2017. 07. 29  
巨人5対DeNA1

勝ち投手:菅野 智之11勝4敗

マギーのヒットから始まった初回の攻撃。
長野の状態からして打順を変え、陽をトップに持ってきて6番に亀井を上げ、長野は7番に。
阿部の四球もよく選んだし、村田も外角の失投を素直に打ち返せてた。
でも、問題はやっぱり6番の亀井のところだったと思う。
真ん中とは言え、低めに入ってきた緩い変化球をバットのヘッドで拾った打球はハーフライナーの打球となってライドライブがかかっていたところ、簡単に捕球に行ってしまったDeNAロペスのグラブをはじくタイムリーになっていた。
これが奏効して、大して振れてない長野の気持ちだけが積極的にいったバットが右中間に打球を飛ばし、人工芝なのに打球はイレギュラーして、外野の間を抜けていった。
今日の試合は結果的にも、この初回の攻撃以降、阿部のホームランだけだったということもあって大きな効果となった。
苦手としている投手を相手とする、ときは、初回の攻撃が肝となることが多いだけに、こういう結果となってホッとしたし、今日の先発が菅野ということもあって、DeNAもそれなりに構えていただけにそういう意味でも大きかった。

菅野はこれで今月4勝。
月間4勝ともなると、どこかの一試合は良くない試合があるものだけど、菅野のそれは今日だった。
球はいって変化球も悪くはなかったけど、逆球と高めに行ってしまう球が多かった。
意外と変化球が変化しなかったかもしれず、逆球が大きく外れるか、相手の意思の外に行っていたおかげで8回まで投げ切れた。
要は投げる球が言うことを聴かない状態で、8回の失点はその表れ。
それでも、良く凌いでいた。

反省すべき点は多い。
トップバッターが機能してない、阿部のホームラン以降ノーヒット、工夫も何も感じない攻撃は明日につながる要素が見当たらない。
菅野は次の登板で状態を上げてくるだろうけど、攻撃陣はもっと自分がしっかりしようとしないと次の打者にはつながっていかない。





スポンサーサイト
NEXT Entry
予想外の展開
NEW Topics
好投報われず、、、だけど、止む無し
勝たなければいけない試合
こういう試合展開は、モノにして地力になる
打撃もピッチングも、そして試合もいい内容だった
存在感があった
接戦に弱いのは打てないだけのことではない
ショックはそれほど、、、
何時まで続くカード負け越し
奮輝せよ~わずかな仕事人
奮輝せよ~とりあえず収穫らしきものはあった
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
647位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
112位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR