FC2ブログ
2019. 11. 27  
今年のMVPは坂本だった。
坂本を支えていたのは丸だし、精神的に支えになったのは阿部だけど、開幕当初からしっかりチームを引っ張っていた。
ベストナイン、ゴールデンクラブ賞にも選出されていたけど、こういう賞は記者の投票で選ばれている。
プロ野球OBが選ぶとしても、今年については坂本だっただろうと思う。

でもこれ満足してほしくないし、していないだろう。
シーズンも終盤は尻切れトンボのようだったし、ポストシーズンもそうだった。
素晴らしいプレーもある割に、エラーも思ったより多い。
何よりもキャプテンとして日本一になれなかった。

来年には最年少の通算2000本安打は打つだろう。
そう言うこともあるけれど、何どうしてももっともっと存在感を出しえほしい。

まだまだ伸びそうな魅力を感じてる。


スポンサーサイト



2019. 11. 18  
山口のメジャー挑戦はポスティングということだった。
受け入れるメジャー球団が出てくるかどうかはわからないので、山口が去るという事が確定したわけじゃない。
ポスティングは巨人と山口との間の契約の一部ということだったらしいから、ポスティングをきゅだんが認めたというより契約条項をお互いに順守したということになる。
年齢的にいアシカないだろうけど、それにしても侍ジャパンに選出され、昨日終わったばかりというこのタイミング。
昨日までの戦いに本気で集中していたのかという疑念は残る。

その一方FA宣言していた元ロッテの鈴木の楽天移籍が発表されていた。
楽天野よ試合はともかく、巨人に来ずに鈴木も巨人もよかったと思う。
これで、チーム強化が配下にいる選手の底上げと新たな外国人をどう獲得するのかということになった。
トレードはあるかもしれない。
けれど、今のチーム内で底上げし、競争を勝ち抜く中でしか力強い投手・野手は生れない。
手っ取り早そうな補強は長続きしないし、すぐ効果の出るものでもない。
新外国人はどこに目をつけ、どういう特徴でどう生かそうとするのかということだけど、こればかりは来てみないとわからない。
チーム強化のポイントをどこに置くかで、新外国人も未だ眠っていそうな選手の底上げ春程度決まるだろう。

山口は抜けるものとして考えているだろうし、穴を埋めるという事ではなく新たな戦力としてどういう選手が出てくるのか。
ある意味楽しみが増えた気がする。


2019. 11. 17  
日本(侍ジャパン)5対韓国3

勝ち投手:高橋2勝1敗

見事な逆転勝ちでのプレミア初優勝だった。
相手国を思うと痛快で、マウンドに日章旗を立てて誇ってほしかったくらい。

初回の山口は、緊張で身体が言うこと聞かない状態に見えた。
いきなりの2被弾で先制されたけど、すぐに4番鈴木のタイムリーで1点返せたのが大きかった。

昨日からポイントとみてた1番山田と3番丸。
どちらかが壁みたいなものを打ち破れば、点が入ると思ってたけど、山田の逆転3ランが出るとは予想できなかった。

試合も終盤に差し掛かったころの坂本と浅村のタイムリーも結果的に効果抜群だったけど、
高橋以降のリリーフ投手たちが立派なピッチングで完ぺきに抑え込んでくれたことが大きな勝因だった。

相手を敬う儒教の教えの国が、トチ狂ってる国は、国民にまで浸透してる。
こんな国に負けちゃいけないと思ってたから、余計に痛快だった。


2019. 11. 17  
日本(侍ジャパン)10対韓国8

勝ち投手:大野2勝

明日の決勝戦の対決が今日畳まう前から決まてしまい、日韓2連戦の初戦となってしまった。

球場そのものの雰囲気もそうだろうけど、TVで見てるこっちにも独特の緊張感が伝わってきていた。
基本的にスタメン起用のオーダーは変えずに、速めに選手交代をした日本と、その逆を行った韓国。
その差が出たようではあったけど、特に先発の岸と2番手投手の大野に緊張感が走ってた。
今までロースコアで勝ってきた選手たちが、打って勝てた意味は大きいと思うけど、日本と韓国の取り組み具合の差が出たような試合だった。

確かに明日がどうなるのかが問題なんだろうけど、こと韓国に関してはどんな状況であっても勝ち負けを重要視しない試合なんてないし、勝ってほしいと願ってた。
パワーで勝ってる感じの韓国だけど、大雑把感が出て試合で、キレと技に長けた日本が勝ち切ってくれた。


2019. 11. 16  
楽天・美馬がロッテへ行くらしい。
巨人には断りに来たのだから、美馬の巨人移籍はなくなったとは確か。

規定投球回数を投げたとはいえ、成績も内容も物足りてないし、取ってしまった野上と同じようなケースだった。
しくじれば叩きの声が余計に上がってしまう球団だから、美馬は巨人に来なくて大正解だったし、そもそもFA制度があるからと声をあげる方がおかしい。
まるでFA制度ありき、移籍ありきで育成などは二の次のよう。

各チームともウィークポイントは少なからずあるわけで、監督の想いとわけのわからないフロントの思惑でどうするかが決まってしまう。
今年は戦力外が意外と少なかった。
ということはトレードをやるのかもしれない。
やるにしても早めに動いた方がいいし、育成力に自信がなければトレードしかないわけだけど、それでもFAで大金はたくよりはいい。

今の秋季キャンプの様子を聞いても、来期出てきてほしい選手はいる。
コーチも配置換えや新任の者もいたから、独特な目でファームの選手、若手の選手を見出してほしい。

鍬原は再度ハンド気味になったといっても多少腕を下げただけでも、問題の制球力に磨きがかかって球威が落ちなければいい。
今季、初勝利を挙げて帰隊される戸郷もいる。
ファームで鍛錬し土台を作ってきた左腕・横川だっているし。
プレミアに出てるけど、田口には来季は先発投手として投げてほしい。
今季、ルーキーながら5勝もした高橋ももう一皮むければ、、、

名前は書けないほど、そうして候補みたいな選手がいる。
どうしても先発投手に目が行くけど、山口、菅野、メルセデスと3人も数が数えられるのだから、若手の中から何人か出てこれるよう鍛錬し、指導者は力強い選手を作り、表舞台に立てるよう方向性をしっかりさせてほしい。

FA制度を使うなとは言わないけれど、悪戯に使ってほしくない。
複数年契約とか評価以上の大金をはたいてひまうと、少なくても移籍元年は振るわないのだから。


2019. 11. 13  
日本(侍ジャパン)3対メキシコ1

勝ち投手:今永1勝

昨日はパワーで勝るアメリカに7正面から行き過ぎた。
今日負ければ、決勝進出が危うくなるところ、先発今永をはじめとした投手たちが「素晴らしいピッチングをした。
勢いと制球のいいストレートを織り交ぜながら、細かい変化球を皇帝左右とよく散りばめていた。
編にうちゴロになってしまう球がなく、はいきゅバランスとしつこさが絶妙だった。
リードしてた会澤と添えに応えた投手が見事だった勝利。

打者は4番鈴木の好調さは変わらず。
今日当たってたのは坂本だったけど、もう一人武器になる打撃がほしいところ。
微妙に動くボールもそうだけど、主審の判定傾向を早めに掴んで積極的にファーストストライクから思い切りのいい打撃を見せてほしいところ。


2019. 11. 11  
日本(侍ジャパン)3対オーストラリア2

勝ち投手:甲斐野2勝

周東の足は立派な武器だね。
セーフティながら源田のスクイズで、それに周東が見事に対応してくれて同点に追いついていた。
これもその前に3盗を決めていて、相手を揺さぶっていたからこそのプレーだった。
翌8回、わずか2球で2アウトになったのはいただけなかったけど、混同のラッキーヒットは勝ち越しの四球まで続いていた。

投手は先発山口以外は文句なし。
配球も押引きも言うことない投手たちだった。
ほとんどデータでしか知ることのない相手は、これからも続くことから特に各バッターがしっかり対応しないと。
今日の内容は鈴木の一発の他、チョボチョボ。
失投でなければ打てないのでは点は取れないし、勝ちづづけるのは厳しい。


2019. 11. 06  
日本(侍ジャパン)4対プエリトルコ0

勝ち投手:高橋礼1勝

まさしく快投だった。
4番鈴木のミスによる相手の動揺に付け込んだような見事な3ランが出たことが、より回答を引き出したという事なんだろうけど、高橋の投げっぷりを見てると投打で支え合って試合が進められた気がした。

これで決勝ラウンド進出がきまったけど、相手投手と信販の具合にもよるだろうが、もっと打撃陣が活発というか内容の濃いものにできないのかな。
この先投手力と守備力で勝とうというのはいつかつまずきがくる。
もっと活発にグラウンドを駆け回ってほしい。






2019. 11. 05  
日本(侍ジャパン)8対ベネズエラ4

勝ち投手:甲斐野1勝

先制を許した試合を試合終盤の逆転で勝てた、というか勝たしてもらった試合。
四球も絡めば、それなりに得点できる。
完全にベネズエラの自滅で、俗にいう動くボールに日本のバッターは対応できずにいた。
2番にセカンドで入った菊池だけかな、対応できていたのは。

中南米のチームを向こうに回すとき、この動くボールというフォーシームにしっかり対応したバッティングができないと明日以降もつらい。
こういう国際試合に強い打者もいるけど、今日は坂本に代打を出したことが勘所だったのだろう。
打順は今日の試合内容をよくさらって、明日にもしっかり対応することが必要で、特に坂本、吉田に兆しが見られなかった
ここを明日どうするのかは見もの。




2019. 11. 04  
育成選手の精度を十分に理解し、新たな戦力を生み出して活用してるのは、おそらくソフトバンクだけなんだろう。
スカウトをはじめとした球団の選手の目の付け所が、ポイント的にもチームの長期的戦略的にも優れていて選手層を厚くし、それに対抗しようと他のパリーグ各球団が鎬を削ろうとしてることが、パリーグ各球団の力をあげていると思われる。

育成制度そのものと施設についてはセリーグでは巨人だけが活用しようとしてる。
去年まで優勝してた広島は、一時選手層の厚さを感じ、こういうチームが優勝しそれになんとか他球団が対抗しようとすればセリーグもレベルアップするかもと思っていた。
日卸間の場合、カープアカデミーの活用になるし、中日も中南米との太いパイプをゆうしているものの、広島は先制の言いなりになって選手が出て行き過ぎ、中日のパイプはきゅだん自体のものではない。
ここ何年か育成選手の獲得と戦力外等々を見てると、巨人はスカウト等球団が何を見、どういう戦略でいたのかがわからない。
磨かれていない原石のような選手はいるはずで、それは広島や中日のように外国とのパイプを強化させなければいけないし、日本人選手も至る所に目を見開いておかなくてはならない。
それと長期的な戦略、これが大事なことで、一芸に秀でた選手のどこに魅力を感じ、強化体制はどうなのかをよくよく考えないと、パリーグとの差は埋まらない。
素人目に見てウィークポイントが多すぎるんだよな。
しっかりした戦略は的確な補強を生むし、それがチームの強化につながる。
2軍と3軍の壁をなくして、、、というようなことを言ってそいう言う体制を敷いたけど、育成担当コーチがしっかり見るには2軍3軍の分け隔ては絶対必要なこと。
アマとの交流も含めて、きっちり3軍政を敷いて交流という実践を数多く交えないと、育成にはつながっていかない。

だけど、来年も勝つことを求めるのなら、補強もピンポイントで必要だけど、何処に視点を置くのかで展開がまるで違ってくる。
トレードやFA、新たな外国人選手の獲得は、それぞれに絡むことだから余計に大事なことだと思う。


プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
730位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
111位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR