2017. 07. 12  
巨人8対ヤクルト3

勝ち投手:宮國 椋丞1勝7敗

やっぱり目を引いたのは、2番セカンドで起用されたマギー。
結果として1安打だったけど、犠飛でサードランナーだったマギーはヘッドスライディング。
ユニホームを真っ黒にして、必死にプレーしてる気概はこっちにも伝わってきた。
思うに、このマギーを含め、村田、阿部の3人は一遍に使う必要はなく、2人スタメン、一人ベンチのスタイルがここぞの代打起用も可能となることもあってその方が良いし、今日は無難な守備機会だったけど、もつれた試合で細かなプレーが要求される試合のセカンドの守備をマギーに求めるのは酷すぎる。
今日は前半戦最後の試合だったし、打線機能で勝とうとする試合だったからこれでもよかったはずで、一つ打線のバリエーションが増えたのかもしれない。

長野、村田の一発は、手首を捏ねずいい具合で玉を叩くことに専心した結果で、いい打撃だった。
マギー2番起用の打線が機能したのは5回の攻撃。
効いたなと思ったのは坂本のタイムリー、2死からの亀井のタイムリーの2本。
得意のコースを思い切り叩いた坂本の打撃、粘って7,8分の力で打ち返す打撃だった亀井のバット。
こういうバッティングを待っていた。
特に亀井は今日4安打。
どのヒットもコースに逆らわず、力まないいい打撃だった。

投手に関しては先発宮國にやっと勝ち星が付いたけど、これだけ頼りなく力感もキレも感じない投球は、上位チームには通用しない。
事実被安打多くなり球数もかさんで5回で降板。
そこまで見ることがやっとだった。
打線がビッグイニングを作ってくれたおかげで隠れたようになってるけど、リリーフは失点を続け、よく投げたなと言うのは西村のみ。
勝ち星がつくことで、宮國は良くなるかどうかは疑問。

高木を中継ぎにして宮國を先発というのは、ベンチのこだわりなんだろうか。
カミネロのメカニック的問題を、担当コーチはどう見てるのか。

これからの短期間で、見つめないさないといけないところは多々あるけど、そうした面を担当コーチは調整させなければいけない面と、起用面を再度考慮しないといけない。





スポンサーサイト
NEXT Entry
まだ分からない打線の効用
NEW Topics
覇気なし、やる気なし
続いてる惨状、、、菅野勝てば、それだけでいい
もういい、、、昨日の惨状以上の惨劇
なめてんのか、、、惨状
気合いは力みではない
フェンスの向こう側
阪神の選手にやられて阪神首脳に助けられた
手放しで喜んでいのだろうか
もうひと踏ん張り、、、
もう鞭は入ってる
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
607位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
95位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR