FC2ブログ
2018. 03. 26  
オープン戦は優勝ということに成ってしまった。
去年のロッテのようなケースもあるから鵜呑みに出来ない結果でもあるけれど、いろいろ試せていい方向に向いていたことは確かなこと。
これから開幕までいい追い込みをしなければいけない選手がほとんどだけど、昨年と比べても選手層が若干暑くなりつつあるので、ベテランのように開幕に照準を無理に合わせられない選手もいるだろう。
時期に応じて選手同士がカバーし合えれば、チーム状況の沈滞化は免れることができるかもしれない。

若手と呼ばれる選手で、岡本と吉川が良い具合でオープン戦の最後を迎えたことにホッとしている。
走攻守すべてがうまくなんて、それこそ各チームの主力選手でもそんな選手は数少ないことからも、そんなことはあり得ない。
今の巨人ではまず打撃、そして全力疾走はもちろん、全力プレーをして結果を出すことが肝要。
ここにルーキー田中も思った以上のプレーをしているし、中堅どころの中井の打撃姿勢とスイングが良くなっていることは予想以上だった。
走攻守の中で2つの要素が秀でて戦力になれば、1軍ベンチに入れると思うけど、今の巨人には走るだけの選手はいらない。
岡本は軸足が折れず、右足に重心が残りつつスイング時の退場う移動がしっかりしてフォロースルーが大きくなっているため、長打力も粘りも出ている。
吉川は球を叩く打撃が戻ってきており、変にテクニックに走るあてるだけのバッティングではなくなっている。
速い球にどれだけ差し込まれないか、変化球の見極め、変化球への我慢が何処までできるのか我ポイントのような気がしてる。

中堅からベテランでも陽と長野の状態がよさそうで、昨年以上の戦力になってくれそう。
ライトで争っていたこの2人は、センターで機能して欲しかった重信と立岡がまるで振るわなかったこともあって、センター陽、ライト長野となりそう。
もっと若手外野手が出てきてほしいけれど、これはもうしばらく様子を見ていかないといけない。

マギーは昨年のような手探りで開幕を迎えるということもなく、それほど心配はしてないけれど、岡本のバットでの躍進があってマギーと阿部の争いになってしまった。
今の状態ではマギーであり、そうなると守備はサードということになるから岡本はファースト、阿部は代打として控えることになる。
ゲレーロは何だかんだ揶揄されることもあるけれど、それは昨年のこと。
チームが変わってツボにはまれば期待に近いものとなるはずだし、そおの姿勢は見て取れる。

問題は捕手。
小林が打撃だけでなく、守備でも精彩を欠いている。
守備の方でつまらないミスが多い。
捕手は打撃よりも守備からと思うと小林と思うけれど、大城の躍進もあるので、ひょっとすると大城が開幕スタメンマスクとなる可能性が高い。

書ききれなかった選手の中でも辻には期待してるし、山本は打撃での思考をちょっと変えれば結果がまた違うものとなりそう。
ちょっとは楽しみになってきてる。





スポンサーサイト
NEXT Entry
奮輝せよ~いよいよ始まった
NEW Topics
日本シリーズを見てて、、、
澤村賞に求めるもの
厳しい世界
指名順なんて関係ない
これからシーズンオフ
継投のタイミング
スゴイ内容と結果だった
見事な采配と用兵だった
きちんとプレーすればこういう試合になる
一時代を築いた選手との別れ
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
922位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
131位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR