FC2ブログ
2020. 01. 26  
新外国人としてパーラを獲得していた。
パーラは外野手という事だけど、センターについてはチームの守備陣形上の基本ラインのトップにあたりチームの中心的人材が守備力攻撃力ともに優れた者がいた方が、長期的にチームが戦えることからも丸が最適任者であることから、ライトもしくはレフトと考えた方がいいんだろうな。
パーラは左投だしガッツもありそうだという事だからライトの方がいいと思うけど、このポジションはチームのピンチを最小限に抑えるポジションでもあるから、センターと同様脚力・肩の力・フットワークが求められる。
実際にパーラのプレーぶりは見てないからわからないけど、打撃力も合わせてその能力を発揮するまでは時間がかかるだろうし、特に外国人選手の場合はシーズンに入ってみないとわからない。
額面通りにそおの能力を発揮してくれれば、これ以上の戦力はないと思われ、期待度は高い。

パーラに問題がなければそのマッマ起用されていくのだろうけど、移籍後まだ満足にシーズンを過ごせていない陽も構えている。
加齢とともに故障が多くなった陽はそこが問題。
特にバッティングスタイルは、今の自分をよく見つめ直して新たなスタイルを築く必要があるのかもしれない。

安定を求めるなら亀井もいるけrど、亀井がレフトに回るのか控えに回って切り札となるのかは、パーラと山下をはじめとした若手外野手の躍進次第だな。


スポンサーサイト



2020. 01. 12  
今のチームでは、3番センターは丸となる。
丸がハマったことで、阪本が生きたし、センターラインが昨年までに比べると安定していた。
守備については文句のつけようがない。
捕球してから送球までの間が早いし、打球落下地点までの追いつき方が早く、また守備位置からの追いつき方が一直線。
フェンス際にも強く、守備的にも丸以上のセンターはいない。

丸は打席でよく球を見極めようとする。
これが三振と四球の多さにつながるのだけど、スランプに陥る原因になりがちで昨季後半はそんな状態だった。
もっと積極的に打ちに出てもいいはずで、これは4番に入る打者次第かもしれない。
研究熱心なんだけど、それとは無関係に自分を出して積極的に行ってもいいと思う。
ポストシーズンにはより積極性が問題になるから、今季はそんな丸の姿を見てみたい。





2020. 01. 09  
本来ならば、レフトは実績と経験値を思うと亀井なんだろう。

外野3ポジションではレフトが最も若手や新しい戦力が食い込めるポジションかもしれない。
攻撃的にも亀井ならば、どの打順でも順応できるはず。
けど、阿部の引退で最年長野手となってしまったころで、できれば亀井には打線の切り札となってほしい気もする。

重信の更なる進化、石川の更なる信頼性とポジションを取れそうな予備軍は意外といるものだけど、その中にはレフトよりも他の外野ポジションの方が特性が出そうな選手もいる。
けど、誰もがもう一つも二つも躍進しないといけない。

若手で期待の山下、そして松原がこのポジションで出てくると面白そう。
巨人の外野はセンター以外は決まってない上々で、新外国人パーラは経験からするとライトに回りそう。
伸び悩んでる選手も若手野手も、外野手であるならばレフトで出てくるのは外野ならどこでも、という証かもしれない。
外野を守る選手には打撃力が求められるのは当然だし、走り回る範囲が広いので足もあればなおいい。
ファームで数字を残してくれた山下が、どんな形でアピールしてくれるのかについては大いに期待してるし、一昨年ポストシーズンで躍動した松原も同じなんだ。





2020. 01. 05  
巨人のショートは、ほとんど坂本で決まり。
怪我でもない限りここは揺るがないのは、攻守のプレーぶりとキャプ円であるということを思うと追随を許さない。
打順的に昨季は2番がメインだったことを思ってみても、ほかのプレイヤー次第だけど、1番、2番3番のお子においても可笑しくないけど、これらの打順はチームの軸でもある。

ただその坂本も、一試合通して、或いはシーズン通しての出場に陰りが見え味めている。
どうしてもバックアッパーが必要なんだけど、守備的には山本や吉川、増田大もいるんだけど、打撃的にはどうしても見劣りしてしまう。
個々が一つのポイントなんだけど、阪本にしても数字に出てしまうエラーは多いし、結果的に凄い数字を残した打撃もシーズン終盤に落ちてしまったことも問題。
日本シリーズでのソフトバンクの攻め方は今季、他球団も凝視してくるだろうし、ここをどう捕えるのか。
それによっては打撃スタンスを変えてくるかもしれない。

それでも、あと2年ぐらいはショート坂本だろう。
今ファームで眠ってる増田陸が出てきてくれると嬉しいのだけれど、今季はまずファームで唸らせるプレーを見せてほしい。





2020. 01. 01  
ビヤヌエバが退団となった。
守備はともかくあのバッティングでは仕方のないところ。

で、サードはどうなるかというと大城の起用法如何では岡本になる可能性が高いし、ポジションへのこだわりを内元として考えrるとファーストに大城、サードに岡本と考えた方がスポッとハマる。
けど、大城は捕手にこだわりがあって球団としても捕手としての成長を期待してるみたいだから、素直にファースト大城とはならないだろう。
監督は言葉では番サードへのこだわりがあるみたいで、そうなると岡本サードとなるのかもしれない。
ビヤヌエバがファームにいったままの岡本はサードでの起用が多く、バッティングの状態も上がった。
サードでの新外国人の獲得もなく、そうなると既存の選手で考えなければならないとなると岡本起用の可能性が高い。
しかし、見栄えがするようになったとはいえ、岡本の守備力はファーストの方がいい。
大城が捕手として出る試合は岡本がファーストとなり、サードは誰か別の選手が入ることとなる。
候補としては若林、山本、ファームで起きてこない北村がいる。
パワーあふれる打撃を見せている北村が1軍のホットコーナーを守ることが最もうれしいことかもしれない。
しかし、昨季ファームでも安定起用がなかったし、1軍となると指で数えらる位し飼登場していない。
極端に言えば緊張感が持続できない甘さなんだろう。
若林もデビュー当時は思い切りの良いところを見せていたけど、試合を経るにつけ思い切りの良さは影を潜め、守備的には緩慢さが目についた。
工夫がないというところだけど、ここをどう考えキャンプに臨むのか。
山本に関してはポストシーズンでの守備ぶりを見るに、技量はあるのに打撃も守備も考えていかなくてはいけない方向性鵜を間違えている。

監督等指導者の思惑次第で起用は変わってくるだろう。
特に岡本のサード起用に反対するものではなく、彼しかいないというのなら実際そうだし、だけど岡本がファーストを守る場合のさサード起用は付け焼刃ではなくしっかり考えておかないと、ということ。
少なくとも岡本の守備的起用はサードとファーストに現てするべきだし、他のポジションはあってはならない。





プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1091位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
164位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR