FC2ブログ
2018. 05. 03  
広島3対巨人2

負け投手:スコット・マシソン1敗

あんなに打てていた打線が急降下。
状態は悪くなさそうに見えるけど、結論的にもそうでなくても打てなきゃ負ける。
わずか3安打で、クリーンアップ機能せずでは手の打ちようがない。
打線は水者とは言え、的確な策を立てないとこういうことになる。

先発吉川は数字的に見ても、何故5回で降板したのかが分からない。
一概に膠着状態の接戦の場合、先に動いた方が負けとは言えないけれど、四死球で球数がかさんだわけでもなく、意味が分からなかった。
ローテーション投手は先日の田口と今日の吉川、さらに次の6番手が問題だけど、我慢もしなくちゃ何時までたってもこの部分に投手の確立なんてありえない。
6回の登板は澤村が予期していたのか。
更に2イニング行くことも予期していたのか。
ブルペンでの調整は、試合展開をブルペンで読みながらするものだから、ベンチとブルペンの連携がなっておらず、その場限りの起用と接戦時に起用する投手を決め込みすぎ。
まだシーズンは始まったばかりだから、こういう展開のときに配置転換で起用しなければいけない投手はほかにもいるはず。
元をただせば、吉川降板が1,2イニング早すぎたことに起因してる。

広島岡田は確かに好投していた。
だけど全く打てないピッチングでもなく、狙いの絞り方自体に逃げがあった。
そういう姿勢でいると、振れてたバットも振るわなくなるということ。




スポンサーサイト
NEXT Entry
奮輝せよ~狙う球と捨てる球
NEW Topics
相手投手に気持ちよく投げさせてどうする?
勝つときは大勝
何も変わらない
勝つ野球は組織だってやるもの
球際の弱さは変わらない
勝とうとしてない球際の弱さ
ささやかな楽しみ
状況に応じたプレーを
将来を見据えようにも今の首脳陣は、、、
志向不明な野球の結果
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
25位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR