2017. 08. 11  
広島2対巨人9

勝ち投手:田口 麗斗10勝2敗

一つの判断だったのだろう。
4回の広島の攻撃で、菊池の打球をマギーが追い過ぎというより後ろに守り過ぎてた長野のダッシュが間に合わず、2ベースとした展開で、4番鈴木は明らかに内角球を狙っていた。
画面で見ていて分かる位だから、現場にいる投手と捕手が分からないはずもなく、それでも内角で勝負を挑んでの被弾。
ほんのちょっと中で高く入ったストレートは鈴木の餌食になってしまったけど、敢えてそこで勝負を挑んだのは今日の田口の出来ならば、、、という判断が働いたと思えるし、これは割り切れる勝負だった。

一方、5回の攻撃時に小林の四球で始まった攻撃は、坂本の打席時にカウント2-2からのカットボールは決まったと思えたが判定はボール。
広島先発福井は、この判定に影響されてしまった。
制球力が常に課題とされる投手にとって、この判定は重く、福井でなくても割り切れる者ではなかった。
阿部の逆転打も追加点の村田のタイムリーも、そこを突いた狙いの元に放たれたもので、ここで今日の勝負はあった。

ここを乗り越えて、更に制球力に磨きがかかった田口は、完投勝利。
3連戦の頭での登板が続いてることで、気持ち的に感じるところがあるはずで、それがさらに成長という階段を登ることになってる。
ストレートも変化球も同じ腕の振りで、小気味よく低めに制球されていた。
4回の被弾は更に気を引き締めることになったけど、こういう勝負時に打ち取れるようになるともっと階段を登れるという伸びしろも感じた。
これで2年連続10勝。
まだまだ試合は残ってるし、15勝目指して更にいいピッチングを期待してる。





スポンサーサイト
NEXT Entry
打てる気がしなかった相手投手
NEW Topics
好投報われず、、、だけど、止む無し
勝たなければいけない試合
こういう試合展開は、モノにして地力になる
打撃もピッチングも、そして試合もいい内容だった
存在感があった
接戦に弱いのは打てないだけのことではない
ショックはそれほど、、、
何時まで続くカード負け越し
奮輝せよ~わずかな仕事人
奮輝せよ~とりあえず収穫らしきものはあった
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
647位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
112位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR