多くなってきた気がする。
今日の吉村コーチのような進言は、現場で若手のすぐそばで見てないとわからないことだから、吉村こーしは非常に大きな仕事をしたことになる。

野手がこうして出てきてるのだから、先発であれリリーフであれ、若い投手が出てきてほしい。





2019. 04. 19  
阪神4対巨人12

勝ち投手:菅野智之3勝1敗

阪神メッセンジャーが崩れていく伏線はあった。
初回の丸へのカウント3-2からの1球。
あのボールをストライクとカウントされず、その一方、大山に投げた最後のアウトローへのボールをストライクとされていた菅野の差が出た試合だったかもしれない。
審判と妙に合わないメッセンジャーに隙が出たのか、翌2回は微妙に中に球が集まっていた。
ストレートで四球をもらった次の打者・小林の初球は、真ん中と言っても低めのカーブ。
さも狙ったようなバッティングで見事に芯で喰らったその打球は先制3ランとなった。
子のホームランだけではなく、次打席でのセンター前、そして右中間への2ベースは打ち方・狙い目が良かった結果だった。
捕手は投手のリードで頭一杯となり、打席では意外と頭の中は空っぽでいることが多いと聞くが、今日の小林の打席はよく状況を観察できていたと思う。

この小林の打席だけではないが、阪神に6つもしきゅをもらった上に記録に現れないものも含めるとエラーが少なくとも6つあった。
昨日オリックス対日ハムのプロらしい試合を見せてもらっただけに、今日は残念だった。

先発菅野は立ち上がりは凌いだものの、6回以降急に球威も切れも落ちた。
故障でもなければ今夜のピッチングは、らしくないものだった。
リリーフに出てきた戸根は勢いと球威はあったものの、とにかく高い。
吉川に至っては論外で高いどころか球がどこへ行くのかがわからない状態。ブルペン状態はどうなっているんだろうな。

今、状にいるチームでゲームの終盤にもろさが出ているのは巨人だけ。
しかもエースが出てきて大量点をもらいながら、7回ももたないし6回以降別人となってしまったことをも思うと、先が思いやられる。

今日の試合はプロの試合ではなかった。
特に阪神は。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
48位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR