2017. 07. 11  
巨人2対ヤクルト0

勝ち投手:菅野 智之9勝4敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ3敗18S

経過を追っていただけの序盤だけど、経過だけだと何が良くて何が層ではなかったのかは分からない。
よく序盤を無失点で凌いでるなとは思ったものの、嵩んだ球数は7回までの投球となってしまった。
連敗と負傷者が続いてしまってるヤクルトは、試合に出てる選手たちは頑張っている思うけど、如何せんやろうとしてる野球が出来ずにいるように見えた。
特にいいという具合には見えなかった菅野は、従来の状態のヤクルトであったならば無失点というのは考えられない。
出来が良ければ勝てて、良くなければ勝てないと言うものではないのがスポーツ、特に野球の面白味だけど、今日の菅野はそんな感じがした。

まあ、いくらいい投球をしても呼応しない打線のために勝ち星が付かず、結局9勝で終わってしまった昨年を思えば、こういうことがあってもいいと思うし、菅野はまだまだこれから良くなる要素があるということ。

そこまで頑張ってる菅野を見て、無死満塁のチャンスを2度も得ながら、中井の犠飛による1点だけでは、、、状態のいいチームが相手だったら負けてる試合だった。
然して良くも見えず、必死さが空回りしそうなヤクルト先発・星は、打ちやすそうに見えてしまうところに落とし穴があったように見えた。
坂本の1発は見事な1発で、いわば狙われやすい状況とコースに投げ込んでしまった失投だったけど、それでもホームランにしてしまうのは坂本の得意なコースだったということ以上に、坂本の状態がまた上がり始めていることを感じさせてくれた。
ただ、ここでつけ込まなければいけない時に出来てないのは、打線がまだ本物ではない証拠。

明日は宮國か。
疑問の残る起用だけど、宮國を先発としてこの時期に試すのなら、もっとそれ以上に頑張っている投手を先発起用して欲しいという想いが強い。





スポンサーサイト
NEXT Entry
この打線の狙いは、、、
NEW Topics
奮輝~その7
奮輝~その6
奮輝~その5
奮輝~その4
奮輝~その3
奮輝~その2
奮輝~その1
2018に向けて~外野手編
2018に向けて~ショート編
2018に向けて~サード編
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
3426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
443位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR