2017. 08. 01  
ヤクルト3対巨人10

勝ち投手:マイルズ・マイコラス9勝5敗

5打数5安打2ホームランに2二塁打6打点。
お見事でしたと言うしかない今日の亀井のバッティング。
確かに、阿部のしぶといタイムリーが試合的なポイントではあったけど、その点を突いたような亀井の3ランは見事だった。
個人的には2本目のホームランの方が亀井らしいと思ったし、最終打席の二塁打は今日の亀井の真骨頂だった。
打てるコースと球、そこに持って行くまでの粘りは相手投手の状態の見極めが実によく、間違ってはいないということだった。
たまには、、、、とインタビューで言ってたけど、たまにでもこんなにうまく打てるものではない。
巡りあわせもよかったんだろうけど、これまでの鍛錬と思いの方向性が間違っていなかったということなんだろうな。

この亀井の他にも坂本と陽も猛打賞だし、小林も2安打。
こういうときにこれまで打ってくれてたマギーがノーヒット。
ここまではよくある事でもあるし、マギーのバッティング自体は悪いとは思わない。
問題は長野だった。
死球と四球があっただけに気にならないことかもしれないけど、背中は丸まってるし、スイングが波打ってドアスイングに近い。
ヘッドが下がってることもあって、これじゃ打てるわけがない。
初回の守備にしたって博打みたいなプレーで、マイコラスはきっと呆れていただろう。
そのマイコラスは試合開始が遅れたこともあって、なかなか波の乗れなかったものの、自らがホームランを打ったことで展開が変わっていった。
それ以降は、見ていて危なげなかった感じだった。

最終回、途中出場の橋本が積極的でいいバッティングを見せていた。
滅多に見せないいい状態かもしれず、長野に代わってもっと積極的に起用した方が打線的なつながりが出るかもしれない。





スポンサーサイト
NEXT Entry
春季キャンプはウソつかない
NEW Topics
好投報われず、、、だけど、止む無し
勝たなければいけない試合
こういう試合展開は、モノにして地力になる
打撃もピッチングも、そして試合もいい内容だった
存在感があった
接戦に弱いのは打てないだけのことではない
ショックはそれほど、、、
何時まで続くカード負け越し
奮輝せよ~わずかな仕事人
奮輝せよ~とりあえず収穫らしきものはあった
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
647位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
112位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR