FC2ブログ
2018. 04. 22  
阪神1対巨人10

勝ち投手:野上 亮磨2勝1敗

万遍なく、、、投打ともにそんな感じがあった。

打線は猛打賞を打った選手が何人かいて、そのうち2人が1発を含んでいた。
見ていてこれだという打撃をしていたのは岡本。
タイムリーに3ランとくればそう見える。
いい打撃で、いいミートポイントだったし、力が分散せず集約した打撃を展開してた。
それと亀井の状態の良さは、そのままバットの振りに出ていたと思う。

変身先発の高橋は、オープン戦の時に対決し抑え込まれている。
その時のイメージが強かったかもしれない。
けれど、球が来てなかった。
現場としては実際にバッターボックスに入ってみないと分からなかったのだろう。
一回りした時点から打ち始めたのがその証であり、ゲレーロのタイムリーは大きな起点となった。
打ち方としてもよかったし、狙いもよかった。
岡本のホームランは真ん中高めの半速球のような球、ゲレーロのホームランは同じコースのカーブ。
それ以外の安打はほとんど真ん中からやや外目の半速球(ツーシームやカットを含む)のような球で、ベンチとしての目付がそこに行っていたんだろう。

先発野上は特に良いという印象はなかった。
ただ、1度も同じ球種や同じコースという球はなく、内外、そして持ち球をバランスよく投げ込み、援護を得てから更に磨きがかかった。
迫力はないけれど、こういう万遍なく球を散らすピッチングが本来の姿かもしれないな。
徐々に野上の姿が見えてきたような気がする。





スポンサーサイト
NEXT Entry
奮輝せよ~タフネス
NEW Topics
地方球場での延長戦
ヨーイドンでの4点
原野球全開!
足での野球
勢いは失われてはいない
圧力が呼び込んだ自滅
気合と充実
9連戦は3タテで始まった
好バント=ヒット
今日の試合は理想的
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
893位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
163位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR