FC2ブログ
2018. 04. 07  
ヤクルト15対巨人8

負け投手:谷岡 竜平1敗

継投でしか勝てない。
6人で一回りしたローテーションの先発は、誰も合格点を与えられている投手がいない。
どの投手もフォームバランスが取れてないのか、腕がきちんと振れていない。
昨日の菅野もそうだったし、先日の山口も肘が下がり気味のフォームは腕をきちんと降る位置にない。
変化球で誤魔化し、制球で有耶無耶にしちゃってたけど、その最たる投手が田口。
元々が太りやすい体質で、去年のキャンプ時もそうだったけど、今期ももっと身体を絞ってキレを生まないと。
小手先の制球はそんなにうまくは行かず、腕が振れてないから球もいかない、キレない状態。
田口位の球速は、相手バッターにとっては打ちごろの球なので、キレとバリエーションで向かっていかないと。
初回いきなり3連続四球では、話にならない。

今期のヤクルトをなめてかかるとこ唸る典型みたいな試合だった。
なめてるわけじゃないんだろうけど、田口を見てるとそうも言いたくなる。
先日登板もKOだったけど、そこなら一体中何日与えてもらって、自分の状態をどう思っているのか。
先発の軸とか言われて、天狗になってないか。
そういわれても当然のような投球でピッチングになってない状態は、ヤクルト打線に当然のように餌食となり、勢いを与えてしまった結果、後続の投手にも影響を与えてしまった。

シーズンが落ち着かないのは、先発投手が誰一人としてピリッとしてないから。
打線は良くなってるけど、打てない時もあるのが打線。
小林がバットの状態が良くなってるのと引き換えのように、投手が小林の言うことを聴かない。
投手に気持ちよく投げさせるのではなく、強引に投げさせないと、活も入らないかもしれない。

キャンプからここまで投手たちは何をやっていたのだろう。





スポンサーサイト
NEXT Entry
奮輝せよ~巡り合い、絡み合い
NEW Topics
相手投手に気持ちよく投げさせてどうする?
勝つときは大勝
何も変わらない
勝つ野球は組織だってやるもの
球際の弱さは変わらない
勝とうとしてない球際の弱さ
ささやかな楽しみ
状況に応じたプレーを
将来を見据えようにも今の首脳陣は、、、
志向不明な野球の結果
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR