2017. 10. 03  
ヤクルト6対巨人10

勝ち投手:戸根 千明1勝

先日の片岡に続くように今日相川の引退が発表されていた。
若手の起用と相川の花道を飾るような今日の試合。
最後に代打で出て来て、内野安打ながらヒットが出たシーンは、相川のバッドのヘッドの力強さが出ていた打撃だった。
横浜から始まった相川の球史。
捕手のリードとしてはどうかなと思う反面、若い頃は肩が強く、彼のバットに期待するところは多かったように思う。
ヤクルト、巨人の両軍選手に胴上げされて、最高の最後で本当によかった。
引退試合など飾れない選手がほとんどの中、彼のベンチ内での存在感がこういうことになった気がしていた。

今日の試合にはスタメンで吉川、宇佐見、岡本、重信が名を連ね、先発投手は中川。
桜井、高木、戸根、篠原と投手をつなぎ、9回には途中出場の山本が満塁ホームランを打ったりしてた。
チーム状況は4位が決まってしまった後の試合だけに、凌ぎを削ってた時期から見るとその緊張感は別の次元だった。
その緊張感の中、結果が出た吉川や中川、宇佐見のような選手もいたけど、それでも何か違う。

時に見せる「いいスタイルもあったけど、まだ備えから構え、一つのプレーが軽い。
血眼になって研ぎ澄まされようとする気も感じられなかった。
もっと、必死さとそれに見合う気構えが欲しい。
目つきなんだよな、物足りなさを感じるのは。
吉川が以前見た時とは別の眼つきになりかけていたけど、それでもギラつく様なものと持続性はまだまだ。

彼らにもっとやってもらわなければ、このチームの来期はない。
もうどうしようもない選手もいた。
それでも、もっと上のレベルに行けるようにやってもらわないと。

今日起用された選手以外にも見たかった選手はいたし、長野とか陽は今日出なくてもよかった。
それ位、実戦の中での緊張感を体感して欲しい選手はいると言うことだったけどな。





スポンサーサイト
NEXT Entry
来期は始まってる~その1
NEW Topics
好投報われず、、、だけど、止む無し
勝たなければいけない試合
こういう試合展開は、モノにして地力になる
打撃もピッチングも、そして試合もいい内容だった
存在感があった
接戦に弱いのは打てないだけのことではない
ショックはそれほど、、、
何時まで続くカード負け越し
奮輝せよ~わずかな仕事人
奮輝せよ~とりあえず収穫らしきものはあった
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
647位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
112位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR