FC2ブログ
2018. 05. 16  
ヤクルト4対巨人12

勝ち投手:吉川光夫3勝2敗

今日4番に入った阿部が活路を開いたけど、ツボにはまった打撃で衝撃を与えたのは亀井のバッティングだったのは亀井だった。
気落ちしたのか迷いが出たのか、その後は球速面でも緩急がつけられず、外角に来たと思ったら次は内角、そしてその次は外角。
しかも投げられる球はストレート化、それに近い変化に乏しい変化球。
しかもベルト付近の高さの球が多かったし、迎える打者は備えやづかっただろうし、時に外角低めにきても拾われてしまう。
昨日、ヤクルト古賀のリードについて書いたけど、投げる投手原もそうだったけど、リードしてる古賀も単調になっていた。
こんな時は積極的に打って出た方が良いけれど、打者が投手でバントをここ見ても、乱れていたヤクルトバッテリーはエラーまでしていた。
亀井に乗っかった形で打って出ていたのは長野も坂本も同じで、仕上げは吉川だった。
ただ、これだけのバッティングができるということは、昨年秋のキャンプから取り組んできたバットの振り込みが打力の向上という意味での力となって身についてきている証拠かもしれない。

投手については、吉川が何とか100球強で6イニングを投げきったけれど、いつも思うことだけど100球とか6イニングでアップアップ状態になってしまうのは信用を得られない。
根気良く、テンポよく投げることが第一なのに、5イニング位からそれが崩れ始める。
6イニング投げ切ったから良し、ではなく、何故ここで止まってしまうのかをよく研究しないと。






スポンサーサイト
NEXT Entry
奮輝せよ~芸は身を助ける
NEW Topics
相手投手に気持ちよく投げさせてどうする?
勝つときは大勝
何も変わらない
勝つ野球は組織だってやるもの
球際の弱さは変わらない
勝とうとしてない球際の弱さ
ささやかな楽しみ
状況に応じたプレーを
将来を見据えようにも今の首脳陣は、、、
志向不明な野球の結果
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

monrider

Author:monrider
ブログ「ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN」へようこそ!
40年来の巨人ファンですが、基本的にスポーツ好きです。
楽しんでいってください

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1175位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
171位
アクセスランキングを見る>>
カウンター
フリーエリア
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
QRコード
QR