2017. 08. 09  
巨人4対阪神5

負け投手:アルキメデス・カミネロ1勝5敗19S

なんとも福留一人にやられたような試合だったけど、陽の素晴らしいスライディングで逆転を果たした時点でストッパーで勝たなければいけない試合でもあった。
序盤がノーヒットの展開で、やっとヒットが出たかなという段階で小林に打順が回ったと思ったら、そこに代打・宇佐見。
そこでヒットを打ってるんだから、なんとも小林にとっては皮肉な話。
バットで期待できない捕手から、バットが期待できる捕手へ。
得点こそできなかったものの、なんとも今後に意味がありそうな感じがあった。

その宇佐見がそのままマスクを被り、1軍では初の守備へ。
小林と異なるのは、その構えにあった。
ここへ投げてくれと言わんばかりに、しかも重心が低いその構えは、これまでになかったものだった。
コーナーに小さく構えているわけでなく、それでいて小さくまとまった構えでもない。
球を投げる投手は、いやでもその構えと構えられたミットを意識せざるを得ない感じで、特に西村が気持ちよさげに投げていたのが印象的だった。
リードについても、球を受ける投手の特徴がよく出るいい球を投げさせる感じがし、中川は決まらなかったカーブに見切りをつけ、ストレートとチェンジアップ、西村は嫌というほどシュートを投げさせて長所を存分に出させようという意図が感じられた。
福留やロジャースに打たれたものの、打たれたのは全くの逆球か高めに入った球で、マウンドに上がったばかりの2、3球は構えたミットへ、実にいい球を投げ込めていた。

まだ送球や今日のカミネロのように言うことを聴かない球を投げてしまう投手の時にどう対処するのかということについては、学ぶところも多いだろうし、劣勢で追い込まれてる状況でのバッティングについても考えていかなければならないこともあるだろう。

けれど、少なくとも近年に見られなかった若手捕手が出てきてくれた感じが強く、デビューしたての阿部のような感じも持てた、
今後はどう起用されていくのか、期待したいけど、今日のプレーを監督がどう見て、今後に生かすのか。
貴重な戦力になれるだけの魅力がある宇佐見、今後の起用と躍動に注目したい。





スポンサーサイト
NEXT Entry
職人寺内がやってくれた
NEW Topics
好投報われず、、、だけど、止む無し
勝たなければいけない試合
こういう試合展開は、モノにして地力になる
打撃もピッチングも、そして試合もいい内容だった
存在感があった
接戦に弱いのは打てないだけのことではない
ショックはそれほど、、、
何時まで続くカード負け越し
奮輝せよ~わずかな仕事人
奮輝せよ~とりあえず収穫らしきものはあった
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
647位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
112位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR