2017. 04. 02  
巨人6対中日3

勝ち投手:大竹寛1勝、セーブ:アルキメデス・カミネロ1S

同点に追いついた内野ゴロも勝ち越しタイムリーを放ったのもマギーだったけれど、その前を打つ4番阿部の状態の良さが全て引き出していた。
4回に放ったタイムリーは、あの低めのボールをしっかり叩ける身体の柔軟さとバットのヘッドが効いたバッティングで、阿部の状態の良さが伺えるアタリだった。
6回のチャンス拡大のツーベースも、しっかりしたスウィングで見事なヒットだったし、そこで打ってくれたことが前の打者の出塁を生かし、後の打者の重圧を薄めてくれてる。
チャンスメイクでも得点が欲しくても、阿部に回せば何とかなるという循環になっており、4番がしっかりしてくれてるから打線が生き生きしてる。
打線的には負ける気がしない。

期待の岡本は、亀井が代打に出されるなどまだまだだけど、その亀井が「積極的に初球の1球で見事なバッティングだった。
相手野手のミスを突く走塁でダメ押し点を獲得するなど、昨年と違って心身ともに状態の良さが伺える。
この亀井の状態の良さが、岡本のケツに火をつけてくれると更に選手層が厚くなってくる。

マギーは確かにタイムリーが出たけれど、まだ信用するわけにはいかない。
6番に座る長野と並んでもっと状態を上げてくれないと、阿部のマークがキツくなるからここが今後の打線のポイントになる。

先発大竹は可もなく不可もなくという感じだったけど、外国人打者に対してあの配球はないだろう。
これは大竹の問題というより、リードする捕手・小林の問題かもしれない。
投げミスもあったけれど、今日の勝ち星で更にいい投球を期待したい。
マシソンへの不安は今日の投球で杞憂に過ぎなったともったものの、ストッパー・カミネロが落ち着かない。
自分のリズムを生むためにどうしたらいいのか。
試合でのプレーだけではなく、準備段階から見つめ直してほしい。





スポンサーサイト
NEXT Entry
新化4~一つのプレーを大事に
NEW Topics
急な思いつきは機能しないのは当然
これはもうプロスポーツじゃない
もっと丹念に、そして工夫を、、、
予想通りの敗戦
新化23~緊急展開でハマった継投
新化22~唸りを上げるストレート
鉄腕山口の登録抹消
新化21~上がってた状態が形になった快投
訴えてくるもの、なし
新化20~相手の自滅と綱渡り
Entry TAG
巨人   阿部   亀井   マギー   大竹   マシソン  
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
29位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR