2017. 12. 18  
野上のFA移籍により人的補償として高木勇の西部移籍が発表されていた。

高木に関しては期待度が高くなかった。
持ってる球はいいものがあったものの、身体能力とかピッチング能力とかいう次元に問題があるピッチャーではなかった。
野球へ取り組む態度とか集中力を高めるのにも、性格的なものがベースになるはずで、そこから意識を高めていかなければならなかった。
捕手小林とのバッテリーとしての取り組みで、よくネタにもなったりしたけど、高木の場合、その性格を掴むだけでも小林は相当な我慢を強いられたはず。

高木がルーキーの年に、5月までは予想以上の成果を上げたが、そこからジリ貧状態となり、上がってくることもなかった。
怖いもの知らずで、周囲が高木を放っておき気味であったことは勝ち星を挙げていたことに伴うものだったけれど、これは高木への理解がなかったことによるもの。
いや、理解できなかったと言っていい。
それ位、表現することが難しい性格だったことは画面を通じて感じていた。

今季は初先発に至るまで、そこそこだったと思うけれど、でもそこまでで伸びしろは感じなかった。

ユニークというのは言い方であり、正直よくわからない考え方だったと思う。
ピッチングをする前に、どういう選手になりたいのか、それにはどうすべきなのか。
まったくわからないでいたところに今回の人的補償による移籍。
意外でもなんでもなかった。
まったく予想通りのことで、皆目掴めない投手なら、そうでない投手でチームを構築していこうとした方が効果的だと思う。

西武に移籍することで、何かきっかけを掴んで化けるかもしれない。
ただ、残された時間はこれも意外に少ないはずだ。





スポンサーサイト
NEXT Entry
2018に向けて~リリーフ投手編2
NEW Topics
好投報われず、、、だけど、止む無し
勝たなければいけない試合
こういう試合展開は、モノにして地力になる
打撃もピッチングも、そして試合もいい内容だった
存在感があった
接戦に弱いのは打てないだけのことではない
ショックはそれほど、、、
何時まで続くカード負け越し
奮輝せよ~わずかな仕事人
奮輝せよ~とりあえず収穫らしきものはあった
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
647位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
112位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR