FC2ブログ
2019. 07. 31  
巨人2対広島3

負け投手:髙橋 優貴3勝4敗

相手投手は好調が続いてるジョンソンだったし、先発高橋の具合からしたらよくこんなゲームをしたなと思う。
球数を放らせ、終盤が勝負と思ったときに打ってくれたゲレーロの2ラン。
1イニングで試合をすのでなく、9イニングで戦術を組み立てる。
投手は2番手以降踏ん張り、危ないと思うと素早い交代はタイムリーだったし、リリーフに出た投手はみな頑張って先発髙橋が失った3失点だけで凌ぎ切ってた。
ゲレーロは滅茶振がなくなった分、しっかりミートできるバッティングになってきた。
2ランの後の8回の打撃も、紙一重だった。
ゲレーロ2ランの後の坂本の打撃も、もう一つ思い切り踏ん張れなかったという紙一重だった。

気になったのは最近ファームから上がってきた特に先発投手は、誰一人自分のピッチングができていないこと。
今日一つ負けて2位とゲーム差が縮まっても気にならない試合だったけど、勝負時と思われる1か月先の先発投手を思うと、これだけチャンスをもらっても誰もものにできていないことの方が不安。
先発の数の問題についてはこれからも思考するだろうけど、誰かしっかり出てきてほしい。



スポンサーサイト



2019. 07. 30  
巨人8対広島5

勝ち投手;山口 俊11勝2敗、セーブ:ルビー・デラロサ1S

しかし。勝ち星が1000となると凄い数字だな。
それだけ長く監督をしてるということだし、ほとんど優勝争いかそれに近い状況にチームを置いているということじゃないと通算1000なんて言う夢のような数字にはならない。

監督をやるたびに切り替えと転換の速さが際立っている。
それでも今日の先発山口が、8回急に暗転するとは思わなかっただろう。
先日も好投しながらリリーフが打たれて山口の勝ち星をフイにしてしてしまったこともあったから余計に山口を変えたくはなかっただろうと思う。
連投を強いられるリリーフ陣はそれでなくても安定には程遠いから、なるべく使いたくなかったのは8回西川に1発食らっても、その後ピンチになっても続投させていたことで明らかだった。
結果、中川とデラロサを使うことになったのは、明日以降どう出るかな。

打線は一部を除いて言うことなし。
丸の状態がまた上がり始め、坂本が4番に慣れてきて粘りが出てきた。
ゲレーロは若干力を目いっぱいのバッティングから抜け出したようにあたりが出てきてる。
気になったのは岡本。
真ん中付近のストレート系を4球続けられてもファールばかり。
下半身主導のバッティングができておらず、反応が鈍くて差し込まれている。
ちっとも状態が上がってきておらず、最後の打席のヒットは全くの偶然で、参考にはならない。
ここを監督がどう見るかは、明日のスタメンを見るとわかるかもしれない。

8点も取っての辛勝は、今広島は打線的には油断がならないということ。
でも、広島の連勝も止められ、対広島戦の連敗もとりあえず止まった。
ジョンソンを相手に高橋がどんなピッチングをするのか、要らぬ四球が出なければやはり接戦になると思う。


2019. 07. 28  
巨人16対阪神4

勝ち投手:桜井 俊貴5勝1敗

初回いきなり若林がヒットで出て、山本の犠打、そして丸のタイムリーという流れはゲレーロの満塁弾へとつながっていった。
昨日3回も満塁のチャンスで無得点。
丸のタイムリーは、坂本、亀井の連打で得た満塁のチャンスで岡本が得た押し出し四球でちょっぴり風穴があき、ゲレーロの満塁弾へとつながった。
まあ、いくら高めに弱くても投げ損ないの変化球が高めに入ってくれば、、、

ここで勢いづいた巨人は、満塁弾を含む炭谷の2本のアーチ、タイムリーが3本も出るなど、機能苦しんだ打線が嘘のような状況となった。
丸のタイムリーと岡本の押し出しが大きかったと思うけど、手綱を緩めず、攻撃的に行って相手のミスにも付け込めればこんな試合になる。

ただまだ、監督の勘違いはちょっと続いており、選手がカバーして余りある攻撃的な試合になっただけ。

先発桜井は、四球こそなかったけど、制球が甘かったかもしれない。
それでも勢いと威力は保ったままで、次の当番が楽しみでもあると思う。


2019. 07. 27  
巨人2対阪神3

負け投手:田口 麗斗3敗1S

今日のオーダーを見て、戦う前から今日は負けるとどこかで思っていた。
今年のチームは、丸を獲得したことでそこをどう生かすかということで2番坂本、3番丸という並びが打線の核となり、そして勝ってきた。
シーズンは長いのだから買っているときもあれば、その逆もある。
オールスター前後が出木杉だったから、その反動は絶対あると思っていたけど、打線的に外しちゃけないのは坂本、丸の順番。
放しちゃいけないし、順番を逆にしてもいけない。
4番で起用し続けていた岡本の状態が上がらず、監督のお眼鏡にかなっちゃいないため、下位に落とすのはわかるけど、ここで順番を変えてしまった。
これではコカが期待できない。
坂本や丸の思うところを肝心の監督が無視してしまったことになり、それ以外の選手にも余計な圧力がかかる。
3番坂本、4番丸で6番に岡本を置く方がよっぽど効果が出るし、納得できる。
2番に坂本、3番に丸で岡本を下位に変えたいのなら、こういう時の4番阿部。

試合終盤、3回も満塁のチャンスをつぶしまくり、田口がど失投したこともこうした指揮官の勘違いとは無縁ではない。
田口の失投は大山に浴びた決勝打ではなく、そのイニングの梅野に投げた球のこと。

指揮官が試合前から勘違いしたまま試合をすれば今村の好投というよそ外のこともあったけど、打線は硬直する。
明日も同じかな。


2019. 07. 26  
巨人2体阪神4

負け投手:田口 麗斗2敗1S

負けが込み急激にチーム状況が落ちこむと、腕は縮み、状況の判別がつかなくならしい。
何をやってもうまくいく時期もあれば、そのはんたいのこともあるということ。
久しぶりに小林とバッテリーを組んだ菅野の立ち上がりは酷かった。
2失点で済んでいたことは、相手の阪神も状況的によくないということ。
左打者の時の菅野は、外角にストレート系の球を投げようとすると肩はまだしも腰が開き気味だった。
だけど、ここ何試合か炭谷とコンビを組んだことで、積み重ねたものが菅野にも小林にもあったから2失点で6回まで行けたということなんだろう。

見た目、6回の1死満塁で阿部の押し出しの1得点がやっとだったということはチーム状況が悪い象徴。
2番手の田口は当初出来的にはよかった。
特にチェンジアップが珍しくよかったけど、ここで変化球に自惚れ、コントロールミスをホームランされてしまった。
ストレートを散らすことで追い込み、変化球で仕留めることが徹底できなかったのは、その前の打者にヒットされていたせいもあるけど、やっぱり状況がわかってないババッテリーの自惚れだった。

今の状況でこうしたことで負ってしまったビハインドを跳ね返すことは、難しすぎる。
痛すぎた田口の自惚れといったところだけど、チームを立て直す材料も見当たらない。


2019. 07. 25  
巨人1対ヤクルト8

負け投手:T.ヤングマン3勝3敗

今日の試合はヤングマンにとってデットラインだった。
5四球を与え、なかでも押し出しを含む4連続四球の中には相手投手へお至急まであった。
その上での2本のタイムリーでは5失点は当然のことで、試合序盤でのこうした有様は野手の気を大いに削ぐもので、大敗は眼に見えていた。
ヤングマンは即降格の上で、もうチャンスはない。

この2か月もの間、何をしてきたのか。

どう考えても先発が2枚と右のリリーフが足りない。
今日高木が出てきてくれたことを一つの功名ととらえたい。
ここまでリリーフとして投げてきた田口の先発復帰も一考の余地がある。
ファームにいる宮國や田原の昇格も視野に入れないといけないかもしれない。

この状況で陽が腰の故障で登録圧勝となる予定らしい、

夏場の勝負時を迎えて、更なる戦力整備を図らななければいけないけど、監督はどう考えているのだろうな。


2019. 07. 24  
巨人4対ヤクルト10

負け投手:古川 侑利1敗

たまたま試合開始早々をみることができたけど、得るものが何もなかった先発古川。
ヨーイドンで4失点、2四球に2タイムリー。
よく4失点で済んだなと思ったけど、移籍後初登板が先発で緊張度もわかりそうだけど、この投手。楽天の先発としてなんどかみていた。
その時も何故得点できないんだろうと思ってたけど、投げても5,6イニングでアップアップしてた。
何を見込んで獲得したのだろうと思ってたけど、今日は何もわからなかった。
ストレートも勢いもキレもなく、変化球も全くキレない。
それでいて制球も全くなかったのだから、打ち取られたバレンティンも村上も来たと思ったボーるがまだ来てなかったことによる凡打だったように見えた。
先発ローテーションの穴といえばそうなんだろうけど、他にも見てみたい投手はいた。

こういう展開で後続の大江も4失点し、鍵谷も澤村も、、、とくれば投げさせたくない投手までマウンドに挙げてしまった影響は今後に出るかもしれない。



2019. 07. 23  
巨人6対ヤクルト5

勝ち投手:中川 皓太4勝1敗15S

最終回、重信は高めの球を負けずによく叩けた打撃を見せてくれた。
身体は小さいけど、力があるというところを見せてくれたことは今後につながる。

7回までの山口のピッチングと重信の打撃だけが収穫だった試合。
連敗をとにかく止めることが大事だったけれど、特に試合後半は感心しないことだらけだった。
8回、相手の出塁はさせたけど、2死までしっかりとっていて先発山口を変えていたのは早計過ぎる。
試合終盤はデラロサ、マシソン、そして中川で決めることに固執し過ぎ。
勝ちパターンを何とか作りたいのだろうけど、まだまだデラロサは登板不足だけどこの状況で投げさせることはあり得ない。
マシソンはまだ状態がふらついており、特に変化球の投げそこないが多く、制球的にももう一つの状態が続いている。
この2人の外国人投手をどう見てるのか。
起用法に状態の見極めをしっかりさせていないと、今日のようなことが起こる。
先発山口は、ヤクルト青木の状態がいいとは言っても8回を投げ切らせるべきであり、万一変えるのなら左腕田口だったはず。

最終回の攻撃もビヤヌエバにバントまでさせているのなら、重信にしっかりバントさせて次の打者以降で決めるべきだった。
次打者が立岡であり、小林と来ては阿部をどこで代打に送り出すのかは一考しなければいけないところだけど、形を作って勝ってほしかった。

早めの選手交代で積極性がよく言われるけど、早計過ぎると今日のような試合になる。
明らかに選手に要らぬ負担をかけたのは監督だった。



2019. 07. 21  
広島2対巨人1

負け投手:スコット・マシソン1勝2敗1S

結局初戦のグダグダした野球が影響してしまった。
亀井の状態の良さは今日も顕著だった。
今日の試合に関してはグダグダ感は然程なかったものの、丸の犠飛だけではどうにもならない。
先発桜井の頑張りが目立って、リリーフに出てきたデラロサも徐々に状態がよくなってきてる。

あれだけ全員野球で戦略を駆使し、役目を果たそうとしていっぱいいっぱいの野球で結果が出てるとき、エアポケットが出てくるときもある。
これだけの野球をしてる時、ちっとも状態が上がってこない選手もいるわけで、その選手をどうするのか、それは今後を見据えた特、ベンチのさじ加減は重要。
これは試合を見てるだけではわからない。
今後、徐々に出てくることになろうと思うけど、明後日からの持ちゲームでどう現してくるのか興味があるところ。

今日までの広島戦はこれまでのこともあって、見てる方とすれば意地になってる。
ベンチはどう見て、選手が何を感じてるのか。
でも、3タテされるのは、実は思ったよりも脆さが同居してるチームであることだろうと思う。


2019. 07. 20  
広島4対巨人3

負け投手:田口 麗斗1敗1S

序盤、もっと得点できるチャンスは多くあった。
亀井の1発と岡本のタイムリーだけの5回までの攻撃。
ここまででも工夫の凝らしようではもっと得点できたはず。
取れるときに取れないと今日のようになる。
監督は積極果敢に早めに手を打ってくるというけど、それは昨日今日のような試合になることと紙一重。
選手の状況判断もそうだけど、仕掛けるベンチにも大いに問題がある。
投手に関しては昨日よりはかなり良かった。
四球はいけないけど、出てしまうこともあり、打たれてしまったデラロサも田口も責められない。
点を取れるときに取れなかった打線に原因がある。

亀井も坂本も丸も岡本も、よくやってるし、バットも振れてる。
下位の若林もいいのだけれど、やっぱり5番以降が問題だし、チャンスを作ったときのベンチの指示がチグハグだと思う。
今の状況だったら、5番に若林を起用しても面白いし、炭谷でも小林でも捕手を7番に起用して8番にサードを守る選手というのも一つの考え方でもある。
大城の状態がよくないし、守りだけのビヤヌエバの起用は考え直さないと、ベンチの意図もひょげんできない。

大差がついてるとは言え、このままでいいわけがなく、まずは起用面での工夫がほしい。


プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
374位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
71位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR