2017. 03. 14  
よく勝てたという展開の試合だった。
オランダ戦であれなぜだけいい試合をしたというのは、打撃陣の頑張りと2番手以降の投手、その投手の特徴を引き出した小林のリードということだった。
先制したものの、先発菅野がもう一つ決まらず、逆転を許し3度追いつくという展開は、とにかく1点でも勝ち越さないといけない、そんな試合だった。

打撃ではいい活躍した小林も、リードの面では昨年までの良くない面が出ていた。
起用される投手は要求通りに投げられていたので、配球上の小林の問題がここまでの苦戦を招いてしまった。
同じ球を何故か2球以上続ける。
これだけハイレベルのバッターを迎える中では、バランスよく配球することに重い重きを置かなればいけないところ、一つの球に相手打者があって素振りを見せても、これはまた使えると思って続けると相手打者は対応してくる。
だから、複数安打をしていても8回裏にチャンスで打順が回っても、内川が代打に起用されるのは余計に当然の策だと思う。

キューバもリリーフ投手がとにかく間違っても中から高めに投げていないところは注目に値し、さすがに野球の国の投手だと感じた。

内川の打撃は、ベンチで相手投手の出来と配球バランスをよく見ていた上での対処と経験が物を言ったさすがの打撃だった。
この犠飛で取った1点で勝てたと思ったけど、間隙を突くような山田の初球2ランは、この試合を決定したということ以上に侍ジャパンのトップ打者が決まったという意味を持たせた。

筒香のジワリと来るタイムリーも見逃せないし、最後にマスクを被った炭谷もそのためにメンバーに入ってるところを見せてくれた。

痺れる試合は明日も見れると思って、明日の勝利を楽しみに待ちたいと思う。





スポンサーサイト
NEXT Entry
豪打一発!これぞ4番の一撃
NEW Topics
チームスポーツって何?
見応えがあるいい試合だった
相手に救われてる
変わっちゃないから酷いのか、、、
酷くはないけど、何も変わっちゃいない
3度目の正直
こんなこともあるんだな
若い芽が吹きかけている
こんな試合をしてるうちは絶対上には上がれない
乾坤一擲
Entry TAG
侍ジャパン   内川   山田   炭谷   筒香  
Comment
No title
更新ご苦労様です。豪華客船瀬戸内パイレーツ1世号を造り乗りたい。伊予之鈍才です。勤務の都合で見られないけど勝ちました。内容は分かりません。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
715位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
105位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR