2017. 12. 12  
畠がここまでやれるとは思わなかったというのが正直な感想。
入団契約と前後して、負傷個所の治癒とそこからの復帰は春季キャンプというプロ野球選手として正式なスタートがきれないことを現わしていたからだった。
スタミナ的にもタフさ、技術的なものもこの春季キャンプで作り上げるということはとにかく重要で、いずれ出てくるだろうと思わせても、今季はとりあえずであり、正式には来季と思っていた。

見るからに課題は多い。
それでも途中からのスタートながらここまでやれたのは、今や1軍投手コーチとなった斎藤の眼のかけ方や指導法によるものが多く、畠自体の持っていた素質が良かったものだと思う。
スピンのかかったストレートは、打者の手元で加速でもするかのようなイメージがあり、このストレートがそこまでキレ、球質的にいいものだったからこそ、チェンジアップを始めとした変化球が生きた。

でも、勝負とか真価が問われるのは来季だろうな。

6勝も挙げて、他球団もこのままま治まらないだろうし、投球動作に入る時の右足の踏み込みに膝が折れてしまうことがあるなど、一定したモノではないだけに、多くの課題はそこから鍛錬しなければ何も始まらない。
体力的にも1シーズンおくれるものがあるかどうかも、疑問符がついてしまう。

畠を先発ローテションの3番目として思わなければいけないのは、マイコラス退団ということもあるけれど、先に入団してる投手がモノになっていないためでもある。
もっとじっくり大きくなってほしいとは思うけれど、これも畠にとっては試練かもしれないが、大きなチャンスと見た方が良いかもしれない。
秘められたポテンシャルの高さは、おそらく誰もが認めるところだと思うけれど、それが発揮できるか否かは来年の春季キャンプにかかっている。





スポンサーサイト
NEXT Entry
2018に向けて~先発投手編4
NEW Topics
好投報われず、、、だけど、止む無し
勝たなければいけない試合
こういう試合展開は、モノにして地力になる
打撃もピッチングも、そして試合もいい内容だった
存在感があった
接戦に弱いのは打てないだけのことではない
ショックはそれほど、、、
何時まで続くカード負け越し
奮輝せよ~わずかな仕事人
奮輝せよ~とりあえず収穫らしきものはあった
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
647位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
112位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR