FC2ブログ
2019. 04. 03  
巨人6対阪神3

勝ち投手:C.C.メルセデス1勝、セーブ:ライアン・クック2S

まるで3本の矢である。
吉川、ゲレーロ、丸時田と思ったら、今日は坂本、丸、岡本だった。
打線全員が打てるはずもないので、こうして3本の矢のように3人が打ち、その間をつなげていれば点は入るし、長打が絡めば2手に状入る。
今日の阪神先発青柳は、シュート、ツーシームが決め球であり生命線の投手。
ボケっとしてると7回くらいまでスイスイ投げてしまうこともあるけれど、5回までに得点できれば糧う確率は上がる。
個人的に青柳は、先発としては大成しなかった藤川のようで、あの決め球にある程度の制球力が伴ってくれば打てそうもないけど、阪神はリリーフ陣がいいので先発に回っている。
さして球種の多くないこの投手を崩すには彼のシュート、ツーシームを痛打できれば、、、、と思っていた。

丸の3ランもそのシュートが真ん中から外目の低めへ来たところを、泳ぎながらもうまく芯で捉えていた。
こういう打撃は効果的で、ショック冷めやらぬ状態で岡本に投げたものだから岡本は狙い通りに初級シュートを叩いていた。
かなり甘い球ではあったけど。これもシュート、或いはツーシーム。
青柳の決め球をこうして打ったところで、ほとんど勝負あった。

先発メルセデスはリリースポイントがはっきりして球持ちがよくなり、力強さが出てきていた。
制球力は申し分ないだろう。
初登板じゃなければ完投していたかもしれない。

メルセデスではなく、リードする大城の甘さが8回の失点になった気がする。
近本へ勝負を挑む最後の3球は球種、コースともに同じ球を続けすぎ、次打者・糸井への入りは危うく長打を浴びるところだった。
ここでメルセデスを降板させなかったのも、メルセデスというより大城への叱咤だったのかもしれない。
クックは9×9=81ではないけど、今のままでは大量失点を招くだろう。
リリースポイントが速いため、低めへ投げ切れず、左右の揺さぶりだけで大まかな制球となっている。
多分まだ実戦での投げ込み不足なんだろうけど、信頼するにはまだまだ時間がかかるはず。
球持ちよくするにはやっぱり下半身主導での柔軟性が欲しい。
それと粘り。
かなり勝ってる場面での登板になってるから結果が出ているように見えるけど、クックをフォローする投手は準備しておかないと、、、でも現状いないんだよな。


スポンサーサイト



プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR