FC2ブログ
2019. 04. 14  
巨人6対ヤクルト11

負け投手:宮國 椋丞1敗

確かに異常だな、この打たれ方は。
リリーフ投手ということでなく、昨日も今日も先発がやられるんだから。

監督は癖と言っていた。
そうかもしれないけど、それだけじゃあるまい。
メルセデス抹消のこともあって、ヤングマンはすぐに抹消ということはないだろうけど、今日の畠は抹消となった。
どこに癖が出ているのか、緻密に見直し矯正となるだろうけど、そこにだけ目が行ってしまうとバランスを崩し、球がかなくなることもあるから要注意だな。

初回のピッチングを見る限り、相手打線の流れが頭になかった投球だった。
まっすぐばかり続けて、次打者に打たれた際には制球まで甘くなっていた。
ここでビビったのは、何を投げても決まらなかった初回は、その後の飛打連発を物語っていたようだ。
これは投手だけではなく、リードするキャッチャーやベンチ投手担当コーチ、バッテリーコーチにも大きな責任がある。
リリーフもやられていたことも含めると、ブルペンコーチやベンチとブルペンの意思疎通ができてないということもある。

今、打線は奮起している。
大量の点差を跳ね返し、追いつくのには相当なエネルギーが必要なはず。
一旦追いついてからの展開はリリーフが踏ん張らなければいけないところ、打線が攻撃に集中できない展開になるのだからこれは敗戦となっていく。

気構えの問題は、登板前にどういう状況において、ベンチの意思をどう伝えているのかの問題がある上、登板した投手が弱気になったり、偏ったピッチングでは自滅する。


守においてその主役となるべき投手やベンチに大きな問題があることがはっきりした。
この早い時期に分かってよかったのかもしれない。

足りないのは経験だけじゃないはずdと思うがね。





スポンサーサイト



プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
62位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR