2017. 07. 23  
DeNA8対巨人6

負け投手:高木勇人1勝2敗

6回に逆転された際、戸柱の2ランが出る前の時点で今日の敗戦は予想してた。
先発大竹はどうしても5,6回になると崩れてしまうけど、今日見てた限りはDeNAの機転と出来てしまったピンチに投手大竹はもちろん、捕手小林まで呑まれていた。
今球を受けている投手は、どの球が決め球でどういうタイプなのかというようなことが頭の中から消えてしまい、DeNAの各打者への球の入り方がなんとなくストライクから入ろうとして痛打されていた。
大竹も西村もシュートが武器で、どんどん使ってもいいとは思うけど、その球を有効に使うにはどうすればいいのかということと相手打者も当然のようにその球を狙ってくるわけだから、簡単にストライクなどいらないはずと思っていたし、シュートとストレートは同じような球筋だから、続けて使ってしまいと、、、
当然のように打たれた6回で今日の負けは覚悟したけれど、亀井がよく打ってくれた。
ただ、今の打線の状況を思うとここまでが精一杯だったんだろう。

9回は4番の差が出てしまった。
ロペスのまさかのエラーでもらったチャンスに坂本敬遠は、今の状況を想うとDeNAとしては当然の策なんだろうけど、こういうことをやられて三振してしまうようでは、、、

粘りも感じたこの打席からは、やっぱり本来DeNAの4番は筒香なんだろう。
高木勇にとってはかわいそうな起用だったけれど、今の状況でこの起用は仕方がないのかな。

この3連戦、信じちゃいけない長野と信じたい阿部がまるでダメだった。
長野は打席で決め込み過ぎで粘りなく、阿部は一向に状態が上がらない。
村田にも結果は然程出ていないけど、村田優先で4番は考えるべきだし、マギーが当たってていい状態でいるから目立たない長野は、本来の持ち味は何処にあるのか再確認しないと、このまま行ってしまうかもしれないな。





スポンサーサイト
NEXT Entry
首脳陣は阿部のことをどう思ってんだろ
NEW Topics
好投報われず、、、だけど、止む無し
勝たなければいけない試合
こういう試合展開は、モノにして地力になる
打撃もピッチングも、そして試合もいい内容だった
存在感があった
接戦に弱いのは打てないだけのことではない
ショックはそれほど、、、
何時まで続くカード負け越し
奮輝せよ~わずかな仕事人
奮輝せよ~とりあえず収穫らしきものはあった
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
647位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
112位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR