FC2ブログ
2018. 05. 10  
巨人4対阪神2

勝ち投手:内海哲也1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ5S

両軍投手とも、いい出来と内容だった。
要はこの投手たちの球を受けるキャッチャー次第という展開だった。

見ていて内海の球が球速で思うよりも、キレて伸びがあったように見えた。
スライダーも同様で、チェンジアップは落ちが良くないのではなく、球全般が散らばっていたものの若干高めに行ってしまって、今季初登板という緊張感から来るものだった。
5回と3分の1ということになってしまったけれど、試合開始当初から緊張しっぱなしだった内海の身体は、本人が自覚しなくても疲労感が出てしまい、5回は何とか凌いだものの、6回は抑えが全く効かない状態となっていたのでここでの降板はやむを得なかったことだし、何より百戦錬磨の内海だから次回の登板にも楽しみが持てた。
リリーフ陣もよく投げてくれて、接戦をものにできたけど、上原がこの状況で起用されて結果を出してくれたのは今後の戦況に響くだろうと思いたい。
宮國がタイムリーを浴びてしまったけど、素人目でも分かるような配球で球が中に入ってくれば打たれるということで、ここは小林の反省材料だろう。

阪神先発谷川は、各バッターに対する内角球の精度が抜群だった。
阿部が打ったホームランも失投の部類には入らない。
打った阿部が見事だったということで、問題があるとすれば阪神坂本のリードだろうと思う。
それでも打てる球には見えなかったし、ましてやホームランなどとは全く思わなかった。

マギーが気負いだけで打ててない状況において、様々な意味合いがあるのだろうけど、しばらくは4番に阿部を置いてスタメンを組むべきだろうと思う。






スポンサーサイト
NEXT Entry
奮輝せよ~圧巻のエース
NEW Topics
日本シリーズを見てて、、、
澤村賞に求めるもの
厳しい世界
指名順なんて関係ない
これからシーズンオフ
継投のタイミング
スゴイ内容と結果だった
見事な采配と用兵だった
きちんとプレーすればこういう試合になる
一時代を築いた選手との別れ
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
922位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
131位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR