2018. 02. 12  
負傷とケアがうまくいかなかった澤村は、そのため昨季は何にもできなかった。
力投派だけに、登板過多が何年か続くと身体の何処かがおかしくなってしまうのは、本人のせいだけではなく、チーム状況や起用法なども影響してるはず。
今季はどうなのか、、、今のところ然したるネタは伝わってきてないけど、どこかで復帰してくるだろう。
復帰の状態によりケリだけど、それはセットアッパーなのかストッパーになれるのかに効いてくる。
メジャー復帰かもしれなかったマシソンが複数年契約を結んで残留してくれたのは、チームにとって非常にその影響が大きい。
マシソンの快速球は、何年も登板し対決してるからと慣れるものでもない。
ただ加齢に伴う若干の衰えも考えられるところから、年々良くなっているスライダーの制球力が決め手となりそうで、そこにスプリットも投げることから音程感が増すかもしれない。
セットにおける取り組みもよく、ひたすら投げ急ぎにだけ気を付ければ代わりの効かない戦力となるはず。
昨年から思っていたけれど、このマシソンをストッパーに起用していた方が良いと思うのだけど、今季はそうした考えもあるみたい。
じゃあ、カミネロがセットアッパーということで考えるとモーションが大きく、ランナーがいる状態でのリリーフには疑問符が付く。
このマシソンとカミネロの見極めはピッチングコーチ次第ということになるけれど、ここに澤村が入ってこれるかどうかは期待を大きく持っている。

今季はヤングマンという戦力が新しい戦力となった。
どうも先発タイプらしいけれど、先発投手という争いの他に外国人枠の争いもあるからヤングマンの状態興良し悪しは他の外国人選手の状態とリンクしてくる。
リリーフは何人いてもいいはずだから、澤村、マシソン、カミネロと構えておいた方が良いと思うけれど、マシソンがストッパー起用となった場合、カミネロの状態次第ではセットアッパーということは考えにくい。
澤村の状態が上がっていれば、澤村・マシソンというリリーバーが形成され、ヤングマンの状態次第ではカミネロが外れ、ヤングマンの先発起用ということになる可能性もある。
澤村だけがリリーフ陣のカギを握っているわけではないけれど、澤村のインパクトは大きい。

焦らず体調と気候にも気を使って、少しずつ状態を上げ、今から1か月後くらいの状態を見てみたい。
経験と力はあるので、後は負傷した部分の状態の癒え方が問題だろうと思う。





スポンサーサイト
NEXT Entry
奮輝~その7
NEW Topics
好投報われず、、、だけど、止む無し
勝たなければいけない試合
こういう試合展開は、モノにして地力になる
打撃もピッチングも、そして試合もいい内容だった
存在感があった
接戦に弱いのは打てないだけのことではない
ショックはそれほど、、、
何時まで続くカード負け越し
奮輝せよ~わずかな仕事人
奮輝せよ~とりあえず収穫らしきものはあった
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
647位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
112位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR