2017. 02. 19  
韓国代表チームとの試合が行われた今日。
先発はマイコラスだった。
事情で3回くらいまでしか見られなかったけど、この時期まだまだの状態である打撃陣に対し、投手はある程度の状態まで来てもらわなければ困ると思ってた。

昨年と違った点が3つほど。
先発マイコラスが昨年と違って、ほぼ実践前の状態としては出来上がってきてること。
足を上げてバックにアームを取り、トップを作って投げ出すまでの流れが実にスムーズであり、肘のコックが遅れ気味だから彼独特のウドの使い方がよく、球の出所が見辛い特徴が出せていた。
それでいてストレートは伸び、カーブ・スライダー等の変化球のキレも良かったから、投球するという意味ではでき揚げってる感じ。
マイコラスは、捕手としての小林が良かったと言ってたけど、後は実戦においてバッテリー間の呼吸だけかもしれない。

目を引いたのは2番手で投げた吉川。
通常、1.2.3のdタイミングで投げてしまうと、打者にあわされやすいということで間をどこかで取るようにフォームを工夫するものだけど、パリーグにいた時の吉川にはその魔がないといいう感じだった。
それが今日の投げっぷりを見た感じでは、1.2.3の3が終わる前に「投げ出していた上に、ほとんどの球がストレート系だったけど、きが込められてしっかりした球を投げていた。
こういうタイミング出投げるということはストレートをしっかり投げることに気持ちが言ってる証拠で、打者からすればしっかり構える前に球が来てしまうことになるため、球速が出てなくても差し込まれるということになる。
以前持っていた印象とは明らかに違っていた。
とにかくストレートをしっかり投げるという鍛錬をしてたと聞くが、それが今日、しっかり現れていた。
こういうことだと、ちょっとした変化球でも打ち難くなり、ピッチングの幅が広がってくる。
使いべりもしなさそうなので、今後、更なるいい調整をし、期待以上の姿を見せて欲しい。

3つ目は小林。
マイコラスが気持ちよさそうにピッチングをし、吉川との間合いも良く、テンポよく投げさせていたように見えた。
打席では結果は出なかったけど、グリップの位置を若干上げ気味とし、フォームが縮こまっておらず,大きく見えていた。
自主トレで阿部とタッグを組んで、初めて本格的に野球に取り組み、やれること、覚えなくちゃいけないことをしっかりできているという自信みたいなものだろうか。
キャッチャーズボックスでもどっしり構えられ、投げさせる店舗を上手に作っていたように見えた。
打席内での結果など、そのうち出てくるものと思われるので、主戦捕手らしく見えたのが今日の最大の収穫だったかもしれない。





スポンサーサイト
NEXT Entry
もっと焦っていかないと・・・
NEW Topics
来期は始まってる~その7
来期は始まってる~その6
来期は始まってる~その5
2017日本シリーズ第6戦
2017日本シリーズ第5戦
2017日本シリーズ第4戦
2017日本シリーズ第3戦
殊勲と別れ
2017日本シリーズ第2戦
2017日本シリーズ第1戦
Entry TAG
マイコラス   吉川光   小林   先発投手   巨人  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2455位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
328位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR