2017. 04. 01  
巨人4対中日2

勝ち投手:山口鉄也1勝
ホームラン:阿部2号3ラン(サヨナラ)

見事なアタリだった阿部のサヨナラ3ラン。
9回裏の出塁は1死からで、それも進塁させられず。
今日の坂本の打席では期待が持てなかったけど、中日・田島との相性からひょっとすると、、、と思ったけど、とにかく阿部につなげればという想いだった。
見ていて多分、外角の緩めの変化球でカウントを取りに来ると思われたため、多少甘めに入ってきたらセンター方面に打ち返すか、ショートの頭上を狙う様な打撃が出来れば同点になると思っていたけれど、こっちが見ている予想以上の打撃だった。
さすが四番、こういう時に打ってこその4番と思わせた打撃は、見事なサヨナラホームランとなった。

先発田口は立ち上がりは無難にと思わせたけど、とにかく球数が多かった。
自分の開幕で緊張してたんだろうけど、この球数の多さは相手打者が投手であったことの油断につながった。
軽めに腕を振っただけの肩口から入ったスライダーかカーブ。
打ち気に流行っていたバルデスの餌食になっていた。

しかし、その後をつないだ谷岡池田というルーキーが、プロ入り初登板というのに見事に無失点に抑えてくれたことが試合後半のチャンスを招くことになった。
谷岡はストレートはもちろん、フォークが2種類あるらしく、一つはカウント稼ぎの球、もう一つは決めに係る球で落差がお見事な球だけど、今後、もっと低めに、それこそボールゾーンに落ち込む制球力をつけていけば、もっと信頼感が出そう。
池田はスライダー等の制球力なんだろうな。
でも、プロ入り初の公式戦登板と考えると、いいピッチングだった。

中日バルデスは、同じ腕の振りでストレート、スライダー、チェンジアップを投げてきて、適度に散っていたため打線が対処できずにいた。
昨年も同じような光景を見てたような気がするけど、そのバルデスは投球数100を超えると、、、という問題点があったので、後半勝負とは思ってた。
だから、序盤はとにかく球数を放らせないというところ、ベンチとしては無策に見えたことが問題ではあった。
4番阿部が好調そうなので、こういう結果に結びついたけど、もっといやらしい策を講じていかないと。
特に5番に座ってるマギーの起用は、フロントの意向が働いているように見えて、ここが問題。
守備的にも何故起用されているのか、現場的には分らないけど、マギーが活性化すればというより5番がもっと機能してくれないと、4番阿部のマークがきつくなって苦しくなる。
明日以降、ここがどうなるのかがカギを握るような気がしてる。





スポンサーサイト
NEXT Entry
新化3~4番が基点
NEW Topics
勝因は一つ
拙い試合だったかな
ヒヤヒヤの初勝利
上げ潮の状況に水を差したんだろう
まだ分からない打線の効用
この打線の狙いは、、、
相手に恵まれたかな
負けちゃいけない日
上に行けない理由がこんなところにも、、、
3か月ぶりの2勝目
Entry TAG
巨人   阿部   谷岡   池田  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
659位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
106位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR