FC2ブログ
2017. 08. 25  
巨人6対阪神3

勝ち投手:田口 麗斗11勝2敗、セーブ:アルキメデス・カミネロ2勝5敗21S

先日サヨナラホームランを打った宇佐見が初先発となった今日の試合。
事前に先発投手であった田口とは、散々話し合っていたのだろうけど、実践となるとまた違った感情が湧いてくるんだろう。
田口の今日の状態、阪神打線の各打者の特徴、今日はどのボールを効果的に使っていくのか等々、試合に入ってみると事前の話し合いでのズレがあるんだろうと思う。
納得し、納得させて出したサインと構えに、投手はおも負いきり投げ込んでいく。
でも、立ち上がりの様子はうまく息が合わず、田口・宇佐見共々疑心暗鬼の状態のようで、球が決め切れずにいた。
配球とかいうものではなく、実践においてはじめてバッテリーを組む2人がお互いを信用しきれなかった立ち上がりが、計3失点してしまったということ。
でも、なんとか3回以降は息が合い始めていた。
田口には先発の柱としての自覚から宇佐見を逆に引っ張って欲しかったし、宇佐見も思い切りの良さを出してほしかったと思うけど、いい経験になってたと思う。

阪神青柳は、サイドハンドながら技巧派ではなく力投派で、巨人打線が攻めることが出来たというシーンの記憶がない。
それが今日は逆だった。
だから面食らう打者が多い中、阿部だけがしっかり対処できていた。
猛打賞の今日、勝ち越し打を放って村田、亀井のタイムリーを引き出していたけど、やっぱり宇佐見の同点弾だな。
決してやさしい球ではなく、手元まで引付けて放ったこの1発は、打者としての非凡さを感じる。
ここに小林が座ってるのと宇佐見がいるのとでは、打力において期待度が違う。
それが見事に証明されたシーンだった。

配球とかリードは経験に裏打ちされるものがほとんどだけど、センスもあるはず。
もっともっと伸びて、小林を追い抜いてほしい。





スポンサーサイト
NEXT Entry
谷岡って誰?
NEW Topics
チーム強化に向けて、、、外野手の考え方
チーム強化に向けて、、、投手陣の役割②
チーム強化に向けて、、、投手陣の役割
チーム強化に向けて、、、左のスラッガー
チーム強化に向けて、、、捕手編
日本シリーズを見てて、、、
澤村賞に求めるもの
厳しい世界
指名順なんて関係ない
これからシーズンオフ
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
541位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
87位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR